« あの夏の子供たち | トップページ | リアル鬼ごっこ2 »

2010年6月 2日 (水)

『あの夏の子供たち』 あらすじ・作品情報

あらすじ
映画プロデューサーのグレゴワール・カンヴェルは、精力的に働く“仕事人間”ながら、妻シルヴィアと3人の娘たちを心から愛する良き家庭人でもあった。ところが、彼の会社はいまや火の車で、追いつめられたグレゴワールは最後に自ら命を絶つ道を選択してしまう。やがてシルヴィアは、グレゴワールの遺志を継ぐ覚悟を固め、会社の再建と製作中だった映画の完成のために奔走する。一方、幼さゆえに父の死をよく理解できない次女と末娘に対し、年頃の長女クレマンスは、父の死を受け止めるべく彼女なりの形で悲劇と向き合っていく。
(allcinemaより)

作品情報
原題:Le Pere de mes enfants
監督・脚本:ミア・ハンセン=ラブ
製作:フィリップ・マルタン、ダビッド・ティオン
撮影:パスカル・オフレー
美術:マチュー・ムニュ
編集:マリオン・モニエ
製作国:2009年フランス映画
上映時間:110分
配給:クレストインターナショナ

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ

|

« あの夏の子供たち | トップページ | リアル鬼ごっこ2 »