« ローラーガールズ・ダイアリー | トップページ | FLOWERS フラワーズ »

2010年5月25日 (火)

トロッコ

Photo 幼い頃に芥川龍之介の同名短編小説を教科書で読んだ川口浩史監督が映画化のチャンスを暖めていた作品だそうだ。実際にトロッコの線路が残る台湾を訪れた際に、そこで出会った日本統治時代を生きた老人たちに感銘を受けたことがきっかけで、脚本を書いたという。主演は『真幸くあらば』の尾野真千子。日本と台湾をつなぐ家族の絆に心が温まるヒューマンドラマだ。
>>公式サイト

家族の絆は日本との絆だった

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

アジアの中で戦争中に日本が統治していたにも拘らず、とても親日的な台湾。しかしこの物語に登場するお祖父さんの悲痛な叫びに、私たち日本人は真摯に耳を傾けなくてはいけない、そう強く感じた作品でした。ただし、テーマ自体は必ずしもネガティブな想いを連ねたものではなく、国を超えて繋がる家族の絆を描いた作品だと言えます。夕美子(尾上真知子)と2人の息子・敦(原田賢人)と凱(大前喬一)は無くなった夫であり父親・孟真の遺骨を彼の実家に届けるために台湾を訪れる所から物語は始まります。実家で彼らを迎えてくれたのは、義父・呉仁榮と義弟・孟堅。それぞれ8歳と6歳の兄弟は初めて訪れた海外、そして台湾人の祖父・叔父に緊張気味です。

02 03

家族での朝食の席、ご飯をたべずゲーム機で遊んでいる敦の姿は、そのまま家族との距離感を現していました。その敦、父が死ぬ前に彼に遺した一枚の古びた写真をお祖父さんに見せます。そこに写っていたのはお祖父さんが小さい頃にトロッコを押している写真でした。戦前は伐り出した台湾ヒノキをそのトロッコに乗せて運び日本に輸出していたのですが、それ故お祖父さんは子供心に、このトロッコの線路を辿っていけば日本に辿りつくのだと思い込んでいたのです。お祖父さん、敦、凱は写真の場所を探そうとしますが結局見つからず、お祖父さんはそのことにショックを受けるのでした。それは日本と自分を結ぶ大切な絆を失ってしまったと思ったから。

04 05 06

ドキッとしたのはそんなお祖父さんに敦が無邪気に尋ねた一言でした。「お祖父ちゃん、僕は日本人?台湾人?」お祖父さんは「大人になったら自分で決めるんだよ」と諭すように言いますが、私たちは彼らにその自由が無かったことを知っています。日本はかつて台湾を植民地として統治し、お祖父さん世代には日本人としての教育を受けさせた…。私の認識としてはそうだったのですが、意外にも物語中では、お祖父さんは決してそれを押し付けられたとは思っていないようなのでした。むしろ積極的に日本語を学び、2年間日本兵として従軍していた、ここで間違えてはいけないのは彼らは“日本人として”ではなく紛れも無く“日本人”だったということ。そしてそれを誇りに思っていたということです。

07 08

しかしそんなお祖父さんたちを戦争に負けた日本は切り捨てます。戦勝国から見れば、台湾は日本の植民地支配から解放されたのでしょう。けれど実際にそこに生きる人間にとって、ことはそう簡単な話ではないということが、お祖父さんの言葉の端々に感じられます。子供の頃から日本人である教育を受け、まだ見ぬ日本に馳せた想い、しかしそのお祖父さんに対して日本の突きつけた応えは軍人恩給申請の却下でした。「賠償金を払ってくれなどとは言っていない。ただ日本人として受け入れて欲しい。」「どうしてお疲れ様でしたの一言が言えないんだ。」搾り出すように訴えるお祖父さんの言葉を聴くにつけ、胸が締め付けられるように苦しいものの、日本人として返す言葉を何も持っていない自分に気付きます。

09 10

そんな胸の苦しさを救ってくれたのが2人の子供たち。そしてそれはお祖父さんにとっても同じです。最初のうちこそ台湾に馴染めなかった子供たちですが、長く延びた髪の毛を台湾風に短く切った辺りから次第に溶け込んで行くのでした。子供の適応力は目を見張るものがあります。そしてそんな子供たちに気さくに話しかけてくれる村のお年寄りたち。髪を切った敦の顔を見たお祖父さんは、死んだ孟真にそっくりなことに気付きます。お祖父さんの日本への想いは長男・孟真に受け継がれ、そして今彼の忘れ形見の敦が日本から自分の元を訪れている…。自らが日本人として受け入れられないのは残念だけれども、紛れも無く家族の絆は日本と台湾に跨り、お祖父さんと日本を結びつけていました。

11 12

さて、物語はお祖父さんのこうした深い想いが描かれている合間に、夕美子の想いも描いています。彼女は何かにつけて敦に厳しくあたっていました。見ようによっては、兄弟だけに年長者の方を厳しく躾けるのは当たり前に見えますが、彼女は敦を叱る様子にはどう見ても愛情が感じられないのです。彼女とて愛する夫を失った悲しみの最中であり、これからの不安で一杯だったことは想像に難くないのではありますが…。母とお祖母さんの会話から、自分たちが台湾に置き去りにされるのではないかと考えた敦は、この後村に一つだけ残るトロッコで凱を連れて日本に帰ろうとします。そう、お祖父さんの言葉を敦もまた信じていたんですね。

13 14

もとよりそんなことは出来るはずもなく、途中で不安にになり戻ってくるのですが、子供たちにとっては大冒険だったこのプチ家出が夕美子と子供たちの絆を取り戻すきっかけとなるのですした。お祖父さんの想いから始まったこの家族の絆が、戦後60年を経てようやくまた一つの輪に繋がっていく様子を描いたこの作品、一見重い話に思われがちですが、未来への希望に満ちていると私は思います。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:台湾の自然が何故か懐かしい…
総合評価:76点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『トロッコ』予告編

|

« ローラーガールズ・ダイアリー | トップページ | FLOWERS フラワーズ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/34859449

この記事へのトラックバック一覧です: トロッコ:

» トロッコ [だらだら無気力ブログ]
芥川龍之介の同名短編小説を基に、舞台を台湾の山間の小さな村に舞台を 移して、亡くなった台湾人の父の遺灰を故郷に届けるために日本人の母と ともにやってきた兄弟のひと夏の成長をノスタルジーあふれるタッチで 描いた日本/台湾合作映画。 監督は今作がデビュー作とな..... [続きを読む]

受信: 2010年5月26日 (水) 00時30分

» トロッコ [とりあえず、コメントです]
台湾の森に残る古いトロッコへの想いと共に、母と幼い兄弟の親子の絆を描いた作品です。 予告編を観た時、緑の森やトロッコの雰囲気が印象的でちょっと気になってしました。 戦前の日本が台湾へ残したものは何だったのだろうかとしみじみ考えさせられる物語でした。 ... [続きを読む]

受信: 2010年5月29日 (土) 11時05分

» 「トロッコ」:木場公園バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}こんなところにも、緑まぶしい一角があるんだな。 {/hiyo_en2/}まるで川口浩史監督の映画「トロッコ」に出てきた光景のようね。 {/kaeru_en4/}川口浩が草深い山奥でトロッコに乗る映画を撮るっていうから、すわ、川口探検隊が亡霊になって帰ってきたかと早合点したけど、“川口浩”じゃなくて“川口浩史”だった。 {/hiyo_en2/}まったく、人騒がせな名前だけど、それとは裏腹に、この映画はなんとも静謐な情感にあふれている。 {/kaeru_en4/}十歳にもなら... [続きを読む]

受信: 2010年5月29日 (土) 18時29分

» □『トロッコ』□ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:日本映画[日本語・中国語(北京語・台湾語)]、川口浩史監督、リー・ピンビン撮影監督、川井郁子音楽、尾野真千子、原田賢人、大前喬一、ホン・リウ、チャン・ハン、ワン・ファン、ブライアン・チャン、メイ・ファン出演。... [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 00時31分

» 川口浩史監督「トロッコ」。風景も眼差しも美しい。 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
芥川龍之介の短編小説『トロッコ』を台湾を舞台に移して再構築。3年の歳月をかけてオリジナル脚本として生まれ変わった。監督は篠田正浩監督、行定勲監督の助監督をつとめてきた川口浩史。撮影監督に侯孝賢(ホウ・... [続きを読む]

受信: 2010年6月 8日 (火) 11時09分

» トロッコ [映画的・絵画的・音楽的]
 落ち着いた文芸物でも見たいものだと思い、『トロッコ』を銀座のシネスイッチで見ました。 (1)この映画は、いうまでもなく、芥川龍之介の短編『トロッコ』を原作としています。ただ、舞台を日本から台湾に移したこともあって、原作とはかなり味わいの異なった作品に仕上がっています。  まず、原作は、良平という8歳の少年一人のお話ですが、映画では、同じ8歳の少年・敦のみならず、凱という次男坊も登場します。  また、映画は、急死した台湾人の父親の遺骨を携えて、2人の少年とその母親が、台湾の田舎にいる祖父・祖母のも... [続きを読む]

受信: 2010年6月19日 (土) 08時15分

» 映画「トロッコ」このレールは戦争の時代から平和な現在へ [soramove]
「トロッコ」★★★☆ 尾野真千子、ブライアン・チャン、ワン・ファン 出演 川口浩史監督、116分、2010年5月22日全国順次公開、2010,日本,ビターズ・エンド (原題:トロッコ )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「本好きを自認しながらも この作品の原作が芥川龍之介の同名小説とは 見終わっても、分からなかった、読んでないし。 映画は声高に伝えることもなく 淡々と進行していく... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 11時10分

» 『トロッコ』(2009)/日本 [NiceOne!!]
監督:川口浩史出演:尾野真千子、原田賢人、大前喬一、ホン・リウ、チャン・ハン、ワン・ファン、ブライアン・チャン、メイ・ファン観賞劇場 : シネスイッチ銀座公式サイトはこ... [続きを読む]

受信: 2010年8月 5日 (木) 11時23分

» トロッコ(2010) [銅版画制作の日々]
 京都シネマにて鑑賞。結構評判が良い作品だったので気になっていた。幼い兄弟が父親の故郷台湾で過ごすひと夏の物語。この2人の兄弟が何気に良い。お兄ちゃんの敦がちょっと母に反抗気味で、母はそんな敦に手を焼いている。すぐに母に怒鳴られるもんで、敦はますます頑なになっちゃうんだ。ゲームしていたら、取り上げられるし、ジュースを飲むと、飲みすぎだとこれまた取り上げられちゃう。母自身も敦の反抗的な態度を改めさせたいんだろうね。そんな微妙な母子の関係が映像を通して上手く表現されていた。 2人の父親は台湾人だった。... [続きを読む]

受信: 2010年8月25日 (水) 11時57分

» 「トロッコ」 [再出発日記]
日本の田舎よりも田舎らしい村に入っていく。台湾は世界に残された最後の日本の田舎になるかもしれない。夏、8歳の敦(原田賢人)と6歳の凱(大前喬一)の兄弟は、旅行ライターの母・夕美... [続きを読む]

受信: 2010年9月 3日 (金) 07時41分

» トロッコ [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。川口浩史監督、尾野真千子、ブライアン・チャン、ワン・ファン、原田賢人、大前喬一、ホン・リウ、メイ・ファン、チャン・ハン、ブライアン・チャン、テン・ボーレン。芥川龍之介「トロッコ」をモチーフにして台湾の緑溢れる山岳地に舞台を移した。... [続きを読む]

受信: 2010年11月17日 (水) 23時11分

» トロッコ [シネマDVD・映画情報館]
トロッコ 父を亡くした年の夏、敦(あつし)と凱(とき)の兄弟は母に連れられて、初めて父の故郷である台湾の小さな村を訪れ、祖父母に温かく迎えられる。敦は亡き父が大切にしていた古い写真にトロッコと写る少年が遥か昔の幼い祖父の姿だと知る。山林を走るトロッコに......... [続きを読む]

受信: 2011年3月 4日 (金) 00時21分

» 『トロッコ』『冬の小鳥』をギンレイホールで観て、興奮しないといけないのかなあふじき☆☆☆,☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
◆『トロッコ』 五つ星評価で【☆☆☆普通…だけど賛成はしない】 「まぐろ女」の別称か? 「トロっ娘」って。 うわ、冒頭からやっちまった感ありあり。 さて、敬愛する芥川 ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 5日 (土) 00時13分

» mini review 11527「トロッコ」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
芥川龍之介の同名短編小説をモチーフに、懐かしい風景の残る台湾に舞台を移して再構築した、幼い兄弟の冒険と成長を叙情的につづる青春ドラマ。メガホンを取るのは、本作で長編監督デビューを飾る川口浩史。ホウ・シャオシェン監督などの名監督と共にアジアをまたに掛けて...... [続きを読む]

受信: 2011年6月10日 (金) 02時12分

» トロッコ [ゴリラも寄り道]
トロッコ [DVD](2011/05/27)尾野真千子商品詳細を見る<<ストーリー>>芥川龍之介の名作「トロッコ」を元に、家族の絆と少年の成長を 現代の台湾を舞台に描いた感動作。ある夏の日、敦と凱の兄弟は母親の夕...... [続きを読む]

受信: 2011年6月11日 (土) 03時26分

» 映画評「トロッコ」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年日本=台湾映画 監督・川口浩史 ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 10時35分

» トロッコ [RE940の自作DVDラベル]
2010年 日本/台湾 117分 監督:川口浩史 出演:尾野真千子 原田賢人 大前喬一 ホン・リウ  チャン・ハン ワン・ファン ブライアン・チャン メイ・ファン  芥川龍之介の同名短編を映画化するという構想を長年温めていた川口浩史監督が、トロッコを撮影できるロケ場所を探し歩くうち、台湾にたどり着き、現代の台湾を舞台に、家族の絆、さらには日本と台湾の歴史的絆を再確認するという、本作の新たな物語が生み出されることに。兄弟役の子役2人が好演を披露するほか、日本語を喋る台湾人の祖父...... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 20時58分

« ローラーガールズ・ダイアリー | トップページ | FLOWERS フラワーズ »