« ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 | トップページ | 誘拐ラプソディー »

2010年4月 5日 (月)

半分の月がのぼる空

Photo 原作は橋本紡の同名小説。入院した病院で出会った心臓病の少女、2人がお互いに惹かれ合うのに時間はかからなかった。いっぽうで、少女と同じ病で妻を亡くし、深い心の傷を負った医師はいまだそこから立ち直れないでした…。主演は『砂時計』『ダイブ!!』の池松壮亮と『守護天使』の忽那汐里、共演に『アフタースクール』の大泉洋。監督は『60歳のラブレター』の深川栄洋が務める。
>>公式サイト

初々しく切なくそして暖かい…

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

定番ものではあるけれど、ちょっと一工夫されたストーリーの流れに感動させられました。本作はメインストーリーとサブストーリーがパラレルに展開していく構成です。といってもサブストーリーは本当にちょっとだけなのですが。メインストーリーの主人公は裕一(池松壮亮)と里香(忽那汐里)。いきなり余談ですが、忽那汐里は「くつなしおり」と読みます。裕一は肝炎で入院した病院で里香に出会うのでした。里香は重い心臓病で、子供の頃からその大半を病院で過ごしてきた少女でした。最初はキツイ性格の里香に閉口しつつも、次第に2人は惹かれあっていく…ああ、なんてベタなパターンなのか。(大好き。)

02 03

彼女はいくつもの病院で手術を断られ、この病院にやってきたのだけれど、結局この病院でも同様に断られてしまうのです。夏目(大泉洋)は妻を里香と同じ病気で亡くしており、自分の無力感に苛まれ心臓外科医を辞めて内科医として生きることにしたのでした。そのため、彼を頼ってきた患者の手術も全て断っています。ある日、里香の頼みで裕一は彼女を砲台山に連れて行くことにするのでした。このあたり病院抜け出しパターンもまた定番ですね。ただ途中警備員に見つかって全力疾走で逃げる里香には思わず「そんなに走ったら病院内で死んじゃわない?」とか思ったり。そもそも彼女の心臓には穴が開いているらしい。恐らく心室中核欠損症とかなんだと思うけれど、病名はハッキリわかりません。

04 05

裕一の学校の文化祭で友達と駆け出したり、劇に出てしまったりと、難病という割には結構普通に見えてしまうのが何だか違和感を禁じ得ず残念なところ。どうせなら彼女の病名をハッキリ言ったらよかったのに…。細かい部分は良いじゃないかと思わないでもないけれど、彼女の難病をハッキリと解らせるにはある程度リアリティある説明は必要なんじゃないかと思ったりもします。裕一の肝炎も、砲台山に里香を連れて行った時にはぶっ倒れてしまったほどで、かなり悪いのかと思いきやあっさり治って退院してしまったりと、その辺にもう少し現実感があればより心に訴えかけるものが大きかったのではないかと感じました。

06 07

と、やたら否定的な事ばかり書いてしまいましたが、裕一と里香がちょっとづつその心の距離を縮めていく様子は甘酸っぱくて純粋で、若者らしい初々しさが良く出ています。2人とも病気で入院しているだけにデートしたりとかの自由がない分、お互いがお互いの存在自体を必要としているという想いがとても良く伝わってくるのですね。里香が転院し手術を受けると決心した夜、裕一のベッドで布団を頭から被って2人で話すシーンはそうして近づいてきた彼らが、心も体も再接近したシチュエーション。変にベタベタとした恋愛モードではなく、好きだけど友達ライクに話す里香からあふれ出す不安や悲しみに胸打たれました。更にいうと、このシーンは最後に繋がる重要なシーンでもあります。

08 09

さて、もちろん裕一と里香のラブストーリーも良いのですが、個人的にはメインストーリーと大泉洋のサブストーリーが最後に来て一つになるという構成にとても感動しました。後から考えてみるといくつかの伏線というかヒントが見せられていて、自分でもそこに気が付いていただけに余計そのオチの鮮やかさに感動したのかもしれません。例えば…(以下ネタバレ)

裕一の高校の女子のセーラー服がいやに古い(現代じゃない?)
里香の心臓病を断る院長(主治医は夏目じゃなかった?)
夏目が手術できないことを詫びた相手が里香じゃない。

10 11

若い2人の甘酸っぱいラブストーリー、死んだ妻をずっと愛し続けるラブストーリー、そして2つのラブストーリーは結局一つだった…。何だろう、最終的に結果だけ見たらバッドエンドなのかもしれない。けれど、転院し手術に成功した里香と裕一が再会し、2人が幸せだった歴史をフラッシュバックしていく回想シーンを見ていると、「よかったなぁ」と思ってしまう…。そして裕一がずっと里香の事を愛し続けていたのと同じく、里香も裕一をずっと愛し続けていた。(それは死んでしまった今でも―)それが解った時に悲しいけれど暖かい涙が出てきたのでした。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:濱田マリがまたいいアクセントに!
総合評価:68点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 | トップページ | 誘拐ラプソディー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/34083784

この記事へのトラックバック一覧です: 半分の月がのぼる空:

» 半分の月がのぼる空 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。池松壮亮、忽那汐里、大泉洋、濱田マリ、中村久美。三重県伊勢市を舞台にした難病ラブストーリー。映画に出てくる砲台山は虎尾山だが、標高は50.9mなので、山と言うより小高い丘。映画では、裕一(池松壮亮)がバイクで里香(忽那汐里)を連れ出し、最後はおんぶして...... [続きを読む]

受信: 2010年4月 5日 (月) 12時49分

» 映画「半分の月がのぼる空」@ゲートシティホール [masalaの辛口映画館]
 客入りは7割くらい。    映画の話 高校生の裕一(池松壮亮)は、入院先の病院で心臓病の美しい少女・里香(忽那汐里)と出会い、彼女のわがままに振り回されながらも、次第に惹(ひ)かれていく。里香も外の世界を見せてくれる裕一に思いを寄せていくが、二人が入...... [続きを読む]

受信: 2010年4月 5日 (月) 16時02分

» 半分の月がのぼる空 [とりあえず、コメントです]
橋本紡著の同名小説を映画化した青春ラブストーリーです。 様々なメディアで出ている作品ですけど、どれも未見のままチャレンジしてみました。 人生を変えるような恋に出会った二人の強い想いが真っ直ぐに伝わってくるような物語でした。 ... [続きを読む]

受信: 2010年4月 5日 (月) 20時43分

» 半分の月がのぼる空/池松壮亮、忽那汐里、大泉洋 [カノンな日々]
予告編の印象ではかなりベタっぽい純愛映画でしたけど、何でも聞くところによれば凄いサプライズが仕掛けられているとかないとか?実際のとこどうなのかわかりませんけど、本ではあまり読まないジャンルなので原作のことはこの映画をきっかけに知りましたが原作小説はなんで....... [続きを読む]

受信: 2010年4月 5日 (月) 23時19分

» 「半分の月がのぼる空」 [みんなシネマいいのに!]
 肝炎で入院している高校生の裕一と心臓病を患った少女の里香は同じ病院で知り合いお [続きを読む]

受信: 2010年4月 6日 (火) 07時16分

» 半分の月がのぼる空 [象のロケット]
入院した高校生の裕一は、心臓病で9歳の頃から入院生活を送っている少女・里香と出会う。 本の世界に閉じこもっていた里香に、外の世界を見せる裕一。 一方、2人が入院している病院の医師・夏目は、心臓外科医でありながら最愛の妻を手術で救えず、失意のあまり内科医に転身。 彼の腕を頼りにしてきた患者にも手術を行おうとはしなかった…。 ラブ・ストーリー。... [続きを読む]

受信: 2010年4月 6日 (火) 15時18分

» 半分の月がのぼる空 [to Heart]
上映時間 112分 原作 橋本紡 脚本 西田征史 監督 深川栄洋 主題歌 『15の言葉』阿部真央 出演 池松壮亮/忽那汐里/大泉洋/濱田マリ/加藤康起/川村亮介/緑友利恵/森田直幸/螢雪次朗/中村久美/西岡徳馬 140万部を突破した橋本紡の人気恋愛小説を、『60歳のラブレター』の深川栄洋監督が映像化したもの。 {/book_mov/}高校生の裕一(池松壮亮)は、入院先の病院で心臓病の美しい少女・里香(忽那汐里)と出会い、彼女のわがままに振り回されながらも、次第に惹かれていく。里香も外の世界を見... [続きを読む]

受信: 2010年4月 8日 (木) 00時10分

» 半分の月がのぼる空 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  小さい頃から心臓病で入院している少女と、たまたま肝炎で入院した少年が、病院内で出合う。少年は少女のわがままに振り回されながらも、次第に彼女に惹かれてゆく。また青春難病ラブストーリーかと、やるせない思いでスクリーンを見つめる私。さらに重病人と看護... [続きを読む]

受信: 2010年4月10日 (土) 16時26分

» 【半分の月がのぼる空】 [日々のつぶやき]
監督:深川栄洋 出演:池松壮亮、忽那汐里、大泉洋   限られた命と恋をした。ずっとずっと愛したい。 「肝炎で入院中の裕一は、9歳の頃から入院を繰返し友達もなく人付き合いが苦手な美少女里香と出会った。 我侭な里香に振り回されながらも少しずつ好きになっ... [続きを読む]

受信: 2010年4月13日 (火) 09時11分

» 「半分の月がのぼる空」ヤラれた!それって反則(>_<)…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[半分の月がのぼる空] ブログ村キーワード  “難病モノ”&“ピュアなラブストーリー”です。「半分の月がのぼる空」(IMJエンタテインメント)。また『泣け!』って演出の押売りなのかな~?それはイヤやな~と思いつつ、吾輩映画館へと向かいました。そして、その予想はイイ意味で裏切られました。  三重県・伊勢市。肝炎で入院中の高校生・裕一(池松壮亮)は、退屈な入院生活に我慢できずに夜間、病院から脱走。しかし戻って来たところを、看護婦の亜希子(濱田マリ)に捕まり、罰として新しく入院してきた少女・里... [続きを読む]

受信: 2010年4月16日 (金) 21時37分

» 半分の月がのぼる空☆独り言 [黒猫のうたた寝]
観るかどうしようか迷っていたら、映画友達が背中押してくれました(笑)それも今朝、Twitterでのことでした。監督が深川栄洋だったことを知ったことも理由の一つだったわけなんですが。監督の『狼少女』とか『アイランドタイムズ』の映像がストーリーも含め好きだったもので... [続きを読む]

受信: 2010年4月16日 (金) 21時46分

» 半分の月がのぼる空 [シネマDVD・映画情報館]
シリーズ累計140万部を突破したベストセラー恋愛小説を、『60歳のラブレター』の深川栄洋監督が映画化。主演は、『ラストサムライ』で映画デビューを果たし、以後も『砂時計』『ダイブ!!』と着実にキャリアを重ねている池松壮亮。里香役に抜擢されたのは、ポッキーのCMで注目を集め、『BECK』でヒロインを務める忽那汐里。夏目役には、振り幅の広い演技で、映画界での存在感を増しつつある『アフタースクール』の大泉洋...劇場案内...... [続きを読む]

受信: 2010年4月17日 (土) 15時00分

» 半分の月がのぼる空 [cochi のArt-Mill]
過去と現在を同時進行させながらも、観客には悟られないように物語は慎重に展開する。そしてラスト、その時間が重なった時、それまでに張り巡らされた伏線の小道具が輝きを増し、そして空しくも切ない感動がふわーと沸き起こる。高校生の青い純愛物語が、突然に大きな世界へと変化するその瞬間、「ああ、、、やられた!」と思わず頷く。こういう心地よいお話は好きだ。 《半分の月がのぼる空》オフィシャルサイト 『半分の月がのぼる空』忽那汐里、大泉洋 単独インタビュー(シネマトゥデイ)... [続きを読む]

受信: 2010年4月21日 (水) 23時09分

» 半分の月がのぼる空 [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
満ちていくまでの上弦の月は生を、 欠けていく下弦の月は死を ”ありったけの切なさ”につつまれる、涙がこぼれるラブストーリー テレビドラマやアニメにもなった橋本紡のベストセラーライトノベルの実写映画化。 重い... [続きを読む]

受信: 2010年5月 1日 (土) 02時01分

» パジャマの王子様と銀河鉄道の夜。~「半分の月がのぼる空」~ [ペパーミントの魔術師]
半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon (電撃文庫)山本 ケイジ アスキー・メディアワークス 2003-10売り上げランキング : 47576おすすめ平均 そこまで感動はしない実に愛の溢れる物語どこか寂寥感が溢れる作品Amazonで詳しく見る by G-Tools 半分の月がのぼ..... [続きを読む]

受信: 2010年5月11日 (火) 01時50分

» 映画「半分の月がのぼる空 」今日、明日そして同じ様に続く日々を大切に思う [soramove]
「半分の月がのぼる空 」★★★☆ 池松壮亮、忽那汐里、濱田マリ、大泉洋 出演 深川栄洋監督、112分、2010年4月3日より順次公開、2009,日本,IMJエンタテインメント (原題:半分の月がのぼる空)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「高校生の裕一(池松壮亮)は、入院した病院で 心臓病を患った少女・里香(忽那汐里)と出会う。 無断外出を看護師に見つかり 彼女と友達になるように... [続きを読む]

受信: 2010年8月 4日 (水) 19時09分

« ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 | トップページ | 誘拐ラプソディー »