« 十三人の刺客 | トップページ | nude »

2010年9月23日 (木)

恋愛戯曲~私と恋におちてください。~

Photo_2 人気劇作家・鴻上尚史の大ヒットした同名舞台を自らが監督し映画化した。極度のスランプに陥った女性脚本家とテレビ局プロデューサーが台本完成の為にあの手この手を尽くすダタバタなコメディーだ。主演は『ヤッターマン』の深田恭子と『アウトレイジ』の椎名桔平。共演に塚本高史、中村雅俊、清水美沙、西村雅彦といった人気俳優が揃う。一人3役をこなす深キョンに注目だ。
>>公式サイト

深キョンてばなんて可愛いのかしら!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

元々は鴻上尚史監督自身の舞台「恋愛戯曲」を映画化したのだそうで、なるほど確かに舞台がかっている。翔んでるアイディアや細かいネタ、ユーモア溢れる台詞回しなど鴻上尚史らしさが散りばめられていて、多分この人は自分自身凄く楽しみながら脚本を書いたんじゃないかなと思いました。ただテレビ局の中の編成と営業と制作という3大部署をテーマした大げさでバカバカしい話は、その昔テレビ業界が華やかなりし頃を見ているかのようで、若干時代遅れな感が無きにしもあらず。それだけに演者たちにはテーマに相応しい白々しさや非常識感を出せる人間が欲しい所で、その意味で深田恭子のキャスティングはピッタリだったように思います。

02 03

一応内部で働く者の端くれとして言うと、この話は当然フィクションですが、お互いの部署の関係性は当たらずと言えども遠からず。私の経験にもいわゆる営業案件だとか編成案件なんて陰口を現場から叩かれるものもあったりはしました。さて、物語の主人公は深田恭子扮する脚本家・谷山真由美。若くして成功した彼女は今極度のスランプに陥っていて、次回ドラマの脚本が全くかけなくなっている状態です。彼女に雑誌の編集者よろしく張り付くのが制作部プロデューサーの向井正也(椎名桔平)。途中からは編成部の刺客、柳原恭一郎(塚本高史)も加わるのだけれど、そんな彼らに谷山が言った言葉が「じゃあ私と恋に落ちて。私は恋をしないと書けない脚本家なの。」でした。

04 05

まあ、この後はあの手この手で書かせようとしたりする裏側で、編成部が陰謀を進めて行くのですがそれはそれで普通に面白い程度のお話。本来なら少しづつ向井に惹かれて行く谷山の微妙な気持ちを表現しなければならない所ですが、そんなことを深キョンに求めても無理と言うものです。はっきりいって本作は彼女自身を観て楽しむもので、『ヤッターマン』のような作品とキャラが一体となった楽しさもありません。しかしながらあのアニメ声というか、頭のてっぺんから出てくるような甘い声と、デビュー以来全く進歩の無い芝居にはもはや妙な安定感すら出てきました。早い話が、どこへ行こうが何をやろうが深キョンは深キョンでそれ以上でも以下でもないと。

06 07_2

しかしこの人はこれでイイ。今回彼女は“劇中の脚本家”とその劇中の脚本家の書く“劇中劇の疲れた主婦の脚本家”、さらにその劇中劇の脚本家の書く“劇中劇中劇のゴージャスな脚本家”の一人三役をこなしていますが、その全て美しくて超可愛い!何をどう演じようと、深キョンの唯一にして絶対の武器はもって生まれた美貌であり、それがもたらすオーラだけで主演を張れる数少ない女優の一人なのだと思います。ところが相方のプロデューサー向井正也を演じる椎名桔平はそうじゃない。渋めのイケメンである彼が気弱なプロデューサーを演じる面白さはあるけれど、あれでは彼らしさが活きて来ないと思う。最後の最後でちょこっとだけ面目躍如のシーンはありましたけど…。

08 09

ずっと気弱で谷山に好き放題言われていても、途中からクールで強い男の片鱗を覗かせてくれないと、彼が抱える秘密が活きて来ないのです。というより、生来気弱なキャラだというのならそもそも椎名桔平の起用自体がどうかと思います。本作はストーリー的には『インセプション』さながらに、谷山の想像する“脚本の中の脚本の中の脚本の世界”という多重性のアイディアと、テレビ局裏話的な面白さが命。そしてそれは別に新しいものでも何でもない、だからこそ役者勝負のはず。営業局長の蒲生(西村雅彦)、編成部長の先島(清水美沙)、制作局ドラマ部長の中川(井上順)といった周辺は演者と実に味のあるキャラクターのマッチングが上手く行っているだけにちょっと惜しい感じでした。

個人的おススメ度2.5
今日の一言:鴻上尚史のオールナイトニッポンは良かった!
総合評価:58点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『恋愛戯曲~私と恋におちてください。~』予告編

|

« 十三人の刺客 | トップページ | nude »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/36792446

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛戯曲~私と恋におちてください。~:

» 恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜 [シネマDVD・映画情報館]
解説 「ヤッターマン」の深田恭子と「アウトレイジ」の椎名桔平共演のラブコメディ。スランプに陥ったワガママな女性脚本家と、彼女に振り回される窓際テレビプロデューサーが繰り広げる騒動を描く。劇中劇を伴った三重構造の物語で、深田、椎名はともに三役を演じる。鴻上尚史による舞台劇を、作者自ら脚本、監督を担当して映画化。 ストーリー 脚本家の谷山真由美(深田恭子)は、スランプに陥っていた。テレビ局から依頼されたスペシャルドラマの脚本が、締め切りを過ぎても全く書けないのだ。テレビ局では緊急対策会... [続きを読む]

受信: 2010年9月23日 (木) 22時18分

» 恋愛戯曲 私と恋におちてください。 [象のロケット]
人気脚本家・谷山真由美はスペシャルドラマの脚本を執筆中だが、締め切りを過ぎているのに1行も書けていない! 大パニックのTV局が谷山のもとに送り込んだのは、冴えない制作プロデューサー・向井。 「先生、お願いですから原稿書いてください。何でもしますから」 「じゃあ、私と恋に落ちて!」 はじまりは、強制恋愛! さあ、原稿はどうなる…?! ラブ・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2010年9月25日 (土) 19時07分

» 恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜/深田恭子 [カノンな日々]
深キョンの主演映画ってもしかして『下妻物語』以来なのかな?と思ったらどうやら『天使』も深キョン主演作みたいで、4年ぶりとなるこの主演作は劇作家・鴻上尚史さんの舞台作品「恋愛戯曲」をご自身が監督して映画化された作品です。 出演はその他に、椎名桔平、塚本高史...... [続きを読む]

受信: 2010年9月26日 (日) 09時02分

» 恋愛戯曲~私と恋におちてください。~ [とりあえず、コメントです]
劇作家の鴻上尚史さんの人気舞台を自ら監督して映像化したコメディです。 舞台は未見ですけど、深田恭子さん&椎名桔平さんの組み合わせが楽しそうだなあと思っていました。 予想通りのコミカルな作品で、深キョンの魅力がいっぱいでした~☆ ... [続きを読む]

受信: 2010年9月26日 (日) 21時27分

» 恋愛戯曲〜私と恋におちてください〜 [単館系]
人気劇作家・鴻上尚史の大ヒットした同名舞台を自らが監督し映画化 その舞台は未見。 主演は深田恭子と椎名桔平 深田恭子の映画は死者の学... [続きを読む]

受信: 2010年9月27日 (月) 00時41分

» 恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜 [to Heart]
製作年度 2010年 上映時間 106分 監督/脚本 鴻上尚史 出演 深田恭子/椎名桔平/塚本高史/中村雅俊/清水美沙/西村雅彦/井上順 人気劇作家・鴻上尚史の大ヒット舞台「恋愛戯曲」を、鴻上自らメガホンを取って映画化したラブコメディー。 {/bo...... [続きを読む]

受信: 2010年9月27日 (月) 22時22分

» 恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。鴻上尚史監督、深田恭子、椎名桔平、塚本高史、中村雅俊、清水美沙、西村雅彦、井上順。冴えない男と輝ける美女の恋愛というのは「ノッティングヒルの恋人」や「天使の恋」などにも見られ、古今東西の定番ネタであるらしい。この映画でも本来なら売れっ子イケメ....... [続きを読む]

受信: 2010年9月29日 (水) 22時06分

» 恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
恋愛戯曲人気舞台の映画化だが、恋愛映画というよりテレビ業界の内幕ものとして楽しめる。大手TV局制作のドラマの脚本を依頼された人気脚本家・谷山真由美は、深刻なスランプ状態。締切が迫っているのに台本は1行も書けていない。困ったTV局は、よりにもよって冴えない....... [続きを読む]

受信: 2010年9月29日 (水) 23時53分

» 「恋愛戯曲~私と恋におちてください。~」 人は何故に書くのか? [はらやんの映画徒然草]
鴻上尚史監督の恋愛コメディ。 鴻上監督の作品を観るのは、「ジュリエット・ゲーム」 [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 06時34分

» 恋愛戯曲 [映画的・絵画的・音楽的]
 おしゃれな映画という感じがありましたので、『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』を渋谷シネセゾンで見てきました。 (1)この映画は、劇作家の [続きを読む]

受信: 2010年10月 9日 (土) 06時17分

» 「恋愛戯曲~私と恋におちてください。~」 [みんなシネマいいのに!]
 鴻上尚史と言えば、オールナイトニッポンの究極の選択でお馴染み…と言って頷いてい [続きを読む]

受信: 2010年10月17日 (日) 12時00分

» 恋愛戯曲~私と恋におちてください。~ [ダイターンクラッシュ!!]
2010年10月24日(日) 17:20~ ヒューマントラストシネマ有楽町2 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:800円(買っていない) 『恋愛戯曲~私と恋におちてください。~』公式サイト 早々に上映回数を削られた作品。 人気脚本家(深田恭子)とテレビ・プロデューサー(椎名桔平)のラブ・コメディ。 最近不調の深田恭子に、締め切りの迫ったテレビドラマのシナリオを書かすべく任命された桔平。 鴻上尚史の人気舞台劇のようだが、劇中劇が致命的につまらないためか、劇中劇中劇が浮世離れ... [続きを読む]

受信: 2010年10月26日 (火) 14時36分

» 恋愛戯曲~私と恋におちてください。~ [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
「先生、お願いですからシナリオ書いてください。何でもしますから」 「じゃあ、私と、恋に落ちて」 はじまりは、強制恋愛だった…。 まったく欠けなかった女性脚本家と、全く冴えないTVドラマプロデューサー。 人生停滞中の二人が巻き起こす、痛快な... [続きを読む]

受信: 2010年11月 9日 (火) 01時05分

» 恋愛戯曲 [迷宮映画館]
ギョーカイの話だとしても、登場人物おおくね・・? [続きを読む]

受信: 2010年11月20日 (土) 09時19分

» ■映画『恋愛戯曲~私と恋におちてください~』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
劇作家の鴻上尚史が自身の舞台を監督して映画化した『恋愛戯曲~私と恋におちてください~』。 舞台版は2001年と2006年に二度上演されており、鴻上尚史が「自身の舞台の中で一番映像にしたかった」という作品だそう。 まあ、でもなんと言うのかな…。 映像と言い、演出と言い... [続きを読む]

受信: 2011年7月 2日 (土) 16時20分

» 映画評「恋愛戯曲~私と恋におちてください~」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆★(5点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・鴻上尚史 ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年9月22日 (木) 10時38分

» 『恋愛戯曲 ~私と恋におちてください。~』 ('11初鑑賞142・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆★-- (10段階評価で 5) 10月17日(月) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年10月21日 (金) 20時05分

» 映画 恋愛戯曲〜私と恋におちてください〜 をみた [僕のつぶやき。 ネットの窓から。]
恋愛戯曲 私と恋におちてください(初回限定生産版) [DVD]クリエーター情報なしキングレコード この映画は劇作家・鴻上尚史さんの舞台『恋愛戯曲』を鴻上自らが映像化作品である。 みどころは脚本家の谷山真由美(深田恭子)の三変化とダメプロデューサー(椎名桔平)そ...... [続きを読む]

受信: 2012年6月 6日 (水) 21時14分

« 十三人の刺客 | トップページ | nude »