« バウンティ・ハンター | トップページ | ソウ6/SAW6 »

2010年7月14日 (水)

ちょんまげぷりん

Photo 荒木源の同名小説を映画化。180年前の江戸から現代にタイムスリップした侍と、そこで出逢った母子の交流を描いたハートフルなコメディドラマ。主演はNEWSの錦戸亮、共演にともさかりえ。監督は『ヘネラル・ルージュの凱旋』『ゴールデン・スランバー』等ヒットメーカーの中村義洋。何故か違和感無く現代に馴染む侍の言動が面白い。
>>公式サイト

珍妙な雰囲気自体が面白い!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

いやはやこりゃ楽しい!もう最初から会場中が受けまくってました。別にこれと言ったギャグが満載という訳ではなく、もうひとえに現代に降り立った江戸の武士と、とある母子の会話や考え方のギャップが面白い。設定としては別にそんなに珍しいものではないのですが、錦戸亮の意外なほどに良く似合う丁髷姿と、もう母親役がぴったりのともさかりえの芝居の間合いが絶妙なのです。とにかく思い切りが良いのが主人公・木島安兵衛(錦戸亮)が最初に登場するシーン。ありがちな江戸から始まって何かの拍子にタイムスリップして……なんて面倒なことはせず、いきなりスーパーの前に立っている。それを遊佐ひろ子(ともさかりえ)と友也(鈴木福)に目撃されるのでした。「撮影かな?」などと言いながら、とんとん拍子に話は進み、あっという間に2人とのご対面シーンと相成るも、それとて客観的に見たら「それでいいんかい!」と突っ込みたくなるぐらい馴染んだ3人だったりします。

02 03

いや、こんなところに江戸の武士がいるのは明らかに、どう考えたっておかしいんです。でも何やら極普通に会話が成立してる。家にだって入れちゃう。この珍妙としか言いようがない空気感が凄く心地良くて、これから生えてくる笑いの種がスクスク育つ土壌になっているようなのでした。若い錦戸亮が武士の姿になると、本格時代劇ではいま一つ軽い感じ、簡単に言えば違和感ありありなのですが、その軽い感じが本作ではむしろ良いほうに作用しています。一応後で簡単に説明があって、最初に立っていたスーパーの場所にあった地蔵に拝んでいたらタイムスリップしてしまったらしい…。ただ、本作においてはそれはどうでも良いことです。とりあえずはその日は食事を食べさせて別れるのですが、再会の時はすぐにやってくるのでした。友也が事故にあったと聞いてひろ子が保育園に駆けつけると、そこには何故か安兵衛が。

04 05

彼が車に轢かれそうになった友也を救ったのですが、月代は伸びまくりでやつれた表情。……なんだけど、その姿がむしろ笑いを誘う。あまつさえ風呂に入っている安兵衛を見た友也が「河童だ河童だ!」と大騒ぎするに到っては、姿が見えずとも彼が今どんな状態なのかが解って大爆笑!うん、丁髷を解いたら河童だよね。で、結局安兵衛は遊佐家に居候することになるのでした。働いているひろ子に成り代わり“奥向きの事”全てをこなすという武士にあるまじき状況に甘んじながら、見事なほどにそれらをこなす安兵衛。タダでさえ珍妙な雰囲気に、更に訳のわからない安心感まで加わり、もはや私たちの目は彼の一挙手一刀足に釘付けです。スーパーで買い物をしたり、洗濯物を干したり、ご飯を炊いたり…。ここで何で江戸の武士が説明書を読んだからと言ってすぐに上手くこなせるんだ!なんて突っ込むのは無粋というもの。

06 07

この作品自体が観客と作り手の間にある予定調和、簡単に言えばお約束を前提にして作られているのですから。さて、笑える部分ばかりが目に付くものの、随所に見せる武士らしさ、それは昔の日本人として当然の精神性が垣間見えるシーンもあります。顕著だったのがファーストフード店で友也と友達が大騒ぎし他のお客さんに迷惑をかけるシーン。安兵衛は智也を厳しく叱ります。「子供が悪さをしたら叱るのが当然であろう。」古き良き日本人の姿がそこにはありました。ここで私たちは時代は違えども安兵衛と自分たちの間に共通の何かを感じることができます。思えばそれがあるからこそ、最初から普通に馴染んで話すことができたのかもしれません。そして本当に友也を父親のように愛するが故に本気で叱る彼に、単なる笑いを超えた親しみを抱くことが出来るのでした。この辺まで来ると、錦戸亮の武家言葉にも慣れて、何故か彼が一端の武士に見えるから不思議なものです。

08 09

そのうちに食事を作るだけでなく友也のおやつにプリンやらケーキを作り始める安兵衛。これが実に上手いもとい美味い!江戸の武士が、普通に現代に現れとある家族と当たり前のように馴染み、主夫を見事にこなした上、お菓子作りの才能まである。そしてコンテストに優勝してパティシエに―。この辺から物語はぐっと人間ドラマになって行きます。ひろ子も安兵衛も働いていることで友也が寂しがる、そこにあるのは現代の共働き夫婦と同様の悩み。江戸時代と現代の違い、男女の差はあっても仕事(お役)に対する悩み・想いを抱えた2人はともに似たもの同士でした。そしてとある事件を通じて、一番大切なことは何なのかを悟っていく、しかし…。テンポ良く進む映像、絶妙なセリフの間合いと掛け合い、そして徐々に惹かれあう2人の演技。脚本・演出・芝居の三位一体が織り成すハーモニーを気軽に楽しめる作品です。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:予告編の友也の叫びに納得!
総合評価:75点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『ちょんまげぷりん』予告編

|

« バウンティ・ハンター | トップページ | ソウ6/SAW6 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/35744406

この記事へのトラックバック一覧です: ちょんまげぷりん:

» ちょんまげぷりん [象のロケット]
33歳のシングルマザー遊佐ひろ子の前に、ちょんまげ姿の木島安兵衛と名乗る男が現れた。 彼は何と、180年前の江戸時代からやって来た25歳の侍だった! 行くあてもなく遊佐家に居候することになった安兵衛は、家事一切を引き受けると宣言。 ひろ子の一人息子で保育園児の友也が大好きなプリンをきっかけにお菓子作りに目覚めるのだが…。 SFパティシエ侍コメディ。... [続きを読む]

受信: 2010年7月14日 (水) 23時46分

» ちょんまげぷりん 目力〜リアクション〜泣き顔〜 [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=35 -11-】 観たい映画の試写会があたっても予定があって観に行けないのに、どうでもいい映画の試写会の日はフリー、なかなかうまくいかない・・・ε-(;ーωーA フゥ… そんなパターンにはまってしまった今日の試写会、「ちょんまげぷりん」ってなんじゃ〜??  シングルマザーのひろ子は、息子の友也と二人暮らし。ある日、二人は侍の恰好をした木島安兵衛と名乗る男と出会う。安兵衛はどこに帰ればいいのかわからないと言い、しばらくひろ子の家に居候することになる。安兵衛は、居候のお礼として... [続きを読む]

受信: 2010年7月23日 (金) 08時11分

» ちょんまげぷりん [とりあえず、コメントです]
荒木源著の同名小説を映画化したコミカルなファンタジードラマです。 “ちょんまげぷりん”というタイトルを聞いただけで、面白そう~と思っていました。 江戸時代からやって来たお侍さんの立ち振る舞いと真っ直ぐな強さが面白くて笑ってしまいました(^^) ... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 10時17分

» 『ちょんまげぷりん』の仕事術 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  『ちょんまげぷりん』では、仕事が上手くいって、職場で評価されるにはどうすれば良いかが、判りやすく示される。 ... [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 14時15分

» ちょんまげぷりん [迷宮映画館]
朝から何事が起ったのでござるか!! [続きを読む]

受信: 2010年8月 2日 (月) 13時13分

» 「ちょんまげぷりん」 現代に生きるにはエネルギーがいる [はらやんの映画徒然草]
好きな中村義洋監督の作品なのでさっそく観てきました。 全く異質なものを結びあわせ [続きを読む]

受信: 2010年8月 2日 (月) 21時26分

» ちょんまげぷりん/錦戸亮、ともさかりえ [カノンな日々]
ジェイ・ストームの製作の作品としてはこれまでの中で一番期待度の高い作品です。少なくとも予告編は好印象でした。ベスト作品は岡田准一くん主演の『おと・な・り』でそれ以外はどうもイマイチな印象があるんですけど、今作は何と言っても『ゴールデンスランバー』の中村義....... [続きを読む]

受信: 2010年8月 3日 (火) 00時16分

» ちょんまげぷりん [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。荒木源原作、中村義洋監督 錦戸亮、ともさかりえ、今野浩喜、佐藤仁美、鈴木福、怱那汐里、堀部圭亮、中村有志、井上順。絶対これはタイムスリップではない、何か仕掛けがあると思っていたのだけれど、なんとベタにタイムスリップではござらぬか。... [続きを読む]

受信: 2010年8月 3日 (火) 23時45分

» ちょんまげぷりん [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
江戸から現代にやってきたお侍がお菓子作りに目覚めるというハートフル・コメディーには、現代人が忘れがちな1本通った筋がある。シングルマザーのひろ子は、息子の友也と二人暮し。ある日、侍姿でうずくまる木島安兵衛という男に出会う。安兵衛は江戸時代か....... [続きを読む]

受信: 2010年8月 3日 (火) 23時58分

» ちょんまげぷりん [元レンタルビデオ屋店長の映画感想]
オフィシャルサイト 荒木源の同名小説(旧題『ふしぎの国の安兵衛』)を錦戸亮主演で映画化したハートフル・コメディ・ドラマ。現代にタイムスリップしてしまった江戸時代のお 侍が、ひょんなことから... [続きを読む]

受信: 2010年8月 4日 (水) 03時26分

» 『ちょんまげぷりん』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ちょんまげぷりん」□監督・脚本 中村義洋□原作 荒木 源□キャスト 錦戸 亮、ともさかりえ、鈴木 福、今野浩喜、佐藤仁美、忽那汐里、堀部圭亮、中村有志、井上 順 ■鑑賞日 8月1日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  目を凝らして観ていても、上の写真のような「ちょんまげぷりん」はどこにも出てこないですから(笑) 久しぶりにハートウォーミングな映画が観れたなぁ そもそもタイムスリップものは過去にもたくさん... [続きを読む]

受信: 2010年8月 5日 (木) 08時12分

» ちょんまげぷりん / 81点 / 2010年 日本 108分 [ゆるーく映画好きなんす!]
ちょんまげぷりんは、女性の為のハートフルコメディです♪ 『 ちょんまげぷりん / 81点 』 2010年 日本 108分 監督: 中村義洋 原作: 荒木源 脚本: 中村義洋 撮影: 小林元 美術: 金勝浩一 編集: 森下博昭... [続きを読む]

受信: 2010年8月 5日 (木) 19時07分

» 映画 「ちょんまげぷりん」 [ようこそMr.G]
映画 「ちょんまげぷりん」 [続きを読む]

受信: 2010年8月 6日 (金) 11時51分

» 9.ちょんまげぷりん [映画コンサルタント日記]
上映スクリーン数: 34オープニング土日動員: 3万4056人オープニング土日興 [続きを読む]

受信: 2010年8月 7日 (土) 03時03分

» 現代女が鼻に付く。『ちょんまげぷりん』 [水曜日のシネマ日記]
180年前の江戸から現代にタイムスリップした侍と現代を生きる母子の交流を描いた物語です。 [続きを読む]

受信: 2010年8月 7日 (土) 10時36分

» ■映画『ちょんまげぷりん』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
関ジャニ∞の錦戸亮、映画初出演にして初主演の侍ハートウォーミング・コメディ映画『ちょんまげぷりん』。 江戸時代から現代の日本にタイムスリップしてきたお侍さんが、シングルマザー&ちびっこの家庭に居候し、現代のジェンダー意識にギャップを感じたり、父親っぽい意識に... [続きを読む]

受信: 2010年8月 7日 (土) 14時00分

» 『ちょんまげぷりん』 [Cinema + Sweets = ∞]
先日、仕事終わりに有楽町まで足をのばして、ヒューマントラストシネマ有楽町で『ちょんまげぷりん』を観てきました。 テアトルの映画会員・CLUB Cの会員になってるので、テアトル系列の映画館とシネ・リーブル、ヒューマントラストシネマの映画は映画はいつでも1000円で観られ... [続きを読む]

受信: 2010年8月 8日 (日) 00時21分

» ちょんまげぷりん [だらだら無気力ブログ]
荒木源の同名小説を『ゴールデンスランバー』の中村義洋監督が関ジャニ∞の 錦戸亮を主演に据えて映画化したハートフルコメディ。 遠い昔の江戸時代の侍が現代にタイムスリップしてしまい、ひょんなことから 知り合った母子のもとに居候しつつ、パティシエになってしまう様..... [続きを読む]

受信: 2010年8月 8日 (日) 01時05分

» ちょんまげぷりん [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:ちょんまげぷりん 制作:2010年・日本 監督:中村義洋 出演:錦戸亮、ともさかりえ、今野浩喜、佐藤仁美、鈴木福、忽那汐里 あらすじ:江戸時代からやって来たちょんまげ頭の侍、木島安兵衛(錦戸亮)をひょんなことから居候させることになった、ひろ子(ともさかりえ)と友也(鈴木福)の母子。友也のために偶然作ったプリンから、お菓子作りの才能を開花させた安兵衛。彼は人気パティシエとなり、ひろ子や友也とのきずなも深まっていくが……。 ...... [続きを読む]

受信: 2010年8月 9日 (月) 01時44分

» 『ちょんまげぷりん』 [めでぃあみっくす]
ひろ子殿、友也殿、木島安兵衛の江戸阜凛でござる。 人生はケーキほど甘くはござらんが、思うほど渋くもござらん。要は渋味と甘味をどう使い分けるか。子育てやお勤めに関してもそれが一番大事なことでござろうし、また古き良き日本ではそれが当たり前でござったはず。そん....... [続きを読む]

受信: 2010年8月 9日 (月) 18時10分

» 『ちょんまげぷりん』 ('10初鑑賞107・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 8月7日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 16:50の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年8月11日 (水) 09時45分

» 「ちょんまげぷりん」、美味(うも)うござる [大江戸時夫の東京温度]
映画『ちょんまげぷりん』、なかなか楽しめました。実にオーソドックスで、娯楽作とし [続きを読む]

受信: 2010年8月12日 (木) 23時40分

» 映画「ちょんまげぷりん」タイトルほどふざけてない堅実な仕上がり [soramove]
「ちょんまげぷりん」★★★★オススメ 錦戸亮、ともさかりえ、今野浩喜出演 中村義洋監督、108分 、2010年7月31日公開、2010,日本,ジェイ・ストーム (原題:ちょんまげぷりん )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「名古屋ではパルコの上の映画館で上映中、 観客と場所がマッチしてる、 若い女性で混んでいてビックリ、 公開から1週間経過してるのにこの混雑。 全国順位は初登場... [続きを読む]

受信: 2010年8月14日 (土) 09時58分

» ちょんまげぷりん [映画鑑賞★日記・・・]
2010/07/31公開 日本 108分監督:中村義洋出演:錦戸亮、ともさかりえ、今野浩喜、佐藤仁美、鈴木福、中村有志、井上順人生はケーキほど甘くないでござる。江戸時代からやってきた侍、木島安兵衛をひょんなことから居候させることになった母親のひろ子と息子の友也。ある日、...... [続きを読む]

受信: 2010年8月15日 (日) 17時16分

» お地蔵様の愛と陰謀。(違)~「ちょんまげぷりん」~ [ペパーミントの魔術師]
↑このちょんまげのついたプリンって どっかに売ってないかな?(笑) これは先にスタッフブログのほうでブックレビューを書いていましたんで リンクしますね。 http://ameblo.jp/tsutaya-5201/entry-10465293279.html さて、錦戸くんがどうだったのかというと、 いや~…... [続きを読む]

受信: 2010年8月16日 (月) 00時08分

» ちょんまげぷりん [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
人生はケーキほど甘くないでござる。 180年の時を超えて届いた約束。お侍が気付かせてくれた、大切なこと。 ひょんなことからパティシエになった江戸時代のお侍が、居候先の親子との交流を通じ絆を深めるハートフルコメディ。 シングルマザーのひろ子... [続きを読む]

受信: 2010年8月19日 (木) 01時05分

» 『ちょんまげぷりん』(2010)/日本 [NiceOne!!]
監督・脚本:中村義洋原作:荒木源出演:錦戸亮、ともさかりえ、今野浩喜、佐藤仁美、鈴木福、忽那汐里、堀部圭亮、中村有志、井上順公式サイトはこちら。<Story>シングルマ... [続きを読む]

受信: 2010年8月20日 (金) 06時17分

» ちょんまげぷりん [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
男らしくてやさしくて、礼節をわきまえた純情青年。江戸時代からやってきたパティシエ侍、いざ見参!物語:遊佐ひろ子(ともさかりえ)は、子育てと仕事の両立に悩むシングルマザー。やんちゃ盛りの1人息子、友也(鈴木福)とわがままなクライアントに挟まれ、...... [続きを読む]

受信: 2010年8月20日 (金) 17時54分

» 「ちょんまげぷりん」 [みんなシネマいいのに!]
 観てきましたよ、「ちょんまげぷりん」 業界ではより優雅に「まげぷ」と言うらしい [続きを読む]

受信: 2010年8月21日 (土) 23時20分

» ちょんまげぷりん [to Heart]
人生はケーキほど甘くないでござる。 製作年度 2010年 上映時間 108分 原作 荒木源 監督 中村義洋 エンディングテーマ 忌野清志郎『REMEMBER YOU』 出演 錦戸亮 木島安兵衛/と... [続きを読む]

受信: 2010年8月22日 (日) 00時12分

» 【ちょんまげぷりん】 [日々のつぶやき]
監督:中村義洋 出演:錦戸亮、ともさかりえ、鈴木福、堀部圭亮、井上順   お侍が、パティシエに!? 「離婚して一人で息子友也を育てているひろ子は、ある日マンションの前でお侍の格好をした男性と出会う。木島安兵衛と名乗る彼は江戸時代からやってきたと思い... [続きを読む]

受信: 2010年8月24日 (火) 12時11分

» 『ちょんまげぷりん』をシネ・リーブル池袋で観た男ふじき [ふじき78の死屍累々映画日記]
うわわわあ、ともさかをずっと観てられるだけで、 なんでこんなに幸せなんだろう。 ジャニーズのニシキド君も子役の福助っぽい子も良かった。 城に降るホワイトチョコの雪とか、かっこいいよなあ。 でも、でも、ともさかだよなあ。 【銭】 映画ファン感謝....... [続きを読む]

受信: 2010年8月28日 (土) 10時44分

» ちょんまげぷりん [ダイターンクラッシュ!!]
2010年8月28日(土) 18:30~ ヒューマントラストシネマ有楽町2 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:800円(買っていない) 『ちょんまげぷりん』公式サイト それなりに面白いだろうとは思っていたのだが、想像以上に素晴らしい。 近くにいた単独鑑賞の青年など、終わりのほうで鼻を啜りっぱなし。 照れくさいのか、エンドロール中にダッシュで出て行った。 NGシーンなどのオマケ映像もあったのに。 子役が可愛くない、大甘なハッピーエンドでない、ともさかりえのアゴがアレである、... [続きを読む]

受信: 2010年8月29日 (日) 04時11分

» ちょんまげぷりん [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★★★☆    (★×10=満点)    ニッショーホールにて鑑賞    2010年07日31日 公開  監  督:中村義洋 キャスト:錦戸亮       ともさかりえ       今野浩喜       佐藤仁美、他 ■内容... [続きを読む]

受信: 2010年8月29日 (日) 22時26分

» ちょんまげぷりん [にき☆ろぐ]
見たのは少し前なのですが、今更ながらに見た映画の感想です。あらすじは江戸時代からやって来たちょんまげ頭の侍、木島安兵衛(錦戸亮)をひょんなことから居候させることになった... [続きを読む]

受信: 2010年9月 2日 (木) 14時44分

» ちょんまげぷりん [悠雅的生活]
江戸VS東京。死んだら御免。REMEMBER YOU。 [続きを読む]

受信: 2010年9月 4日 (土) 19時13分

» 『ちょんまげぷりん』荒木源、小学館文庫を読書する男ふじき(ネタバレあり) [ふじき78の死屍累々映画日記]
映画鑑賞後の原作読書。 一番、驚いたのは映画の中で 一番、好きだったあのエピソードが 原作になかったことだ。 そして、そのエピソードは原作にあったとしても 何ら違和感のない物であったことだ(詳細は後半ネタバレ部分で書きます)。 流石、物凄い脚本力を持....... [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 00時41分

» ちょんまげぷりん [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  原作は荒木源の『ふしぎの国の安兵衛』であり、『ちょんまげぷりん』は映画用のタイトルである。タイムトラべルファンなので、だいぶ前に原作は読んでいるが、原作同様映画のほうもかなり出来が良かったと思う。 昔これと良く似た映画で、原田康子の原作で、原田... [続きを読む]

受信: 2010年9月15日 (水) 20時36分

» ちょんまげプリン [再出発日記]
『プリンはどうするんだよー!!』あらすじ(goo映画より)シングルマザーのひろ子は、息子の友也と二人暮らし。ある日、二人は侍の恰好をした木島安兵衛と名乗る男と出会う。安兵衛はど... [続きを読む]

受信: 2010年9月18日 (土) 14時03分

» ちょんまげぷりん [Peaceナ、ワタシ!]
人生はケーキほど甘くないでござる。 『ちょんまげぷりん』を観てきました! チラシ↑の「まげプリン」が可愛くて、7月の公開時から気になっていたのですが、なかなか予定が合わず… フリーチケットの期限が今日迄だったので、雨の中をでかけてきましたよ。 原作は小説かな? 現代にタイムスリップした江戸時代のお侍が、パティシエとして活躍するお話です。主演はNEWSの錦戸くん! (映画は初出演・初主演だそうで♪) これは予想外(失礼)に面白かったです! ...... [続きを読む]

受信: 2010年10月 1日 (金) 21時06分

» ちょんまげぷりん [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ちょんまげぷりん10:日本◆監督・脚本: 中村義洋「ゴールデンスランバー」「ジェネラルルージュの凱旋」◆出演:錦戸亮、ともさかりえ、今野浩喜、佐藤仁美、鈴木福、忽那汐里、堀部圭亮、中村有志、井上順◆STORY◆シングルマザーのひろ子は、息子の友也と二人暮ら...... [続きを読む]

受信: 2010年10月 7日 (木) 15時01分

» 映画『ちょんまげぷりん』 原作よりさらによし。 [□□ 産後の読書案内 □□]
映画 ちょんまげぷりん観てきました。 公式サイト おもしろかった 原作以上の出来、といってもいいと思います 180年前の江戸からタイムスリップしてきた木島安兵衛。 シングルマザーの遊佐ひろ子と年長の友也と出会い、居候することになる。 そして、家事手伝いをす... [続きを読む]

受信: 2010年10月30日 (土) 05時55分

» ちょんまげぷりん [単館系]
ある日、仕事と家事に追われ忙しい毎日を送る、シングルマザーのひろ子(ともさかりえ)とその息子・友也(鈴木福)の前に、ちょんまげ姿の男が現れた。聞くと名前は、木島安兵衛(錦戸亮)、180年前の江戸か...... [続きを読む]

受信: 2010年11月 2日 (火) 22時44分

» 『ちょんまげぷりん』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 ちょんまげぷりん 』 (2010) 監  督 :中村義洋キャスト :錦戸亮、ともさかりえ、鈴木福、今野浩喜、堀部圭亮、佐藤仁美、忽那汐里、中村有志、井上順 荒木源著作小説を原作をもとに『ゴール...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 1日 (火) 11時05分

» ちょんまげぷりん [食はすべての源なり。]
ちょんまげぷりん ★★★★☆(★4つ) レビュー評価も高かった作品で、楽しみにしていました。 先日みた、コアンドルよりケーキがおいしそうにみえた(笑)たぶん楽しそうに作ってたし、みんなおいしそうに食べてたから。 タイムスリップした侍錦戸が思わぬ才能発揮でパティシエに。 後半はちょっとシリアスながら、大切なものを見つけていく・・・。 失業問題は江戸時代からか~?! 子役の男の子がかわいいの!!不細工なのにかわいいってやつで、癒されます。 ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 9日 (水) 18時13分

» ちょんまげぷりん(映画/DVD) [映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評]
[ちょんまげぷりん] ブログ村キーワード人生はケーキほど甘くないでござる。ちょんまげぷりん製作国:日本製作年:2010年製作会社:ジェイ・ストーム配給会社:ジェイ・ストームジャ... [続きを読む]

受信: 2011年2月11日 (金) 22時01分

» ちょんまげゾンビ [Akira's VOICE]
「ゾンビランド」 「ちょんまげぷりん」  [続きを読む]

受信: 2011年2月15日 (火) 11時34分

» 『ちょんまげぷりん』 [purebreath★マリーの映画館]
            人生はケーキほど甘くないでござる『ちょんまげぷりん』監督・脚本・・・中村義洋原作・・・荒木源出演・・・錦戸亮、ともさかりえ、今野浩喜、佐藤仁美、... [続きを読む]

受信: 2011年2月16日 (水) 12時48分

» ちょんまげぷりん / 錦戸亮 ともさかりえ []
「江戸の侍が現代にタイムトリップ」「侍がパテシェに!?」 なんか危なそうだな・・・錦戸亮主演のアイドル映画かな!? って思ったんだけど、タイムトリップものは昔から好きなので借りてみました。 監督の中村義洋作品には好きなものも多々あるので、そんなに変なことにはな... [続きを読む]

受信: 2011年2月16日 (水) 15時56分

» ちょんまげぷりん [映画的・絵画的・音楽的]
 休日にもかかわらず雪の時は外へ出るのも億劫となってしまい、家でTSUTAYAから借りてきたDVDを見ることにしています。今回は、昨年評判だった『ちょんまげぷりん』を見てみました。 (1)こういう映画を見ると、仮に江戸時代の武士が現代に登場することがあり得たとして...... [続きを読む]

受信: 2011年2月16日 (水) 18時27分

» 「ちょんまげぷりん」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
面白かったです。4つ★半 安心して誰もが楽しく見れる映画! [続きを読む]

受信: 2011年2月17日 (木) 16時45分

» ちょんまげプリン [ゴリラも寄り道]
ちょんまげぷりん [DVD](2011/02/09)錦戸亮、ともさかりえ 他商品詳細を見る<<ストーリー>>錦戸亮が映画初出演にして初主演!中村義洋監督(『ゴールデンスランバー』)が紡ぐ、 大笑いして、ほろっとして、...... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 04時06分

» 中村義洋監督 「ちょんまげぷりん」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。]
伊坂幸太郎作品を映画化するとしたら、この人以外には考えられないと私が思っている監督、中村義洋氏の作品。 劇場公開時に観に行きたかったのですが、都合がつかずDVDでやっと鑑賞。 http://www.c-purin.jp/ 【あらすじ】 遊佐ひろ子(ともさかりえ)は、子育てと...... [続きを読む]

受信: 2011年6月18日 (土) 19時52分

« バウンティ・ハンター | トップページ | ソウ6/SAW6 »