« シュアリー・サムデイ | トップページ | エグザム »

2010年7月20日 (火)

樺太1945年夏 氷雪の門

Photo 金子俊男の『樺太一九四五年夏・樺太終戦記録』を映画化した1974年の作品。しかし当時はソ連の圧力により極短期間に僅かな劇場で公開されたのみで幻の名作と言われていた。終戦後に樺太に侵攻したソ連軍の前に、最後まで電話交換業務を続けた9人の乙女たちが自ら命を絶つ瞬間までを描く。監督は村山三男。藤田弓子や二木てるみ、丹波哲郎、南田洋子ら日本を代表する俳優が出演している。
>>公式サイト

「負けた国に国際法はない」だと?

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

この作品を観て何も感じないとしたら、その人はもう日本人ではない。そう言い切れる作品だった。先の大戦での沖縄での悲劇は数多くの映画やドラマで語られているが、当時は日本領であった樺太での物語は今まで殆ど目にする機会が無かった。この作品は、9人の樺太・真岡郵便電信局の乙女たちが、終戦後のソ連の侵攻が迫る中で最後まで電話交換業務を続けた上自決したという悲劇を描いている。1974年に製作されたにも関わらず、その内容のため、ソ連の圧力により公開を予定していた東宝系劇場が手を引き、結果極僅かな劇場で超短期間上映しかされなかったという。いずれにしても恥ずかしながら北海道は稚内公園にあるという「氷雪の門」とその脇に佇む「九人の乙女の像」に関して私は全く知らなかった。作品はその象の碑文である「みなさん、これが最後です。さようなら、さようなら」という、9人の乙女たちが自決する前の最後の言葉から始まる。

02 03

終戦の数日前ということを考えると、本土では大空襲で焼け出され、沖縄は玉砕、広島と長崎には原爆が落とされ、もはや日本が壊滅状態であったはずなのだが、スクリーンに映し出される様子は実にのどかな風景。言われなければ樺太だとは全く解らない。登場する多くの電話交換手が関根律子役の二木てるみや坂本綾子役の藤田弓子、仲村弥生役の木内みどりと、私が物心ついた時には既におばさん役として認識していた女優の若くて美しい姿を観ると、これが今から36年前に作られたのだと妙に納得してしまった。ちなみに若かりしで言うならば、若林豪や丹波哲郎、黒沢年男、赤城春恵、田村高廣 、南田洋子などなど、既にお亡くなりになった方、今も活躍されている方含めてそうそうたる面々が出演している。世代によって受け止め方は違うにせよ、「ああ、こんなところにこんな人が!」的な発見は多いだろう。

04 05

簡単に言ってしまうと、物語は終戦直前にソ連が日ソ中立条約を一方的に破棄して南樺太や千島列島、満州国などに侵攻してきたのが発端。当然日本は反撃にでるが、ご存知のとおり8月15日には玉音放送で終戦が告げられることとなる。日本軍は自衛のための交戦は続けることを許可するのだが、いずれにしたところで多勢に無勢、一方的に蹴散らされていく。印象深かったというか、悔しかったのが丹波哲郎扮する鈴本参謀長がソ連軍に対して降伏しているのだから侵攻をやめよと非難しに行ったシーンだ。そ知らぬ顔をして上からの命令だと嘯く相手に国際法を守れと詰め寄ると「負けた国に国際法はない。帰れ。」と強弁されてしまう。結局のところ現代に到るまで、敗戦国だからこそ蒙っている不利益は有形無形で多々あるのだが、もしかしたらこれはその最初の事例と言っても良いのかもしれない。

06 07

しかし100歩譲って侵攻までは勝者の論理で諦めるとしても、無抵抗な避難民たちを皆殺しにすることなど許されるはずもなく、平和ボケしている私などからすると、これは本当にあったことなのかとさえ思ってしまった。もちろん、日本とてアジアで同じことを少なからずしている訳で、ソ連人がそれをしないことの方が不思議なのかもしれないけれど。スクリーンでは、真岡郵便局電信局の交換手たちの家族が必死で非難する様子や、夫の戦場での様子などがパラレルに描かれていく。結局樺太は放棄し本土引き上げが決定するのだが、交換手の女性たちは残って業務を続けることを希望するのだった。それは行方不明の家族を待っていたり、病の母親がいたりと理由は様々だけれども、何より彼女たちは樺太で生まれ樺太で育ったからだ。そして自分たちの仕事に誇りを抱き、その職場で彼女たちなりに戦っていたからなのだ。

08 09

家族たちの無事を祈りながらも最後の最後まで業務を続ける乙女たち。何故逃げないのだと欧米人は思うかもしれない。決して命を粗末にしているわけではないのだ。しかしこの辺は日本人のメンタリティとしかいいようがないだろう。家族の無事を願い、それでも与えられた己が責任を果たすことに美徳を感じ、生き甲斐を感じるのが日本人の感性なのだ。まさに郵便局の下にまでソ連兵の足音が迫ってきた時、律子は唯一繋がっている回線で石碑の文言「みなさん、これが最後です。さようなら、さようなら」という言葉を残し、そしてその場の9人全員が自決する…。村山監督を始め殆どがお亡くなりになられているこの作品、当時の助監督だった新城卓氏が偶然にも発見したフィルムを元に上映に漕ぎつけてくれたそうだ。彼女たちの魂が伝わる貴重な作品に再び日の目を観させてくださったことにただただ感謝するのみである。

10 11

36年前は観たくても殆どの方に観るチャンスすらなかった作品が、今回は少ないとは言えども全国で公開される。観るも観ないも今度は私たち自らの手に委ねられたのだ。出来うるならば、多くの方々にこの作品に携わった全ての方々の想い、そして何より、本当は生きたかったのに死を選ばざるを得なかった9人の女性たちの想いを感じ取って欲しいと思わずにいられない。

個人的おススメ度5.0
今日の一言:九人の乙女の像、いつか行きます。
総合評価:95点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« シュアリー・サムデイ | トップページ | エグザム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/35816366

この記事へのトラックバック一覧です: 樺太1945年夏 氷雪の門:

» 樺太 1945年夏 氷雪の門(1974年) [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。村山三男監督、二木てるみ、鳥居恵子、岡田可愛、野村けい子、今出川西紀、八木孝子、相原ふさ子、桐生かほる、木内みどり、北原早苗、岡本茉莉、大石はるみ、藤田弓子、真木沙織、藤園貴巳子、千秋実、若林豪、島田正吾、丹波哲郎、三上真一郎、藤岡重慶、黒沢....... [続きを読む]

受信: 2010年7月22日 (木) 22時30分

» 樺太1945年夏 氷雪の門 [まてぃの徒然映画+雑記]
極北の地、南樺太で、終戦の玉音放送の後におこった真岡郵便局電話交換手の乙女たちの悲劇が、36年ぶりに銀幕に帰ってきた。1974年の公開を目前にして、ソ連の圧力により公開を阻まれ... [続きを読む]

受信: 2010年8月24日 (火) 00時26分

» 昭和20年8月、樺太の悲劇―その1 映画「樺太一九四五年夏 氷雪の門」と真岡郵便電信局事件(1) [歴史~とはずがたり~]
  別件で昭和20年(1945)8月の樺太の悲劇について調べていたら、「樺太一九四五年夏 氷雪の門」という映画が公開されている、という情報を知りました。 この映画は、現在から36年前の昭和49年(1974)、封切り直前でストップがかかり、一般公開が中止…... [続きを読む]

受信: 2010年8月31日 (火) 03時48分

» 『樺太1945年夏 氷雪の門』 生と死を分かつのは? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  「原爆は是か非か、戦争は是か非か、軍事力は是か非か──。白か黒かの二分法の論理だけに議論が支配されている。」 ... [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 23時37分

» 『樺太1945年夏 氷雪の門』 [こねたみっくす]
36年前にソ連の圧力により、わずか1週間しか全国公開されなかった幻の名作。 これは樺太・眞岡郵便局で最後まで電話交換手を務めた9人の女性たちの「もっと生きたかった」という想いを丁寧に描いた日本の名作と断言できる映画です。そして日本人として絶対に見るべき、見....... [続きを読む]

受信: 2010年10月 9日 (土) 21時28分

» 樺太1945年夏 氷雪の門 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
樺太に攻めて来たソ連軍の脅威にさらされた人々の悲劇を描く戦争秘話。1974年の製作時にソ連の圧力でお蔵入りだった映画が本作だ。2004年に、唯一残っていたフィルムが発見されて、デジタル化された上で36年ぶりに公開されることになった貴重な作品である。1945年夏、太平洋....... [続きを読む]

受信: 2010年10月28日 (木) 23時44分

» 樺太1945年夏 氷雪の門/二木てるみ、鳥居恵子 [カノンな日々]
どんな映画なんだろうとちょっと映画紹介文を読んでみたら、アレ?このお話知ってるかも。以前にTVで見たドラマで福田麻由子ちゃん主演の『霧の火 樺太・真岡郵便局に散った九人の ... [続きを読む]

受信: 2010年12月15日 (水) 23時12分

» 樺太1945年夏 氷雪の門 全長版 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
幻の映画として知られる、「樺太1945夏 氷雪の門」の153分全長版の上映会に参加した。 よく太平洋戦争を紹介する文章などで、沖縄戦を「日本唯一の地上戦」と紹介している物があるが、それはあくまでも現在の...... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 00時50分

« シュアリー・サムデイ | トップページ | エグザム »