« 私の優しくない先輩 | トップページ | シスタースマイル ドミニクの歌/Soeur Sourire »

2010年7月 9日 (金)

ガールフレンド・エクスペリエンス

Photo 『セックスと嘘とビデオテープ』、『トラフィック』、「オーシャンズ」シリーズなど人気作品を多く世に送り出しているスティーヴン・ソダーバーグ監督が、現役ポルノ女優のサーシャ・グレイを主演に据えて低予算で撮影した珍しい作品。ニューヨークの高級エスコート(コールガール)に密着し、恋人やクライアントとの5日間をドキュメンタリー風に綴ったドラマだ。
>>公式サイト

赤裸々に綴られた日常

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

実に淡々とドキュメンタリータッチに進む物語でした。主人公チェルシーを演じるサーシャ・グレイはアメリカの人気ポルノ女優で、雑誌「ペントハウス」の「ペントハウス・ペット」を獲得したこともあるらしい。実際劇中でも全裸で登場するシーンはあるけれど、それはホンノ僅か。それを期待して観に行くと肩透かしを食らいます。とはいえ下着姿だけでも十分セクシーではあるのですが。この作品はニューヨークのとある高級エスコート嬢、すなわちコールガールの女性にフォーカスし、彼女の一風変わった人生観や日常を包み隠さず描き足したある種の人間ドラマであると言えると思います。てなことを書きつつも、前半は相当タルいんで睡魔との格闘に費やされたのですが。(笑)という訳でこれじゃいかんとばかりに2日連続で観てきました。するとこれが中々に興味深いのです。

02 03

主だった登場人物は3人で主人公チェルシー、そしてその恋人クリス(クリス・サントス)、チェルシーのクライアントで映画脚本化の男。この3人でメインストーリーは回っていくのですが、それにプラスしてチェルシーのクライアント数人を含めた彼女の日常を、彼女の友人やジャーナリストの取材に語る形で物語は綴られていました。特徴的なのがチェルシーを客観的に観ている映像と、彼女が人に語りながら回想する映像とがランダムに映し出される点で、それゆえに時系列は行ったり来たりしてまとまりとしては非常に宜しくないのでした。さらにプラスして恋人クリスが勤務先のジムのお客に誘われラスヴェガスに出かける映像がディフュージョン(白いモヤ)の掛かった映像で随所に挿入されると、観ているほうは自分が今時間軸のどこにいるのかを見失いそうになります。

04 05

さて、メインストーリーをまとめるならば“人格学”の本を自分の人生のバイブルとしているチェルシーが、クライアントの一人、映画脚本家の男に興味を惹かれ彼と週末に旅行にでかけようとすることが原因でクリスと破局するという話。そこに彼女の宣伝をする代わりに美味しい思いをしようとするエスコート嬢批評家で自分のサイトを持っている男や、彼女にインタビューをするジャーナリストが登場してきます。そもそも論として、自分以外の男に体を売る女を恋人に選ぶほうがおかしいという意見もあるでしょうが、経験上好きになったら仕方ないのですね、これが。もどかしい思いを胸のうちにぐっと抑えて、それでも心は自分にあると信じていたクリスに対して、週末に脚本家の男と旅行に行くと言うチェルシーの行為(それもクライアントとは旅行をしないと約束していた)は裏切りと映っても仕方ありません。

06 07

一方のチェルシーは先に書いたとおり“人格学”の本を自分の人生のバイブルにしており、脚本家の男とのフィーリングを確認するために旅行に行くのは、その本の教えに従ったものでした。既にその部分からしてかなり個性的と言わざるを得ませんね。ニューヨークと言う世界一の大都市で一番人気の高級エスコート嬢としてやっていくには、凡百な考え方では無理ということなのかもしれませんが、知的でセルフマネジメントに優れた彼女が相手にしている人が全て同じく知的な男性だとは限らないところに、現実と理想のギャップが垣間見えて面白かったりします。いや、正確に言えば高級エスコート嬢などといえば聞こえは良いですが、悪い言い方をすれば娼婦ですから。本能に根ざした行為がそこに存在する以上、彼女のような存在のほうがむしろ珍しく“非常識”なのかもしれません。

08 09

結局、脚本家の男は旅行の待ち合わせ場所には現れず…。実はこの結末は、当初その話を聞いたクリスがチェルシーに対して断言した通りでした。その時彼女の心に去来したものは何だったのか…。自分の生き方、哲学に従ってはみたものの、それは世間一般的な常識すら読めないものだった、しかし彼女のアイデンティティはそこにある。もしかしたらこれが恋をするということなのかもしれませんね。残念ながら映像の上からは彼女の心の動きはあまり伝わってこず、ただひたすら淡々と彼女を映し出すのみ。他にもある時は、エスコート嬢批評家の男に、ネット上に良い情報を流して欲しければ自分の言うことを聞くようにと、生理的な嫌悪感を抱くような行為をさせられたりもするのでした。とはいえ、そんな嫌な現実、悲しい現実も含めたチェルシーの毎日は過ぎていきます。

10 11

ラストシーン、ユダヤ教徒の男と男の店の奥で行為に及ぶチェルシー。そこでの彼女には今までのスマートなイメージと違って直接的で猥雑的なエロさがありました。まるでこの時はチェルシーとポルノ女優・サーシャが重なっているように見えるのです。それを観ていると“That's my business.”彼女がそんな風に言っているように感じました。同じ高級エスコート嬢をテーマにした『コール・ミー ~ハリウッドと寝た女たち~』なんて作品もありますが、それよりは全然スタイリッシュな映像であり、ニューヨークの街を感じられる作品です。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:サーシャって黒木メイサに似てない?
総合評価:63点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『ガールフレンド・エクスペリエンス』予告編

|

« 私の優しくない先輩 | トップページ | シスタースマイル ドミニクの歌/Soeur Sourire »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/35692041

この記事へのトラックバック一覧です: ガールフレンド・エクスペリエンス:

» ガールフレンド・エクスペリエンス/THE GIRLFRIEND EXPERIENCE [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click スティーヴン・ソダーバーグ監督の最新作は、 現役No1.アダルト女優主演で贈る、高級エスコートガールの5日間。 ソダーバーグの映画はっていっても 脚本のみや製作に携わった映画も多いから一口には言えないけど、 デビュー作の「セックスと嘘とビデオテープ」と次の「KAFKA/迷宮の悪夢」が面白かった以降はそんなに好きな監督じ... [続きを読む]

受信: 2010年7月10日 (土) 01時03分

» 映画「ガールフレンド・エクスペリエンス」(監督:スティーヴン・ソダーバーグ)を見た [飾釦]
■製作年:2009年 ■監督:スティーヴン・ソダーバーグ ■出演:サーシャ・グレイ、クリス・サントス、マーク・ジェイコブソン 何かが起きるようで起きない映画、ドキュメンタリー・タッチで日常を切り取っていくような画面、高級エスコートガール(=コールガール、つまり売春婦のこと)を主人公にした作品です。主演をアメリカのアダルト女優No.1サーシャ・グレイが勤めると何かと話題の?映画です。といってもボクはサーシャ・グレイなる女性は全く知りませんでしたが、彼女は22歳の現在まで180本以上のハードコア作品に... [続きを読む]

受信: 2010年7月13日 (火) 22時49分

» ガールフレンド・エクスペリエンス [幕張コーポ前]
「ガールフレンド・エクスペリエンス」観てきました。彼女の名前はチェルシー。1時間$2,000の高級エスコート嬢。セックスのみならず、本物の彼女のようにふるまう彼女。そして彼女の仕事を理解し支えてくれる恋人。この彼女、サーシャ・グレイという女優さんなんです。わたしはなでしこジ... [続きを読む]

受信: 2010年7月16日 (金) 04時34分

» 『ガールフレンド・エクスペリエンス』(2009)/... [NiceOne!!]
原題:THEGIRLFRIENDEXPERIENCE監督・撮影・編集:スティーヴン・ソダーバーグ出演:サーシャ・グレイ、クリス・サントス、マーク・ジェイコブスン観賞劇場 : シネマライズ公式サイトは... [続きを読む]

受信: 2010年7月16日 (金) 18時23分

» ガールフレンド・エクスペリエンス [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
大都会NYで暮らす高級エスコート嬢の日々を、ドキュメンタリータッチで綴る異色作だ。スタイリッシュな映像で、ヒロインの繊細な感情を浮き彫りにしていく。2008年のNY。22歳のチェルシーは、エリートを相手に本物の恋人と過ごすような時間を提供して大金を稼いでいる。....... [続きを読む]

受信: 2010年7月17日 (土) 00時23分

» ■映画『ガールフレンド・エクスペリエンス』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
スティーヴン・ソダーバーグ監督が、ポルノ女優のサーシャ・グレイを起用して高級エスコート嬢(平たく言えばコールガール)の5日間を描いた映画『ガールフレンド・エクスペリエンス』。 NYに暮らす時給2000ドルのエスコート嬢は何を食べ、何を思い、どんな生活を送っているの... [続きを読む]

受信: 2010年7月26日 (月) 11時45分

» ガールフレンド・エクスペリエンス   [Art-Millー2]
アメリカ大統領選を控えた2008年秋、ニューヨーク。高級エスコート譲のドキュメントのように日常を描く。 職業は、恋人 恋人のようなひと時を提供する高級エスコート嬢。 単なるデートや、会話、そして要望あればベットも共にする。1時間2000$だから、相当な高額、ちょっと手が出ない。そのために自らを磨くことへの投資を怠ってはベストな仕事師にはなれない。あるの種のプライドを持つ、芯の強い凛とした女性である。この役を演じるのは、サージャ・グレイ、全米NO.1と評される現役アダルト女優である。誰で... [続きを読む]

受信: 2010年8月10日 (火) 19時32分

» ソダーバーグ作品鑑賞その1★ガール・フレンド・エクスぺリエンス [銅版画制作の日々]
  THE GIRLFRIEND EXPERIENCE(2009) 職業は恋人 スティーブン・ソダーバーグが実験精神で挑んだ作品。こういう発想は確かに凄いなあと思いました。主役に何と人気ポルノ女優を迎えて、しかも低予算でドキュメンタリーぽいドラマ仕立てです。これだけで、興味深々!監督、本当に人の心を掴むのが上手いですよね。 京都みなみ会館で8月7日から上映開始され、ようやく観ることができました。サ―シャ・グレイは正真正銘のポルノ女優だそうです。う〜んそんなに魅力的かな?やっぱり世... [続きを読む]

受信: 2010年8月14日 (土) 20時10分

» 「ガールフレンド・エクスペリエンス」 [みんなシネマいいのに!]
 実は正直言うとスティーヴン・ソダーバーグの監督作品が面白いと思ったことがなくて [続きを読む]

受信: 2010年9月 8日 (水) 23時33分

» ガールフレンド・エクスペリエンス [キノ2]
★ネタバレ注意★  スティーヴン・ソダーバーグ監督が、人気№1ポルノ女優サーシャ・グレイを大抜擢し、デビュー作である『セックスと嘘とビデオテープ』の原点に立ち返った技法で撮った映画、ということで、ちょっと楽しみにしていた映画でした。面白かった。  物語は、NYで働くエスコート嬢(要するにコールガールというか、売春婦というか)、チェルシーの5日間の日常をドキュメンタリータッチで描いたもの。  彼女の顧客は裕福な男たちばかりで、エスコート嬢とのかりそめのひとときに、とんでもない大金... [続きを読む]

受信: 2010年9月10日 (金) 22時11分

» ガールフレンド・エクスペリエンス(映画/DVD Blu-ray) [映画を感じて考える~新作映画、DVD/Blu-ray問わず映画批評]
[映画レビュー] ブログ村キーワード職業は、恋人ガールフレンド・エクスペリエンス(原題:The Girlfriend Experience)満足度:★★オススメ度:★★製作国:アメリカ製作年:2009年配給: ... [続きを読む]

受信: 2011年3月25日 (金) 13時45分

» DVD:ガールフレンド・エクスペリエンス The Girlfriend Experience 久々に凄い、ソダーバーグ。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
昨年公開されて、それなりに話題になっていたソダーバーグの実験映画2本。 もう既に忘れ去られているかもしれないが、もともと彼は「セックスと嘘とビデオテープ」 という実験的映画でデビューした監督。 で、時々メジャー物にうんざりして(笑)、自分の趣味に走った映...... [続きを読む]

受信: 2011年3月27日 (日) 05時49分

« 私の優しくない先輩 | トップページ | シスタースマイル ドミニクの歌/Soeur Sourire »