« 君に届け | トップページ | メッセージそして、 愛が残る »

2010年9月27日 (月)

ラブコメ

Photo 松久淳+田中渉の同名小説を映画化。生花店の店長をしている勝気なヒロインとアニメの脚本家をしている気弱な男の間の微妙な恋愛模様を描いたラブコメディ。主演に『パレード』の香里奈、相手役に『TAJOMARU』の田中圭。共演にも『武士道シックスティーン』の北乃きい、『てぃだかんかん』の渡部篤郎、中越典子、塚本高史ら人気俳優が揃う。監督は『ROOKIES -卒業-』の平川雄一朗。
>>公式サイト

テレビドラマ的に楽しい。

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

実に可もなく不可もない普通に楽しめるラブコメでした。香里奈、北乃きい、田中圭、渡部篤郎といった物語の本線に絡んでくるメインの俳優が好きであればより楽しく、そうでなければ程ほどに楽しめると思います。それにしても俳優のラインナップも含めてフジテレビの2時間ドラマっぽい作りでした。実際に93分という今時の作品ではコンパクトで、テレビ放映する際にCMを挟んだら丁度2時間になりそうな…。最近ではドラマ「リアル・クローズ」や映画『パレード』での好演ですっかり女優が板についてきた香里奈は、下町生まれの生花店店長・松田真紀恵。明るく元気で勝気な女性は彼女の持っているイメージにピッタリ。その上美人でありつつ可愛いというのだから文句なしです。お相手の田中圭は久々に良い人の役を観るような…。

02 03

『TAJOMARU』やら『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』で嫌なヤツを熱演していたせいで、いきなりの弱気草食系男子・美晴役の今回はちょっと違和感を感じたり。まあすぐ慣れましたが。真紀恵はその勝気が災いして彼氏いない歴1年11ヶ月。実はこの2人は幼馴染で、美晴は子供の頃からずっと真紀恵の事が好きだったのでした。たまたま仕事で真紀恵の生花店の前を通って彼女を見かけ、忘れかけていた初恋に再び火がついたという訳。ところが、美晴がいざ告白しようと決めた前日に真紀恵が元彼とよりを戻してしまったから話がややこしい…。ように見えて実は全然ややこしくないのが本作のユニークなところ。何せ元彼・江島(塚本高史)とデートしてるシーンより美晴とデートしてるシーンの方が圧倒的に多いのですから。

04 05

しかも楽しかった美晴とのデートコースを江島になぞらせて、コチラは全く楽しくない様子がありあり。だから真紀恵の悩みは両方好き!じゃなくて美晴に惹かれているのに、タイミング悪く先に元鞘になっちゃったけどどうしようってな感じなのです。でもって花火大会の夜、雑踏のいざこざを避けるために美晴は「行こう!」と真紀恵の手を取って引っ張るんですね。実はこれが真紀恵のツボだったり。普段勝気で強気なだけに、自分を引っ張ってくれる男性にキュンときちゃったと。しかも相手が美晴だから尚更。普段強気なのに「行こう!」と言われると「はい…。」なんて神妙に応えてトコトコとついていく様子がこれがまたとても可愛らしい香里奈さん。解りやすいぐらいの普段の真紀恵との差は、彼女が美晴に惹かれているということを強調しているというか止めを刺しているというか。

06 07

ただ美晴としたらそうじゃない訳で。彼氏じゃないけどデートしまくってるというのはいくら草食系男子だって堪りません。真紀恵にその気がなくても蛇の生殺し状態とは正にこのこと。美晴じゃなくたって彼氏の存在が気になって当然ですよね。まあこんな2人の様子が展開していくわけですが、そこに何故かキャバ嬢で花屋の店員・涼子(北乃きい)とタレント・西島(渡部篤郎)の恋まで絡んできてしまう。ま彼ら二人は基本的には真紀恵と美晴の応援団ですが、単に応援団じゃ面白くないですしね。妙に息のあったこのコンビのお陰でドラマが殺伐としない、つまり“ラブコメ”になっていると言えるでしょう。別にそんなに笑える訳ではないですが。ちなみにこの作品、本当に笑えるのは真紀恵の行きつけのバーの店長とそこによく来る探偵事務所所長(佐藤二朗)の会話ぐらいです。

08 09

結局どっちつかずの真紀恵に距離をとるように告げる美晴。とは言っても、お互いにお互いの好きなデートコースを一人で辿ってオイオイ泣いているのだから、そこはもう結果は火を見るよりも明らかですね。あとはどうやって上手く〆るのかですが、応援団である西島と涼子がそこに絡んでくるのは当たり前。ついでとばかりに突然真紀恵たちの父親まで登場してして来ますが、これはあんまり意味が無い演出に思えました。めちゃくちゃ盛り上がるでもなく、かといって淡々とというわけでもないラストシーンは、何とも捉えどころのない本作、全てに60点で及第という感じの本作を象徴していました。会場の雰囲気もなんとなく楽しい(凄くではなくなんとなく)といった感じ。地上波で普通にやりそうなドラマでした。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:香里奈さん素敵だなぁ
総合評価:62点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『ラブコメ』予告編

|

« 君に届け | トップページ | メッセージそして、 愛が残る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/36943928

この記事へのトラックバック一覧です: ラブコメ:

» 『ラブコメ』 肩肘はらずに楽しめる、文字通りラブコメの佳作!恋したくなるカモ?! [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
『ラブコメ』 新宿バルト9での、公開初日舞台あいさつ付きの回での鑑賞―。 ◆ 香里奈の前作は『パレード』での、ちょっと屈折した役どころ。 主演は4年ぶりという本作での、はっちゃけた演技が やっぱり彼女には似合います。 はつらつ演技の北乃きい、もじもじ純情... [続きを読む]

受信: 2010年9月27日 (月) 21時10分

» ラブコメ [あーうぃ だにぇっと]
9月15日(水)@九段会館で鑑賞。 今週は、当選した試写会多数なるも有効打なし。 TSUNAMI-ツナミ-ばかりがたくさん来た。 本当は、今日は「君に届け」に行くはずだったが、娘二人にかっさらわれてしまった。(笑) この「ラブコメ」の試写状は美女様から頂戴しました。 いつもありがとうございます。 開場時間の18時少し過ぎに九段会館に到着。 行列の最後尾は歩道にはみ出してました。 通行する人の迷惑だからちゃんと誘導してね! 今日は各地で試写会が行われている。 空いてるかと...... [続きを読む]

受信: 2010年9月27日 (月) 21時17分

» ラブコメ [象のロケット]
アニメ脚本家の青年・美晴は、17年ぶりに再会した真紀恵に恋をする。 しかし3代目店長として下町で花屋を切り盛りする真紀恵は、元彼・江島ともう一度付き合い始めたばかりという最悪のタイミング。 それでも花屋のアルバイト兼キャバ嬢の涼子、声優の西島の後押しもあり、美晴は真紀恵から見事に振られたものの、友人として付き合うことになったのだが…。 ラブコメディ。... [続きを読む]

受信: 2010年9月29日 (水) 15時35分

» ラブコメ [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
ラブコメ強気な女子と気弱な男子。今では特に珍しくもない組合せのラブ・ストーリーで、まるでTVドラマのようなユルさに脱力する。下町の生花店を切り盛りする真紀恵は、美人なのに豪快で勝気な性格のため、彼氏いない歴1年11ヶ月。恋するヒマもないほど忙しい。そんな真....... [続きを読む]

受信: 2010年10月 7日 (木) 23時53分

» ラブコメ [ゴリラも寄り道]
ラブコメ [DVD](2011/02/18)香里奈、北乃きい 他商品詳細を見る<<ストーリー>>僕は17年ぶりに彼女に出会った・・・。よりによって最悪のタイミングで。 彼女は綺麗で、強かった・・・。松田真紀恵(香里...... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 04時03分

» ラブコメ/香里奈、北乃きい、田中圭 [カノンな日々]
『天国の本屋』の松久淳+田中渉による原作小説を『陰日向に咲く』『ROOKIES−卒業−』の平河雄一朗監督が映画化した作品です。主演の香里奈さんは映画デビュー作にして初主演となっ ... [続きを読む]

受信: 2011年5月12日 (木) 23時45分

» ■映画『ラブコメ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
いろいろと思うところもありますが、製作がKDDI、企画が博報堂の映画と聞けば、「なるほど」と納得できる映画『ラブコメ』。 2010年夏のLISMOを盛り上げるキャンペーン「LISMO Fes!」の一環で製作された映画だそうです。 その割に、携帯電話がそんなに有効に使われていない気が... [続きを読む]

受信: 2011年5月20日 (金) 22時59分

« 君に届け | トップページ | メッセージそして、 愛が残る »