« ルー=ガルー | トップページ | BECK »

2010年9月 4日 (土)

ミレニアム2 火と戯れる女/Flickan som lekte med elden

Photo 全世界で大ヒットしたスティーグ・ラーソンの「ミレニアム」3部作を映画化した第2弾。少女売春組織の調査をしていた雑誌ミレニアムの記者が殺され、その犯人としてリスベットが疑われる。彼女を信じて助けるミカエル、一人事件の謎に迫るリスベット。その過程で彼女の素性が明らかになる。出演は前作に引き続きノオミ・ラパスとミカエル・ニクヴィスト。監督はダニエル・アルフレッドソンに変わった。
>>公式サイト

別行動でも心はパートナーの2人

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

いやはや相変わらずの見応え。既存の人間と新に登場する人間が上手く絡み合って織り成す新展開と、その流れの中で今回は個別に動くミカエル(ミカエル・ニクヴィスト)とリスベット(ノオミ・ラパス)。130分の長さが全く気にならないぐらい熱中して見入ってました。見終わった直後には満足感で「ふぅ~」とため息が出てしまうこと請け合いです。鼻ピアスにドラゴンタトゥーのリスベットに衝撃を受けてからはや1年、相変わらず鬱蒼とした北欧スウェーデンの空気の中、今回は前回明らかにならなかったリスベットの素性が明らかになりますが、単純に彼女の背景を種明かしするわけではありません。今回も新たな事件が起こるのですが、それは少女売春組織に関して調べていた雑誌ミレニアムの記者が殺されるというショッキングなものでした。

02 03

その容疑者として名前が挙がって来るのがリスベット。実は彼女が疑われる理由は観ている人間には解る様になっているのですが、その原因となったのが前作で彼女を犯した後見人の弁護士ビュルマン(ペーター・アンデション)という話の凝りようです。自分がリスベットを暴行している証拠DVDを彼女から回収するよう何者かに依頼するビュルマン。即ち、この事件は表向き少女売春組織告発に関わる事件ですが、彼の存在によって実はリスベットの素性にも関わって来るという一筋縄ではいかない構成なんですね。更に前作で名コンビぶりを披露してくれた主人公のミカエルとリスベットが今回は最後まで全く顔を合わさない、完全別行動になっているという面白い形で話がすすんで行きます。彼女は自分の素性に関して自分だけの目的を持っていて、それが単独行動の原因の一つでもありますが、では彼女の目的とは一体何なのか…。

04 05

今回も、天才ハッカーであり驚異的な調査能力をもつリスベットと、司令塔のミカエルというコンビネーションを期待していた人にとっては少々肩透かしかもしれませんが、その代わり今回は前回あまり目立たなかったミカエルの調査能力=取材力がフィーチャーされてきます。このあたり、全くパラレルに展開しているにも拘らず見ているほうはまるで2人が協力して事件の謎、リスベットの素性の謎に迫っていくようで目が離せません。それはまるで輪唱のように、リスベットが何がしかの情報を得ると、少し遅れてミカエルが別の方法で同じ情報を得るといった状態。ミカエルが後手に回るのは、彼の目的が最初から一貫してリスベットを見つけることだからです。要は彼女の足取りを追うことは彼女の得た情報を手にすることであり、逆に彼女の得た情報でそこからまた彼女の足取りを追うという訳。

06 07

リスベットがハッキングしたり、拳銃で脅したりとある種スパイ的に情報を集め進んで行くのに対し、彼のやり方はジャーナリスト的というところが対照的で面白い。即ちそれは人に出会って情報を得ると言うこと。この人から人への繋がりを辿っていくことは中々一筋縄では行かないのだけれど、回りくどい手を使いながら粛々と辿っていく様子は、複雑に絡み合った事件の謎、リスベットの素性の謎を少しずつ解きほぐして行く作業そのもので、それだけに次は一体どうなるの?という興味が尽きることがありません。例えばリスベットを見つけるために友人のミリアム(ヤスミン・ガルビ)に会おうとするも、記者であることを警戒されたため、別件で知り合ったボクサーのパオロ(パオロ・ロベルト)に代わりに会ってもらおうとしますが、更にその過程で今度は金髪の巨人ニーダーマン(ミカエル・スプレイツ)に行き着く…といった具合。

08 09

これはちょっと変わった言い方をするならば、上質なロールプレイングゲームを解いているような感覚にすらなります。さて、そうしてミカエルが得た情報のなかで浮上してきたのが“ザラ”という名前。一体“ザラ”とは何者なのか…。劇中それを語るのはリスベットの元後見人パルムグレン(ペール・オスカルソン)。っと、これ以上は書かないでおきますね。いずれにしろ、事件の謎、リスベットの素性、そして彼女の目的、それら全ては一本の線上にあり、それが解けた時2人は再会を果たすことになります。ボロボロになったリスベットを抱きかかえるミカエル、今回唯一の接点であり、実際劇中では1年以上連絡が取れていない設定であるにも拘らず、まるでずっと一緒だったかのような錯覚を覚えるシーン。2人の心の結びつきの強さを知らず知らずのうちに私たちは認識しているのでしょう。次回作では法廷が舞台になるとか。今私が言いたいことは「このあとどうなったの?」これに尽きます。

>>ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
>>ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士

個人的おススメ度4.0
今日の一言:早く3がみたい!!!!
総合評価:81点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『ミレニアム2 火と戯れる女』予告編

|

« ルー=ガルー | トップページ | BECK »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/36465336

この記事へのトラックバック一覧です: ミレニアム2 火と戯れる女/Flickan som lekte med elden:

» 【映画】ミレニアム2 火と戯れる女 [★紅茶屋ロンド★]
<ミレニアム2 火と戯れる女 を観て来ました> 原題:Millenium 2: The Girl Who Played with Fire 製作:2010年スウェーデン ランキング参加中 ヤプログさんの試写会にて、一足早く見て来ました。ありがとうございます! 実は、この試写会に当選したから、慌てて前作の1を観たんですが、これが思いのほか面白くて、引き込まれてしまい、俄然続編の2が楽しみになっていました。 全世界でベストセラーになっているミステリー小説の3部作映画化の2作品目。 中間となる... [続きを読む]

受信: 2010年9月 4日 (土) 15時14分

» 映画ミレニアム2と完結編ミレニアム3がいよいよ今月11日より同時公開! [ペインターみんみんの油絵制作&絵画の画像 動画]
みんみんです。今年上半期に観た映画の中でも断然面白かった映画 ミレニアムードラゴンタトゥーの女 の続編2本がいよいよ公開になります。まってました~ [続きを読む]

受信: 2010年9月 5日 (日) 01時30分

» ミレニアム2 火と戯れる女 [象のロケット]
ジャーナリストのミカエルと天才ハッカーのリスベットがヴァンゲル家の事件を解決してから1年。 少女売春組織を追っていた雑誌「ミレニアム」のジャーナリストが殺害され、現場には消息不明だったリスベットの指紋がついた銃が残されていた。 指名手配されたリスベットの無実を確信するミカエルは、彼なりの方法で事件の真相に近づいてゆくのだが…。 人気サスペンス第2弾。 R-15。... [続きを読む]

受信: 2010年9月 5日 (日) 02時41分

» ミレニアム2 火と戯れる女 [ともやの映画大好きっ!]
(原題:FLICKAN SOM LEKTE MED ELDEN) 【2009年・スウェーデン/デンマーク/ドイツ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 処女作である本作が出版される前に、作者であるスティーグ・ラーソンが急死。 全世界40ケ国で2600万部を誇る「ミレニアム」3部作を映画化した、シリーズ第2弾。 殺人者の濡れ衣を着せられたヒロインと、彼女の無実を信じて行動する男たちの奮闘を描くサスペンス。 ヴァンゲル家事件を解決してから1年。ミカエル・ブルムクヴィスト(ミカエル・ニクヴィスト)は月刊誌『ミレニ... [続きを読む]

受信: 2010年9月 5日 (日) 23時50分

» ミレニアム2 火と戯れる女 [とりあえず、コメントです]
スウェーデンのベスオセラー小説「ミレニアム」の映画化第2弾です。 前作から1年後のリスベットとミカエルを中心に連続殺人事件を追っていくと聞いて、 怖いけれど観たいなあと思っていました。 リスベットらしいハードな展開に最後までドキドキでした~ ... [続きを読む]

受信: 2010年9月 6日 (月) 07時08分

» ミレニアム2 火と戯れる女 [美貌録(備忘録)]
Tackar vänner de 「ミレニアム2 火と戯れる女」を観て来た その前日に「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」をDVDで鑑賞済。 DV、貧乳、ドラゴン・タトゥー、同性愛、天才ハッカー、敏腕ジャーナリストなどのキーワードが記憶に残る。製作費自体は幾らも掛っておらず?内容のインパクトさ、ノオミ・ラパスのリスベット・サランデル役への成り切り度が圧巻といったところだろうか。 原作がスェーデンということもありVOVLOを沢山見かけるがプリウスも登場する。(笑) 評価:... [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 19時08分

» ミレニアム2 火と戯れる女/Millenium2 TheGirl WhoPlayedwithFire [我想一個人映画美的女人blog]
世界中で大ベストセラーとなった、 スティーグ・ラーソン原作の傑作ミステリー3部作を映画化した2作目{/kaminari/} 今年1月に公開された前作は、普通に面白かったってくらいで、続きが気になる!! ってほどじゃなかったので続編は観ないかも、 なんて言ってたんだけど、こんなに早く立て続けに2、3と出て来たんなら、 と観る気になり行ってきました〜。 その前に簡単に前作のおさらい。 {/book/}敏腕ジャーナリストとして鳴らしたミカエル・ブルムクヴィストは、 大物実業家のスキャンダルを... [続きを読む]

受信: 2010年9月13日 (月) 23時33分

» ミレニアム2 火と戯れる女 [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 スウェーデン&デンマーク&ドイツ  ミステリ&サスペンス  監督:ダニエル・アルフレッドソン  出演:ミカエル・ニクヴィスト      ノオミ・ラパス      アニカ・ハリン      ペール・オスカルソン      【物語】  少女失踪事件解決から1年後、社....... [続きを読む]

受信: 2010年9月16日 (木) 12時51分

» ミレニアム2 火と戯れる女 [だらだら無気力ブログ]
作者の死後に発行され、世界中でベストセラーとなった傑作ミステリー 『ミレニアム』3部作を映画化したスウェーデン発のミステリー映画。 本作はその第二弾。 連続殺人事件の容疑者として濡れ衣を着せられたヒロイン・リスベットの 孤独な戦いと逃避行と、彼女の無実を…... [続きを読む]

受信: 2010年9月17日 (金) 01時40分

» 『ミレニアム2火と戯れる女』(2009)/スウェー... [NiceOne!!]
原題:FLICKANSOMLEKTEMEDELDEN/THEGIRLWHOPLAYEDWITHFIRE監督:ダニエル・アルフレッドソン原作:スティーグ・ラーソン出演:ノオミ・ラパス、ミカエル・ニクヴィスト、レナ・エンドレ公式サイトは... [続きを読む]

受信: 2010年9月18日 (土) 07時38分

» ミレニアム2 火と戯れる女 [Movies 1-800]
Flickan som lekte med elden (2009年) 監督:ダニエル・アルフレッドソン 出演:ノオミ・ラパス、ミカエル・ニクヴィスト、ミカエル・スプレイツ、ゲオルギー・ステイコフ 故スティーグ・ラーソン作のベストセラー小説「ミレニアム」3部作の映画化第2弾で、殺人容疑を掛けられた女ハッカーと彼女の無実を信じるジャーナリストがそれそれの方法で真実を追うサスペンス。 前作はミステリーそのものには、それほど新味は感じなかったが、全体を包み込むような「虐げられた女性の怒り」というテーマ... [続きを読む]

受信: 2010年9月19日 (日) 00時53分

» ミレニアム2 火と戯れる女、ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆    (★×10=満点)    シネマライズ にて鑑賞    2010年09日11日、18日 公開  監  督:ダニエル・アルフレッドソン キャスト:ミカエル・ニクヴィスト       ノオミ・ラパス       ア... [続きを読む]

受信: 2010年9月19日 (日) 17時45分

» ミレニアム2 火と戯れる女 [佐藤秀の徒然幻視録]
痛すぎる無痛症 公式サイト。原題:Flickan som lekte med elden。英題:The Girl Who Played with Fire。スティーグ・ラーソン原作、ダニエル・アルフレッドソン監督、ノオミ・ラパス、ミカエル・ニクヴィスト、レナ・エンドレ。「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」の続編...... [続きを読む]

受信: 2010年9月21日 (火) 14時03分

» 「ミレニアム2 火と戯れる女」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Flickan som lekte med elden」…aka「The Girl Who Played with Fire」2009 スエーデン/デンマーク/ドイツ ミカエルにミカエル・ニクヴィスト。 リスベットにノオミ・ラパス。 ミカエルの恋人エリカにレナ・エンドレ。 リスベットの友人ミリアムにヤスミン・ガルビ リスベットの後見人ペーテルにアンデシュ・アルボム・ローゼンダール。 監督にダニエル・アルフレッドソン。 “ミレニアム”に復帰した編集長ミカエルは少女売春組織の... [続きを読む]

受信: 2010年9月21日 (火) 22時31分

» ミレニアム2 火と戯れる女 [to Heart]
原題 FLICKAN SOM LEKTE MED ELDEN/THE GIRL WHO PLAYED WITH FIRE 製作年度 2009年 製作国・地域 スウェーデン/デンマーク/ドイツ 上映時間 130分 映倫 R15+ 脚本 ヨナス・フリュクベリ 監督 ダニエル・アルフレッド...... [続きを読む]

受信: 2010年9月23日 (木) 23時11分

» 『ミレニアム2 火と戯れる女』 [こねたみっくす]
普通のミステリーに落ち着いたのかと思いきや、やはり世界的ベストセラーにもなった本格派ミステリーは最後まで見ないとその面白さが味わえないことを思い知らされる映画でした。 新たに増える謎、次々と登場するリスベットの過去に関与する人物たち。これらが最後の最後に....... [続きを読む]

受信: 2010年10月 1日 (金) 19時35分

» 映画「ミレニアム2 火と戯れる女」孤独な魂がひときわ輝く! [soramove]
「ミレニアム2 火と戯れる女」★★★★面白い! ノオミ・ラパス、ミカエル・ニクヴィスト出演 ダニエル・アルフレッドソン監督、130分、2009年、2010年9月11日全国順次公開、2009,スウェーデン、デンマーク、ドイツ,ギャガ (原題:Millenium 2: The Girl Who Played with Fire )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「前作はハリウッド映画... [続きを読む]

受信: 2010年10月21日 (木) 21時34分

» ミレニアム2 火と戯れる女(2009) [銅版画制作の日々]
 原題:FLICKAN SOM LEKTE MED ELDEN(スゥエ―デン語)Tジョイ京都にて鑑賞。「ミレニアム、ドラゴンタトゥーの女」の続編です。そ... [続きを読む]

受信: 2010年10月26日 (火) 00時55分

» ミレニアム2 火と戯れる女 [Diarydiary! ]
《ミレニアム2 火と戯れる女》 2009年 スウェーデン/デンマーク/ドイツ映画 [続きを読む]

受信: 2010年10月29日 (金) 20時48分

» ミレニアム2 火と戯れる女☆独り言 [黒猫のうたた寝]
原作を読み終わってからの鑑賞です。脳内補完しているせいか、かなりはしょっても平気(え?)あれから1年、リスベットは消息明。ミカエルはミレニアムから少女売春組織を告発すべく特集号の発行準備を進めていた。そんなときに担当のジャーナリストとその恋人が殺された。し... [続きを読む]

受信: 2010年10月31日 (日) 21時54分

» 【ミレニアム2 火と戯れる女】 [日々のつぶやき]
監督:ダニエル・アルフレッドソン 出演:レオミ・ラパス、マイケル・ニクビスト  その過去が真実の口を開き    彼女の存在は脅威となる。 「あの事件から一年後、リスベットは姿を消していた。 少女買春記事を調べていたジャーナリストとその恋人が殺され、... [続きを読む]

受信: 2010年11月 6日 (土) 11時05分

» 「ミレニアム2 火と戯れる女」 [みんなシネマいいのに!]
 1作目から1年後、天才ハッカー・リスベットは行方不明のままだった。 少女売春組 [続きを読む]

受信: 2010年11月 8日 (月) 23時45分

» ミレニアム2 火と戯れる女 [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
その過去が真実の口を開き、彼女の存在は脅威となる。 スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンによる推理小説「ミレニアム」シリーズ3部作の第2弾。 ジャーナリストのミカエルと天才ハッカーのリスベットがスウェーデン・ス... [続きを読む]

受信: 2010年11月 9日 (火) 00時36分

» ミレニアム/火と戯れる女 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
全世界でセンセーションを巻き起こしたスティーグ・ラーソンの『ミレニアム』3部作を映画化した北欧発のミステリー巨編、その第2弾。ある事件に巻き込まれ、殺人者の濡れ衣を着 ... [続きを読む]

受信: 2010年11月30日 (火) 18時30分

» 『ミレニアム2』『アイスバーグ』をギンレイホールで観て、混雑はつらいなふじき☆☆☆,☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
ふだん二週まわり興行のギンレイが一週まわりだったんで大混雑。 ◆『ミレニアム2』 五つ星評価で【☆☆☆まあ悪くないんだけど、まだ途中だ】 「1」の客観的な推理劇か ... [続きを読む]

受信: 2011年1月18日 (火) 00時35分

» ミレニアム2 火と戯れる女 [いやいやえん]
前作のようなミステリーを追うタイプの作品ではなかったですね。そのぶん私はトーンダウン。 富豪ヴァンゲル家の少女失踪事件を解決して1年が経った…ミカエルはジャーナリストとして忙しい毎日を送っていた。リスベットは行方不明。それでも互いを気づかう風があったりとちょっとニヤニヤ。 ミレニアムのジャーナリストと同様、前作の変態の後見人も殺害されてしまいますが、リスベットはその犯人にされてしまいます。殺されるのはざまあみろという感じでもありますが、この変態の後見人は、実はキーマンでもあったんですね。 ... [続きを読む]

受信: 2011年1月18日 (火) 13時07分

» ミレニアム2 火と戯れる女 (Flickan som lekte med elden) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ダニエル・アルフレッドソン 主演 ミカエル・ニクヴィスト 2009年 スウェーデン/デンマーク/ドイツ映画 130分 サスペンス 採点★★ 多少込み入った物語で迷子になっても、本ならちょちょいとページを戻してみたり、巻頭の人物紹介を読めば概ね解決できます…... [続きを読む]

受信: 2011年2月19日 (土) 16時35分

» 映画評「ミレニアム2 火と戯れる女」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年スウェーデン=デンマーク=ドイツ映画 監督ダニエル・アルフレッドソン ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年3月13日 (日) 14時16分

» 「ミレニアム」1,2,3の感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
1作目「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」 人気小説のミレニアムは、未読。 [続きを読む]

受信: 2011年3月15日 (火) 19時02分

» ミレニアム 火と戯れる女 [食はすべての源なり。]
ミレニアム 火と戯れる女 ★★★☆☆(3つ) あれ? なんか1から方向性が変わった気がします。。。 背中一面のドラゴンタトゥーと天才ハッカーの能力をもつ女性の、謎めいた過去には興味あったけど・・・ なんか2では普通でした。。。 (以下、ネタバレ) ロシアのスパイの娘は分かった。 情報を得るために政府が父と取引していたことも良しとして・・・。 なぜ奴らが人身売買の容疑者になる必要が? どこまでも性的虐待とロリコンから離れないのか、このシリーズは!!!! と、まあ相変わらずエグイ感じで。...... [続きを読む]

受信: 2011年3月24日 (木) 20時34分

» 『ミレニアム2/火と戯れる女』('11初鑑賞56・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆★-- (10段階評価で 5) 4月24日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年4月28日 (木) 20時07分

» 「ミレニアム2火と戯れる女」(2009) [INUNEKO]
大金を手に隠遁出来たはずのリスベットは、今作でも安全な場所に居ない。 彼女の抱える問題が金銭で解決しないからだ。 幼いリスペットが、人の乗った車に火をつけて中から生きたまま火だるまの男が転がり出てくる、その事情が明かされる。 そしてリスベットは国内に戻ったとたん、知らず殺人事件に巻き込まれて指名手配をうけて国中を追われる立場に。 ミハエルは当然として、リスベットの無実を信じ彼女を助けようとする数少ない友人たちが値千金のかっこ良さ。 拉致されたリスベットの彼女ミリアムを助けるために、スーパーヘビー級の... [続きを読む]

受信: 2011年6月23日 (木) 14時07分

» ミレニアム2 火と戯れる女 [Memoirs_of_dai]
犯人の設定が甘い世界的ミステリー第2弾 【Story】 少女失踪事件解決から1年後、ミレニアム誌で少女売春組織に迫った特集の準備を進めていた担当ジャーナリストが殺害され、現場にリスベット(ノオミ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 6日 (金) 01時52分

» ミレニアム2 火と戯れる女 The Girl Who Played with Fire [映画!That' s Entertainment]
●「ミレニアム2 火と戯れる女 The Girl Who Played with Fire」 2009 スウェーデン・デンマーク・ドイツ Yellow Bird Films,ZDF and others,139min. 監督:ダニエル・アルフレッドソン  原作:スティーグ・ラーソン 出演:ミカエル・ニクヴィスト、ノオミ・ラパス、アニカ・ハリン、ペール・オスカルソン他 <評価:★★★★★★★☆☆☆> <感想> これの1、「ドラゴンタトゥーの女」が、ハリウッド版のリメイクで注目され、オリ... [続きを読む]

受信: 2012年6月 2日 (土) 21時04分

« ルー=ガルー | トップページ | BECK »