« インファナル・アフェアII/無間序曲 | トップページ | ROOKIES -卒業- »

2010年5月 6日 (木)

インファナル・アフェアIII/終極無間

Photo 大ヒットした香港ノワール「インファナル・アフェア」シリーズ第3作。三部作の最後はヤンが殉職後のラウと1作目で描かれなかった殉職以前のヤンが描かれている。今回はアンディ・ラウを中心に、新に登場するキャラクターにレオン・ライ、チェン・ダオミンを加えた3人がメインキャスト。とはいえもちろんトニーレオンやケリー・チャンも出演している。
>>公式サイト

ラウは永久に許されないのか…

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

シリーズ第3作、本作でもまた意外な事実が判明し、実に見応えがある作品です。1作目からそれぞれ描く内容は異なれど、運命の流れに翻弄される男たち。「ゴッドファーザー」シリーズに匹敵する素晴らしい三部作と言えるでしょう。今回は、第2作では余りフィーチャーされなかった潜入マフィアのラウ、即ちアンディ・ラウを中心としたストーリー展開です。1作目のラストから10ヵ月後…、善なる道を行きたいと切に願うも、ヤンにそれを拒絶され挙句に同じ潜入マフィアのラムによってヤンを殺させてしまったラウ。あの時点で正真正銘の“インファナル・アフェア”に入り込んでしまった訳ですが、案の定眠れない日々を過ごしていたのでした。しかも罪の意識に苛まれるラウに更なる心配事がのしかかります。うーん、無間道まっしぐらと言う感じ…。

02 03

さてその心配事とは…、ヤンを殺したラムの残した言葉「全部で5人」つまり、潜入マフィアはまだ他にいるということ。自分の正体を知る者が警察内部にいる、しかも下手をしたら命を狙われる危険すらある。やっとの思いで得た善なる人生なのに…。またこのタイミングで絶妙にいやらしく登場するのが保安部のヨン警視(レオン・ライ)。はっきりとは解りませんが保安部は日本で言うところの公安のようなもので、警察内部でも非常に閉鎖された部署なのです。彼の前で部下が「仲間だろ!」と言って自殺したり、ウォン警部の残した写真にサムやもう一人謎の人物と共に映っていたり、挙句の果てにはサムとの会話の録音テープまで出てくる始末。このあたりの演出が実に上手いのは、観ている私たちがラウ目線であることを十分に意識している点。

04 05

いや、例えそうじゃなく中立的な観方をしていてもヨン警視の謎の多い行動には疑問が湧きまくりです。さて、ラウならずとも疑心暗鬼になりつつあるタイミングで挟まれるのが、殉職前のヤンを描いたシークエンス。ただし、今回はあくまでも1作目で描かれなかったサイドストーリーをつまびらかに見せてくれたといったところでしょうか。しかしながら、精神科医のリー(ケリー・チャン)に心の安らぎを見出していくあたりは、彼女がヤンの辿った“インファナル・アフェア”の道程で唯一の心のオアシスだったことが良く解りました。ちなみに1作目で離婚した妻が娘と共に登場するシーンがありますが、それに関する事実も描かれています。いずれにしても、リーとのシーンではシリーズでは余り観られないトニー・レオンの気持ちの良い笑顔も見られるので、ファンには堪らないサービスシーンかもしれません。

06 07

保安部に隠しカメラを設置し、ヨン警視の動きを監視するラウ。監視カメラの映像を見る彼の顔には次第に狂気が宿っていくのでした。ちょっと面白いと思ったのは、それを表現するのに乱暴に使い捨てコンタクトレンズを目に入れるシーン。1作目でアレだけクールで切れ者だったラウの姿はもうそこにはありません。そして皮肉だったのは、ヤンの情報を得るためにリーに近づいたラウが、ヤンと同じように彼女に安らぎを見出すところ。彼女の前で彼は秘密を語ります。画面左にラウ、右にヤンが寝ている姿は対照的であり、それは1作目のレビューで私が書いたように、正反対の波形を示す2人がリーという一点で交差したかのようでした。遂にはヨン警視を尾行までするラウ。その目の前に現れたのは義足の男…。それは過去にサムとの取引相手でヤンともつながりのあるシェンでした。

08 09

ことここに及んで、ラウは遂にヨン警視の金庫からテープを盗み出し、彼を逮捕しようとします。証拠として再生したテープから流れてきた声はラウ自身とサムとの会話でした…。と同時にその場に現れるシェン。彼もまたヤンとラウの最後の会話のテープを再生します。一瞬何が何だか解らなくなる私。え?ラウがラウじゃなくてヨン警視がラウ?じゃあシェンって何者?簡単に言うとラウはリーのところでヤンの魂と波形が交差した時、彼になったのです。ヤンがラウを許さないという執念がラウの正体を暴いたと言えるのかもしれません。ヨン警視は実はヤンと警察学校の同期、シェンは大陸からの潜入捜査官でした。全てが判明した今、改めて「運命は人を変えられるが、人は運命を変えられない」という言葉をかみ締めています。

10_2 11

ラウの「俺にだってチャンスをくれ!」という悲痛な叫び声が耳から離れません。善の道を辿る運命になかったラウはどんなにあがいてもそれを手に入れることは出来ないのでしょうか。最後は拳銃自殺を図るラウ。しかし彼は一命を取りとめ、その頭には銃弾が残ってしまいます。死ぬことすら許されないのか…。ラストシーン、彼の意識が正常なのかそれともそうではないのかは解りません。おかしな話ですが、障害が残り何も考えられない状態になっていた方がまだ幸せなのかもしれないとすら思ったのでした。実に見事な三部作、正しく香港ノワールの名作と呼ばれるに恥じない作品でした。

>>インファナル・アフェア
>>インファナル・アフェアII/無間序曲

個人的おススメ度4.0
今日の一言:最後の最後で最初にもどる演出が憎い
総合評価:75点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『インファナル・アフェアIII/終極無間』予告編

|

« インファナル・アフェアII/無間序曲 | トップページ | ROOKIES -卒業- »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/34527575

この記事へのトラックバック一覧です: インファナル・アフェアIII/終極無間:

» インファナル・アフェア? 終極無間 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 改めましてこんばんは!ってなワケで「インファナル・アフェア」シリーズ3本立てのラストを飾るのがコチラの「インファナル・アフェア」3部作の最終章です。  2では1の11年前の1991年から1997年までだったんですが、コチラでは1までに至るヤン(トニー・レオン)と1のラ....... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 17時09分

» インファナル・アフェアIII 終極無間 [ともやの映画大好きっ!]
(原題:無間道III 終極無間/INFERNAL AFFAIRS III) 【2003年・香港】試写会で鑑賞(★★★★☆) 警察とマフィアが10年以上に渡って互いにスパイを送り込み、壮絶な闘いを繰り広げたサスペンス・ドラマ三部作の最終章。 潜入捜査官ヤン(トニー・レオン)の殉職から10ヵ月後。ヤン殺害の疑いは晴れたものの、一時的に庶務課への移動を命じられるラウ(アンディ・ラウ)。警察官として生きる道を選んだ彼は、事件以来、自らの手で警察内部にいる残りの潜入マフィアを次々と始末してきた。そして、内... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 17時55分

» 『インファナル・アフェアⅢ終極無間』 [めでぃあみっくす]
トニー・レオン演じるヤンが死んでしまっているのに、どうシリーズを完結させるんだろうか?という不安とこのシリーズに対する期待が入り混じるままで観ましたが、とても大人のかっこよさがある世界が描かれていて満足する映画でした。 物語は第1作の後日談でヤンが殉職....... [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 20時21分

» 映画『インファナル・アフェアIII 終極無間』(お薦め度★★) [erabu]
監督、アンドリュー=ラウ、アラン=マック。2003年香港。サスペンス・アクション [続きを読む]

受信: 2010年5月 7日 (金) 00時31分

» インファナル・アフェアⅢ 終極無間 ここが疑問!? [Diarydiary! ]
昨日やっと2回目の鑑賞に行ってきました。実はこの前の日曜日、シネコン”バルト11 [続きを読む]

受信: 2010年5月 7日 (金) 19時34分

» 「インファナル・アフェアⅢ」をみたよ [Whats Design Blog]
すげー間があいちゃった。えへ。 ヒマなような、ヒマじゃないような、そんな時期を経て今休み前の追い込みです。 辛いとか痛いとか苦しいとか寂しいとか眠いとか、そういうのは奥歯でぐっと噛み締めて 今日も元気に生きていくよ!(急にどうした) さてと。今日は映画の話の前にもう恒例になっているこれの話題。 年に1巻しか出ません…。 パリヤたんはあいかわらずですが、 (どついたのに、気に入られたみたいだよ!よかったね!) 今回の乙嫁さんは嫁もかわいいが、婿の二人が大変にいい男でほっこりします。 足るを知って、ちゃ... [続きを読む]

受信: 2012年6月30日 (土) 10時45分

« インファナル・アフェアII/無間序曲 | トップページ | ROOKIES -卒業- »