« アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち | トップページ | 華麗なるアリバイ »

2010年7月 1日 (木)

必死剣 鳥刺し

Photo 藤沢周平の「隠し剣」シリーズのなかの一編を映画化。とある事件から不条理な運命に身を堕とした剣客の心情を描き出した時代劇だ。主演は『今度は愛妻家』の豊川悦司、共演に『パーマネント野ばら』の池脇千鶴。他にも岸部一徳、小日向文世、吉川晃司、戸田菜穂ら実力派が揃って出演している。監督は『しゃべれども しゃべれども』の平山秀之。豊川悦司の迫力の殺陣に注目したい。
>>公式サイト

結局「必死剣鳥刺し」ってなんなの?

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

ここ最近の時代劇の中では一番まともに時代劇してる作品。原作となっている藤沢周平の「隠し剣」シリーズは未読です。故に「必死剣鳥刺し」と聞いた時「必死剣」も「鳥刺し」もどっちも今一つカッコよくないネーミングだなと思ってしまったり…。主人公・兼見三左エ門を演じるのは豊川悦司。相変わらず眉間に皺を寄せた渋いナイスミドルなんですが、かれの髷姿を何処かで見たな…と思ったら、一昨年上映して大ゴケした『椿三十郎』で室戸半兵衛の役でした。あの時は織田裕二演じる椿三十郎の敵役の用心棒でしたが、今回はれっきとした海坂藩士。ただどちらも剣客であるというところは同じです。が、ココが問題でして、原作を全く知らないと三左エ門が剣の達人だとは全く解らないのです。この作品においてこの設定はかなり重要なハズですが、それが解るのは随分後のほうになってから。

02 03

物語冒頭でいきなり藩主・右京太夫(村上淳)の愛妾・連子(関めぐみ)を刺し殺した三左エ門はしかし、中老・津田民部(岸部一徳)のとりなしで斬首を免れ、1年間の閉門を申し付けられるのでした。前半は彼が閉門中に、連子を刺殺するに到る理由や、亡くなった妻・睦江(戸田菜穂)のことを回想することに費やされます。ちょっと不思議というか今一つ解りにくかったのは、三左エ門がどれだけ睦江を愛していたのかは良く解るのですが、自分の命を賭けてまで連子を刺殺しようとするほど思いつめていたようには見えなかった点。殊更に冷静で感情を露にしないようにしている豊川悦司の演技は、三左エ門に実直さと風格を与えてたものの、何を考えているのか解りにくいというデメリットも与えてしまったように思えます。

04 05

さてこの1年間では三左エ門とは別の面から描かれた流れも存在していました。それが里尾(池脇千鶴)のストーリー。里尾は睦江の姪で、彼女が献身的に三左エ門の身の回りの世話をするのです。例によって三左エ門の心の動きは非常に解りにくいのですが、里尾の方は明らかに彼に好意を持っている様子。が…うーん、池脇千鶴はどうしてしまったのでしょうか。演技そのものは相変わらずですがここ最近どうも冴えません。まだまだ若い女優にも関わらず、フレッシュな若々しさ・勢いが全く無い。落ち着いていると言えば聞こえは良いのですが、それは言い方を変えると華が無いということにもなります。豊川悦司との噛み合せも今一つ現実味が無いというか、睦江役の戸田菜穂が、彼の側で得意のさりげない存在感を示していただけに、なにやらチグハグな感じが否めませんでした。

06 07

閉門を許されてから2年後、何故か近習頭取という藩主の側用人に取り立てられる三左エ門。取り立てたのは中老の津田。そして2人の会話の中で始めて三左エ門が剣の達人であることが判明します。そこまでの回想シーンでは剣に関わるシーンは一切無し。唯一それらしいシーンもあるといえばあるのですが…、やはり予備知識ゼロではいかにも唐突な感は否めません。ただようやくそこから物語にテンポが出始めます。正直いってここまでのダラダラしたタルい流れにいい加減眠気を覚えていたのですが、「必死剣鳥刺し」…なんだそれ?どんな技?といった興味を喚起されることで先の展開を観たくなるといったところでしょうか。ちなみに津田は裏で何かを画策している藩の重役としては実にステレオタイプな人物像ながらも、それを岸部一徳が演じることで妙な説得力が出るから面白い。そもそもあのすーっとした細い目からして誰が見てもその瞬間に悪役な顔ですから。(笑)

13 12

そもそも何故藩主の愛妾を刺殺しておきながら死を免れたのか、それは三左エ門の剣の腕が必要だったからであり、その剣の腕を披露する帯屋隼人正(吉川晃司)との対決シーンは本作一番の見所。素晴らしい迫力の殺陣に圧倒されました……と言いたいところですが、本音を言えばちょっと芝居がかり過ぎていたかなと。ある意味古典的でベタな殺陣は嫌いではないものの、歌舞伎や能の動きを見ているかのような感覚が湧いてきたのは事実です。当然ながら期待するのは「必死剣鳥刺し」ですね。どこで出してくるのか、どんな技なのか…。結論から言えば観ていれば技を出すであろうタイミングは解ります。そしてその技もある程度想像の範囲内であり、特に驚愕の必殺技とも思えません。それよりも問題は、その技の生まれた背景や、それがどこが優れていて、何故必殺技になりえるのかが全く解らないこと。

08 09

そして何よりあの状況(完全に死んでいる状況)から技を繰り出すのはいくらなんでもあり得ないとしか思えないのです。結局、一番の興味のポイントに対する十分な答えを見せてもらっていないため、それこそ喉に小骨が刺さったような感じが抜けないままになってしまったのが残念でした。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:悪くはないけどスッキリしない…
総合評価:61点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『必死剣 鳥刺し』予告編

|

« アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち | トップページ | 華麗なるアリバイ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/35598970

この記事へのトラックバック一覧です: 必死剣 鳥刺し:

» 映画「必死剣 鳥刺し」@東商ホール [masalaの辛口映画館]
 映画の主権はニッポン放送「栗奉行」さん。映画上映前に抽選会が行われた。客入りは7~8割くらい、客年齢は異常に高い。    映画の話 江戸時代、海坂藩の近習頭取・兼見三... [続きを読む]

受信: 2010年7月 1日 (木) 16時58分

» 必死剣鳥刺し [とりあえず、コメントです]
藤沢周平著の時代小説「隠し剣」シリーズの同名短編を映画化した作品です。 時代劇はあまり観ないジャンルなのですけど、藤沢周平原作の作品はいくつか観ています。 今作も豊川悦司さんを主演にどんな作品をを紡ぎ出しているのか期待しながら観ていました。 ... [続きを読む]

受信: 2010年7月 2日 (金) 07時06分

» 必死剣鳥刺し [象のロケット]
東北、海坂藩の近習頭取・兼見三左ェ門は、三年前、死を覚悟して失政の元凶である藩主の愛妾を城中で刺殺。 が、意外にも寛大な処分が下され、一年の閉門後、再び藩主の傍に仕えることになった。 ある日、中老・津田民部から思わぬ秘命が下る。 彼を天心独名流の剣豪だと知っての相談であり、「鳥刺し」という必勝技を「お上のために役立てろ」というものであった…。 時代劇。... [続きを読む]

受信: 2010年7月 2日 (金) 16時56分

» 『必死剣鳥刺し』 [つれづれなるままに]
HTB映画試写会 『必死剣鳥刺し』に行ってきました。 いゃ~、最近は、暑いですね [続きを読む]

受信: 2010年7月 4日 (日) 08時59分

» 必死剣鳥刺し [ダイターンクラッシュ!!]
2010年7月5日(月) 19:30~ 丸の内TOEI1 料金:0円(完成披露試写会) パンフレット:0円(売値不明。豪華なプレスかもしれない。) 『必死剣鳥刺し』公式サイト 初めて試写会に行きましたよ。しかも舞台挨拶付き。家に招待状が来ていて、どこで当たったんだろうと思ったが、どうやら「必死剣耳掻き」を調べた時に、公式サイトから申し込んだのが当たったようだ。残念ながら「必死剣耳掻き」は、貰えなかった。 登壇したのは、主役の豊川悦司、ヒロインの池脇千鶴、いい役の吉川晃司、殿役の村上淳、殿の側室... [続きを読む]

受信: 2010年7月 6日 (火) 03時03分

» 必死剣鳥刺し [うろうろ日記]
試写会で見ました。豊川(悦司)さんと池脇(千鶴)さんが舞台挨拶にこられていました [続きを読む]

受信: 2010年7月 8日 (木) 22時50分

» 平山秀幸監督 「必死剣鳥刺し」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?]
公式サイト⇒http://www.torisashi.com/ 【あらすじ】 舞台は東北、海坂藩。主人公の兼見三佐ェ門(豊川悦司)は、藩主・右京太夫(村上淳)の愛妾で失政の元凶となっていた連子(関めぐみ)を城中で刺殺。   三佐ェ門は斬首も覚悟で凶行に及んだが、意外にも寛大な処分が下され一年の閉門後、再び藩主の傍に仕えることになる。 腑に落ちない想いを抱きつつも、藩士として分をわきまえ、己を抑えて生きる三佐ェ門。 そんな三佐ェ門の身の周りの世話をする亡妻の姪・里尾(池脇千鶴)は密かに三佐ェ門に... [続きを読む]

受信: 2010年7月10日 (土) 18時03分

» 「必死剣 鳥刺し」 殺陣が見もの [ももたろうサブライ]
監督 平山秀幸少しあらすじ海坂藩の近習頭取・兼見三左ェ門(豊川悦司)は、藩主・右京太夫(村上淳)の失政の元凶である愛妾(あいしょう)・連子(関めぐみ)を3年前に城中で刺... [続きを読む]

受信: 2010年7月10日 (土) 21時54分

» 必死剣 鳥刺し [だらだら無気力ブログ]
藤沢周平の時代小説“隠し剣”シリーズの中でも傑作と言われている 「必死剣鳥刺し」を豊川悦司主演で映画化。藩内随一の腕前の剣客であるが ゆえに藩内の権力闘争に翻弄されて、過酷な運命をさらされてしまう一人の 武士の心情と生き様を描く。 監督は『しゃべれども しゃ..... [続きを読む]

受信: 2010年7月10日 (土) 23時41分

» 必死剣 鳥刺し/豊川悦司、池脇千鶴 [カノンな日々]
藤沢周平作品の中でも特に期待する隠し剣シリーズ。映画化された隠し剣シリーズはどれも面白くて魅了されただけに公開されるのはかなり楽しみにしてました。不安材料といえば自宅気分でお喋りし通しのご年配のお客さんの存在です。どうか遭遇しませんように(願)。 出演は....... [続きを読む]

受信: 2010年7月11日 (日) 08時01分

» 「必死剣鳥刺し」 現代のサラリーマンの姿とかぶる [はらやんの映画徒然草]
「たそがれ清兵衛」以来、藤沢周平作品が数多く映画化されるようになりました。 小説 [続きを読む]

受信: 2010年7月11日 (日) 15時09分

» 必死剣鳥刺し [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。藤沢周平原作、平山秀幸監督。豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ 小日向文世、岸部一徳。藤沢周平の架空の海坂藩物時代劇は「花のあと」、「山桜」「武士の一分」と四つ目。この中では最も殺陣が派手なのだけれど、その分、説得力もちょ...... [続きを読む]

受信: 2010年7月11日 (日) 22時04分

» 「必死剣 鳥刺し」 [俺の明日はどっちだ]
・ うひょー! そのまるで焼き鳥屋みたいな題名に惑わされることなかれ! 久々に時代劇をちゃんと堪能することが出来、「これぞ、映画!」と言いたくなる「しゃれども、しゃべれども」の平山秀幸監督の手によるお馴染み藤沢周平原作の映画化作品。 現代の中間管理職と通じる下級武士の悲哀を描くストーリーそのものは、まさに藤沢ワールド全開。 主人公が死を覚悟した上で義憤に駆られ起こす刃傷沙汰からはじまるオープニングシーンのあと、物語は静かにゆったりと流れていく。 そしてその後、庄内地方の美しい四季の移り変わり... [続きを読む]

受信: 2010年7月13日 (火) 12時11分

» 「必死剣 鳥刺し」みた。 [たいむのひとりごと]
原作は未読だけど、シリアスな時代劇はいいやね。武家の物腰など所作一つ一つに品があって、時代劇ならではの静謐さが実に心地よい。時代劇だけに色々なところでお約束なのだけど、”正義が勝つとは限らない”理不尽... [続きを読む]

受信: 2010年7月13日 (火) 17時53分

» 必殺剣 鳥刺し [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
死ぬことさえ許されない。ならば、運命を斬り開くまで。秘剣の全てが明らかになるラスト15分が、時代劇映画の歴史を変える。物語:時は江戸。東北は海坂藩の近習頭取・兼見三佐ェ門には、消そうにも消せない過去があった。物頭をつとめていた三年前、藩主・...... [続きを読む]

受信: 2010年7月13日 (火) 21時19分

» 映画『必死剣鳥刺し』 [健康への長い道]
今年20本目、43歳になって1本目(笑)は、故・藤沢周平氏原作の『必死剣鳥刺し』。いつも空いている梅田ブルク7も、さすがに日曜日はそこそこ混んでいます。 Story 江戸時代、東北の海坂藩で近習頭取を勤める兼見三左エ門(豊川悦司)には、消えることのない過去があった..... [続きを読む]

受信: 2010年7月13日 (火) 22時12分

» 必死剣鳥刺し [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
組織と権力の悪意に、個人の正義が利用され踏み潰されるこの物語は、藤沢文学の中でも異色の苛烈さを持つ時代劇だ。江戸時代の海坂藩。兼見三左ェ門は藩主の失政の元凶である愛妾を城中で刺し殺す。死を覚悟したその行為には意外なほど寛大な処分が下り、再び藩主の傍に仕え....... [続きを読む]

受信: 2010年7月14日 (水) 00時00分

» 『必死剣鳥刺し』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「必死剣鳥刺し」□監督 平山秀幸 □脚本 伊藤秀裕、江良至□原作 藤沢周平(「必死剣鳥刺し」)□キャスト 豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳■鑑賞日 7月10日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 「必死剣鳥刺し」とは、究極の、さらに究極の剣。 それはたった一度しか使うことの出来ない秘剣・・・。   一連の藤沢周平作品である「隠し剣」シリーズ。 今回は... [続きを読む]

受信: 2010年7月14日 (水) 08時42分

» 必死剣 鳥刺し [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
藩主の側室の横暴を止めるために公の場で刺し殺した剣の達人が、権力闘争に巻き込まれてしまう。ラストの殺陣シーンは翻弄された主人公の怒りが昇華されて、すさまじい。亡き妻の姪の献身的な愛に応える物語が救いになっている。... [続きを読む]

受信: 2010年7月15日 (木) 00時00分

» 『必死剣 鳥刺し』 ('10初鑑賞94・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 7月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:15の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年7月15日 (木) 21時05分

» 『必死剣鳥刺し』|豊川悦司の侠気、吉川晃司の狂気 [23:30の雑記帳]
映画館に入って驚いた。 年配の方の多いこと、多いこと。 マジで老人会の団体が入っているのかと思った。 最近DVDで観た平山秀幸監督の 「しゃべれどもしゃべれども」がとても よかったので、本作の公開を心待ちにしていた。 しかしその一方で、劇場予告....... [続きを読む]

受信: 2010年7月15日 (木) 23時35分

» 『必死剣 鳥刺し』の作法とは? [映画のブログ]
 宮崎駿監督は、時代劇をやってみたいと云いつつ、悩んでいた。  「こればかりは難しい。どうしていいかわからないんですよね、ほんとのと... [続きを読む]

受信: 2010年7月16日 (金) 00時50分

» 『必死剣鳥刺し』(2010)/日本 [NiceOne!!]
監督:平山秀幸原作:藤沢周平出演:豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳公式サイトはこちら。<Story>時は江戸。東北は海坂藩... [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 11時40分

» 「必死剣鳥刺し」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 藤沢周平「隠し剣」シリーズの中でも、現代に通じる傑作と名高い同名作を、平山秀幸監督、豊川悦司主演で映画化。 すごく日本的な見せ方をする映画だと思う。 もちろん時代劇だ... [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 22時31分

» 『必死剣鳥刺し』を渋谷TOEI①で観る男ふじき [ふじき78の死屍累々映画日記]
よおし、じゃあ俺は「ゆとり剣つくね」だあ! 続編はサイボーグとして蘇ったモニカ吉川が 百姓の生首をダンゴ三兄弟にした剣で藩政に殴り込みをかける。 初っ端からターボ全開でくだらない嘘吐きまくりの私ですが、 映画は詫び寂びが効いてて、思った以上によく出来て....... [続きを読む]

受信: 2010年7月18日 (日) 01時27分

» 「必死剣 鳥刺し」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2010年・日本/東映配給監督:平山秀幸原作:藤沢周平脚本:伊藤秀裕、江良至 藤沢周平の短編時代小説「隠し剣」シリーズの一編を、「今度は愛妻家」の豊川悦司主演で映画化。監督は「愛を乞うひと」、「しゃべ... [続きを読む]

受信: 2010年7月18日 (日) 17時20分

» 必死剣 鳥刺し [迷宮映画館]
吉川晃司!!いいです。あの若かりし頃の吉川君は、どこにもないです。ハイ! [続きを読む]

受信: 2010年7月19日 (月) 07時34分

» 必死剣 鳥刺し [空想俳人日記]
死延べが 命の粗末なら 鳥繕う  藤沢周平はいい。でも、なんで、いいんだろう。面白い、とは言えきれない。何処がいいの、若い人に言われそう。いやいや、若い人ばかりか、昨今の、昭和生まれでありながら昭和人間の古臭さを脱ぎ捨てて今を満喫している婦人たちからしても... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 06時32分

» 必死剣 鳥刺し [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  必殺剣ではなく必死剣、「この技を使うときは、使い手はほとんど死んでいる」という。またやき鳥じゃあるまいし、「鳥刺し」というのも妙な名前である。もしかすると長刃で自分を貫きながら、同時に串焼きのように、2~3人まとめて刺し貫く剣技なのかもしれない... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 22時54分

» 「必死剣鳥刺し」真の敵を見定めて [再出発日記]
監督:平山秀幸原作:藤沢周平出演:豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳なんともやり切れない男の話である。冒頭から兼見三左ェ門に... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 23時28分

» 「必死剣 鳥刺し」:新宿消防署バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}ここが百人町のアパートだ。 {/hiyo_en2/}百人町?おもしろい地名ね。 {/kaeru_en4/}このあたりに、かつて伊賀組百人鉄砲隊の屋敷があったことから名付けられたらしい。 {/hiyo_en2/}海坂藩にも鉄砲隊があれば、一発で解決して、あんな刃傷沙汰は起こらなかったかもしれないのにね。 {/kaeru_en4/}海坂藩?「緒形拳 馬刺し」の話か。 {/hiyo_en2/}違う、違う。「必死剣 鳥刺し」のこと。緒形拳なんて、死んじゃったし・・・。 {/kae... [続きを読む]

受信: 2010年7月22日 (木) 21時32分

» 必死剣 鳥刺し [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
死ぬことさえ、許されない。 ならば、運命を斬り開くまで。 策略、裏切り、人生に不条理── 全てを断ち斬る壮絶な殺陣。過酷な運命の中で男は何を貫こうとしたのか…。 【鳥刺し】 それは、必死必勝の剣。その秘剣が抜かれ... [続きを読む]

受信: 2010年7月22日 (木) 23時21分

» 上映会「必死剣 鳥刺し」 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
第1回シアタースタッフ映画祭、オープニング上映。 2010/4/23、科学技術館の地下3階、サイエンス・ホールでの開催。 時間的には逆になるが、本編上映後、主演の豊川悦司の舞台挨拶があった。 MCは黒川エリじゃないや、襟川クロともう一人若い女の子。 その後、文字通りのシアタースタッフ何人かと、大会名誉会長の松本零士氏が登壇。 シアタースタッフが選ぶ「期待作10選」の発表があったようだが、よくわからなかった。 とりあえず「鳥刺し」がその一つだということで、豊川悦司が代表して表彰を受けた。 その... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 17時10分

» 「必死剣鳥刺し」 [管理人の極私的日誌 [四代目]]
公式サイト 「必死必勝の剣、その剣を遣う時、遣い手も半ば死んでいる」 原作は藤沢周平の隠し剣シリーズ。 あまり、藤沢周平に思い入れは無いので、「豊川悦司」のチョンマゲ姿がどんな感じかなーと興味があって観に行きました。 舞台は、いつもの所謂「海坂藩」....... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 19時26分

» 「必死剣鳥刺し」死に場所を決めて必死剣を繰り広げた先にみた殿様と妾の悪政に翻弄された武士の生涯 [オールマイティにコメンテート]
7月9日公開の映画「必死剣鳥刺し」を鑑賞した。 この映画は藤沢周平隠し剣シリーズの一遍を映画化した作品で、 藩政が乱れた原因が殿の妾にあると察して自らを犠牲に妾を刺すが、 斬首にならず生かされ、自らの死に場所を探していくストーリーである。 剣の剣客でもあ....... [続きを読む]

受信: 2010年7月26日 (月) 00時14分

» 必死剣鳥刺し [映画的・絵画的・音楽的]
 『今度は愛妻家』で好演した豊川悦司が、今度は時代劇に登場するとあって、『必死剣鳥刺し』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)冒頭、いきなり海坂藩の藩主の愛妾「連子」が、主人公の兼見三左エ門(豊川悦司)によって殺害されるというショッキングなシーンが映し出されると、もうこの映画の世界から逃れられなくなってしまいます。  といっても、そこからラスト近くまでは、実に淡々とした物静かな映像が続きます。海坂藩があるとされる山形県の四季折々の景色に囲まれながら、閉門を命じられ蔵の中で蟄居する三左エ門の様子、そ... [続きを読む]

受信: 2010年7月28日 (水) 07時33分

» 必死剣 鳥刺し [WEBLOG:e97h0017]
「藤沢周平秀異の作」を映画化したという本作、確かに原作における「必死剣」とは、主人公が我流で編み出した剣技であり、「隠し剣」シリーズでは異色の作品となるでしょう。原作では主人公がなぜそんな技を生み出さなければならなかったのか... [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 13時49分

» 必死剣 鳥刺し [5125年映画の旅]
海坂藩の近習頭取・兼見三左ェ門は、藩主を堕落させ横暴を繰り返す愛妾・連子を暗殺した。打ち首覚悟の暗殺だったにも関わらず、藩主の恩赦を得て兼見は軽い処罰で済んだ。禁固の処罰を終えて二年後、兼見は再び藩主に仕える機会を得る。しかし謀反を働いた兼見にとって、そ....... [続きを読む]

受信: 2010年8月 2日 (月) 09時41分

» 【必死剣鳥刺し】 [日々のつぶやき]
監督:平山秀幸 出演:豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳 死ぬことさえ、許されない。   ならば、運命を切り開くまで。 「海坂藩の頭取の兼見三佐エ門は、藩主の側室を城中にて殺めた。 政に口を挟み財政難で苦しみ喘... [続きを読む]

受信: 2010年8月 3日 (火) 10時31分

» 武士のラスト15分 平山秀幸 『必死剣 鳥刺し』 [SGA屋物語紹介所]
『たそがれ清兵衛』以後コンスタントに作られている藤沢周平原作映画。今回は『愛を乞 [続きを読む]

受信: 2010年8月 4日 (水) 07時41分

» 必死剣 鳥刺し [to Heart]
死ぬことさえ、許されない。 ならば、運命を斬り開くまで。 製作年度 2010年 上映時間 114分 原作 藤沢周平『必死剣 鳥刺し』(文春文庫刊『隠し剣 孤影抄』所収) 脚本 伊藤... [続きを読む]

受信: 2010年8月18日 (水) 08時00分

» 「必死剣 鳥刺し」 [みんなシネマいいのに!]
 チケット売り場で券を買う時に、居酒屋でつみみを頼むような感じになってしまうのは [続きを読む]

受信: 2010年8月29日 (日) 09時35分

» 必死剣 鳥刺し [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆    (★×10=満点)    よみうりホールにて鑑賞    2010年07日10日 公開  監  督:平山秀幸 キャスト:豊川悦司       池脇千鶴       吉川晃司       戸田菜穂、他 ■内容■  江戸時... [続きを読む]

受信: 2010年8月29日 (日) 21時43分

» 鳥刺しショー [Akira's VOICE]
「ヒーローショー」 「必死剣鳥刺し」 [続きを読む]

受信: 2010年12月29日 (水) 10時25分

» 必死剣鳥刺し [ゴリラも寄り道]
必死剣鳥刺し [DVD](2010/12/24)豊川悦司、池脇千鶴 他商品詳細を見る<<ストーリー>> 藤沢周平“隠し剣”シリーズ「必死剣鳥刺し」を豊川悦司主演で映画化。 江戸時代、東北の海坂藩の物頭・兼見三左エ門...... [続きを読む]

受信: 2011年1月10日 (月) 03時44分

» 必死剣鳥刺し [いやいやえん]
藤沢周平の隠し剣シリーズの1編ですね。 それは、必死必勝の剣。その秘剣が抜かれる時、遣い手は、半ば死んでいるとされる。 物語はもう知っているので、あとは当てはめていくだけなんだけど…豊川さんとのロマンス部分があるぶん里尾役の池脇千鶴さんがあまりにも幼な顔なのが少々気になりました。原作では農村で子を孕みながら兼見三左エ門の帰りを待つのです。 要は子もなし妻も亡くした三左エ門が、家の取り潰し覚悟でわが身犠牲となって藩政のため藩主の愛妾を殺した、あまりにも寛大なお沙汰に赦されたものと思えば、存外... [続きを読む]

受信: 2011年2月20日 (日) 14時32分

» 必死剣鳥刺し [シネフィルも萌えヲタも]
藩政を乱す藩主の側室を刺殺した物頭・兼見三左エ門は、特別に死一等を免ぜられ謹慎の後、密かに彼を慕う姪の献身もあり生きる気力を取り戻していくのだが……。 『たそがれ清兵衛』『武士の一分』の藤沢周平原作、『太平洋の奇跡』の平山秀幸監督、豊川悦司・池脇千鶴・…... [続きを読む]

受信: 2011年3月 1日 (火) 02時51分

» 『必死剣鳥刺し』'10・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ失政の元凶である藩主の愛妾を、武士の意地をかけて刺し殺した兼見三左エ門。寛大な処分の後、再び藩主に仕えることになり・・・。解説『隠し剣鬼の爪』と同じく藤沢周平の... [続きを読む]

受信: 2012年1月 3日 (火) 09時39分

» 『必死剣鳥刺し』'10・日 [虎団Jr. 虎ックバック専用機]
あらすじ失政の元凶である藩主の愛妾を、武士の意地をかけて刺し殺した兼見三左エ門。 [続きを読む]

受信: 2012年1月 3日 (火) 09時40分

« アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち | トップページ | 華麗なるアリバイ »