« エルム街の悪夢(2010) | トップページ | ボローニャの夕暮れ »

2010年6月26日 (土)

アデル/ファラオと復活の秘薬

Photo フランスで人気のコミックス・シリーズをリュック・ベッソン自らが監督し映画化したファンタジー・アドベンチャーだ。エジプトとパリを舞台に、妹の為にエジプト王家・ファラオの侍医の作る秘薬を求める冒険が繰り広げられる。主人公アデルに抜擢されたのはルイーズ・ブルゴワン。そしてその敵役として『潜水服は蝶の夢を見る』のマチュー・アマルリックが出演している。
>>公式サイト

ないない尽くしじゃ楽しめない

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

そもそもフランス映画でアドベンチャーというのに若干の不安はあったものの、「ファラオと復活の秘薬」などと聞くと否が応にもワクワクしてしまうものですし、何よりここのところリュック・ベッソン監督、或いはプロデュース作品は実に楽しませてもらってきたので、割と期待しながら観に行ったのですが……なんだこれ?そもそも始まってからアデル(ルイーズ・ブルゴワン)が登場するのにどれだけ時間かけるのか。ジョーンズ博士ならドキドキしながら待ちますが、まだ無名のアデルでそれをされても見ているほうは退屈なだけです。やっと出てきたと思いきや殆どいきなりエジプトシーン。そもそもアデルって何者なの?一応、世界の不思議を追いかけるジャーナリストらしいけれど、彼女の説明が足りないままに話は進みます。

02 03

どうもファラオの侍医のミイラを探しているらしい。しかしこの時点では何故探しているのかは解りません。王墓の中で敵役のマッドサイエンティスト・デュールヴー(マチュー・アマルリック)と対決し捕えられてしまうのですが、そもそも彼がマッドサイエンティストだと解ったのは、作品を観終わって公式サイトのあらすじを読んだから。(苦笑)タダ作品を観ているだけでは彼が誰だか解りません。ついでに言うと、彼がマチュー・アマルリックだということも解りませんでしたけど…。とにかく解らないことだらけの中、それでも全編を通して多少なりとも冒険らしいシーンなのはここだけでした。というか、この後はもうエジプトではなくパリに舞台は移ってしまいますので。

04 05

ここまででもう作品の半分近くを消費してますが、もう眠気を抑えるのに必死。でまあ、首尾よく逃げ出したアデルは、どうやったのかは解りませんがミイラをもって鉄道の駅に降り立ちます。(笑)映画は合理的な理屈だけで割り切れるものじゃありませんが、要は何のためにミイラを持ち帰ったのかというと、そのミイラを甦らせて、不慮の事故で植物状態の妹を治す秘薬を作ってもらおうと、そういうことなんですね。アデルが何故そういう考えに到ったのかは描かれていませんが、とりあえずエスペランデュー教授(ジャッキー・ネルセシアン)という怪しいお方が甦らせることができるらしい。実はこの教授、物語冒頭、アデルより先に登場していて、翼竜の卵の化石からそれを甦らせていました。

06 07

もちろんどうやってその方法を発見したのか、そこにどんな理屈があるのか、彼とアデルはどのようにして知り合ったのかなどなど、詳細は一切不明。それにしてもこれほどまでに登場人物の背景をないがしろにしている作品は久しぶりかも。エスペランデュー教授が甦らせた翼竜が人を殺してしまったため、彼は刑務所に収監され、死刑が宣告されます。彼を助け出そうと色んな方法で刑務所内にもぐりこむアデルを、かなりの時間を割いてコミカルに描いていますが、物語本線と関係ないところで時間を浪費し過ぎ。結局何とか博士を助け出してミイラを復活させるまでで物語の8割は終了していました。まあミイラ復活といっても、今更この程度のものをファンタジーと呼ぶのもおこがましい程度の代物なのですが…。

08 09

はっきりいってこの作品を最後まで見ることが出来たのはアデル役のルイーズ・ブルゴワンが美人だったからと言うことに尽きます。何だかやたらと吉瀬美智子に似ているように感じたのですけども…。美人な上にバストトップまで見せるサービスシーンもあったりしてそれはそれで嬉しいのですが、ニューヒロイン誕生を声高に叫ぶのならば、もっとしっかり脚本を練りこまなければ話にならないでしょう。全てに情報が足りず、ベッソン監督お得意のアクションシーンも殆ど無し、アドベンチャーのドキドキ感も、ファンタジーの驚きも全く無いとあっては一体どこを楽しんだら良いのか…。イメージ的にはシリーズ化したい方向なのでしょうけども、現段階では難しい気がします。

個人的おススメ度2.0
今日の一言:マチューさん変わり過ぎです…
総合評価:46点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« エルム街の悪夢(2010) | トップページ | ボローニャの夕暮れ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/35211938

この記事へのトラックバック一覧です: アデル/ファラオと復活の秘薬:

» アデル / ファラオと復活の秘薬 [うろうろ日記]
試写会で見ました。コピーライターにだまされたー。と思ったのが第一印象です。正直、 [続きを読む]

受信: 2010年6月27日 (日) 07時38分

» 試写会「アデル」 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
2010/6/24 なかのZERO。 まずまずの入り。 中段は混んでおり、前方3列目に陣取る。 本当は前3列は可動席で、高さが同じため、前列が気になるし、 見上げるようになることと合わせ、あまり位置的にはよくない。 5列目以降は段差があるので、そちらの方が良い。 **    リュック・ベッソン脚本監督。 ルイーズ・ブルゴワン、マチュー・アマルリック、ジル・ルルーシュ、 ジャッキー・ネルセシアン。 ** 登場人物を整理しておこう。 自分自身が死にそうなジジイの科学者で死者を蘇らせる研究に熱... [続きを読む]

受信: 2010年6月27日 (日) 09時24分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [とりあえず、コメントです]
リュック・ベッソン監督&脚本の新作映画です。 女性版インディー・ジョーンズという雰囲気の予告編に、どんな作品なのかなあと気になっていました。 予想よりもお茶目な展開に、アドベンチャーと言うよりは ファンタジックなコメディだったなあと感じるような物語でした(^^ゞ ... [続きを読む]

受信: 2010年6月27日 (日) 18時50分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 舞台挨拶付プレミア試写会 [風に吹かれて]
ナイトミュージアム in フランス?公式サイト http://adele.asmik-ace.co.jp7月3日公開フランスの人気コミックの映画化監督・脚本: リュック・ベッソン1911年。ジャーナリ [続きを読む]

受信: 2010年6月28日 (月) 10時49分

» アデル [象のロケット]
1911年。 ミステリーハンターとして世界中を冒険している美人ジャーナリスト、アデル・ブラン=セックは、双子の妹アガットの命を救うため、エジプトのラムセス2世に仕えた医師のミイラを探していた。 同じ頃、パリでは1億3500年前の怪鳥が空を飛び回り、人々を恐怖に陥れていた。 パリに戻ったアデルは、怪鳥を蘇らせた教授にミイラの復活を依頼しようとするが…。 ヒロイン・アドベンチャー。... [続きを読む]

受信: 2010年6月28日 (月) 18時35分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [あーうぃ だにぇっと]
6月8日(火)@ユナイテッドシネマ豊洲 最速試写会?で観てきました。 もう3週間も経ってしまったんだねえ。 会場はユナイテッドシネマ豊洲スクリーン1。 ずいぶん大きな会場に見えましたが、座席数は273席しかないようだ。 開場19時、開映19時30分と遅い。 その上リュック・ベッソンとルイーズ・ブルゴワンの舞台挨拶が予定されている。 帰宅は相当遅くなりそうだ。... [続きを読む]

受信: 2010年6月28日 (月) 20時45分

» アデル / ファラオと復活の秘薬 [うろうろ日記]
試写会で見ました。 コピーライターにだまされたー。と思ったのが第一印象です。正直 [続きを読む]

受信: 2010年7月 1日 (木) 18時19分

» 『アデル/ファラオと復活の秘薬』・・・ベッソンが見出したニュー・ヒロイン [SOARのパストラーレ♪]
壮大なフランス版アクション・アドベンチャーだと思っていたら見事に裏切られた。間違ってもインディ・ジョーンズの『失われたアーク』あたりを祖とするような一連のハリウッド作品に通ずるハラハラドキドキワクワクを期待してはいけない。エジプトのシーンなど序盤であっという間に終わってしまう。あくまで本作はパリを舞台にしたコメディ・アドベンチャーなのだ。... [続きを読む]

受信: 2010年7月 3日 (土) 17時04分

» アデル / ファラオと復活の秘薬 [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 フランス  アドベンチャー&アクション  監督:リュック・ベッソン  出演:ルイーズ・ブルゴワン      マチュー・アマルリック      ジル・ルルーシュ      ジャン=ポール・ルーヴ 【物語】  1911年、エジプト。妹の命を助けたいフランス人ジャーナリ...... [続きを読む]

受信: 2010年7月 4日 (日) 00時04分

» アデル ファラオと復活の秘薬 [HEAVEN INSITE's Blog]
 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆☆」  最高のフレンチコメディ映画!  これはほんっとうに私が考えそうな話。キャラといいギャグといい・・・作風がとっても私好みでこ [続きを読む]

受信: 2010年7月 4日 (日) 01時08分

» 映画「アデル ファラオと復活の秘薬」@ヤ... [masalaの辛口映画館]
 試写会の主催はラジオ日本「イエスタディポップス・ウィズ・シネマダイヤリー」さんだ。司会は横山明日香さん、映画上映前にスポンサー様からの抽選会が行われた。客席は8~9割... [続きを読む]

受信: 2010年7月 4日 (日) 11時54分

» 『アデル/ファラオと復活の秘薬』(2010)/フラ... [NiceOne!!]
原題:LESAVENTURESEXTRAORDINAIRESD'ADELEBLANC-SEC/THEEXTRAODINARYADVENTURESOFADELEBLANC-SEC監督・脚本:リュック・ベッソン出演:ルイーズ・ブルゴワン、マチュー・アマルリック、フィリップ・ナオン、ジ... [続きを読む]

受信: 2010年7月 4日 (日) 12時06分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [映画鑑賞★日記・・・]
【LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC】2010/07/03公開 フランス PG12 107分監督:リュック・ベッソン出演:ルイーズ・ブルゴワン、マチュー・アマルリック、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーヴ、フィリップ・ナオン、ニコラ・ジロー、ジャッキー・ネル...... [続きを読む]

受信: 2010年7月 4日 (日) 16時04分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★☆【2,5点】 本作の男性陣は、ほぼ全員が特殊メイクで登場! [続きを読む]

受信: 2010年7月 4日 (日) 16時10分

» アデル/ファラオと復活の秘薬/ルイーズ・ブルゴワン [カノンな日々]
だいぶ前から宣伝していたこともあって期待値も高まっていたこの作品。「彼女が、戦う。かなり、強い。」という宣伝コピーもなかなか魅力的でしたね。リュック・ベッソン監督の13作目となるのはフランスの人気コミックシリーズが原作のアクション・アドベンチャー・ムービー....... [続きを読む]

受信: 2010年7月 4日 (日) 21時55分

» [映画『アデル/ファラオと復活の秘薬』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆これは悪いほうのリュック・ベッソンが作った作品かと思いきや、  予告編のアクション大作としての宣伝の仕方からはあまり想像できなかったのだが、  実はコメディ作品なんだと認識できたら、途端に、いいリュック・ベッソン作品だと理解できた。  何よりも、主演のルイーズ・ブルゴワンが可愛い^^  あの生まれながらの気品ある大人顔で、マイウェイでもあるハスッパささえも見せられると、物語もグレードアップされるってものだ。    ◇  その前に、関係ない話を・・・。  公開間近のアンジェリーナ・ジョ... [続きを読む]

受信: 2010年7月 5日 (月) 22時17分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
リュック・ベッソンが脚本・監督を担当して映画化した。コミックが原作なのであり得ない展開のお話になっているが、案外大人向けのジョークが散りばめられている。最後のシーンはブラックジョークだろうか。... [続きを読む]

受信: 2010年7月 5日 (月) 23時36分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
良くも悪くも仏映画をエネルギッシュにしているのがリュック・ベッソンだが、本作はヒロイン・アドベンチャーでたっぷり楽しませるエンタメ映画になった。1911年のパリ。世界中の不思議を追う美人ジャーナリストのアデルは、仮死状態の妹を救うため、エジプト王家に伝わる復....... [続きを読む]

受信: 2010年7月 6日 (火) 00時10分

» アデル/ファラオと復活の秘薬(2010) [銅版画制作の日々]
原題:LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC MOVX京都にて鑑賞。う〜ん想像していたようなものではなかったなあ。もっとアクションぽいものを期待していたんですけれど、、、、、。主人公アデル役のルイーズ・ブルゴワンはモデル出身だそうです。リュック・ベッソンが選んだベッソン作品の新しいミューズらしい。そうですね。この方はなかなか魅力的なのではないでしょうか。全編フランス語です。フランス語って結構早口ぽい感じがします。アデルもかなり早口でまくし立て... [続きを読む]

受信: 2010年7月 6日 (火) 01時36分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 とんでもない自己中女っ!(笑) [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=33 -10-】 Luc Besson (リュック・ベッソン)監督が好き、グランブルー、ニキータ、レオン、フィフスエレメントが特に好き、だからどんな映画かはよくわからんが(予告編って流れていたか?観てないぞ!)レイトショーで鑑賞。  1911年。パリでは、博物館に展示されていた卵の化石から翼竜・プテロダクティルスが孵化し、人々を襲うという事件が勃発していた。ジュラ紀の専門家エスペランデュー教授が翼竜を甦らせてしまったのだ。その頃、ジャーナリストのアデル・ブラン=セックはエジ... [続きを読む]

受信: 2010年7月 6日 (火) 11時41分

» 「アデル/ファラオと復活の秘薬」みた。 [たいむのひとりごと]
じゃじゃ馬娘:アデルによるドタバタアドベンチャー作品。”ファラオと復活の秘薬”という副題が付いているくらいだから女版”インディ・ジョーンズ”のようなスリルとアクションが楽しめる冒険活劇かと思ったら、単... [続きを読む]

受信: 2010年7月 6日 (火) 17時14分

» アデル ファラオと復活の秘薬 [そーれりぽーと]
「『ミニモイ』三部作以外もう映画は撮らん」と言ってたリュック・ベッソン最新作は、ヒロインが主役のアドベンチャー映画? 『アデル ファラオと復活の秘薬』を観てきました。 ★★★ もしかしたらこういうアドベンチャーもの自体フランス映画では初めてなんじゃ? ハリウッド映画と同じ事をせず、“いかにお洒落で優雅に見せるか”に注力して作られているところにハマって観てました。 こんなにユルいアドベンチャー映画は観たことがないってノリ。 『ロマンシングストーン』から灰汁を抜いた感じ。 だいたい、冒頭の10分だけ... [続きを読む]

受信: 2010年7月 6日 (火) 20時56分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [りらの感想日記♪]
【アデル/ファラオと復活の秘薬】 ★★★ 映画(36)ストーリー 1911年。世界の不思議と秘宝を追う女性ジャーナリスト、アデル(ルイーズ・ [続きを読む]

受信: 2010年7月 6日 (火) 21時05分

» アデル / ファラオと復活の秘薬 [Diarydiary! ]
《アデル / ファラオと復活の秘薬》 2010年 フランス映画 - 原題 - L [続きを読む]

受信: 2010年7月 6日 (火) 21時57分

» アデル ファラオと復活の秘薬 [迷宮映画館]
アデルの周りに群がってる中年と年配のおっさんたちが多すぎ! [続きを読む]

受信: 2010年7月 7日 (水) 08時07分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [悠雅的生活]
無政府主義者の陰謀。プテロダクティルス・ライダー。死後に生はあるか。 [続きを読む]

受信: 2010年7月 7日 (水) 19時36分

» 「アデル/ファラオと復活の秘薬」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 ジャック・タルディ原作の人気コミックを、鬼才リュック・ベッソン監督が映画化。20世紀初頭のフランスを舞台に、知恵と勇気と美貌を兼ね備えた女性ジャーナリスト・アデルが、... [続きを読む]

受信: 2010年7月 7日 (水) 20時14分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [だらだら無気力ブログ]
『レオン』『フィフス・エレメント』などで数々の印象的なヒロインを 描いてきたリュック・ベッソンが手掛けるファンタジー・アドベンチャー。 フランスの人気コミックシリーズを原作に、エジプト王家に伝わる秘薬を めぐる冒険が繰り広げられる。ヒロインに抜てきされたの..... [続きを読む]

受信: 2010年7月 8日 (木) 01時44分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [みすずりんりん放送局]
 『アデル/ファラオと復活の秘薬』を観た。  【ストーリー】  1911年、パリの自然科学博物館。  ジュラ紀の化石から翼竜プテロダ... [続きを読む]

受信: 2010年7月 8日 (木) 08時01分

» 『アデル/ファラオと復活の秘薬』 [purebreath★マリーの映画館]
なにも、恐れない。       誰にも、負けない。               どこまでも突き進む。 それが アデル。『アデル/ファラオと復活の秘薬』監督・脚本・・・リ... [続きを読む]

受信: 2010年7月 8日 (木) 19時47分

» 映画「アデル/ファラオと復活の秘薬」これは久々の勘違いマンガ映画 [soramove]
「アデル/ファラオと復活の秘薬」★★★ ルイーズ・ブルゴワン、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーヴ出演 リュック・ベッソン監督、107分 、2010年7月3日公開、2010,フランス,アスミック・エース (原題:LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「1911年、パリの自然科学博物館... [続きを読む]

受信: 2010年7月 9日 (金) 08時01分

» 【映画評】アデル/ファラオと復活の秘薬 [未完の映画評]
可憐で男勝りなアデルが愛する妹のために奔走する、アドベンチャー大作っぽいフレンチ・ファンタジー・コメディ。 [続きを読む]

受信: 2010年7月10日 (土) 08時15分

» 「アデル /ファラオと復活の秘薬」 ベッソンの好きなもの詰め合わせ [はらやんの映画徒然草]
この作品はたぶんダメという方が多いでしょうね。 その理由は想像がつきます。 スト [続きを読む]

受信: 2010年7月10日 (土) 09時28分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
リュック・ベッソン映画からまたもや魅力的なヒロインが誕生!__知的でウイットに富んだ美人ジャーナリストが世界を魅了するって__? 物語: 1911年、エジプト。アデル・ブラン=セックは、いま砂漠を越えている。世界中の“不思議”を追い“秘宝”を集める彼女は、最...... [続きを読む]

受信: 2010年7月12日 (月) 21時47分

» 「アデル/ファラオと復活の秘薬」 [みんなシネマいいのに!]
 あれ、リュック・ベッソンってもう監督はやらないって言ってなかったけ? やっぱり [続きを読む]

受信: 2010年7月13日 (火) 00時04分

» 映画 ■■アデルル/ファラオと復活の秘薬■■ [Playing the Piano is ME.]
リュック・ベッソン監督が結構好きなゴーンさんと 久しぶりの観劇。 遺跡アドベンチャーものだし リュック・ベッソンだし、面白そうと思って 見ましたが... [続きを読む]

受信: 2010年7月14日 (水) 00時33分

» アデル ファラオと復活の秘薬 [ダイターンクラッシュ!!]
2010年7月17日(土) 19:00~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1300円(大井町の金券屋で前売りを購入) パンフレット:未確認 『アデル ファラオと復活の秘薬』公式サイト そのキャリアが終わってしまっているようなリュック・ベッソンの映画。 女版インディアナ・ジョーンズの雰囲気なので、結構なアクションなのかと思っていたら、マジカルな部分を誇張して踏襲していた。 またもや、リュック・ベッソンの彼女なのか知らんが、主演の女優に魅力が無いのが、何とも致命的な欠点。 これまた、リュック・ベッ... [続きを読む]

受信: 2010年7月18日 (日) 03時32分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
アデル/ファラオと復活の秘薬10:フランス◆原題:LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC/THE XEXTRAODINARY ADVENTURES OF ADELE BLANC-SEC◆監督:リュック・ベッソン「アーサーとミニモイの不思議な国」「アンジェラ」◆出演:ルイーズ・ブルゴワン、....... [続きを読む]

受信: 2010年7月19日 (月) 13時21分

» ミイラ鳥が未来に リュック・ベッソン 『アデル/ファラオと復活の秘薬』 [SGA屋物語紹介所]
サマーシーズン到来! ということで劇場では次々と大作・話題作がかかってますが、今 [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 21時37分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [Movies 1-800]
Les aventures extraordinaires d'Adèle Blanc-Sec (2010年) 監督:リュック・ベッソン 出演:ルイーズ・ブルゴワン、マチュー・アマルリック、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーヴ フランスの同名人気コミックの実写映画化で、20世紀初頭のパリを舞台に、重体の妹を救う為、古代エジプトの秘薬を求めて奔走する女性ジャーナリストの活躍を描く。 てっきり、女性版インディ・ジョーンズが「トランスポーター」ばりのアクションを見せてくれるのかと思っていたら、カーチ... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 22時33分

» アデル ファラオと復活の秘薬 [5125年映画の旅]
世界を股にかける冒険家にしてジャーナリストである美しき女性アデル。彼女の次なる目的地はエジプトの王家の墓。そこでアデルは一つのミイラを発見する。アデルの目的はそのミイラを復活させ、生死の境を彷徨う妹の命を救ってもらうことだった。 「『アーサー』三部作で監....... [続きを読む]

受信: 2010年7月22日 (木) 06時21分

» ■映画『アデル/ファラオと復活の秘薬』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
リュック・ベッソンが自ら監督を務めた映画『アデル/ファラオと復活の秘薬』は、女流冒険作家アデル・ブラン=セックがフランス~エジプトを股にかけて活躍するヒロイン・アドベンチャー。 1976年に初めて発表された、フランスの国民的人気コミックを原作にしているそう。 日... [続きを読む]

受信: 2010年7月22日 (木) 09時06分

» アデル ファラオと復活の秘薬 [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
突き進め。 幻の秘薬を求め、エジプト“王家の谷”から パリ“ルーヴル美術館”へ── ユーロコミック(バンデシネ)の人気シリーズ「アデル・ブラン=セック」の実写映画化。 幻の秘薬を求め冒険するヒロインアドベンチ... [続きを読む]

受信: 2010年7月22日 (木) 23時26分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [いい加減社長の日記]
「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ! 」と迷ったけど、混んでいたので、こちらを選択。 新しい女性のヒーロー誕生というキャッチに魅かれて「アデル/ファラオと復活の秘薬 」を、土曜日のレイトショーで鑑賞。 「UCとしまえん 」は、踊る効果か、ちょっと多... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 19時09分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [いい加減社長の映画日記]
「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」と迷ったけど、混んでいたので、こちらを選択。 新しい女性のヒーロー誕生というキャッチに魅かれて「アデル/ファラオと復活の秘薬」を、土曜日のレイトショーで鑑賞。「UCとしまえん」は、踊る効果か、ちょっと多め。 「アデル/ファラオと復活の秘薬」は、中くらいのスクリーンで、4割程度か。 【ストーリー】 1911年。パリでは、博物館に展示されていた卵の化石から翼竜・プテロダクティルスが孵化し、人々を襲うという事件が勃発していた。 ジュラ紀の専門家エス... [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 02時39分

» ★「アデル/ファラオと復活の秘薬」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
久しぶりのリュック・ベッソン監督作かな。 あたりはずれが大きい感のあるベッソン関連作・・・ アドベンチャーものは意外とお気に入りが多いかな。 [続きを読む]

受信: 2010年7月29日 (木) 01時45分

» 『アデル ファラオと復活の秘策』 フレコミ原作のドタバタコメディー、でもアデルの魅力で◎ [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
『アデル ファラオと復活の秘策』 “ヒロイン×アドベンチャー”なんてコピーが躍るけれど、女性版インディ・ジョーンズなんてイメージで観に行くと、大きく期待を裏切られます。 だって、フレンチコミックが原作の、ドタバタコメディーだもの。 でも主人公アデル役のルイ... [続きを読む]

受信: 2010年7月31日 (土) 12時08分

» アデル [映画的・絵画的・音楽的]
 フランス版インディ・ジョ−ンズもあるいはおもしろいかもしれないと、『アデル ファラオと復活の秘薬』を丸の内ピカデリーで見てきました。  実は、7月31日の記事の冒頭で、「あるフランス映画を見ようと思って出かけたところが、狙った時間帯には上映されていないことがわかり」見逃してしまったというのがこの作品だったわけで、それが打ち切り間際だったところから、慌てて別の映画館を探して見た次第です(現在は、既にここでも違う作品が上映されています)。 (1)単に“フランスの冒険映画”ということで見てみたわけです... [続きを読む]

受信: 2010年8月16日 (月) 13時02分

» 『パリより愛をこめて』『アデル』を新橋文化で観て、トラボルタは満足ふじき☆☆☆☆,☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
◆『パリより愛をこめて』 五つ星評価で【☆☆☆☆いや、単純にオモロイじゃん】 リュック・ベッソン印の仏産アクション映画。 当たり外れの振幅が大きいが、今回は当たりの ... [続きを読む]

受信: 2010年12月28日 (火) 00時41分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [銀幕大帝α]
LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES DADELE BLANC-SEC/10年/仏/107分/アドベンチャー・アクション/PG12/劇場公開 監督:リュック・ベッソン 音楽:エリック・セラ 出演:ルイーズ・ブルゴワン、マチュー・アマルリック、ジル・ルルーシュ、ジャ...... [続きを読む]

受信: 2011年1月13日 (木) 02時42分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 [いやいやえん]
女性版ハムナプトラを想像していました…全然違ったーッ!予告編でもそんな感じのつくりだったから完全に騙された。 それっぽいのは最初のほうだけ。実はコメディなんですかね、これ…荒唐無稽なのは勿論ですが、基本のストーリー自体がドタバタ。アドベンチャーではないのかもしれません、そういえば観た感じはナイトミュージアムなんかに近いかも。いかにも漫画的だと思ったら、もともとはフレンチコミックが原作らしい。なるほどなー。 …とはいえ面白くないわけではない。フランス的ユーモアは満載で、キャラクターは可笑し... [続きを読む]

受信: 2011年1月20日 (木) 19時59分

» アデルとドクター [Akira's VOICE]
「アデル/ファラオと復活の秘薬」 「ディアドクター」  [続きを読む]

受信: 2011年1月27日 (木) 12時31分

» 【映画】アデル/ファラオと復活の秘薬…下衆い勘繰り込み。 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
今日の昼は九州北部でも雪が吹雪いていました。寒いです まずは近況… 世の中は三連休らしいですが、昨日2011年2月11日(金曜日・建国記念日)はお仕事でした …他は、特になにも無い…買い物に行ったのとレンタルしてた映画「魔法使いの弟子」を観たぐらいかなぁ。 本日20...... [続きを読む]

受信: 2011年2月12日 (土) 22時37分

» アデル ファラオと復活の秘薬 [RISING STEEL]
アデル ファラオと復活の秘薬 LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC 2010年 フランス映画 ヨーロッパ・コープ製作 監督・脚本:リュック・ベッソン 製作:ヴィルジニー・ベッソ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月10日 (木) 00時16分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 (Les aventures extraordinaires d'Adèle Blanc-Sec) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 リュック・ベッソン 主演 ルイーズ・ブルゴワン 2010年 フランス映画 107分 アドベンチャー 採点★★ 小学生の頃、マンガ好きの後藤くんの影響で、「ちょっくら自分でも描いてみるか!」と無謀にもマンガ作りに挑戦してみた私。しかしながら、残念な絵心の持…... [続きを読む]

受信: 2011年7月15日 (金) 15時40分

» 映画評「アデル/ファラオと復活の秘薬」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年フランス映画 監督リュック・ベッソン ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年7月30日 (土) 10時43分

» 『アデル/ファラオと復活の秘薬』 [『映画な日々』 cinema-days]
アデル/ファラオと復活の秘薬 事故で病床にある妹の為、 古代エジプトの待医を探す女性ジャーナリスト 【個人評価:★☆ (1.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:Les aventures extraordinaires d'Adle Blanc-Sec... [続きを読む]

受信: 2011年8月13日 (土) 17時53分

» アデル/ファラオと復活の秘薬 Les Adventures extraordinaires s... [映画!That' s Entertainment]
●「アデル/ファラオの復活と秘薬 Les Adventures extraordinaires s'Adele Blanc-Sec」 2010 フランス Europa Corp. Apipoulaï ,TF1 Films Production ,107min. 監督・脚本:リュック・ベッソン 出演:ルイーズ・ブルゴワン、マチュー・アマルリック、ジル・ルルーシュ、ニコラ・ジロー <評価:★★★★★★☆☆☆☆> <感想とストーリー> リュック・ベッソンの探検ものか?と思って見たのだ... [続きを読む]

受信: 2011年8月14日 (日) 14時26分

« エルム街の悪夢(2010) | トップページ | ボローニャの夕暮れ »