« マリン・ボーイ/마린보이 | トップページ | 劇場版 怪談レストラン »

2010年8月27日 (金)

セラフィーヌの庭/Séraphine

Photo フランスに実在した女性画家セラフィーヌ・ルイが画家として花開くも不遇な晩年を過ごす半生を描いた伝記ドラマだ。2009年のセザール賞で作品賞をはじめ7部門を獲得。特に主演のヨランド・モローは主演女優賞のほかに、アカデミー賞に最も強い影響を与えるといわれるLA批評家協会賞の女優賞を授賞している。監督はマルタン・プロヴォスト。
>>公式サイト

彼女にとって本当に良かったのか…

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

絵画に関しては全く解らないので素朴派と言われても人生で初耳。当然ながらセラフィーヌ・ルイという名前も本作で初めて聞いた程だ。とはいえ伝記映画好きとしてはやはり観ておきたい作品ではある。もっとも大まかに言うと、実話をどのように脚色しつつまとめたのかは解らないが、ストーリー展開そのものはそんなにエキセントリックなものではなかったと思う。それより何より、セラフィーヌ役を演じたヨランド・モローが素晴らしい。そう、正しく天才なのだ。天才とバカは紙一重と昔から言うけれど、どう考えたって普通じゃない、だけれどもギリギリ普通の生活を営めるだけの一般性は持っている、この微妙なライン上を見事に表現し切っている。彼女の演技を観るだけでも十分にこの作品を観る価値があると思う。

02 03

セラフィーヌは家政婦をしながら生計をたて、それで得た僅かなお金を全て絵を描くことにつぎ込んでいる。面白いのは彼女は自分が使う絵の具を自分で作っているところだ。もちろん自分好みの色が出せるというのが一番の理由なのだろうけども、そうすることで絵の具代を節約できるというのもあったんじゃないだろうか。肉屋さんでさばいた肉の血を盗んだり、教会の蝋燭を灯す油を盗んだり、はたまた自然の草木を採ってきたり。そうして描かれた彼女の絵は繊細にして大胆、何だか絵からざわざわと触れ合う音がしてきそうで、絵の事など何も解っていない私でも思わず魅入ってしまう。ちなみに彼女たちは素朴派と呼ばれるが、それは正式な教育を受けないで絵を描いていた当時の作家を総称してそういうのだとか。

04 05

つまり彼女たちは、画家を職業としていないため、誰かがその絵を世に出してあげなければ有名になることはないという訳。セラフィーヌにとってのそれはドイツ人画商のヴィルヘルム・ウーデ(ウルリッヒ・トゥクール)だった。この人、どこかで観たようなと思っていたのだが、後で調べたら『アイガー北壁』で新聞記者のヒロインの上司役で出ている人だった。もっとも今回はこの時よりかなり重要な役だけれど。ウーデが彼女の才能を見出し、絵を描くことに専念するように進めるのだが、物語を観ていると果たしてそれは彼女にとって本当に幸せだったのかどうか疑問に思えたのも事実。いや、もちろん彼女自身は自分の絵を認めてくれる人がいることはこの上ない歓びだったろうし、画材に窮する事もなくなったのは間違いないのだけれど。

06 07

しかし、それがために戦争でウーデと別れる事になった後も、ひたすら彼の言葉を守って絵を描き続けるのだ。その入れ込み具合は狂気すら感じられる。最初は絵を描く時に綺麗な歌声が聞こえていたのに、それも全くなくなった様子は、何だか心にゆとりがなくなってしまったように感じられた。戦後ウーデと再会を果たし、彼は正式に彼女のパトロンとなるが、これで彼女の絵は徐々に世に知られるようになっていく。しかし順風満帆に見える裏側で、この辺りから彼女の行動がおかしくなっていくのだ。やたらと高価な家財道具を買い入れるあたりはまだましで、家やウェディングドレスまで買い始める。それは天才画家でありながらも家政婦として働くことで辛うじて保たれていた外界と自分のバランスが崩れてしまったかのように思えた。

08 09

最初はウーデがお金を渡しても受け取らなかったのに、彼が世界恐慌で財政的に苦しいと言っても、「もっと絵を売ればいいのに。」とまで言い出す始末なのだ。止めを刺したのは彼女の個展の延期だった。マリア像に自分の個展が開かれることを報告した彼女はその約束が守れないことで自壊していく…。結局セラフィーヌは精神病院に入れられてしまうのだけれど、ラストシーンで彼女は彼女のこよなく愛した自然の中に身を置いている。もしかしたらようやく彼女にとって心の安らぎが得られたのかもしれない、大木の木陰に座る彼女は自然と一体化しているように見えたから…。ところで、セラフィーヌ・ルイの絵は日本に1点だけあり、それは世田谷美術館に収蔵されているのだそうだ。興味のある方はコチラからどうぞ。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:岩波ホールは段差つける改装しようよ…
総合評価:70点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『セラフィーヌの庭』予告編

|

« マリン・ボーイ/마린보이 | トップページ | 劇場版 怪談レストラン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/36380775

この記事へのトラックバック一覧です: セラフィーヌの庭/Séraphine:

» 『セラフィーヌの庭』(2008)/フランス・ベルギ... [NiceOne!!]
原題:SERAPHINE監督:マルタン・プロヴォスト出演:ヨランド・モロー、ウルリッヒ・トゥクール、アンヌ・ベネント、フランソワーズ・ルブラン鑑賞劇場 : 岩波ホール公式サイトはこ... [続きを読む]

受信: 2010年8月27日 (金) 16時07分

» セラフィーヌの庭 [男たちの日常アクション劇場]
素朴派の女性画家セラフィーヌ・ルイの生涯を描いた人間ドラマで2009年度のセザー [続きを読む]

受信: 2010年8月27日 (金) 17時10分

» セラフィーヌの庭 [象のロケット]
1912年、フランス・パリ郊外サンリス。 家政婦として働くセラフィーヌは草木や花々に話しかけ、歌い、絵を描く日々を送っていた。 ドイツ人画商ウーデは彼女の絵の才能に驚き、援助を申し出る。 セラフィーヌは個展を夢見て作品を仕上げてゆくが、すぐに第一次世界大戦が勃発し、敵国人となったウーデはフランスを離れざるを得なくなってしまう…。 実在の画家と画商の物語。... [続きを読む]

受信: 2010年8月27日 (金) 22時39分

» セラフィーヌの庭 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
芸術に神に愛された者は、こんなにも心が繊細で傷つきやすい存在なのか。素朴派の女性画家セラフィーヌ・ルイの描くことへの本能的な情熱を描く伝記映画だ。20世紀初頭のパリ郊外・サンリス。貧しく孤独な中年女性セラフィーヌは、家政婦として働きながら、自....... [続きを読む]

受信: 2010年8月27日 (金) 23時47分

» セラフィーヌの庭 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
女ゴッホとも称される実在の女流画家、セラフィーヌ・ルイの半生を描いた作品。 幼い頃から貧しく、使用人として、洗濯婦として働いていたセラフィーヌは、あまり他人との交流を持たず、自然を愛し、動物や植物と語り合いながら、自作の絵の具で絵を描く生活をして... [続きを読む]

受信: 2010年8月28日 (土) 01時23分

» 「セラフィーヌの庭」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Séraphine」2008 フランス/ベルギー/ドイツ セラフィーヌ・ルイに「アメリ/2001」「ベティの小さな秘密/2006」「パリ、ジュテーム/2006」のヨランド・モロー。 ドイツ人画商ヴィルヘルム・ウーデに「善き人のためのソナタ/2006」「ノース・フェイス アイガー北壁/2008」のウルリッヒ・トゥクール。 ウーデの妹アンヌ・マリーにアンヌ・ベネント。 女子修道院長にフランソワーズ・ルブラン。 セラフィーヌの雇い主デュフォ夫人に「愛されるために、ここにいる/2005」のジ... [続きを読む]

受信: 2010年8月29日 (日) 20時52分

» 『セラフィーヌの庭』 単に映画が心に残るのではない、間違いなくセラフィーヌそのものが心に残るのだ [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
『セラフィーヌの庭』 セラフィーヌという実在した女性画家―。彼女のことは、この映画を観るまで知らなかった。 しかし“描くことが生きること”ともいえる天性の画家を、まるでのり移ったかのように演じきったヨランド・モローを通して、あたかも同時代を生きたような、彼... [続きを読む]

受信: 2010年8月29日 (日) 23時43分

» セラフィーヌの庭 [映画的・絵画的・音楽的]
 静かなブームとなっていると耳にしたので、『セラフィーヌの庭』を神田神保町の岩波ホールで見てきました。行ったのは土曜日の最終回でしたが、依然として大勢の観客が集まっていました。ブームは未だ続いているようです。    なお、この映画館は、5年ほど前『絵巻 山中常磐』を見て以来です。  その際にも思いましたが、ホール(220席)の正面が奥行きのある舞台になっていて、その奥の壁にスクリーンが設けられているために、スクリーンがひどく遠くにある感じがしてしまうのと、正面に近い左右や後方の非常燈の明かりが強すぎ... [続きを読む]

受信: 2010年9月 5日 (日) 10時26分

» 映画「セラフィーヌの庭 」芸術家の魂を見る、刺激的な作品 [soramove]
「セラフィーヌの庭」★★★☆ ヨランド・モロー、ウルリッヒ、トゥクール、アンヌ・ベネント、 出演 マルタン・プロヴォスト 監督、126分 、2010年8月7日公開、2008,フランス、ベルギー、ドイツ,アルシネテラン (原題:SERAPHINE)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「1912年、フランス・パリ郊外のサンリス。 “女ゴッホ“として、 死後有名になった女流画家セラフィ... [続きを読む]

受信: 2010年9月10日 (金) 07時03分

» *『セラフィーヌの庭』* ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2008年:フランス&ベルギー&ドイツ映画、マルタン・プロヴォスト監督、ヨランド・モロー、ウルリッヒ・トゥクール、アンヌ・ベネント、フランソワーズ・ルブラン出演。 [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 21時40分

» マルタン・プロヴォスト監督「セラフィーヌの庭」(★★★★) [詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)]
監督 マルタン・プロヴォスト 出演 ヨランド・モロー、ウルリッヒ・トゥクール  とても不思議な体験をした。  ラストシーン。丘の上に一本の木がある。セラフィーヌは椅子をもってその木の下へゆく。木がゆったりと揺れている。そのシーンで、スクリーンから風が吹いてくるのを感じたのだ。少し冷たい風だ。ひんやりした感じがした。映画館の締め切った空間、その澱んだ(?)空気を清めるような風だ。  スクリーンにのめりこんでいて気づかなかった映画館の中の「冷房(?)」に気がついたということかもしれないが、(実際、「映... [続きを読む]

受信: 2010年10月 5日 (火) 22時08分

» セラフィーヌの庭 [迷宮映画館]
実在の女流画家のきつい一生を描いた。 [続きを読む]

受信: 2010年10月 8日 (金) 07時36分

» セラフィーヌの庭 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
実在した女性画家セラフィーヌ・ルイ(1864-1942)の生涯を描く物語は、2009年、フランのセザール賞で、並みいる話題作を退け、最優秀作品賞など最多7部門を独占した。「アメリ」「パリ、ジュテーム」などで知られる、フランスきっての実力派女優ヨランド・モローが、力強く...... [続きを読む]

受信: 2010年10月26日 (火) 16時03分

» 映画評「セラフィーヌの庭」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年フランス=ベルギー=ドイツ映画 監督マルタン・プロヴォスト ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2012年2月22日 (水) 10時30分

» 「セラフィーヌの庭」 [或る日の出来事]
フランスに実在した素朴派の女流画家セラフィーヌ・ルイを描く。セザール賞で作品賞など7部門を受賞した。 [続きを読む]

受信: 2012年6月30日 (土) 10時40分

« マリン・ボーイ/마린보이 | トップページ | 劇場版 怪談レストラン »