« 東京島 | トップページ | KING GAME キングゲーム »

2010年8月24日 (火)

ようこそ、アムステルダム国立美術館へ/Het nieuwe Rijksmuseum

Photo 1800年に開館しレンブラントやフェルメールと言った偉大な画家の傑作を所蔵するアムステルダム国立美術館。その美術館が2004年から大規模な改装工事に入るものの、様々な難問が立ち塞がり、結果2010年8月現在は工事が中断している。ウケ・ホーヘンダイク監督の4年以上にわたる密着取材で関わる大勢の人間の悲喜こもごもを映し出したドキュメンタリーだ。
>>公式サイト

ホント、何時になったらオープンするの?

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

当初は2004年にスタートし、2008年には再オープンするはずだったアムステルダム国立美術館の改築工事。なんと2010年8月現在では工事が中断しています。かろうじて本館隣のフィリップス棟で400点程を公開しているそうですが、一体どうしてこんなことになってしまったのか。本作はその理由のいくつかをカメラで切り取って見せてくれるドキュメンタリーフィルムです。もっとも、逆に言えばここまで長引かなかったら商用映画としては成立しないのではないか。だとすれば撮影していたウケ・ホーヘンダイク監督の先見の明?は大したものだなどと思っていたのですが、実は元々は改築工事の記録を依頼されていたのだそうで。監督にとってはラッキーなのかアンラッキーなのか。

02_2 03_2

そもそもこの美術館の大本にあたるものは1800年にできており、1885年に現在の場所に移ってきた際にピエール・カスパースという建築家によって建てられたもの。本館を貫く形で通路が走り、そこをアムステルダム市民は自由に行き来出来るという作りになっていたのでした。で、そこがまず問題になります。今回の設計を担当するクルスとオルティスは、そこも十分に考慮した上で、カスパース当時では技術的に不可能であったデザイン設計を提出します。門外漢の私からすると、用件は十分に満たしているように見えるのですが、これに噛み付いたのがサイクリスト協会。このあたり日本人にはちょっとピンときませんが、オランダは国民一人当たりの自転車保有台数が世界一という自転車大国なんですね。

04_2 05_2

簡単に言えば「自転車の通路がこんなに狭くちゃヤダ!」ってな訳です。住民集会の席ではご老人が「美術館は豪華な通路を観に行くんじゃなく絵をみにいくもんだ!」などと改築工事そのものを批判したりしていましたが、ある意味で芸術がしっかりと根付いたお国柄なのだと感心させられもします。ですが、皮肉にも建築家の2人はスペイン人。(苦笑)それはともかく彼らにしたら、一番工夫が必要で配慮をしなくてはいけない部分に、斬新かつ機能性にも富んだデザインを採用したことでコンペを勝ち抜いたのに、その部分を真っ向否定されてしまうのは不本意極まりありません。「それなら最初から私たちを選ばなければ良かったのだ」というのは、まさに本音でしょう。

06_2 07_2

更に、役所に対する申請の漏れや、研究センタービルが美術館の外観にそぐわないだとか、とにかく後から問題が出るわ出るわ。ただこうして着工が出来ない間も学芸員たちはオープンに向けて着々と準備を進めており、カメラはその様子にも密着しています。新しい部屋のどこに何を飾るのか、倉庫に保管されている膨大な量の絵画の中から選抜するシーンは、普段部外者は立ち入れない場所の保管風景を観ることができます。そもそも、“絵画史的に無価値”だと言われる絵も所蔵してたりすることがちょっと意外だったりしましたが。更に今回新設されるアジア館の目玉とも言うべき「金剛力士像」。これの買い付けに館長が来日して交渉するしシーンなども織り込まれていました。

08_2 09_2

この交渉自体も2年ほどかかったらしく、改めて「金剛力士像」が美術館に到着した時の堪能学芸員の感動の表情が実に印象的。もっとも、モノにもよるのでしょうがこういった像が海外に流出してしまっても良いものなの?なんて疑問も浮かんだり。さて、工事のほうはと言えば、やっとこさデザインが固まりいよいよ建築業者の入札。が、2社あったのが1社撤退して1社での入札となり、当然ながら競争がなければべらぼうな入札価格になる…。そんなことは素人でも解るのに何故ほったらかしなのか。遂には大臣まで巻き込んでの検討会議にまで話は大きくなるのでした。実はお話としては、そんな最中に館長のデ・レーウが辞めるというところで終わっています。

10 11

表向きはある程度改築が軌道に乗ったから、あとはのんびりウィーンの家で過ごしたいということらしいですが、額面どうりとは思えないのは私だけではないはず。しかしながら現在進行形の話ですから、どこかで区切りをつけなくてはいけない訳で、映画を終えるタイミングとしては良いところと言えるでしょう。ひたすら主張しまくる人、オープンを待ちきれずに辞める人、暇そうにしている工事の人、我関せずで自分の仕事に没頭する人…。様々な人間ドラマ、人間模様がそこにはあり、それが全て現実なのだというところ、正に「事実は小説より奇なり」を地で行く面白さです。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:現在の状況はどうなってるのかな?
総合評価:77点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』予告編

|

« 東京島 | トップページ | KING GAME キングゲーム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/36319873

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ、アムステルダム国立美術館へ/Het nieuwe Rijksmuseum:

» ようこそ、アムステルダム国立美術館へ [象のロケット]
2004年、アムステルダム国立美術館の改修工事が始まった。 新しい「市民のための美術館」の理想を掲げる館長。 しかし地元市民の猛反対で、設計プランは変更を余儀なくされてしまう。 以後、たび重なる議論・変更・問題発生の繰り返しで工事は中断。 いったいいつになったら完成するのか…? オランダ史上最も大規模な文化施設の改築工事の舞台裏を描くドキュメンタリー。... [続きを読む]

受信: 2010年8月25日 (水) 01時32分

» ウケ・ホーヘンダイク監督 「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?]
一昨日(26日)、友人のところで美味しいお酒を頂き… 昨日(27日)は朝食にしじみの味噌汁を飲んで、すっきり気分で久々の映画鑑賞(^−^)v 観て来たのはこれ↓ 公式サイト⇒http://www.ams-museum.com/ 【キャッチコピー】 美術館改装工事のてんやわんやな舞台裏。 展示室では決して見られない、 夢と涙と笑いと本音の人間模様。 果たしてオープンの日は来るのか!? 【あらすじ】 レンブラント「夜警」やフェルメール「牛乳を注ぐ女」など傑作を所蔵する、ヨーロッパ有数のアムステ... [続きを読む]

受信: 2010年8月28日 (土) 10時30分

» ようこそ、アムステルダム国立美術館へ [Said the one winning]
監督 ウケ・ホーヘンダイク ドキュメンタリーめっちゃくちゃ 面白いーーーーーーー... [続きを読む]

受信: 2010年8月28日 (土) 15時18分

» ようこそ、アムステルダム国立美術館へ [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 オランダ  ドキュメンタリー&アート  監督:ウケ・ホーヘンダイク  出演:                   【物語】  2004年、レンブラントやフェルメールなどの傑作を所蔵するアムステルダム国 立美術館で大規模な改築工事が始まった。 「みんなに愛される美術館....... [続きを読む]

受信: 2010年8月30日 (月) 15時18分

» ようこそ、アムステルダム国立美術館へ [foggyな読書]
ただいま渋谷で地味~に公開中のドキュメンタリー映画です。 美術館に関するドキュメンタリー映画としては、数年前に同じく渋谷で地味~に話題になった「ルーブル美術館の秘密」というのがありますが、あれは恐ろしく眠かった。。。 この映画も眠りそうだと思って、二の足を踏んだのですが、メインサイトで「世界の美術館を斬る」なんてコーナーをやってるんだから、観るのは義務(!)かも・・・と思って(←なにを偉そうに) 「ルーブル~」よりは退屈しませんでした。でも一瞬意識を失った(苦笑) というのは、「... [続きを読む]

受信: 2010年8月30日 (月) 19時47分

» 長い長い、美術館が出来るまで [笑う学生の生活]
25日のことですが、映画「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」鑑賞しました。 アムステルダム国立美術館の開業以来の大規模な改築工事が始まるのだが・・・ 再オープンを追ったドキュメンタリー作品です とにかく、さまざまな問題が 反対があり...... [続きを読む]

受信: 2010年8月31日 (火) 22時46分

» ようこそアムステルダム国立美術館へ [Muses]
「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」見てきました。公式サイトはこちら 予告編ではかなりタノシイ人たちの心温まるヒューマンドラマ、といった印象を受けますが、実際にはかなり重たい映画でした。以下ネタバ... [続きを読む]

受信: 2010年8月31日 (火) 23時48分

» 『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』(... [NiceOne!!]
原題:HETNIEUWERIJKSMUSEUM/THENEWRIJKSMUSEUM監督:ウケ・ホーヘンダイク配給・鑑賞劇場 : ユーロスペース公式サイトはこちら。<Story>2004年、アムステルダム国立美術館の大規模な改... [続きを読む]

受信: 2010年9月 2日 (木) 20時03分

» 『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』をユーロスペース1で観て、まあ普通かなな男ふじき☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆普通】 日本で極悪非道のように言われている 「根回し」とか「談合」も時と場合によっては 実に効果的な武器たりえるのだ、 という事がよく分かる一本。 【銭】 ユーロスペース会員割引で1200円。 ▼作品詳細などはこちらでいいかな ....... [続きを読む]

受信: 2010年9月 6日 (月) 00時51分

» ようこそ、アムステルダム国立美術館へ [映画的・絵画的・音楽的]
 美術館の裏側を取り扱っているというので、日頃美術館を覗くことが多いこともあって、『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』を見に、渋谷のユーロスペースに行ってきました。 (1)この映画は、老朽化などの問題を抱えるアムステルダム国立美術館をリニューアルしようとする際の騒動を描いたドキュメンタリーです。  すなわち、1885年に建築家ピエール・カイパースによって建てられたアムステルダム国立美術館が、その後の増改築によって迷宮のようになってしまっていたのを、現代の要請に適ったものにリニューアルすべ... [続きを読む]

受信: 2010年9月22日 (水) 06時34分

» 『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』。。。 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2008年:オランダ映画、ウケ・ホーヘンダイク監督&脚本、 アムステルダム国立美術館の館長、学芸員ほか出演。 [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 01時15分

» ようこそ、アムステルダム国立美術館へ [ダイターンクラッシュ!!]
2011年5月21日(土) 16:50~ キネカ大森1 料金:0円(二本立ての二本目) パンフレット:未確認 「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」公式サイト キネカ大森 名画座 美術関係のドキュメンタリー特集。 オランダのアムステルダム国際美術館を改装する。 ど真ん中が自転車の通路になっているそうで、そこの改造をしようとすると市民団体が文句を言ってくる。 政府に建設の許可の書類を求めるも、延々と認可されない。 研究センターのビルの景観が宜しくないと方々からクレーム。 認可され入札を行うも... [続きを読む]

受信: 2011年5月22日 (日) 13時54分

» 『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』(2008) [【徒然なるままに・・・】]
2010年のモントリオール国際芸術映画祭で審査員賞受賞の作品です。日本でも同年に劇場公開されています。 フェルメールの「牛乳を注ぐ女」やレンブラントの「夜警」など、自分でも知っているような様々な著名作品を抱え、大英博物館やルーヴル美術館に比肩しうると言われているのがオランダのアムステルダム国立美術館。 ところがここは2004年から改築工事が始まったものの、未だに閉鎖中なのだそうだ。 この作品は本来、改築工事の記録映画となるはずだったのですが、工事は一向に進みません。 国際的なコンペで... [続きを読む]

受信: 2012年1月26日 (木) 22時08分

» 映画評「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年オランダ映画 監督ウケ・ホーヘンダイク ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2012年4月 9日 (月) 09時34分

« 東京島 | トップページ | KING GAME キングゲーム »