« ミスティック・リバー | トップページ | 半分の月がのぼる空 »

2010年4月 4日 (日)

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

Photo 冴えない小学校教師が憧れのヒーローに変身し、エイリアンから地球を守った『ゼブラーマン』の続編。今回は2025年、ゼブラシティと名を変えた東京が舞台だ。監督の三池崇史、脚本の宮藤官九郎、主演の哀川翔といったオリジナルメンバーが結集。セクシーなライバル・ゼブラクイーンに『時をかける少女』の仲里依紗、阿部力、ココリコの田中直樹、ガダルカナル・タカなど新しい面々にも注目だ。
>>公式サイト

エロ過ぎるぞ!黒ゼブラ!!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

これは面白い!前作『ゼブラーマン』から6年。(下写真左)あの時はチープなB級ヒーロー映画でしたが、今回はB級はB級でも超B級という感じ。大体このご時勢に完全オリジナル脚本でヒーローモノを生み出してしまう三池崇史監督と宮藤官九郎を尊敬します。それにしてもこの手のちょっとクセのある作品を撮らせると三池監督はホント上手いと思う。またクドカンにしても、相変わらず真剣な中で必ずふざける脚本がまた面白い!例によってクドカン流小ネタは満載です。そして今回何と言ってもいいのがゼブラクイーンの仲里依紗。『時をかける少女』のあの可愛らしい女の子が一転、黒ゼブラになると全身ボンテージ姿の超エロ姉さん。

02 09

これは明らかに『ヤッターマン』の深キョンドロンジョ様のコスチューム路線を踏襲してますが、更に過激度は50%UP。これ絶対三池監督が好きなだけじゃないかな…。清楚な癒し系の仲里依紗がこの格好というのに激しく違和感を感じながらも、その強烈なフェロモンに強引に納得させられてしまった感じです。冒頭にその彼女が見せてくれる「ゼブラクイーンのテーマ」はもはやPV。これがまたすっごく良いんです。田中直樹演じる市場純市も劇中で言ってます。「エッロいよなぁ~」って。それにしてもこの曲もまたインパクトが強くて1回聴いたらサビの部分がリフレイン。「5分だけ 5分だけ スッキリしたいわ~。」

03 04

全く『ソラニン』がこのぐらいインパクトのある曲だったらなぁ…。っと、それはさて置き、今回は前作の15年後という設定。しかもゼブラーマンの新市(哀川翔)はその間の記憶を失っています。目覚めたら街の中でいきなりゼブラタイムスタート。ゼブラポリスに襲われます。朝夕5分ずつのゼブラタイムではゼブラポリスが民間人を撃ち殺しても良いというハチャメチャなルールらしい…。ただこのゼブラポリスから逃げる新市を見ていたら、個人的には『リアル鬼ごっこ』を思い出しました。どちらも権力側が超法規的に特定の民間人を襲うという意味では同じです。撃たれた新市は「白馬の家」という施設に運び込まれリハビリの毎日に。

05_2 06

実はこの辺までは単にプロローグ。メインは新市がゼブラーマンに変身してからなんですね。そもそもそのゼブラーマンも何故か今回は白ゼブラ。いや、それ以前にエイリアンに寄生された女の子・すみれ(永野芽郁)に触ることで新市は変身するのですが、変身にエイリアンのエネルギー?が必要ってどういうことなのか。ちょっとこの辺の理屈が解らないのですが、まあ細かいことはどうでもイイやと思えてしまうのがクドカンの脚本の良いところ。もともとノリ命といっても過言じゃないですから。観る方も細かいことはスルーしたほうが楽しめます。実はこの時、白ゼブラになってしまった理由はちゃんと説明されますが、それは是非見て下さい。

07 08

さて、変身したのは白馬の家にゼブラポリスが襲ってきたから。そして同時にこの時、ゼブラクイーンこと黒ゼブラも来襲します。白と黒の戦いはこれがまたVFX使いまくりで、いわゆるアクションとはかけ離れているけれど、元々ヒーローモノだけに全然気にならない…というかめちゃくちゃカッコいい!「俺の後ろに立つんじゃねぇ!」とか、「白黒つけに来てやったゼ!」とか、前作からのファンには久々の決め台詞がまた嬉しいところです。アクションも良いのですが、戦っている最中の黒ゼブラのセクシーなことといったらもう!しかしながら、ここで白黒はつかないのでした。

10 11

じゃあ結局どう〆るの?そう思ったら、何のことはない、結局またラストは例のエイリアン。(笑)でも今回は何故かやたら強いのです。本来はこのエイリアンを黒ゼブラが一人で倒し、世界中から賞賛を受けるという作戦だったにも拘らず、肝心の彼女は吹っ飛ばされて瓦礫の中で気を失っている始末。っと、そこに迫りくる緑エイリアンの触手…。伸びた触手は太ももから胸へ伸び…ゆっくりとカメラは黒ゼブラの体をなめる様に映し出して行きます。「ケ、ケシカラ~ン」三池監督、何と言うカメラアングルで撮るのか!結局、白ゼブラは黒ゼブラに協力使用ともちかけるのですが、そのシークエンスは物凄くバカバカしくて面白い!(笑)

12 13

ま、結末は「なんじゃそら?^^;」ってなもんなのですが、この終わり方は同じクドカンの『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』のラストに通じるものがあるかも。凄くスタイリッシュな映像表現と馬鹿げた映像表現このマッチングから来るアンバランスさが生む面白さ、これが三池監督とクドカンの特徴ともいえると思います。とりあえず日本産ヒーローゼブラーマン、コスチュームも含めめっちゃカッコいいです。前作から圧倒的にグレードアップしてます。マッドサイエンティストで都知事の相原公蔵が開発した巨大遠心分離機や、市場のテレビ版ゼブラーマンのコスチュームなど、観ていると何気に結構お金かかってるんじゃないかなと。前作は観てなくても十分楽しめます。

「ゼブラクイーンのテーマ」のほかにもう一曲「NAMIDA~ココロアバイテ~」こちらのPVも劇中に登場!こちらは「40週連続ヒットチャートNO.1」(※2025年、ゼブラシティ付)の実績を引っさげて4月21日にデビューだそうです。

★「NAMIDA~ココロアバイテ~」

個人的おススメ度4.0
今日の一言:確実に2作目の方が面白くなってます
総合評価:76点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

【キャラクター】

112 111

ポスター

101 102

最終形ゼブラーマン(左)・白ゼブラーマン(右)

103 104

黒ゼブラーマン(左)・ゼブラクイーン(右)

105 106

新実(左)・相原公蔵(右)

107 108

TV版ゼブラーマン(左)・浅野晋平(右)

|

« ミスティック・リバー | トップページ | 半分の月がのぼる空 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/34068019

この記事へのトラックバック一覧です: ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲:

» ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲 [象のロケット]
2025年。 白と黒の世界に様変わりしたゼブラシティで意識を失った“ゼブラーマン”こと市川新市は、ゼブラシティの外にあるコミューン“白馬の家”へ運ばれる。 彼らのリーダー・浅野は新市のかつての教え子だったが、新市は15年分の記憶を全て失っていた。 一方、姿を消したエイリアンを利用し世界征服を企んでいる奴らがいた…。 目覚めよ、ゼブラーマン! 人気アクションコメディ第2弾。... [続きを読む]

受信: 2010年4月 4日 (日) 19時53分

» 『ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』 [ラムの大通り]
----今日は苦手の三池崇史作品。 しかも、あの映画の続編。 ちゃんと最後まで観ることできたの? 「あっ。これが意外と言ってはなんだけど、 けっこうオモシロかったね。 ある種、管理化された未来社会で 人殺しもOK!ってところに、 『リアル鬼ごっこ』を思い出さないでもなかったけど…」 ----それって、ディストピアってことかニャ。 「そうも言えるかな。 ただ、そこはさすがクドカン。 ゼブラタイムなるものを設定して、 その時間だけは、警察は無条件に人を撃ち殺していいし、 教師もセクハラなどやりたい放題。... [続きを読む]

受信: 2010年4月 6日 (火) 00時30分

» 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」:豊洲四丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}黒土?白土はないのか。 {/hiyo_en2/}何で?植物でも育てたいの? {/kaeru_en4/}白黒はっきりつけたいんだよ。 {/hiyo_en2/}「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」みたいに? {/kaeru_en4/}あれは、白黒はっきりつけない話だろ。 {/hiyo_en2/}だって哀川翔が白ゼブラーマン、仲依里沙が黒ゼブラクイーンになって「白黒つけてやる」って、戦う話じゃない。 {/kaeru_en4/}そうなんだけど、最後の決着がああいう形だからな。 {... [続きを読む]

受信: 2010年4月25日 (日) 19時22分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [Akira's VOICE]
メチャクチャすぎて面白い!   [続きを読む]

受信: 2010年5月 1日 (土) 17時32分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
ばかばかしい研究所や愉快な宇宙人の描き方など、まじめに見る映画ではない。ニタニタ笑いながら、ポップコーン片手に何も考えずに見るのがちょうどいい。ゼブラクイーンを演じた仲里依紗が、光っていた。... [続きを読む]

受信: 2010年5月 1日 (土) 21時50分

» 「俺の背中に立つんじゃねえ!」ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・お馴染みクドカン小ネタ及びラストに触れています。鑑賞後に御覧下さい。「俺の背中に立つんじゃねえ!」の台詞と共に6年前に公開された「ゼブラーマン」の続編「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」が哀川... [続きを読む]

受信: 2010年5月 1日 (土) 22時04分

» 『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』 ゼブラーマンの待望の続編は…ここまでスゴいことに! [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
ブログネタ:GWに行こうと思っている映画・舞台・美術館 参加中 『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』 (C) 2010「ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲」製作委員会 にほんブログ村 丸の内TOEIの、初日舞台挨拶の回を観てきました♪ 舞... [続きを読む]

受信: 2010年5月 1日 (土) 22時09分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [映画鑑賞★日記・・・]
2010/05/01公開 日本 106分監督:三池崇史出演:哀川翔、仲里依紗、阿部力、井上正大、田中直樹、ガダルカナル・タカStory:教師の市川新市(哀川翔)が目覚めると、東京の街はゼブラシティなる都市に変ぼうしていた。警官に発砲され意識を失った新市が再び目を覚ますと、....... [続きを読む]

受信: 2010年5月 1日 (土) 22時33分

» 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 [みんなシネマいいのに!]
 実は前作が小ネタは多いものの、イマイチ弾けないものがあって面白いと思えなかった [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 01時07分

» 映画3本:「運命のボタン The Box」「RAILWAYS」「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
これまで観た映画でイマイチのものは、よっぽど書きたいことが無い限り、切り捨てて何も書かないようにしてきた。 のだけれど、最近3本続けてそういうことがあったので、なるべくベタバレしないようにしつつ、3本まとめてアップ(笑) 1.まずは、もうすぐ公開「運命のボタン」 ボタンを押せば大金が手に入るが、代わりに見知らぬ誰かが死ぬ。 そんな、究極の選択を迫られた夫婦の運命を描くスリラー。 隠れた名作「トニーダーゴ」の監督だけに、期待したのだが....... キャメロン・ディアスが役の性格上(1970年... [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 03時25分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [ダイターンクラッシュ!!]
2010年5月1日(土) 21:25~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1000円(映画サービスデイ) パンフレット:700円(買っていない) 『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』公式サイト 三池崇史にしては、とっつき易い作品だった「ゼブラーマン」。翔兄貴の情けない中年役が板についていて、お気に入りの作品だった。当然、本作、とても期待して見に行ったのだが・・・ 前作から15年後、翔兄貴演じる主人公は、過去の記憶が無い。ということで、まったく異なる作品となっていた。 と言っても、俺自身、前作の話は... [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 04時21分

» 「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」 よくぞここまで膨らませた! [はらやんの映画徒然草]
前作「ゼブラーマン」から15年後の世界、東京はゼブラシティと名を変え、毎日朝晩5 [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 08時33分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲/哀川翔、仲里依紗 [カノンな日々]
哀川翔さんの主演100本記念作として2004年に劇場公開された『ゼブラーマン』の続編です。前作の公開はたしかこのブログを始めた頃でして私は翌年にDVDで鑑賞したんですけど、これがものスゴク面白くてお気に入りの作品でした。本作は哀川翔さんのデビュー25周年を記念して哀....... [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 09時02分

» 『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』・・・白と黒の逆襲 [SOARのパストラーレ♪]
シリーズのテーマとも言える“白と黒”。第二弾となる本作ではこれをとことん突き詰め発展させて、より壮大な三池ワールドに仕上げたという感じだ。白黒の定義が前作を超えたとでも言おうか、まさに前作からの“逆襲”であった。... [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 16時16分

» 『ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』 ('10初鑑賞66・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆--- (10段階評価で 4) 5月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター2にて 13:00の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 20時11分

» 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 [Mr.Bation]
ゴールデンウィークは娯楽が大事。 初っ端が映画サービスデーということもあり早速観る。 封切日に映画を観るなんて、多分初めて・・・しかも、朝一番の回。 最近の活躍が目覚ましい仲里依紗のゼブラクイーン目当てであることは言うまでも無い。 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」... [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 22時50分

» ◆□『ゼブラーマン −ゼブラシティの逆襲−』□◆ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:日本映画、三池崇史監督、宮藤官九郎脚本、哀川翔、仲里依紗、阿部力、井上正大、田中直樹、ガダルカナル・タカ出演。 [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 23時20分

» ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
エイリアンを倒して白黒つけたゼブラーマンが再び立ち上がる異色ヒーロー映画の続編。西暦2025年、ゼブラシティとなった東京。そこでは、艶かしいゼブラクィーンの歌声の中、殺人OKのゼブラタイムが導入されていた。教師の市川新市は警官から発砲されて意識を失う。目覚め....... [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 23時51分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 日本  アクション&SF&ヒーロー  監督:三池崇史  出演:哀川翔      仲里依紗      阿部力      井上正大      【物語】  教師の市川新市が目覚めると、東京の街はゼブラシティなる都市に変ぼうし ていた。警官に発砲され意識を失った新市が再び...... [続きを読む]

受信: 2010年5月 3日 (月) 00時20分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★【2点】ゼブラクイーンありきの映画だった。 [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 10時27分

» 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」とゼブラショップ [大江戸時夫の東京温度]
『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』、観ましたよ。前作『ZEBRAMAN』の特撮 [続きを読む]

受信: 2010年5月 5日 (水) 00時10分

» 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2010年・日本:東映監督:三池 崇史脚本:宮藤 官九郎 6年前に、同じスタッフ・主演で製作された「ゼブラーマン」の続編。 舞台は前作から15年後の2025年、東京は新都知事、相原(ガダルカナタカ)が... [続きを読む]

受信: 2010年5月 5日 (水) 10時03分

» 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」ゼブラクィーンとの対決の先にみた白黒合体したゼブラーマンの戦い [オールマイティにコメンテート]
5月1日公開の映画「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」を観賞した。 この映画は2004年に公開されたゼブラーマンの続編で 時は2025年の東京、そこはゼブラシティと化した街で 午前、午後5時にゼブラタイムが導入され、 人殺しをしてもよいという法令が適用さ....... [続きを読む]

受信: 2010年5月 5日 (水) 10時51分

» No.219 ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [気ままな映画生活]
前作のような、展開が好きだった・・・ これが見終わった感想だった。 前作では、小学校の学年主任がうだつのあがらない 毎日を過ごし、生徒や家族との会話も成立せず・・・ むなしい日々だったけど、唯一、自分の居場所となる ゼブラーマンのコスプレにより哀愁漂う姿...... [続きを読む]

受信: 2010年5月 5日 (水) 16時20分

» 2010-13『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2010-13『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』(更新:2010/05/04) 評価:★★☆☆☆(★★★☆☆との間) 川崎のIMAX3Dで『アリス・イン・ワンダーランド』を観賞しようと行ってみたが・・・・ ..... [続きを読む]

受信: 2010年5月 5日 (水) 17時57分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。宮藤官九郎原作、三池崇史監督、哀川翔、仲里依紗、井上正大、阿部力、ガダルカナル・タカ。ゼブラはシマウマのことなのだけれど、この手のものはどうしても昆虫に似て来る。と言えば、同じ哀川翔主演の「昆虫探偵ヨシダヨシミ」。しかも、なぜかともに東京都庁....... [続きを読む]

受信: 2010年5月 5日 (水) 19時38分

» 『ゼブラーマンゼブラシティの逆襲』(2010)/日本 [NiceOne!!]
監督:三池崇史脚本:宮藤官九郎出演:哀川翔、仲里依紗、阿部力、井上正大、田中直樹、ガダルカナル・タカ公式サイトはこちら。<Story>小学校教師の市川新市(哀川翔)が目... [続きを読む]

受信: 2010年5月 5日 (水) 21時12分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲■ゼブラ... [映画と出会う・世界が変わる]
あの前作からどのような続編が出来るのかと思ったら、見事な発想で生まれた!縞馬の白と黒とを「善:白」と「悪:黒」と読み替えての展開であり、今回の悪役のゼブラクィーンの誕生... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 01時23分

» 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」え~い!遊びすぎやわ!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ゼブラーマン2] ブログ村キーワード  “主演・哀川 翔×脚本・宮藤官九郎×監督・三池崇史”。前作「ゼブラーマン」から6年、ムチャな大人が奇跡の再結集!「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」(東映)。前作は“哀川 翔 主演100本目記念作品”でしたが、今回は“哀川 翔 デビュー25周年記念作品”。まあ何かと、アニバーサリーづいてますな。  ちなみに前作は、こんなお話でした…↓  ~2010年、横浜市八千代区。家でも学校でもパッとしない小学校教師・市川新市の誰にも言えない愉しみ。それは、昭和... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 20時59分

» 「ゼブラーマンゼブラシティの逆襲」を見て... [映画と出会う・世界が変わる]
この映画を見ると「デビルマン」(那須博之監督)が何故、愚作(というのも手ぬるい表現であるが)になったのかがよくわかる。「デビルマン」の主要登場人物を演じる俳優がほとんど... [続きを読む]

受信: 2010年5月 7日 (金) 00時09分

» ゼブラーマン2 -ゼブラシティの逆襲- [そーれりぽーと]
『ヤッターマン』で日本中を湧かせた三池崇史監督が、哀川翔主演&クドカン脚本で撮ったカルトムービー『ゼブラーマン』の続編、『ゼブラーマン2 -ゼブラシティの逆襲-』を観てきました。 ★★★ よーここまで金かけてふざけた映画を作りよるw 『ヤッターマン』がヒットした勢いだけで作ったような、あれに輪をかけてムチャクチャというかマジでクダラない映画に仕上がっています。 基本は『ゼブラーマン』の続編でも、『ヤッターマン』や『妖怪大戦争』を含めたセルフパロディーみたいなノリでいっぱい。 ターゲットはハイティ... [続きを読む]

受信: 2010年5月 7日 (金) 20時33分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲■ゼブラ... [映画と出会う・世界が変わる]
あの前作からどのような続編が出来るのかと思ったら、見事な発想で生まれた!縞馬の白と黒とを「善:白」と「悪:黒」と読み替えての展開であり、今回の悪役のゼブラクィーンの誕生... [続きを読む]

受信: 2010年5月 8日 (土) 08時30分

» ゼブラーマン☆★ゼブラシティの逆襲(2010) [銅版画制作の日々]
ウルフマンの次はゼブラーマン、、、、、。 MOVX京都にて鑑賞。脚本はあの宮藤官九郎、そして監督は三池崇史。そして主演はヒーロー役では最年長という哀川翔だ。前回のゼブラーマンは観ていません。前作観なくてもOKそうな感じでした。何とシアターには、アベックの2人と私だけ。平日でも、いつもなら、もう少しお客さん入っているけど、、、、、。あまりも少ないのでちょっと驚きです。まあこんな日もあるのでしょうが。 山田玲司による漫画だそうだが、原作は宮藤官九郎。こうして見ると、何かクドカンの書く物語ってちょっと... [続きを読む]

受信: 2010年5月 8日 (土) 11時07分

» 「ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲-」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 前作から6年、哀川翔×三池崇史×宮藤官九郎が再びトリオを組んだ待望の続編。2025年、無法地帯と化したかつての東京「ゼブラシティ」を舞台に、記憶と力を失ったゼブラーマ... [続きを読む]

受信: 2010年5月 8日 (土) 21時16分

» ゼブラーマン ゼブラシティーの逆襲 [ケントのたそがれ劇場]
★★☆  予告編で、仲里依紗演じるゼブラークイーンの歌とダンスを観て、マイケル・ジャクソンの『キャプテン・イオ』を思い出してしまった。それがお目当てでこの映画を観た訳だが、仲里依紗に関しては、歌もダンスも演技も、はたまた見事に熟れたボディーも十分堪能できた... [続きを読む]

受信: 2010年5月 9日 (日) 18時20分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [だらだら無気力ブログ]
哀川翔主演100本記念作品となった異色ヒーロー・アクション 『ゼブラーマン』の続編。 前作から15年後の“ゼブラシティ”と名を変えた東京を舞台に、15年間の 記憶をなくした主人公・市川新市が記憶を取り戻すとともに悪の野望の 阻止に立ち向かう姿を描く。 前作同様、..... [続きを読む]

受信: 2010年5月10日 (月) 00時50分

» 【ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲】 [日々のつぶやき]
監督:三池崇史 出演:哀川翔、仲里依沙、井上正大、ガダルカナル・タカ、阿部力、田中直樹  女が最強。 「15年記憶を失っていた市川新市は、街がゼブラタイムには何でもありのゼブラシティと変貌していることを知る。撃たれたところを救出された新市はそこでかつ... [続きを読む]

受信: 2010年5月13日 (木) 12時26分

» ゼブラーマン [映画的・絵画的・音楽的]
 『ゼブラーマン―ゼブラシティの逆襲―』を渋谷TOEIで見ました。  主演の哀川翔の映画デビュー25周年にあたる年に制作された記念すべき映画ということで、5月2日の記事で申しあげたように、この映画をジャンプだとして、『誘拐ラプソディ』をホップ、『昆虫探偵ヨシダヨシミ』をステップとしてきたわけですから、何としてでも哀川翔を見なければと思い、いそいそと出かけてみたところです。 (1)実際に見ても、まずまずの仕上がりではないかと思いました。  前回の『ゼブラーマン』では、ダメ教師市川新市―哀川翔が扮し... [続きを読む]

受信: 2010年5月19日 (水) 05時25分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[ゼブラーマン2] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:末吉 2010年35本目(33作品)です。 【あらすじ】 小学校教師の市川新市が(哀川翔)がふと目覚めると、東京はゼブラシティと呼ばれる街に様変わり。 午前午後の5分間だけ犯罪..... [続きを読む]

受信: 2010年5月20日 (木) 15時00分

» 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                       「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・三池崇史 脚本・宮藤官九郎 なかなかタイミングが合わずに、やっと観て参りました。 はい、ゼブラ・クイーン目当てでございます。失礼いたしましたm(__)m。 仲里依紗のあのゼブラ・クイーンのコスチュームは“違反”ですよね〜(何の違反なんだ!?) あれで「オレの背中に立つんじゃねぇ!!」ですから、あぁ、「時かけ」の“あかり”のイメージが音をたてて崩れてゆく・・・(T_T)/~... [続きを読む]

受信: 2010年5月25日 (火) 12時30分

» 『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」□監督 三池崇史 □脚本 宮藤官九郎□キャスト 哀川 翔、仲 里依紗、阿部 力、井上正大、田中直樹、ガダルカナル・タカ■鑑賞日 5月23日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 朝一、9:30の回で観る映画かいっ、これ でも三池監督、仲 里依紗チャンにここまでやらせてくれて「ありがとう〜」 作品自体にはあげられないけど、この件については このゼブラクィーンでボンデ... [続きを読む]

受信: 2010年5月29日 (土) 08時47分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [単館系]
ゼブラーマンの続編。 一応パート1は録画で途中まで見た。(あまりの痛さに挫折) 2025年が舞台。 白ゼブラと黒ゼブラの関係はああ、なる... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 19時51分

» ★「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
二作目なのに、「〜2」と入れないのは、「1」があまり知られてないからか?? DVDでは観たけど、ぱっとしないヒーローものだった気が。 まあ、年々芸能界で存在感を増してきた哀川翔のコスプレヒーローものは、まあ見もの。 それより、最近評判のいい仲里依紗のゼブラクイーンの前評判が気になるところ。... [続きを読む]

受信: 2010年6月 7日 (月) 03時29分

» 映画:ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- [よしなしごと]
 主演の哀川翔は好きな俳優じゃないむしろどちらかというとキライな俳優。三池崇史監督の作品は観ている間に寝てしまうこともあり、相性が良くない。宮藤官九郎は好きな作品もあるけど、どちらかというと嫌いな作品の方が多い。そして前作のゼブラーマンはどんな話だか知らない。ただ、仲里依紗のセクシーな衣装が見たいだけのためにゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-を観てきました。例によってすでに観てから2週間以上経過していますが。... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 01時49分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
女が最強。 男なら戦え。 白黒つけるぜ! 冴えない小学校教師・市川新市がひょんなことからゼブラーマンとなり、宇宙人と戦うことになったヒーローアクション「ゼブラーマン」。2004年に公開された映画「ゼブラーマン... [続きを読む]

受信: 2010年6月19日 (土) 01時35分

» ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- [ゴリラも寄り道]
ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- スタンダード・エディション [DVD](2010/11/12)哀川翔、仲里依紗 他商品詳細を見る<<ストーリー>>西暦2025年、新都市ゼブラシティへと変貌を遂げた街で、小学校教師の...... [続きを読む]

受信: 2010年12月26日 (日) 02時05分

» 『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』 [『映画な日々』 cinema-days]
ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲 2025年 新生都制では”ゼブラタイム”なる 無法者のやりたい放題の時間帯が設けられていた... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 前作から6年ぶりの続編... [続きを読む]

受信: 2011年5月14日 (土) 22時21分

» 喪中映画評「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆(4点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・三池崇史 ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年5月20日 (金) 09時30分

» 別館の予備(感想199作目 ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 ) [スポーツ瓦版]
6月26日 ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10934006449/4276457c ハルヒの消失&パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉&告白& さ ... [続きを読む]

受信: 2011年6月26日 (日) 11時47分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲(感想199作目) [別館ヒガシ日記]
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲は鑑賞で 結論は前作は観てないがクイーン目当て鑑賞だが 前作を見て無くても十分に楽しめる内容で良かった 内容は横浜市事件から15年が経過し... [続きを読む]

受信: 2011年6月26日 (日) 11時47分

« ミスティック・リバー | トップページ | 半分の月がのぼる空 »