« 川の底からこんにちは | トップページ | インファナル・アフェアII/無間序曲 »

2010年5月 4日 (火)

ジョニー・マッド・ドッグ

Photo_2 アフリカのとある国の内戦で戦う少年兵たちの過酷な現実を描き出したバイオレンスアクション。かつて実際に内戦で戦った15人の子供たちをキャスティングした。子供たちは自分たちの経験からその役を演じ それが圧倒的にリアルな空気を生み出している。『バビロン A.D.』のマチュー・カソヴィッツがプロデュースし、長編劇映画デビューのジャン=ステファーヌ・ソヴェールが監督を務める。
>>公式サイト

リアリティはどこから来るのか

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

0001

アフリカのとある国で起こった内戦での少年兵たちを描いた作品。実は少年兵の存在自体は今時そう目新しい事実ではありません。まだ年端もいかないころから麻薬を使い戦闘訓練漬け、そうやって洗脳すると人を殺すことに対する罪悪感や、自分のやっていることに対する疑問を抱かないようにさせる訳です。簡単に言うと、それは純粋培養100%兵士を育てるということと同義。この物語の主人公ジョニー・マッド・ドッグ(クリストフ・ミニー)はそんな少年兵部隊のリーダーです。ここで言う“ジョニー・マッド・ドッグ”は当然本名ではありません。他の少年兵たちも“ノー・グッド・アドヴァイス”だとか“バタフライ”だとか呼ばれていますが、つまりそれは彼らがいわゆる人の子ではなく、あまたいる反政府軍兵士の一人であることの証左であり、駒に過ぎないことを意味していました。

002 003

さて、オープニングシーンはそんな彼らが何処かの村の村人たちに対して強盗・虐殺を行うというショッキングな場面から。ただし、反政府軍の名の下に、罪もない一般人(それは女子供も含めて)を政府側の人間と決め付けやりたい放題というのは、古今東西内戦では普通に見られる風景であり、確かに惨いと思うけれどそれほど驚きは感じませんでした。監督は実際に元少年兵15人をオーディションで採用し、内戦直後のリベリアで1年間彼らと生活を共にしたあと撮影に望んだそうです。そこまでして追求したリアリティなのですが、残念ながら何故か私には遠い別世界で起こっている出来事に思えてしまい、おおよそリアリティを感じられなかったのが残念でした。

004 005

それには肯定的な意味合いと否定的名意味合いの2つがあるように思います。肯定的な意味としては、余りにリアル過ぎるからではないかということ。今まで何度も報道や番組で紹介されてきた内戦の様子、少年兵であることを差し引いても、そこで観て来た映像に余りに一致し過ぎているせいではないかと思うのです。これには監督もさることながら、本作の撮影担当が実際に内戦を撮影してきた戦場カメラマンであるということも影響しているのかもしれません。否定的な意味合いとしては、元少年兵たちは役者ではないということ。役者がその演技によって現実を越える驚きやリアリティを観るものに与えることが可能なのは今年のオスカー作品『ハート・ロッカー』でも明白です。

006 007

この作品、私にはリアリティよりも、時折ジョニーが見せる優しい眼差しの方が印象に残りました。怒声や銃声が行き交うのが珍しくもない世界の中で、ふとした拍子に見せる彼の少年らしい表情、それは他の少年兵が100%洗脳されている中でジョニーだけは95%、つまり彼の心の中にはとても小さいけれど誰にも犯すことの出来ない聖域があるように思えたのです。劇中ジョニーがそんな表情をするのは13歳の少女ラオコレ(デジー・ヴィクトリア・ヴァンディ)や反乱軍のキャンプで出会った女の子だけ。つまり洗脳されていても15歳のジョニーは思春期真っ只中であり、その時期の少年の気持ちは彼の表情に素直に表れていたのです。年上のアナウンサーを殺さずにレイプしたのも、結局はその延長ではないかと。

008 009

やっていることは酷いことであっても、私はそこに未来への希望が見出せるような気がしました。まだ彼は100%の殺戮マシーンではない、引き返せるはずだと…。もっとも、そうは言ってもそんなことは全てジョニーの内面の話であり、周囲から見たら他のメンバーと何も変わらない反政府軍の少年兵。ラストシーン、本当は政府軍の狙撃で死んだラオコレの弟の恨みをその身に受けるジョニーではあるけれど、“身から出た錆”とは正にこのことです。私たちはジョニーのその心のあり方から彼女を殺さなかったことを知っていますが、彼女にしてみればそれでジョニーに感謝などする訳もありませんから。なんとも皮肉なこのエンディングがある意味一番リアリティがある気がしたのでした。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:ラオコレって美人だと思う
総合評価:69点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『ジョニー・マッド・ドッグ』予告編

|

« 川の底からこんにちは | トップページ | インファナル・アフェアII/無間序曲 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/34506611

この記事へのトラックバック一覧です: ジョニー・マッド・ドッグ:

» ジョニー・マッド・ドッグ [ジジョの五感]
悪魔か、犠牲者かー 少年兵は、ずっと気になっている問題の一つです。 戦争を題材にした映画やドキュメントはいろいろあるけど、 少年兵に焦点をあてた作品は初めてじゃないかしら? 少年兵に関する書籍はいくつか読んでいて、 彼らがどういう存在で、何が行われているのかは知っていたけど、 映像で見るのは、やっぱり衝撃がありました。 おそらく「映画でだせる範囲」の事しか描いていないので、 実際は、この1000倍以上の光景が繰り広げされてると思うと ほんとにやるせない気持ちになります、、、 映画の舞台... [続きを読む]

受信: 2010年5月10日 (月) 22時51分

» ジョニー・マッド・ドッグ◆◇JOHNNY MAD DOG [銅版画制作の日々]
悪魔か、犠牲者か── アフリカに少年兵が存在するという話は聞いたことがありますが。実態はまったく知りませんでした。今回この作品を観て、いやあ衝撃でした。こんな無茶苦茶なことがあったとは本当にショックです。人を殺すという行為においても罪悪感がないということも考えられませんが。小さな子供に初めからそういう意識をうえつければ、やはり当たり前になっちゃうのでしょうね。 しかし酷い話です。大人の都合で子供が犠牲になるなんて、、、、。あまりにも酷過ぎる!!実際この作品に登場する子供たちも元少年兵だといいます... [続きを読む]

受信: 2010年7月 1日 (木) 00時31分

» 映画評「ジョニー・マッド・ドッグ」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆★(5点/10点満点中) 2008年フランス=ベルギー=リベリア映画 監督ジャン=ステファーヌ・ソヴェール ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年8月16日 (火) 09時36分

» ジョニー・マッド・ドッグ/クリストフ・ミニー [カノンな日々]
コンゴ共和国出身の作家エマニュエル・ドンガラの同名小説を原作にジャン=ステファーヌ・ソヴェール監督が内戦終結直後のリベリアで1年に渡って彼らと生活を共にした後に撮影に臨 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月17日 (土) 09時21分

« 川の底からこんにちは | トップページ | インファナル・アフェアII/無間序曲 »