« 踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ! | トップページ | 借りぐらしのアリエッティ »

2010年7月 5日 (月)

仁寺洞スキャンダル~神の手を持つ男~/인사동 스캔들

Photo 韓国一の骨董街として知られる仁寺洞(インサドン)を舞台に、幻の名画の修復を巡り繰り広げられる多くの人間たちの思惑が交差する様子を描いたサスペンスドラマだ。主演はこの映画の後に兵役についたキム・レウォン。共演にオム・ジョンファ、日本人で『その男、凶暴につき』の白竜も出演。監督はこれがデビュー作となるパク・ヒゴン。
>>公式サイト

神の手をもっと見たかった

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

予告編を観た時から楽しみにしていた作品。そもそも美術関係の漫画は好きで、ちょっと前までなら小池一夫と叶精作の「オークションハウス」に夢中になり、今はスーパージャンプ連載中の愛英史と里美桂の「ゼロ THE MAN OF THE CREATION」は欠かさず読んでいます。私にとってはサブタイトルの“神の手を持つ男”と聞いた瞬間に思い浮かぶのはゼロなんですね。(漫画を読んでない方スイマセン。)…っと思ったら、予告編の最後に愛英史さんのコメントが出ていました。ともあれそのぐらい興味をそそられた作品だったということです。ただし、主人公イ・ガンジュンを演じるキム・レウォンに関しては例によって全く知りません。何でもかなり人気の韓流スターで、今は丁度兵役中なんだとか。

02 03

兵役前の最後の作品が本作で、それも相まって120万人動員の大ヒットとなったそうです。話の展開は中々凝ったものでした。日本の京都で朝鮮王朝期を代表する水墨画家・安堅(アンギョン)の幻の名画“碧眼図(ビョガンド)”が見つかり、仁寺洞を牛じるギャラリーのオーナー、ペ・テジン(オム・ジョンファ)がそれを30億ウォンで買い付けることに成功します。上手く修復して売れば400億ウォンになるこの絵の修復を依頼されたのが“神の手を持つ男”と呼ばれる天才修復士ガンジュンという訳。修復を成功させるには、絵の描き手になり切ることだという彼のスタンスは、前述したゼロのスタンスと全く同じで彼の設定はこの漫画をオマージュしたものかもしれません。

04 05

いずれにしても彼は仕事を引き受け、ギャラリーに専用の修復室を作り作業にはいるのでした。かかる時間は1年。そして、当然ここで映画的に色んな人間の思惑や動きが絡んでくるわけです。面白いのは、それが1年という長期のスパンにわたる計画になっているところ。一つ一つ表に表れる、即ちスクリーンに映し出される事象は、1年に渡って描かれていく大きな計略の中のパーツに過ぎないんですね。ですから、一見すると何してんの?なんてこともあったりします。例えばガンジュンが私設オークション会場に刑事に化けて乗り込んで行ったりするシーンなどは、彼が何を考えていてそれが読めないもどかしさと、この先の展開への期待が入り混じった不思議な気持ちになります。

06 07

ただ表面上の流れからすると、どうやらテジンは手に入れた碧眼図の本物を日本の黒田(白竜)に売るつもりらしい…。ちなみに白竜は日本人ですが、周りの人間は韓国人故に日本語でのセリフにハングルの字幕がつきます。しかし彼らの日本語が聞き取れないというのは頂けない…。あとどうせ彼らは真っ当に描くつもりなど無いのかもしれませんが、せめて隣の国なんですから、訳の解らない茶室の作りとかは止めて欲しかったなぁと。様々な点が徐々に線になって行くのは良いのですが、結局「碧眼図」を盗み出すのに壁を爆破するとかは、自分たちで言っていたようにアメリカン過ぎる嫌いがあります。というか「オーシャンズ」シリーズへのオマージュか何かでしょうか?

08 09

事ほど左様に、後半に向けて荒っぽくなっては行くのですが、実はこの一連の事態全てが文字通りガンジュンの書いた絵図通りだったと解った時は成る程納得という感じでした。ガンジュンの仲間たちも含め人間関係についていくのにちょっと苦労したのと、ガンジュンの神の手と呼ばれる技をもう少し観たかったという点はありましたが総じて観れば成る程こんな感じかなという出来栄え。個人的にはラストに彼らが歩いていたのが中国は北京の王府井だったところがおかしかったです。何故かって?北京でパチモン買おうと思ったら王府井ですもん。(笑)

個人的おススメ度3.0
今日の一言:オム・ジョンファよりホン・スヒョンが好みです。
総合評価:62点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『仁寺洞スキャンダル~神の手を持つ男~』予告編

|

« 踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ! | トップページ | 借りぐらしのアリエッティ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/35640190

この記事へのトラックバック一覧です: 仁寺洞スキャンダル~神の手を持つ男~/인사동 스캔들:

» オム・ジョンファ 最新情報 - これ好き! KoreaFan [これ好き! KoreaFan]
オム・ジョンファ の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2010年7月 6日 (火) 04時40分

» 仁寺洞(インサドン)スキャンダル 〜神の手を持つ男〜 [そーれりぽーと]
韓国テレビドラマ『食客』で天才料理人を演じたキム・レウォン主演が、今度は天才絵画修復家を演じる『仁寺洞(インサドン)スキャンダル 〜神の手を持つ男〜』を観てきました。 ★★★ 漫画『ゼロ』にそっくりな冒頭のシチュエーション、まんまコピーした映画化?かと思ってみていると『ゼロ』っぽいテイストは保ちながらも、ストーリー自体は韓流らしいドラマチック過ぎる展開がギッシリ詰まった2時間の展開。 修復&複製と騙しのアイデアは『ゼロ』で観たものばかりだけど。 いろんな話を盛り込み過ぎていて、前後編ある映画を無... [続きを読む]

受信: 2010年7月11日 (日) 00時33分

» 「仁寺洞スキャンダル」 [てんびんthe LIFE]
「仁寺洞スキャンダル」シネマート六本木で観賞 シネマートで予告をみていると面白そうなんですが…。 韓国直輸入の広告使いますよね。 字幕の入ってないのとかコピーが全部ハングルだったりとか。 で、キム・レウォン主演で面白そうだったんですが…。 意外と難しかった。 美術品、骨董品に対する知識が無い。 マネーゲームとかオークションに対する知識もない。 なのでキム・レウォン扮する修復師が一体何をたくらんでいるのかまったくつかめず、いい奴と悪い奴の区別もできなく、誰を見ていればいいのか全く分... [続きを読む]

受信: 2010年7月16日 (金) 20時48分

» 『仁寺洞〈インサドン〉スキャンダル』をシネマート六本木B2Fで観る男ふじき [ふじき78の死屍累々映画日記]
「仁寺洞」は「インサドン」と読む。   丼物か!   違う違う。   そもそも「丼物」の定義が不明だ。   さて、いわゆる丼物ではなく、美術骨董界の内幕を暴く業界スキャンダル物、 というより、ライト詐欺物ですかね。 その美術骨董界に何だか分からない得体の....... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 00時26分

» 仁寺洞(インサドン)スキャンダル~神の手を持つ男~ [りらの感想日記♪]
【仁寺洞(インサドン)スキャンダル~神の手を持つ男~】 ★★★☆ 映画(42) ストーリー 仁寺洞の骨董街に女帝として君臨するギャラリーのオ [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 20時53分

» 『仁寺洞(インサドン) スキャンダル~神... [NiceOne!!]
原題:INSADONGSCANDAL監督・脚本:パク・ヒゴン出演:キム・レウォン、オム・ジョンファ、イム・ハリョン、ホン・スヒョン、キム・ジョンテ、白竜鑑賞劇場 : シネマート六本木公式サ... [続きを読む]

受信: 2010年8月 7日 (土) 22時24分

« 踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ! | トップページ | 借りぐらしのアリエッティ »