« インファナル・アフェアIII/終極無間 | トップページ | パリより愛をこめて »

2010年5月 7日 (金)

ROOKIES -卒業-

Rookies 森田まさのりの同名人気コミックを原作に、平均視聴率19.5%を記録した人気テレビドラマの映画化。2009年の映画興行収入で85.5億円とスマッシュヒットを記録した作品だ。主演はドラマと同様に佐藤隆太。野球部のメンバーも市原隼人、小出恵介、城田優、中尾明慶らおなじみのメンバーに、映画版では新に山本裕典と石田卓也が加わった。監督はドラマ版や『陰日向に咲く』の平川雄一朗。
>>公式サイト

解りやすさが人気の秘訣?

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

テレビドラマを全く観ていなかったためにスルーしていた本作。GW中にドラマの再放送とWOWOWで映画の放送という図った様なお膳立てが出来たために全て通して観てみました。実は元々テレビドラマ版を観なかったのは小出恵介がどうも苦手だったからなんです。しかし、最近の映画作品『風が強く吹いている』『パレード』の好演で随分印象が良い方に変わってきていたということもあり、それほど抵抗もなく物語には入ってゆくことが出来たのでした。いやはや、もうベッタベタのスポーツ青春ドラマです。しかもそのスポーツが野球、更にメインキャストが不良と来たら、過去の色んなドラマの良いとこ取りな気もしますが、それだけにこの手が大好きな私としては思いっきりはまってしまったという寸法。

02 03

それにしても佐藤隆太・市原隼人・小出恵介・城田優・中尾明慶・高岡蒼甫・桐谷健太・佐藤健…と若手で人気のメンバーオールキャスト。そりゃ視聴率も良いはずですよ。映画版では更にここに山本裕典・石田卓也が加わるのですからもはや鉄壁。3年生になったニコガク野球部メンバーたちには今回も様々な試練が襲い掛かります。一年生の新入部員・赤星(山本裕典)は中学時代の有名選手。そんな彼が入部するというから大喜びのニコガクナインたち…。しかし赤星は野球部に所属するも練習には参加せず、先輩を先輩とも思わない態度。そんな赤星と御子柴(小出恵介)に起こった事件で御子柴は足を骨折、夏の予選は絶望だと言われてしまうのです。

04 05

あ、そうそう、最初に書いてしまいますが結果としてニコガクは甲子園に出場します。ネタバレと言えばネタバレですが、このドラマの展開上、甲子園に出場しないという結末は考えられません。要は結果に行き着くまでの過程でどれだけの試練を乗り越えて、目標に到達してくれるのか、その試練が大きければ大きいほど感動も大きいというのがこのどらまの感動ポイントなのです。そういう意味で言うと、正直なところテレビドラマで全てを完結させたほうが物語としては質が高くなったのではないかと思いました。全編137分とはいえ、結果だけあっさり描くわけに行かない以上時間はむしろ足りないぐらいでしょう。例えば不良たちを野球に打ち込ませるのにアレだけ時間がかかったにもかかわらず、赤星はあっさりと仲間に入ってしまう…。

06 07

そこに赤星なりの悩みや葛藤があって、それを川藤(佐藤隆太)や他のナインとの関わりの中で少しづつ解消していくだけの時間の余裕はないんで仕方ないのですが。従って予定調和のもとにサクサクと前半は進んで行きます。さて、今回のクライマックスは何と言っても地区予選決勝試合。これに関しては良かったポイントと今一つなポイントがあります。今一つなのは決勝の相手、笹崎高校の川上投手の存在。テレビドラマ版の時から安仁屋(市原隼人)が中学時代に三連続三振を喰らったと言うトラウマの話は出ていますが、突然映画になってその相手が川上投手だということが判明するんですね。逆にテレビドラマ版でライバルだった目黒川高校の江夏の存在はもう何処かに飛んでしまってます。この辺はドラマで十分てことなんでしょうか。

08 09

しかしながら、やはり野球をテーマにしたスポーツドラマは良いです。野球が好きであればなおの事のめり込めます。強大な笹崎高校に弱小のニコガクが必死で喰らい付き、途中には若菜(高岡蒼甫)の指の骨折なんかもありながら、それでも最後の最後「9回表2アウト満塁、点差は3点」このシチュエーションだけでテンションが上がりまくり。逆に言えばこの展開で最後の逆転ホームランを打つバッターが安仁屋になるように脚本を書いてあるのですが、演出上、あくまでもそれがあからさまにならないように気を使ってくれているのが嬉しいところです。さて、本来なら「9回裏サヨナラ逆転満塁ホームラン」これが野球と言うスポーツで一番もりあがるシチュエーションであるのは言うまでもありません。

10 11

しかしこの作品はピッチャー安仁屋で〆させる。それは試合の結果よりも「夢を掴んだニコガクナイン」をフィーチャーするため。後2球、1球、そして…。夢の場所・甲子園で彼らがどうなったのかは描かれませんし、その意味も無いでしょう。卒業式のあとの川藤に対する選手一人一人の挨拶はこれまたベタとはいえ涙がポロポロ出てしまうシーン。きっと演じている佐藤隆太はじめ俳優たちの涙もホンモノじゃないかな…。きっとその位役に成り切っているはずだと思うのです。大ヒットしたGReeeeNの『遥か』のフルコーラスで余韻をたっぷりと楽しんで下さい。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:相変わらず平塚の存在が面白い
総合評価:68点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『ROOKIES -卒業-』予告編

c

|

« インファナル・アフェアIII/終極無間 | トップページ | パリより愛をこめて »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/34545498

この記事へのトラックバック一覧です: ROOKIES -卒業-:

» ROOKIES ルーキーズ -卒業- [象のロケット]
野球部の面々が3年に進級し、川藤が二子玉川学園高校の教師に返り咲いた2009年春、ニコガク野球部に新入生2人がやって来た。 中学からその名を轟かせメジャーリーグを目指す反抗的な赤星と、ひょんなことから平塚をヒーローと崇める濱中。 だが、夏の甲子園予選大会を前に、キャプテン御子柴は不良生徒にからまれた赤星を庇い下腿骨を骨折する…。 人気青春TVドラマ劇場版。... [続きを読む]

受信: 2010年5月 8日 (土) 11時49分

» ROOKIES −卒業− [とにーのブログ]
本当は剣岳を観る予定だったのだが、娘にせがまれてROOKIESを観てきた。午前中のサッカー練習の影響で、開始前は眠かったのだが、、、 泣けた... [続きを読む]

受信: 2010年6月 3日 (木) 01時15分

» 「ROOKIES -卒業-」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
たしか、去年の邦画のナンバーワンヒットを記録した、TBSドラマの映画版。 全然TVシリーズは観てなかったので、出演者さえはっきり把握してませんでした。 [続きを読む]

受信: 2010年9月 8日 (水) 02時24分

» 映画「ROOKIES−卒業−」 [itchy1976の日記]
映画「ROOKIES−卒業−」(映画.com) 「ROOKIES/卒業」オフィシャルサイト ROOKIES−卒業−@ぴあ映画生活 ROOKIES 卒業 - goo 映画 ROOKIES -卒業- 通常版 [DVD]佐藤隆太,市原隼人,小出恵介,城田優,中尾明慶TCエンタテインメント ○作品情報(映画.com) 監督: 平川雄一朗 プロデューサー: 佐藤善宏、東信弘、津留正明、秋山真人 エグゼクティブ・プロデューサー: 濱名一哉 企画プロデュース: 石丸彰彦 原作: 森田まさのり 脚本: いずみ吉... [続きを読む]

受信: 2010年9月28日 (火) 20時25分

« インファナル・アフェアIII/終極無間 | トップページ | パリより愛をこめて »