« プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 | トップページ | ザ・エッグ~ロマノフの秘宝を狙え~ »

2010年5月30日 (日)

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

Railways 東京の一流企業に勤めるエリートサラリーマンが50歳を目前に、幼い頃からの自分の夢だった「“一畑電車”の運転士になる」を実行に移す姿を中心に、家族の絆、人との触れあいを描いた人間ドラマだ。主演は『ザ・マジックアワー』の中井貴一、共演に『ドロップ』の本仮屋ユイカ、『島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん』の高島礼子が出演。監督は作品の舞台となっている島根出身の錦織良成。
>>公式サイト

自分にとって本当に大切なことは?

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

一言でいうなら“とても良い話”でした。舞台が島根県の田舎というだけあって、決して派手ではないですし、主演の中井貴一からして演技派ではありますが、どちらかといえば地味な感じです。しかし、この作品の場合、その地味さのなかに人の心の温かさや優しさが沢山詰っていました。主人公の筒井肇(中井貴一)は一流企業のエリートサラリーマンで時期取締役候補。妻の由紀子(高島礼子)は専業主婦からハーブティーのお店を開いたばかりで2人とも仕事に追われる毎日を送っています。一人娘の倖(本仮屋ユイカ)はバラバラになっていく家族に苛立ちを隠せません。とはいえ観ている限り、肇とて仕事一筋という露悪的な描かれ方ではなく、むしろどちらかといえば今の時代のごく一般的な父親像のように見えます。良くあるような、家に帰ってきても娘は無視して口も利かないなんてことはありませんし。

02 03

そんな肇に転機が訪れます。それは肇の母・絹代(奈良岡朋子)が倒れたという知らせでした。さらに母を見舞っている肇のもとに同期で親友の川平(遠藤憲一)が事故死したとの連絡がはいります。二重のショックを受ける肇は、子供の頃に集めていた電車の切符をみて自分の夢を思い出すのでした。それは地元のローカル線“一畑電車”の運転士になるということ。人生の儚さを親友の死で自覚して悩んでいるところに、母の精密検査の結果で末期のがんが見つかったことも重なり、肇は自分の夢を追うことに決めるのでした。それは即ち一度しかない人生を思うがままに生きつつ、しかも残り少ない人生の母のもとにいてあげられることをも意味する訳です。実に上手い脚本の流れに感心しつつも、私には同じことは出来ない、そこまで自分に自身がもてないと考えてしまったり…。

04 05

ところでこの一畑電車という会社、エンドロールを見たらなんと実在の会社なんですね。作品の象徴的な車両として扱われている「デハニ50形」は現在は営業運転からは引退しているそうです。さて、この時同期入社した宮田(三浦貴大)と共に肇は運転士になるための訓練を受けることになるのですが、その舞台となるのが私の地元・調布を走る京王線なのが嬉しいところ。余談ですが、どおりで中吊り広告にやたらと本作の宣伝が多いはずです。(笑)見慣れた京王線の電車を中井貴一が運転する様子は映画の中とはいえちょっと不思議な気分でした。で、晴れて2人とも運転士に合格します。ちょっと幼い頃からの夢にしては簡単に叶ってしまったなぁという気がしないでもないんですけどね。

06 07

しかし、今回の場合は夢をかなえる最大の障壁は、肇の年齢で今の仕事、それも取締役直前のエリートサラリーマンを棒に振るという点なんで、広い意味では決して簡単ではなかったといえるんでしょう。同期の宮田は元高校球児なれどもひじを壊して、仕方なく一畑電車に就職した若者。当然ながらこの宮田と肇が絡む事件は用意されているのですが、その事件もまた実に島根の田舎を舞台にしたに相応しいものでした。肇は倖に言います。「楽しい仕事なんてないと思ってた。」と。子供の頃からの夢の仕事をしている肇にとっては、全てが苦になりません。その気持ちが真心をもってお客さんに対応することに繋がり、それがその事件の時に結実することになる…。

08 09

簡単に言うと宮田のミスをかばって辞めようとする肇を、お客さんが止めるというシーンなのですが、それは都会ではちょっとありえないけれど、人と人との繋がり、人の温かさ・優しさを感じるとても素敵なシーンでした。絹代の入院している病院のすぐ脇を通る一畑電車。子供の頃からの夢を叶えた息子を見る母の目は、限りない慈愛と喜びに満ちています。これほどの親孝行はありません。振り返るにろくに実家にも帰らない我が身の不明を恥じるばかりです。さて、肇が島根で運転士になりましたが、由紀子は東京に店を開いている関係上、どうしても2人は離れ離れに生活せざるを得ません。由紀子はその辺りを悩んでいました。

10 11

恐らく由紀子は、肇が電車を運転する姿をみて、離婚を思いとどまったのだと思うのですが、この辺がちょっとわかり難いのと、今後も夫婦なのに東京と島根と離れ離れに暮らすの?という、およそ現実的ではない結末がちょっと気持ち的に引っかかりを残したまま終わってしまったのが残念なところでした。そうそう、宮田が何となく倖を気にかけるような素振りをしていたのも、その後どうなったのかがちょっと興味が湧くところではあります。自分が生き甲斐を感じてできる仕事をしている人は、特に今の世の中では非常に少ないです。その意味では肇はとても幸せな人間なんでしょう。しかし、何に生き甲斐を、幸せを感じるかは人それぞれ。自分はどうなんだろう?とちょっと振り返らせてくれる作品でした。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:島根といえば鷹の爪団だったのだけど…
総合評価:70点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』予告編

|

« プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 | トップページ | ザ・エッグ~ロマノフの秘宝を狙え~ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/34945479

この記事へのトラックバック一覧です: RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語:

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [あーうぃ だにぇっと]
4月23日(金)@よみうりホールで鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 06時09分

» RAILWAYS 宍道湖の夕日 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。錦織良成監督、中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、甲本雅裕、遠藤憲一、橋爪功、佐野史郎、宮崎美子、笑福亭松之助。公式タイトル「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」が長すぎるので勝手に改題。宍道湖と言えば、美しい夕日...... [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 08時31分

» 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』 [つれづれなるままに]
HTB映画試写会 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』 に [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 08時51分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [花ごよみ]
ストーリーはというと、 50歳をすぐ目前にして、 仕事に追われる毎日を、 送っていた49歳の男が、 あるきっかけから、 今までの生き方を、 思いめぐらした結果、 子供の頃にあこがれていた、 電車の運転士の夢を、 実現することになる。   監督はこの映画の舞台となる 島根出身の錦織良成。 主人公、肇を演じるのは中井貴一、 その妻に高島礼子、 娘には本仮屋ユイカ。 ある日、故郷で一人暮らしを、 している母が倒れる。 それを契機に出雲に、 帰郷した肇(中井貴一)は、 今まで忘れていた夢を思い... [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 08時59分

» 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』 [Cinema + Sweets = ∞]
4/20に、なかのZERO大ホールであった『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の試写会に友達に誘ってもらって行ってきました。 ******************** チェック:仕事に追われ、家族を省みることのなかった50歳目前の男が、ふと人生を振り返り、幼いころの夢を追... [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 09時37分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 日本  ドラマ  監督:錦織良成  出演:中井貴一      高島礼子      本仮屋ユイカ      三浦貴大 【物語】  大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に 追われる日々を送る肇。 一人暮らしの母が倒れたのをきっかけに故郷....... [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 10時11分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (試写会) [風に吹かれて]
終点までお願いしまーす [E:train]公式サイト http://www.railways-movie.jp5月29日公開企画・制作: ROBOT主題歌: 松任谷由美 「ダンスのように抱き寄せたい」 [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 13時39分

» 映画 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 [ようこそMr.G]
映画 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 13時53分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [勝手に映画評]
将来を嘱望されていたエリートサラリーマンが、母親の病気や同期の事故などに直面し、これまでの自分の人生を見つめ直して、子供の頃からの夢の「一畑電車の運転手」になると言う話。 物語の舞台となっている一畑電車ですが、島根県出雲市を営業エリアとする鉄道会社です。劇中では、ひなびた地域を二両編成の電車でゆっくりと走る典型的なローカル線として描かれていますが、実際には特急も走っている路線です。まぁ、ローカル線であるのは間違いないですし、経営的に厳しいのも間違いないとは思いますが、画面から得られる雰囲気だけだと... [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 16時32分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [だらだら無気力ブログ]
仕事に打ち込み、順調に出世をしてきたエリートサラリーマンが、母親の 病気などをきっかけに、50歳目前にして少年の頃の夢だった電車の運転士に なる姿を描いた感動ドラマ。 主演は『鳳凰 わが愛』の中井貴一、妻役は『犬と私の10の約束』の 高島礼子、娘役は『スウィ..... [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 18時09分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [象のロケット]
大手家電メーカーに勤務する49歳の筒井肇は、取締役への昇進を前に、工場整理のリストラ役を課せられる。 同期入社の工場長・川平は「俺がやりたい仕事は物作りだ」と言い、異動より退職を選ぶ。 そんな中、故郷・島根の母親が倒れた。 見舞いの最中も仕事の連絡に追われる肇だったが、突然、Uターンして地元電鉄の運転士になることを決意する…。 ふるさとヒューンマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 20時12分

» 『RAILWAYS』 [・*・ etoile ・*・]
'10.04.23 『RAILWAYS ~49歳で電車の運転士になった男の物語』(試写会)@よみうりホール yaplog!で当選。いつもありがとうございます。49歳で電車の運転手になった元エリートサラリーマンの話。たしか実話ベースだった気がするけど違ったかな? ちょっと気になったので応募、見事当選した。 *ネタバレありです! 「大手電器メーカー企画室長の筒井肇は、同期の親友が工場長を勤める工場を閉鎖させる。親友は見事に工場を閉めた後、事故に合ってしまう。そんな時、実家の母が倒れたという知らせが... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 01時13分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [欧風]
月曜は、TOHOシネマズ 市川コルトンプラザに映画観に行ってきた~。 今回観たのは「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」。長いぞ(^_^;)。てっきり、 [続きを読む]

受信: 2010年6月 1日 (火) 06時11分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★☆  中井貴一演ずるところの主人公・筒井肇は、大手家電メーカーでバリバリ働き、次期取締役を約束されていた。ところがある事件をきっかけに、会社を辞めてしまう。 そして母の入院で故郷に戻り、少年時代にあこがれていた、地元ローカル線の運転士に志願するので... [続きを読む]

受信: 2010年6月 1日 (火) 21時43分

» 映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 [FREE TIME]
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 00時36分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語/中井貴一 [カノンな日々]
もしかしてROBOTの制作だから『ALWAYS 三丁目の夕日』を真似てこの題名になったのでしょうか?何となく気になってwikiediaで調べたら仮題は『BATADEN』だったそうです。監督された錦織良成監督の島根3部作の最終作に位置づけられる作品なんだそうですが、残念ながらその前2作...... [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 10時31分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★☆☆☆☆    (★×10=満点)      試写 松竹試写室 にて鑑賞      10年05月29日公開   監  督:錦織良成 キャスト:中井貴一       高島礼子       本仮屋ユイカ       三浦貴大、他 ■内容... [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 14時02分

» 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」自らリストラし夢だった運転士になった先に待っていた地元の人たちの愛 [オールマイティにコメンテート]
5月29日公開の映画 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を観賞した。 この映画はエリート街道を歩いてきた 49歳の男がリストラ処理を任され、 工場を閉鎖と人員削減を任され、 母親の病気、友人の死などを契機に自らをリストラして 長年の夢だった電...... [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 21時30分

» RAILWAYS (中井貴一さん) [yanajun]
中井貴一さんは、現在公開中の映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』に筒井肇 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 [続きを読む]

受信: 2010年6月 3日 (木) 01時01分

» 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」□監督・脚本 錦織良成 □脚本 ブラジリィー・アン・山田、小林弘利 □キャスト 中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、橋爪 功、佐野史郎、宮崎美子、笑福亭松之助■鑑賞日 5月29日(土)■劇場 チネグランデ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 誰しも幼い頃は「夢」持っていた。 それに向かって現実に夢を叶えられる人もいれば、 受験戦争... [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 08時54分

» 映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」大人のおとぎ話を見に行こう [soramove]
「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」★★★☆ 中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子 出演 錦織良成監督、130分 、2010年5月29日公開、2010,日本,松竹 (原題:RAILWAYS)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「仕事一筋の男、筒井(中井貴一)は、 母親の見舞いに郷里に戻り、 子供の頃の夢を思い出した。 これは叶えられない大人の童... [続きを読む]

受信: 2010年6月 6日 (日) 10時16分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [いい加減社長の日記]
またも、1週間遅れ^^; 最初予告編を観たときは地味な印象で、パスしようかと思ったんだけど。 なんとなく雰囲気が良さそうな感じを受けたので、土曜日の朝一で「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、土曜日としては少な... [続きを読む]

受信: 2010年6月 6日 (日) 18時33分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [いい加減社長の映画日記]
またも、1週間遅れ^^; 最初予告編を観たときは地味な印象で、パスしようかと思ったんだけど。 なんとなく雰囲気が良さそうな感じを受けたので、土曜日の朝一で「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を鑑賞。「UCとしまえん」は、土曜日としては少なめかなぁ。 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」は、中くらいのスクリーンで、4〜5割。 【ストーリー】 大手家電メーカーに勤める筒井肇は、昇進も決まり順風満帆なサラリーマン生活を送っていた。 そんな矢先、故郷で一人暮らす母... [続きを読む]

受信: 2010年6月 7日 (月) 06時10分

» 『RAILWAYS』:中年一発奮起の物語、ではなく家族の物語 @ロードショウ・シネコン [りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど]
映画本編にはついていないが、サブタイトルに『49歳で電車の運転士になった男の物語』とついている。 中年男が、子供の頃の夢を叶えておしまい、なハナシかと思いきや、家族の物語に落とし込んだところに好感が持てた。... [続きを読む]

受信: 2010年6月 7日 (月) 23時37分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語(’10) [Something Impressive(KYOKOⅢ)]
一昨日、気になってたこの作品を、英検の帰りに新宿ピカデリーで見てきました。錦織作品は、DVDで「ハート・オブ・ザ・シー」('03)、「白い船」('02)、「ミラクルバナナ」('05)を見ていて、どれも割と好感だったし、今回テーマ曲がユーミン、やはり劇場で流れるのは聞いておきたい、という所でした。 提供曲で映画テーマ曲は、最近「時をかける少女」のいきものがかり版は聞きましたが、本人の歌、と言えば、私はDVDでの「天国の本屋~恋火」('04)の「永遠が見える日」が最新、スクリーンでは、「波の数だけ... [続きを読む]

受信: 2010年6月19日 (土) 09時13分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語☆独り言 [黒猫のうたた寝]
エリート街道を歩んできたサラリーマンが母の余命と友人の死をきっかけに、自分の人生を思いなおし子どもの頃からの夢だった一畑電車の運転手になろうと転職する物語50歳で転職って勇気がいりますよね。しかも一流企業の重役を目の前にしての転換。とはいえ、家族を抱えてい... [続きを読む]

受信: 2010年6月20日 (日) 09時09分

» 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 [みんなシネマいいのに!]
 タイトルが狙いすぎだろ!と思っていたら、二匹目のドジョウを狙ったB級映画ではな [続きを読む]

受信: 2010年6月20日 (日) 17時42分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [単館系]
大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に追われる日々を送る肇(中井貴一)。一人暮らしの母が倒れたのをきっか... [続きを読む]

受信: 2010年6月29日 (火) 22時14分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[RAILWAYS] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年40本目(38作品)です。 【あらすじ】 大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、順風満帆なサラリーマン生活を送る筒井肇(中井貴一)は、一人暮らしの母が倒れたのを..... [続きを読む]

受信: 2010年7月20日 (火) 18時12分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
大人が夢見ても、いいんですね。 仕事一筋だったエリートサラリーマンが、あることをきっかけに自身を見つめ直し幼い頃からの夢だった電車の運転手として再スタートを切る姿を描いたハートフルドラマ。 大手メーカーに勤める筒井肇。... [続きを読む]

受信: 2010年7月22日 (木) 23時14分

» 『RAILWAYS [レイルウェイズ]』 [『映画な日々』 cinema-days]
大手家電メーカーで仕事一筋にやってきた 主人公が役員入り目前に同期の事故死、 母親の病床が重なり人生を見直す...。 【個人評価:★★★... [続きを読む]

受信: 2010年8月12日 (木) 01時36分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [墨映画(BOKUEIGA)]
「ゆっくりでいい。一歩ずつ前に進んでいれば、それでいい」 【STORY】(goo映画様より引用させていただきました。) 「goo 映画」こちらから{/m_0156/} トラックバック RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 - goo 映画 人生において、「ここは動いた方がいい。」そう感じる瞬間というものは、あるものである。 会社の取締役にまでなろうという男の、人生を変えてた決断。子供の頃の忘れていた夢。電車の運転士になること。 私も中井貴一演じるこの男と近い年代。 こ... [続きを読む]

受信: 2010年8月16日 (月) 12時39分

» mini review 10505「RAILWAYS」★★★☆☆☆☆☆☆☆ [サーカスな日々]
仕事に追われ、家族を省みることのなかった50歳目前の男が、ふと人生を振り返り、幼いころの夢を追い求め始める感動ストーリー。監督は『白い船』などで知られる島根出身の錦織良成。主人公の男を『亡国のイージス...... [続きを読む]

受信: 2010年11月25日 (木) 05時16分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [空想俳人日記]
初夢や 忘れ亡き心と 相語らふ  ひょんなことで、確か去年ですか、劇場で公開された「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」(それにしても長いタイトルですなあ)をDVDで観る機会を得ました。久しぶりです、DVD鑑賞。  正直言って、導入から暫くの間、話の中... [続きを読む]

受信: 2011年1月 7日 (金) 06時50分

» 《レイルウェイズ》 [日々のつぶやき]
RAILWAYS [レイルウェイズ] [DVD]/中井貴一,高島礼子,本仮屋ユイカ ¥3,990 Amazon.co.jp 監督:錦織良成 出演:中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、橋爪功 大人が夢見てもいいんですね。 「仕事一筋でいつも時間に追われている肇は同期のいる工場整理を任され... [続きを読む]

受信: 2011年1月12日 (水) 19時01分

» 春と忠男と運転士 [Akira's VOICE]
「RAILWAYS(レイルウェイズ)」 「春との旅」  [続きを読む]

受信: 2011年1月28日 (金) 11時13分

» Railways 49歳で電車の運転士になった男の物語 [映画!That' s Entertainment]
●「Railways 49歳で電車の運転士になった男の物語」 2010 日本 松竹 Robot Entertainment 130min. 監督:錦織良成 出演:中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、橋爪功、佐野史郎、     宮崎美子、遠藤憲一、中本健、甲本雅裕、松福亭松之助、石井正則ほか。 <評価:★★★★★★☆☆☆☆> <感想> ベタな映画だな。男の夢を実現するということは、こんなこともあるのだよ、という凄く解りやすい ストーリーを、出雲の一畑電鉄という美... [続きを読む]

受信: 2011年8月18日 (木) 23時43分

» 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』 ('11初鑑賞161・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 11月18日(金) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年11月19日 (土) 17時48分

» 日本映画『RAILWAYS 1』 B(上録検討して保存) 画像&YouTube有り [岸・即陳!]
※当ブログでは個人的な趣味で収集した情報・動画・画像を表現の自由に即し趣味の範囲で掲載しており、著作権及び肖像権等を侵害する意図はありません。 [続きを読む]

受信: 2012年7月26日 (木) 00時56分

« プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 | トップページ | ザ・エッグ~ロマノフの秘宝を狙え~ »