« ダブル・ミッション | トップページ | エルム街の悪夢(2010) »

2010年6月24日 (木)

闇の列車、光の旅/Sin nombre

Photo 2009年のサンダンス映画祭で監督賞と撮影監督賞を受賞した作品。ガエル・ガルシア・ベルナルとディエゴ・ルナのという大物2人が製作指揮を務め、彼らが惚れ込んだという日系人のキャリー・ジョージ・フクナガが監督を務める。中南米における貧困やそれに起因した不法移民・ギャングというアンダーグラウンドの世界に生きる者たちをリアルに描いた社会派ヒューマンドラマだ。
>>公式サイト

冷徹なまでの現実に飲み込まれる―

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

まず観ていて『スラムドッグ$ミリオネア』を思い出しました。恐らくどちらも厳しい貧困から抜け出そうとする若者を描いた作品だからかもしれません。主人公の一人カスペル(エドガー・フローレス)はメキシコのギャング団MSの一員。彼らギャングたちは広く組織を作り、その関係は肉親以上ですした。もう一方の主人公サイラ(パウリーナ・ガイタン)はホンジュラスの貧しい村に住んでいます。アメリカから強制送還されてきた父は叔父と共に彼女を連れて再度アメリカに向けて旅立つのでした。そう、彼らはアメリカに密入国しようとしていたのです。そこから思い出されたのは『扉をたたく人』『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』といった不法移民をテーマにした作品たち。

02 03

この物語の構成として面白いのは、元々カスペルとサイラは何の関係もないこと。ですから最初のうちはカスペルのギャング団メンバーとしての生活と、サイラたち列車の旅は完全にパラレルに描かれています。ちなみに列車の旅といっても、勝手に貨物列車の屋根に乗ってしまうだけなのですが。カスペルは見た目はそれほどギャングといった様子でもなく、現に恋人マルタ(ディアナ・ガルシア)とイチャイチャしている様子は年相応の少年です。(少年らしくない行為もありますが…苦笑)ところが弟分のスマイリー(クリスティアン・フェレール)を仲間に引き入れるために組織のアジトを訪れた時の彼の姿は彼もまた一端のギャングであることを証明していました。彼はリマルゴに命じられるままに、何の躊躇も無く捕まっていた敵対組織の人間を撃ち殺すのです。

04 05

それは殺さなければ組織にいられなくなるからであり、組織にいられなくなることは彼にとっては死活問題に他ならないから。これは貧困の中で生き抜くのには、自由な選択肢などないという強烈な現実を示していました。しかし、そんなカスペルも恋人マルタの死で自らの生き方に疑問を抱きます。というのもマルタはリマルゴに犯されそうになり、抵抗した弾みに頭を打って死んでしまったから。最愛の恋人を失った悲しみ、リマルゴから彼女を守れなかった自分に対する怒り、しかしどうしようもなかったのだという諦め…。何ともいえない表情を浮かべるこの時のカスペルの心中は察して余りあるのですが、物語的にはこの事件のせいでパラレルに展開していたサイラの人生と交錯することになります。それは彼がリマルゴとともにがサイラたちの乗る列車を襲ったから。

06 07

正確にはその時にリマルゴがサイラを犯そうとしたから。襲われるサイラとその時の苦しげなカスペルの表情が何度もカットバックされるシーンは、彼の心の中のギリギリのせめぎあいを良く表しています。マルタとサイラを重ね合わせ、彼女の復讐を遂げたカスペルはこれで組織から追われることに、当然行くつく先は“死”です。恩人であるだけでなく、彼の心の傷に気付いたサイラが彼のことを好きになるのに時間はかかりませんでした…。当然カスペルも彼女が何で密入国しようとしているのかなど解り過ぎるほど解っています。実際にもサイラ役のパウリーナは役と似たような経験をし、カスペル役のエドガーはは路上生活がどういうものかを良く知っていたそうで、それぞれの実経験が物語にとても近いことが、作品にリアリティを持たせていました。

08 09

それだけに、生半可なハッピーエンドは期待できない訳で。物語はあくまでも冷徹な現実を私たちに突きつけてきます。途中列車を降りたカスペルについてきてしまうサイラ。頼った昔の仕事仲間にも裏切られ、弟分のスマイリーは何が何でも彼を殺してギャング団に認められようと懸命になる…。そこには自分が生きるために他人の犠牲など顧みている余裕のない現実がありました。カスペルやサイラの想いとは別に着々と追手は迫り、一方でサイラの父は国境警備隊の銃撃で死亡。結局どれだけ願おうと叶わぬ事があり、救われぬことがあるのだということ、クライマックスでのサイラの必死の叫びは私たちの耳に悲痛にこだまするのでした。耐え難き困難を乗り越えてアメリカにたどり着いたサイラ、しかし彼女はまだ新しい人生のスタート地点にたどり着いたに過ぎないのです――。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:それでも見つかれば強制送還なんですよね…
総合評価:74点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ダブル・ミッション | トップページ | エルム街の悪夢(2010) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/35424746

この記事へのトラックバック一覧です: 闇の列車、光の旅/Sin nombre:

» 映画レビュー「闇の列車、光の旅」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
公式サイト ◆プチレビュー◆中南米から米国を目指す若い男女の逃避行を描くロード・ムービー。厳しい現実の中の希望に感動する。 【75点】 ホンジュラス移民の少女サイラは、より良い暮らしを求めて父と共に米国を目指す。メキシコ人ギャングの少年ガスペルは、強盗目的....... [続きを読む]

受信: 2010年6月24日 (木) 23時59分

» 闇の列車、光の旅 [ジジョの五感]
この出会いが、私を強くした。 2009年のサンダンス映画祭で監督賞と撮影監督賞を受賞した 南米を舞台にしたロードムービー☆ アメリカへ渡ろうとする難民の少女と、ギャングの少年の姿を通して、 南米の闇と、かすかな光を描いた作品です。 監督のケイリー・ジョージ・フクナガは名前の通り日系人。 現在33歳で、これが初の長編監督作品となる若手新人監督です♪ 映画の制作には「ルドandクルシ」など南米映画ではおなじみの ディエゴ・ルナとガエル・ガルシア・ベルナルが名を連ねてるので てっきり監督も南米... [続きを読む]

受信: 2010年6月25日 (金) 00時47分

» 闇の列車、光の旅 [象のロケット]
中南米・ホンジェラスの少女サイラの元に、父がアメリカから強制送還されて戻ってきた。 父は、自分の弟とサイラを連れ、貨物列車でグアテマラとメキシコを経由してアメリカ・ニュージャージーを目指す、命がけの旅を決行する。 一方、メキシコのギャングの一員カスペルは、組織のリーダー・リルマゴ、弟分の少年スマイリーと共に、その列車に乗り込んだ…。 社会派ロードムービー。 PG-12... [続きを読む]

受信: 2010年6月25日 (金) 03時11分

» 闇の列車、光の旅/エドガル・フローレス [カノンな日々]
劇場予告編がとても印象的だったこともあり気になっていた作品です。雰囲気的にはどことなく『シティ・オブ・ゴッド』を感じさせるところもなくはないかなという感じでしたが、ギャング団の一員である主人公の少年とホンジュラス移民の少女の物語を描くボーイ・ミーツ・ガー....... [続きを読む]

受信: 2010年6月25日 (金) 09時07分

» 闇の列車、光の旅 [風に吹かれて]
命がけの不法移民達公式サイト http://www.yami-hikari.comサンダンス映画祭監督賞と撮影監督賞を受賞製作総指揮: ガエル・ガルシア・ベルナル  ディエゴ・ルナ監督: キャリー・ジ [続きを読む]

受信: 2010年6月25日 (金) 10時49分

» 映画「闇の列車、光の旅」 [今日の素敵さがし]
 日系アメリカ人の新人監督、キャリー・ジョージ・フクナガの長編デビュー作であり、2009年サンダンス映画祭で監督賞にも輝いた作品であるが、移民問題に正面から取り組んだ…という内容にいったいどれだけの日本人が本当に関心を寄せるか、興味深い。... [続きを読む]

受信: 2010年6月25日 (金) 22時06分

» 『闇の列車、光の旅』(2009)/アメリカ・メキシコ [NiceOne!!]
原題:SINNOMBRE/WITHOUTNAME監督:キャリー・ジョージ・フクナガ出演:パウリーナ・ガイタン、エドガー・フロレス、クリスティアン・フェレール、テノック・ウエルタ・メヒア、ディアナ・... [続きを読む]

受信: 2010年6月25日 (金) 23時08分

» 『闇の列車、光の旅』 [ラムの大通り]
(原題:Sin Nombre) ----これってアメリカとメキシコの合作。 製作総指揮に ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナのふたりがクレジットされているけど、 監督はキャリー・ジョージ・フクナガだっけ。 フクナガって、ちょっと日本人っぽい名前だね? 「うん。彼は父方の先祖が日本人という、 いわゆる日系アメリカ人。 この映画は、そのフクナガがサンダンス映画祭で監督賞を受賞。 サンダンスというと、少しすましているというか、 オフビートなイメージを抱いていたけど、 これはその真逆だね」 ---... [続きを読む]

受信: 2010年6月26日 (土) 10時00分

» 「闇の列車、光の旅」:緑三丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}こんなところに、相撲部屋がある。 {/kaeru_en4/}宮城野部屋っていえば、モンゴル出身の白鵬がいる部屋だぞ。 {/hiyo_en2/}いろいろ話題になっている相撲界だけど、外国出身力士の活躍にめざましいものがあるのはたしかよね。 {/kaeru_en4/}ホンジュラスからアメリカをめざす移民たちの中にも、国を離れて一旗あげようという人たちがいるんだろうな。 {/hiyo_en2/}そんな希望に満ちたものじゃないわよ、「闇の列車、光の旅」に出てくる不法移民たちは。なに... [続きを読む]

受信: 2010年6月26日 (土) 10時21分

» 「闇の列車、光の旅」 [Mr.Bation]
闇の列車、光の旅」2009年 米墨 監督:ケイリー・ジョージ・フクナガ 中米の魅惑的な列車によるロード・ムービーという事なら見逃せません。 不法移民の少女とギャングのリーダーを裏切り追われる身となった少年の物語。 ブニュエルが「忘れられた人々」を撮ってから50年以上たって、 ... [続きを読む]

受信: 2010年7月 1日 (木) 08時26分

» 映画:闇の列車、光の旅 [よしなしごと]
 久々にというか、今年初めてですね。単館系映画を観てきました。と言うわけで今回の記事は闇の列車、光の旅です。 [続きを読む]

受信: 2010年7月 4日 (日) 03時08分

» 『闇の列車、光の旅』 アメリカ行き貨物列車 [Days of Books, Films ]
3年ほど前、ニューヨークの語学学校に1年間、通ったことがある。学校にはヨーロッパ [続きを読む]

受信: 2010年7月 6日 (火) 23時58分

» 闇の列車、光の旅 [映画的・絵画的・音楽的]
 ブラジルに3年間いたことがある因縁で、中南米の映画が上映されると出来るだけ見に行くようにしてきたことから、『闇の列車、光の旅』もTOHOシャンテシネで見てきました。 (1)この映画の中心人物は、自分たちを取り囲んでいる厚くて高い塀を何とか乗り越えようとする若い二人です。  一人は、メキシコの田舎のギャング集団(ストリートギャング集団「マラ・サルバトゥルーチャ」のサブグループなのでしょう)から何とか逃れ出ようとするヒーローのカスペルであり、もう一人は、ホンジェラスの首都の貧民窟から逃れ出てアメリカ... [続きを読む]

受信: 2010年7月11日 (日) 07時49分

» 闇の列車、光の旅 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】 ずいぶん前から観たかった本作、やっと鑑賞が叶いました。 [続きを読む]

受信: 2010年7月18日 (日) 01時06分

» 映画「闇の列車、光の旅」自分が求めるなら何処までも行け! [soramove]
「闇の列車、光の旅」★★★★ パウリーナ・ガイタン、エドガー・フロレス出演 キャリー・ジョージ・フクナガ監督、96分 、2010年7月10日公開、2009,アメリカ、メキシコ,日活 (原題:SIN NOMBRE)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 何があるにしろ自分の国を離れ 生きていかないといけないという現実、 よりよい生活を求めるというのは分かるが 本当に生まれ育った場所で生き... [続きを読む]

受信: 2010年7月19日 (月) 10時11分

» 映画『闇の列車、光の旅』 [健康への長い道]
シネ・リーブル梅田にて、『闇の列車、光の旅』。良い邦題です。ただ、タイトルや予告編からは、悲惨な環境の中で生まれる幸せなストーリー、言うなれば『スラムドッグ$ミリオネア』的なものを、なんとなくイメージしていたのですが・・・。 Story ホンジュラスで暮らす..... [続きを読む]

受信: 2010年8月 8日 (日) 19時48分

» 『闇の列車、光の旅』... [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:アメリカ+メキシコ合作映画、ガエル・ガルシア・ベルナル&ディエゴ・ルナ製作総指揮、キャリー・ジョージ・フクナガ監督、パウリーナ・ガイタン、エドガー・フロレス、クリスティアン・フェレール、テノック・ウエルタ・メヒア、ディアナ・ガルシア出演。... [続きを読む]

受信: 2010年8月14日 (土) 10時45分

» 闇の列車、光の旅 [Diarydiary! ]
《闇の列車、光の旅》 2009年 メキシコ/アメリカ映画 - 原題 - SIN [続きを読む]

受信: 2010年9月27日 (月) 20時50分

» 闇の列車、光の旅 [SugarSpice*]
nbsp;Sin Nombreサイラ(パウリナ・ガイタン)は、父と叔父とともにホンジュラスを出て自由の国アメリカを目指す。3人はどうにかメキシコまでたどり着き、米国行きの列車の屋根に乗り込むことができる。ほっとしたのもつかの間、ギャング一味のカスペル(エドガール・フローレス)らが、移民たちから金品を巻き上げるために列車に乗り込んで来て……。この出会いが私を強くした。[Enrique's Journey]を読んだ後だったので、なんともタイムリー。本で描かれていた描写がそのまま映像になっていて... [続きを読む]

受信: 2010年10月 9日 (土) 06時57分

» 闇の列車、光の旅(2009) [銅版画制作の日々]
 この出会いが私を強くした、、、、。原題:SIN NOMBRE久々に京都シネマへ。今日は2本連続鑑賞しました。その1本目が... [続きを読む]

受信: 2010年10月16日 (土) 01時44分

» 闇の列車、光の旅 [迷宮映画館]
力が満ち溢れていた見事な作品だった。 [続きを読む]

受信: 2010年12月 6日 (月) 07時56分

» 闇の列車、光の旅 /Sin Nombre [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね [続きを読む]

受信: 2010年12月30日 (木) 21時27分

» 「闇の列車、光の旅」では素晴らしいという... [映画と出会う・世界が変わる]
考えてみれば、愛の告白において、「愛しています」とか「恋しています」と言うことくらい貧困なことはないのではないか。例え、「生涯かけて」とか「限りなく」という言葉を付けよ... [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 00時05分

» 『闇の列車、光の旅』をギンレイホールで観て、ふーんふじき☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆いいけどそんなにズバンと来ない感じ】 メキシコからアメリカへ列車に無賃乗車して渡る不法移民の少女と、 群れから追われる少年ギャングの一瞬の出会いと ... [続きを読む]

受信: 2011年1月30日 (日) 09時34分

» 「闇の列車、光の旅」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
最初から最後まで飽きることなく、引き込まれて一気に見せてくれる脚本、良かったです。映像も綺麗だったし。4つ★半 [続きを読む]

受信: 2011年2月 7日 (月) 13時08分

» 闇の列車、光の旅/Sin nombre(映画/DVD) [映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評]
[闇の列車、光の旅] ブログ村キーワードこの出会いが私を強くした。闇の列車、光の旅(原題:Sin nombre)製作国:メキシコ/アメリカ製作年:2009年配給:日活ジャンル:ドラマ/サスペ... [続きを読む]

受信: 2011年2月 9日 (水) 00時45分

» ぼくとエリの闇の列車旅 [Akira's VOICE]
「ぼくのエリ 200歳の少女」 「闇の列車,光の旅」  [続きを読む]

受信: 2011年2月18日 (金) 11時36分

» 闇の列車、光の旅/Sin nombre [ゴリラも寄り道]
闇の列車、光の旅 [DVD](2011/02/04)パウリーナ・ガイタン、エドガー・フロレス 他商品詳細を見る<<ストーリー>>南米ホンジュラスで暮らす少女サイラ。よりよい暮らしを求め父と叔父とともに アメリカを...... [続きを読む]

受信: 2011年2月25日 (金) 03時13分

» 闇の列車、光の旅 [こんな映画見ました〜]
『闇の列車、光の旅』---SIN NOMBRE  WITHOUT NAME---2009年(メキシコ/アメリカ)監督:ケイリー・ジョージ・フクナガ出演:エドガル・フローレス 、パウリナ・ガイタン 、クリスティアン・フェレール、テノッチ・ウエルタ・メヒア、ティアナ・ガルシア ホ...... [続きを読む]

受信: 2011年7月20日 (水) 15時12分

» 映画評「闇の列車、光の旅」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年メキシコ=アメリカ映画 監督ケイリージョージ・フクナガ ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年8月 3日 (水) 09時57分

» 『闇の列車、光の旅』'09・墨・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじサイラは、父と叔父とともにホンジュラスを出て自由の国アメリカを目指す・・・。解説『天国の口、終りの楽園。』のガエル・ガルシア・ベルナルとディエゴ・ルナ豪華な製作... [続きを読む]

受信: 2012年1月23日 (月) 19時57分

» 『闇の列車、光の旅』'09・墨・米 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじサイラは、父と叔父とともにホンジュラスを出て自由の国アメリカを目指す・・ [続きを読む]

受信: 2012年1月23日 (月) 20時00分

« ダブル・ミッション | トップページ | エルム街の悪夢(2010) »