« RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 | トップページ | BOX 袴田事件 命とは »

2010年5月31日 (月)

ザ・エッグ~ロマノフの秘宝を狙え~

Photo_2 『ディープ・インパクト』のミミ・レダー監督が送るクライム・サスペンスムービー。主演は『インビクタス 負けざる者たち』のモーガン・フリーマンと『デスペラード』のアントニオ・バンデラスの初共演コンビだ。ニューヨークを舞台にロマノフ王朝の秘宝を巡って陰謀・策謀が交錯する。真実は一体どこにあるのか、固唾を呑んで見守ろう。
>>公式サイト

ラストの謎が作品を救う

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

『ディープ・インパクト』のミミ・レダー監督に、モーガン・フリーマン&アントニオ・バンデラスと来たらそれだけでかなり期待度が高い作品のはずがどうもB級扱い。ロバート・デニーロ&アル・パチーノの『ボーダー』と併せて銀座シネパトスでは「男たちのヒート祭り」と銘打っての公開です。まあ、要はムービーアイ・エンタテインメントの倒産で配給権を日活が買い取り地味に公開ということなんですが、とりあえずお蔵入りにならなかっただけでも感謝というところです。『ボーダー』は2大俳優の割りにダメダメな脚本だったので本作にも余り期待はしていませんでしたが、これが意外にも中々面白い。最後の二転三転は結構胸がすく展開なのでした。

02_2 03_2

とはいっても、結局はB級の域は出ていませんので、あくまでその範囲での話ですけども。さて、物語は伝説の泥棒リプリー(モーガン・フリーマン)が一人の男を射殺する回想シーンから始まります。そのリプリー、もう一方の主人公ガブリエル(アントニオ・バンデラス)が、宝石店から出てきた男の持っていたダイヤモンドを強盗する様子をじっと観察していますが、それは彼を相棒としてスカウトし、ロマノフ王朝の秘宝“フェベルジェのイースターエッグ”(2個で時価4000万ドル!)を盗み出すためでした。とはいっても、正直今時泥棒モノってなぁという感じ。「オーシャンズ」シリーズに比べたら地味な感じは否めません。

04_2 05_2

ガブリエルは街で偶然出会ったリプリーが名付け親というアレックス(ラダ・ミッチェル)と恋に落ちるのでした。っとまあ、この辺までは物語のあらまし&登場人物の説明パートで黙って観るより他ありません。いよいよこの後、盗みに入るための準備に入るのですが、正直この辺はタルイです。警官に変装して、何故か都合よく開かれる盗みに入る宝石店のパーティーに忍び込んだり、アレックスがロシアンマフィアに拉致されて、盗む予定のイースターエッグを要求されたり。はてはニューヨーク市警とFBIも入り混じりFBIから市警に捜査中止命令がでたり…、どうも何がどうなってるんだかイマイチよく解らない…。ちょっとイライラしてきたところでいよいよ作戦開始です。

06_2 07_2

まあ、それほど奇抜なことをしているわけではないのですが、泥棒モノはやっぱり厳重な警戒を潜り抜けて忍び込み込むシーンが見所ですね。当然この辺りはご都合主義なんですが、それを言うなら「オーシャンズ」シリーズや、果ては「ルパン三世」だって同じこと。もっとも時価4000万ドルの割にはどうも地味というか、小粒な犯罪という感じが否めないのですが、そこはモーガン&バンデラスが大粒だということで…(笑)大型金庫の解錠をするシーンは他では余り見かけない妙なリアルさを感じる方法だったりしますが、個人的にはそんな簡単なのか?!と思わなくもありません。そして開いた金庫の中にはこれまた妙にリアルなお宝の数々が…。そして事態は意外な展開に!

08_2 09_2

(ここからネタバレ含む)
何とガブリエルは警官。正直言ってそんな気配は全くなかったんで、これには虚を突かれました。ガブリエルはアレックスを助けるために、リプリーを裏切りイースターエッグを持って逃走し、ロシアンマフィアにそれを渡します。何だかあっさりと解放されるアレックス…。何か腑に落ちない思いで観ていると…。ラストのラストで全てが明らかにされると、自分が最初からものの見事に全て騙されていたことが解るという寸法。はっきり言ってこの設定がなければ全く面白いとはいえない作品ですが、このラストだけでランクが1つあがったとすら思います。軽く見られる作品、お暇な時に是非。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:別にヒートはしないけど嫌いじゃない♪
総合評価:61点

>>男たちのヒート祭り 第1弾『ボーダー』
>>男たちのヒート祭り 第3弾『ストーン』
>>男たちのヒート祭り 第4弾『ゲーム・オブ・デス』
>>男たちのヒート祭り 第5弾『沈黙の復讐』

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『ザ・エッグ~ロマノフの秘宝を狙え~』予告編

|

« RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 | トップページ | BOX 袴田事件 命とは »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/34929342

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・エッグ~ロマノフの秘宝を狙え~:

» 映画「ザ・エッグ ~ロマノフの秘宝を狙え~」 [映画専用トラックバックセンター]
映画「ザ・エッグ ~ロマノフの秘宝を狙え~」に関するトラックバックを募集しています。 [続きを読む]

受信: 2010年6月16日 (水) 00時04分

» ザ・エッグ ~ロマノフの秘宝を狙え~ [だらだら無気力ブログ]
『インビクタス/負けざる者たち』のモーガン・フリーマンと『レジェンド・ オブ・ゼロ』のアントニオ・バンデラスが扮する強盗のコンビがある秘宝を 盗む様を描いたクライムサスペンス。 共演に『サイレント・ヒル』のラダ・ミッチェル。 監督は『ディープ・インパクト』..... [続きを読む]

受信: 2010年6月26日 (土) 10時13分

» 全米劇場未公開作 [Movies 1-800]
ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション Universal Soldier: Regeneration (2009年) 監督:ジョン・ハイアムズ 出演:ジャン=クロード・ヴァン・ダム 、ドルフ・ラングレン、アンドレイ・“ザ・ピットブル”・アルロフスキー 92年作の同名アクション映画の10年ぶりのシリーズ第3弾。 ロシアのチェルノブイリ原発が新生ユニバーサル・ソルジャー(NGU)を擁した過激派集団に占拠され、何故か応対することになった米軍は、旧ユニバーサル・ソルジャーを派遣して立ち向かう。 元空... [続きを読む]

受信: 2010年7月 7日 (水) 01時38分

» ザ・エッグ ロマノフの秘宝を狙え [迷宮映画館]
副題に少々騙された・・・。 [続きを読む]

受信: 2010年9月 2日 (木) 15時05分

» ザ・エッグ〜ロマノフの秘宝を狙え〜 [映画鑑賞★日記・・・]
【THE CODE/THICK AS THIEVES】 2010/05/15公開 アメリカ R15+ 104分監督:ミミ・レダー出演:モーガン・フリーマン、アントニオ・バンデラス、ラダ・ミッチェル、ロバート・フォスター、ラデ・シェルベッジア引退を決意した伝説の大泥棒リプリーは、最後の仕事としてロマノ....... [続きを読む]

受信: 2010年10月13日 (水) 11時06分

» [映画『ザ・エッグ 〜ロマノフの秘宝を狙え〜』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆先の『ボーダー』と同じく、そもそもの配給会社が倒産し、地味な公開となった「男たちのヒート祭り」(←なんか悲しいが、 [続きを読む]

受信: 2010年10月15日 (金) 06時32分

» 『ザ・エッグ』『ボーダー』を新橋文化で観て 騙され方が爽快じゃなかった男ふじき☆☆,☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
■『ザ・エッグ ロマノフの秘宝を狙え』 五つ星評価で【☆☆別にバンデラスの尻に興味はないし】 我らがアントニオ・バンバン・バンデラス久々の新作。 と言いながら別にバンデラスに興味はない。 対するモーガン・フリーマン、マンデラ大統領の後はコソ泥って落差....... [続きを読む]

受信: 2010年10月24日 (日) 22時46分

» ザ・エッグ ロマノフの秘宝を狙え [ゴリラも寄り道]
ザ・エッグ~ロマノフの秘宝を狙え~ [DVD](2010/10/02)モーガン・フリーマンアントニオ・バンデラス商品詳細を見る<<ストーリー>>伝説の大泥棒キ... [続きを読む]

受信: 2010年11月 1日 (月) 23時49分

» 【映画】ザ・エッグ〜ロマノフの秘宝を狙え〜…ポイントはおんな女性らしさとかt.A.T.u.とか [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
昨日お仕事で熊本まで行ったピロEKです。 大宰府インターと筑紫野インターの間の区間では工事による車線制限があって、渋滞が予想されるとのことだったのですが、行きは平日の早朝で、帰りは夕方ラッシュ前でしたので、さほどの渋滞でも無かったで...... [続きを読む]

受信: 2010年11月14日 (日) 14時43分

» 『ザ・エッグ ロマノフの秘宝を狙え』 [『映画な日々』 cinema-days]
ザ・エッグ~ロマノフの秘宝を狙え~ 大泥棒が新相棒と4000万ドルの価値がある ロマノフ王朝の財宝「イースター・エッグ」を狙う... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:The Code... [続きを読む]

受信: 2011年5月 4日 (水) 10時37分

» 喪中映画評「ザ・エッグ~ロマノフ王朝の秘宝を狙え~」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ミミ・レダー 重要なネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 07時23分

» ザ・エッグ ~ロマノフの秘宝を狙え~ : 私なんか簡単に騙されました [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 蒸し暑い毎日、皆様いかがお過ごしでしょうか。メタボな私は、毎日ヒットポイントを奪われております。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 ザ・エッグ ~ [続きを読む]

受信: 2012年7月 6日 (金) 21時10分

« RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 | トップページ | BOX 袴田事件 命とは »