« トラブル・イン・ハリウッド | トップページ | ゴスロリ処刑人 »

2010年9月 8日 (水)

怪談新耳袋 怪奇

Photo BS-TBSの「怪談新耳袋」シリーズの劇場版第4弾。監督を務めるのは現在『東京島』が公開中の篠崎誠だ。2部に渡るオムニバス構成で「ツキモノ」と「ノゾミ」というストーリーが展開される。両作品ともに主演はアイドルの真野恵里菜、彼女は主題歌も同時に歌っている。
>>公式サイト

正直者はバカをみる

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

「怪談新耳袋」は初期のBS放送で観ていましたが劇場版は初鑑賞。残暑厳しき折には怪談で涼しくなろうなどという個人企画でしたが、シアターN渋谷の空調が効き過ぎで本気で寒いのには正直ちょっと参った!「ツキモノ」と「ノゾミ」という二部構成のオムニバス仕立てで両作品ともに主演を務めるのがハロプロの真野恵里菜。ハロプロが解らない方、要はアイドル集団だと思ってください。「怪談新耳袋」シリーズは日本各地から実話の怪談を集めてきてドラマ化したというのが売りで、ということは今回の「ツキモノ」と「ノゾミ」も当然どこかでこんな事件があったのでしょう。もっとも「ツキモノ」などは事件の大きさの割りに聞いたことも無いですが…。まずは「ツキモノ」から。結論から言うと恐ろしくツマラナイです。

02 03

主人公・あゆみが大学へ向かうバスに変な女性乗って来ます。俯いて顔が見えず長い黒髪にブツブツ何かをつぶやきながらしゃっくりを繰り返す…。ある意味このバスのシーンが一番怖かった。ジャパニーズホラーの定番として長い黒髪は必須要件ですね。あゆみが降りる間際に「大丈夫ですか?」と聞くと「背負えるのか?」と逆に問い返される…。ここから事件は始まるのでした。が、あゆみが授業を受けている時に堂々と登場し、教師を殺害してしまうあたりから意味不明モード突入です。いわゆる日本式の霊的な存在というより、むしろアメリカ式のフレディとかジェイソン的な存在なあ部分で先ず引いてしまいました。「見ざる、言わざる、聞かざる」とブツブツ言いながら、出会う人間の目を焼いてしまう…。

04 05

そりゃいいけれど「言わざる、聞かざる」はどこいっちゃったんだ?途中あゆみの友達に乗り移り次々人を殺していくけれど、ヤツの目的が何なのかサッパリ。そもそも何ものなのかも不明。人ならざる者に明確な説明を求めても仕方ないけれど、基本的にドラマですからそこは説明がないと意味が解りません。更にあまりにクリアなその顔面特殊メイク…。戦隊モノの悪役じゃないんだからもうちょっと頑張ろうよと励ましたくなるレベルです。しかも見せ方もモロって、人の心の虚を突く見せ方とかあるでしょうに本気で怖がらせる気があるのか…。最後はヤツに「偽善者」と言われてしまうあゆみだけれども、要は触らぬ神に祟りなし、正直者はバカを見るってことなのか。全く何が言いたいのか解らない作品でした。

06 07

で、お次が「ノゾミ」。こっちも何とか見られるストーリー。主人公はめぐみ。11歳の誕生日に母と妹とで出かけたキャンプで、妹が沼に落ちて溺死してしまうのだけれど、それで自分を責めているという設定。確かにホラーなんだけれど、人間ドラマの仕立てにもなっていました。彼女の目には赤いレインコートの妹・のぞみが現れるのだけど、そもそも6年前の出来事なのに何故に今更?まあそれでも「ツキモノ」よりましなのはめぐみが見ているモノの説明がきちんとあり、クライマックスまでに一通り筋の通った話にはなっている点。ただ、母親の同級生が霊能者だったってのはあまりにも都合よすぎじゃなかろうか…。挙句に、散々めぐみを悩ませていたのぞみの霊と思わしき存在が実は妹じゃなかったって…。そこまで前提としてきた部分を壊してしまうというのも疑問に思います。

08 09

結局ここでも、めぐみが優しいから、だから霊のほうもそういう人に寄って行くのだってことに結論付けられます。結局またしても正直者がバカをみたってことなのでしょうか。ラストシーン、ノゾミが無くなった沼に花束を浮かべると、それがスーッと動き沼に沈んで行きます。不思議な現象をみるめぐみと母は「やっぱりノゾミはいたんだ、ノゾミさようなら…」的な表情をしているのですが、ちょっと待て。それじゃノゾミは成仏してないってことじゃないですか…。結局両作品ともお手軽に作ったライトホラーならぬ手抜きホラーとでも言うべき作品。ちなみに真野恵里菜の演技はまさに素人レベルで、一本調子な悲鳴の上げ方にちょっとイラッっとしたり。まあ、彼女に多くを求めること自体無謀ですが。どうせ作るならまともな俳優ときちっとホラーが撮れる監督で作って欲しいものです。

個人的おススメ度2.0
今日の一言:所詮は低予算BSドラマレベルということか
総合評価:45点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『怪談新耳袋 怪奇』予告編

|

« トラブル・イン・ハリウッド | トップページ | ゴスロリ処刑人 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/36606345

この記事へのトラックバック一覧です: 怪談新耳袋 怪奇:

» 怪談 新耳袋 怪奇 ツキモノ/ノゾミ [我想一個人映画美的女人blog]
「観たら 憑かれる 危険映画!」 ってそのキャッチコピー、逆に人来なくなるでしょ よほど面白いジャパニーズホラーということでなきゃ、最近はスルーしちゃってるんだけど 上映がシアターNってことと、 お友達ノルウェーまだ〜むの娘の彩花ちゃんがエキストラでちょっと出てるというので観て来ました〜。 BSでのテレビシリーズを始め、スペシャル版や劇場版などが繰り返し製作されてきたオムニバスホラー 「怪談新耳袋」の劇場版第4弾。 女子大生が不気味な女に追われる「ツキモノ」と、妹の亡霊に取り憑かれた高校生の... [続きを読む]

受信: 2010年9月 8日 (水) 15時39分

» 怪談新耳袋 怪奇 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。篠崎誠監督、真野恵里菜、坂田梨香子、鈴木かすみ、吉川友、北原沙弥香、秋本奈緒美、伊沢磨紀。「ツキモノ」と「ノゾミ」のそれぞれ独立した2本の映画から成り立っているが、いずれも真野恵里菜が主演。たまたま主演者が同じというよりもともに主人公が優しい心...... [続きを読む]

受信: 2010年9月 9日 (木) 01時13分

» 怪談新耳袋 怪奇『ツキモノ』『ノゾミ』/真野恵里菜 [カノンな日々]
BS-TBS (旧BS-i)で放送されていた「怪談新耳袋」の劇場版シリーズです。これがシリーズ何作目になるのかわかりませんけど2004年の『怪談新耳袋 劇場版』と2006年の『怪談新耳袋 ノブヒロさん』と観てきていますので、一応シリーズものはなるべく観続けるゾの精神にのっとっ....... [続きを読む]

受信: 2010年9月 9日 (木) 23時03分

» 怪談新耳袋 怪奇 [そーれりぽーと]
『怪談新耳袋 怪奇』を主演の真野恵里菜舞台挨拶付きで観てきました。 ★★ 真野恵里菜が何者なのかは一緒に行った相方に教えてもらうまで知らなかったのですが、ハロプロ系のアイドル歌手なんですねぇ。 書き表せないような客層に引きまくりましたw 真野恵里菜が主演の2つの話をパッケージにした作り。 『東京島』の監督作なだけに期待はしてなかったけど、映画の中身は…テレビドラマレベル。 怖くないし、パンチは足りないし。 第一話『ツキモノ』はよくわからんバケモノに追われるモンスターホラー。 笑いどころが多かっ... [続きを読む]

受信: 2010年10月 6日 (水) 11時14分

» 「怪談新耳袋 怪奇ノゾミ」DVD ねえねを探せ! [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
公開は2010年の夏。 ホラーとしてはほとんど怖さが無いと一部のブロガーさんからは、年間ワーストにも入れられたこの映画は、実はハロプロのアイドルを売り出すどちらかというとPV。 そんな映画の脚本を書いた三宅先生に授業を受けたこともあるねえねが、学校の先輩から頼まれてエキストラのアルバイトで参加したのは、その年の2月の事だった・・・・... [続きを読む]

受信: 2011年12月11日 (日) 17時36分

« トラブル・イン・ハリウッド | トップページ | ゴスロリ処刑人 »