« メッセージそして、 愛が残る | トップページ | シングルマン »

2010年9月28日 (火)

大奥(2010)

Photo 原作はよしながふみの大ヒット同名漫画。江戸時代、男だけを襲う謎の疫病が蔓延し男の数は激減、男女逆転の世の中となっている。女将軍に仕える“男の園”大奥を舞台に描かれる異色の愛憎劇だ。主演は嵐の二宮和也。共演に『食堂かたつむり』の柴咲コウ、『のだめカンタービレ』の玉木宏、佐々木蔵之介、阿部サダヲと言った人気俳優が揃う。監督は『木更津キャッツアイ』の金子文紀。
>>公式サイト

男女逆転の世の中…って今?!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

人気少女マンガが原作とはいえ完全なる歴史“if”作品。それも謎の疫病で男の数が激減し、男女逆転の世の中という設定は言葉で言うと簡単だけれども実際に映像になるとかなりの違和感を放っていました。町を行く飛脚や籠担ぎや物売りが女、一家の主も女、そして将軍も女―。もっとも男の数が激減したからといっても必ずしも劇中描かれているようにはならないと思うのだけれど。例えば吉原の遊女が全部遊男になってるとか…。性欲に関しては本能的なもので、数に左右されるものじゃないと思うんですよね。男にレイプされた女性は100%傷つきますが、逆は必ずしもそうじゃないでしょうし。なんてことを考えてはいけません。理屈じゃないので。

02 03

要はこの設定をどれだけすんなりと受け入れられるかで本作を楽しめるかどうかが決まってきます。私も馴染むまでにかなり時間はかかりましたが、慣れてしまえば最終的には中々面白いドラマでした。それにしてもスクリーンからはおおよそ現実感のカケラも感じられません。二宮和也扮する水野祐之進と堀北真希扮するお信が町中を歩くシーンを観た時などは、そのあまりに学芸会的な映像に暗澹たる思いになました。劇中の当時は貧乏旗本の男はある程度の年齢になると、お金をとって色んな女に子種をつける種馬的な役割を負わされたりすることが多かったらしい。しかし水野家では祐之進にそんなことはさせていなかった、故にお家のために何が出来るかと考えた彼は大奥に上がることにするのでした。

04 05

この大奥に上がる辺りからようやく設定にも慣れ徐々に話が面白くなっていきます。大奥で登場してくるのが御中臈・松島(玉木宏)、総取締役・藤波(佐々木蔵之介)、御三の間・杉下(阿部サダヲ)たち。特に阿部サダヲが登場してくると、それまでのアイドル映画的なノリがビシッっとしまりようやく時代劇らしくなって来ます。イケメン揃いの大奥の役者の中で正直阿部サダヲはちょっと異色ではあるけれど、流石に彼の演技は一級品。この後も要所要所で登場し物語を引き締めてくれます。特にまだ慣れない水野(大奥では苗字で呼ばれる)に「大奥でしか生きていけない者もいるのだ。」と自らの境遇を語って聞かせるシーンはしんみりと聞き入ってしまうと同時に、ラストへの伏線でもありました。

06 07

現実と異なり“女人禁制”の大奥ではBLは当たり前。しかしよくよく考えると“男子禁制”の大奥ではGLが当たり前なのですから、大奥という場所では男も女もどちらかに寄らず中世的になるのでしょうか。女らしい男の中で、水野はその剣術の腕を買われて出世します。BLが生理的に苦手な私としては、江戸っ子チャキチャキで男らしい(顔は美形だけれど)水野が、大奥で男を貫くのが堪らなく爽快で嬉しいところ。で、上映開始から焼く1時間が過ぎ、ようやく柴咲コウが登場します。彼女の役回りは八代将軍吉宗。“暴れん坊”を意識して町をお忍びで視察したりする勝気な将軍様は正に柴咲コウにハマり役です。当然ながら将軍の相手をし子供が出来その父親ということになれば、将軍の実父ということになる訳で、そこら辺に関する謀略は女の大奥でも男の大奥でも同じこと。

08 09

ただしここで男女逆転ならではの設定が登場します。即ち最初に将軍に選ばれた男は“ご内証の方”と呼ばれ、将軍に夜伽の手ほどきをするとても重要な役だけれど、処女の将軍を破瓜する=将軍の体を傷つけるため、打ち首にされるというのです。要は謀略をめぐらす藤波と松島は将軍の実父にはなりたいけれど、打ち首はごめんだという訳。でもって体のいいスケープゴートに仕立てられたのが水野だったのでした。水野の男らしさが勝気な将軍の好みに違いないということで出世させたということだったんですね。「お主も悪よのぉ」的な演技が妙にコミカルで合っている佐々木蔵之介です。(笑)ただ、それが判明してからの水野がこれまた実に武士らしい。二宮和也の肩の力が抜けた自然体の演技に引き込まれました。

10 11

特に事実を知っていきり立つ杉下に「もうそれ以上言ってくれるな…」と寂しそうで苦しそうな表情が印象的で、そこには例えどんなお役目であろうとも将軍に仕えるのが武士であり、それがまたお家のためになるのであれば命を失うとしても本望だという覚悟が見て取れます。化粧を施し将軍の寝所に向かう水野の寝間着はそのまま白装束。歩きながら彼は一体何を思うのか…。一方で本人以外の無念な気持ち、特に現代人の私たちからすれば、処女喪失させて打ち首なんてことはもってのほか。その気持ちをもきちんと晴らしてくれるのが流石は“暴れん坊女将軍”吉宗たるところ。藤波と松島の悪巧みを木っ端微塵にしての大団円は実に痛快なラストなのです。好き嫌いがハッキリ別れそうな作品ですが、歴史フィクションものとしては中々面白い切り口でした。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:ホストの世界?
総合評価:62点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『大奥(2010)』予告編

|

« メッセージそして、 愛が残る | トップページ | シングルマン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/36970981

この記事へのトラックバック一覧です: 大奥(2010):

» 大奥 [うろうろ日記]
試写会で見ました。マンガは1巻だけ読みました。その甲斐があって、1巻のお話でした [続きを読む]

受信: 2010年9月29日 (水) 22時49分

» 大奥 [象のロケット]
江戸、7代将軍・徳川家継の時代。 男だけを襲う謎の疫病が蔓延し男は女の4分の1に減少してしまう。 女が仕事や家を取り仕切り、男が体を売る男女逆転の浮世となり、大奥も女将軍に男たちが仕える女人禁制の男の園となっていた。 貧乏旗本の青年・水野祐之進は、身分違いの恋を絶ち切るため、大奥に上がることを決意するが…。 歴史絵巻。 ≪将軍は女、仕えるは美しき男たち三千人≫... [続きを読む]

受信: 2010年9月29日 (水) 22時55分

» 大奥 [Akira's VOICE]
将軍カッコええ〜! 抱かれてぇ〜(爆   [続きを読む]

受信: 2010年10月 1日 (金) 18時36分

» 大奥 [佐藤秀の徒然幻視録]
柴咲コウの暴れん坊将軍 公式サイト。よしながふみ原作、金子文紀監督、二宮和也、柴咲コウ、堀北真希、大倉忠義、中村蒼、玉木宏、倍賞美津子、竹脇無我、和久井映見、阿部サダヲ、佐々木蔵之介、菊川怜。『たわけ。余の心を見たがえたか』(実際に言っているわけではない)。...... [続きを読む]

受信: 2010年10月 1日 (金) 22時07分

» 「大奥」 [みんなシネマいいのに!]
 よしながふみの漫画の映画化。 大奥ネタは数あれど、この漫画は謎の疫病で男の数が [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 02時07分

» 映画「大奥」感想&疑問 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「大奥」観に行ってきました。 男女逆転の江戸時代を舞台に繰り広げられる男性版「大奥」を巡る物語。 この作品は当然のことながらアクションやSFX系の映画などではなく、私の好みとなる映画のジャンルからは大きく... [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 10時31分

» 「大奥」 [再出発日記]
一日は映画の日なので、宣伝費をたっぷり掛けた話題の映画の初日ということで「大奥」を見てきました。あらすじ(goo映画より)男だけがかかる謎の疫病が蔓延し、男の数が女の4分の... [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 10時57分

» 「大奥」【劇場鑑賞】 [MAGI☆の日記]
映画「大奥」を見てきました。若い男性が次々と高熱を出し、真っ赤な発疹が全身に広がり、爛れ膨れ上がって死んでいった。そしてその奇妙な病は隣村から数年後には関東一円にまで伝... [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 14時50分

» 「大奥」みた。 [たいむのひとりごと]
男女逆転の大奥。そう聞くだけでどんなものかと興味がそそられるが、やはりこの映画は秀逸な原作あってのものかなぁと言った感じ。映画も物語は原作の分だけ良くできていたと思うけれど、キャストが若手中心では時代... [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 18時54分

» 大奥(2010) [映画鑑賞★日記・・・]
2010/10/01公開 日本 116分監督:金子文紀出演:二宮和也、柴咲コウ、堀北真希、大倉忠義、中村蒼、玉木宏、和久井映見、阿部サダヲ、佐々木蔵之介男だけがかかるという謎の疫病で男子が激減し、男女の立場も逆転してしまった架空の江戸時代を舞台にしたお話。将軍・徳川吉宗...... [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 22時26分

» 大奥 [Said the one winning]
監督 金子文紀 [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 22時36分

» 大奥 [to Heart]
製作年度 2010年 上映時間 116分 原作 よしながふみ 脚本 高橋ナツコ 監督 金子文紀 出演 二宮和也/柴咲コウ/玉木宏/堀北真希/大倉忠義/中村蒼/阿部サダヲ/佐々木蔵之介 一人の女将軍に3,000人の美男子たちが仕える女人禁制の男の園、逆大...... [続きを読む]

受信: 2010年10月 2日 (土) 23時15分

» 「大奥(2010)」 薄っぺらい、安っぽい [はらやんの映画徒然草]
謎の疫病が蔓延し、極端に若い男の数が減ってしまった江戸時代の日本。 絶対的な数の [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 06時32分

» 大奥 [迷宮映画館]
時代劇二連チャン・・・。目の保養と相成るか!! [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 08時38分

» 大奥 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】 男女逆転したこの町中、まるで選手村にひしめきあう女アスリート!? [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 09時56分

» 大奥 [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました! 将軍は女、仕えるは美しき男たち三千人 [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 12時19分

» 大奥 [りらの感想日記♪]
【大奥】 ★★★★ 映画(50)ストーリー 正徳6年。謎の疫病で男子が激減し、男女の役割は逆転、将軍職も女子によって引き継がれている江戸時代 [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 17時55分

» 大奥 [いい加減社長の日記]
あまり期待はしてなかったものの、柴咲コウさんの将軍が観てみたくて^^ 金曜日の夕方に「大奥 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、結構多め。 「大奥 」は、大きめのスクリーンで、7~8割。 (C) 男女逆転「大奥」製作委員会 【ストーリー】 男だけを... [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 19時47分

» 大奥 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
映画 大奥 オリジナル・サウンドトラック時代劇で男女が逆転するという発想はなるほどユニークだが、それは大奥という特殊な場所での表層。真の意味での男女逆転への踏み込みが甘い。男だけを襲う謎の疫病が蔓延し8割の男が死亡した江戸時代。すべての要職は女が占める世界....... [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 23時58分

» ★大奥(2010)★ [CinemaCollection]
男より強く、女より美しく将軍は女、仕えるは美しき男たち三千人メディア映画上映時間116分製作国日本公開情報劇場公開(松竹=アスミック・エース)初公開年月2010/10/01ジャンル時代劇/... [続きを読む]

受信: 2010年10月 4日 (月) 00時05分

» 大奥 [いい加減社長の映画日記]
あまり期待はしてなかったものの、柴咲コウさんの将軍が観てみたくて^^ 金曜日の夕方に「大奥」を鑑賞。「UCとしまえん」は、結構多め。 「大奥」は、大きめのスクリーンで、7〜8割。 【ストーリー】 男だけを襲う謎の疫病が席巻した江戸、徳川の時代。 日本は8割の男が死に至り、その数、実に女の4分の1に減少していた。 全ての重要な仕事に女が占め、男が体を売る男女逆転の浮世。 そんな世で最も贅沢を尽くした場所。 それは、1人の女将軍に、3000人の美しき男たちが仕える女人禁制の男の園、大奥だった。 そして今... [続きを読む]

受信: 2010年10月 4日 (月) 05時08分

» 映画・男女逆転<大奥> [美味−BIMI−]
楽しみにしていた映画、見てきました〜! 今回も、初日鑑賞です! 初日動員17万人!凄いコトですね〜〜〜! 徳川の時代― 謎の疫病によって、男の数が激減。 そして、男女逆転の世界が誕生する。 将軍は女。 仕えるは美しき男たち三千人。 隔月刊誌「メロディ(白泉社)」で連載中の、 よしながふみさんの作品「大奥」の映画化です。 09年の手塚治虫文化賞も受賞している人気漫画。 よしながふみの作品が大好きな、みゅうみゅう、コレは見逃せません!... [続きを読む]

受信: 2010年10月 4日 (月) 15時39分

» 【大奥】★二宮和也★柴咲コウ [猫とHidamariで]
大奥で見聞きしたる事いかなる事も親兄弟はもとより一切外様へ申すまじき事。「大奥法度」より大奥 HP『大奥』特集Yahoo!映画大奥 シネマトゥデイ製作年:2010年製作国:日本日... [続きを読む]

受信: 2010年10月 4日 (月) 17時53分

» 大奥 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
2009年度手塚治虫文化賞を受賞したよしながふみの人気コミックを実写映画化。「木更津キャッツアイ」シリーズの金子文紀監督がメガホンをとり、人気アイドルグループ「嵐」の二宮和也、柴咲コウが主演を務める。物語:男だけがかかる謎の疫病が蔓延し、男の数が女の4分の1に...... [続きを読む]

受信: 2010年10月 5日 (火) 17時45分

» ≪男女逆転・大奥≫ [烏飛兎走]
何もいらない・・ 思い出を・・・        実 写 版           男×男      デタ━━━━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━━━━!!!!しかも!相手、二宮君だから... [続きを読む]

受信: 2010年10月 5日 (火) 18時48分

» 映画「大奥」 [FREE TIME]
10月1日のファーストデーに映画「大奥」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年10月 6日 (水) 00時41分

» 『大奥』(2010)/日本 [NiceOne!!]
監督:金子文紀原作:よしながふみ出演:二宮和也、柴咲コウ、堀北真希、大倉忠義、中村蒼、倍賞美津子、竹脇無我、和久井映見、阿部サダヲ、佐々木蔵之介公式サイトはこちら。<S... [続きを読む]

受信: 2010年10月 6日 (水) 06時17分

» 大奥 [Diarydiary! ]
《大奥》 2010年 日本映画 男性だけがかかる疫病がはやり男性の数が減った時代 [続きを読む]

受信: 2010年10月 6日 (水) 22時49分

» 映画「大奥 」奥で起こったことは他言無用 [soramove]
「大奥 」★★★☆ 二宮和也、柴咲コウ、堀北真希、玉木宏、倍賞美津子、竹脇無我、和久井映見、阿部サダヲ、佐々木蔵之介出演 金子文紀監督、116分 、2010年10月1日公開、日本,松竹,アスミック・エース (原題:男女逆転「大奥」)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「男ばかりが罹る疫病が発生し、男子が激減、 二宮和也が演じる貧乏旗本の長男、水野祐之進は、 家のため大奥に奉公へ上が... [続きを読む]

受信: 2010年10月 6日 (水) 23時03分

» 男女逆転「大奥」 [うふふ・映画三昧。]
嵐の二宮和也くんと、柴咲コウちゃん主演の映画、男女逆転「大奥」を観てきました。 原作のマンガは読んでませんが、忠実に再現してるそうです。 吉宗役の柴咲コウちゃんも、原作者たっての希望だとか。 なるほど。コウちゃんの端正な顔立ちがお着物にも良く似合っていて、 彼女が出てくると、スクリーンが、何となく、すかっ!として、 気持ちいい。 が、・・・ぶっちゃけ、これ、テレビでよかったんじゃね?(ー\ー;) って感じです。 ちょいちょい、つまみ食いしてるうちに、腹... [続きを読む]

受信: 2010年10月 7日 (木) 00時09分

» 大奥 [悠雅的生活]
男女逆転。 [続きを読む]

受信: 2010年10月 7日 (木) 00時25分

» 「大奥」権力争いを勝ち抜いた先にみた将軍吉宗の見事な人材活用政策 [オールマイティにコメンテート]
10月1日公開の映画「大奥」を鑑賞した。 この映画は江戸時代中期を舞台にした作品で、 突然謎の疫病により男の数が減少し女が主となる世界で 男が大奥に入りそこで繰り広げられる将軍の夫となるべく 権力闘争が描かれるストーリーである。 現実にあった世界の逆バー....... [続きを読む]

受信: 2010年10月 7日 (木) 00時50分

» 大奥 [5125年映画の旅]
男だけが発症する謎の病によって男の人口が激減し、社会での男女の役割が入れ替わってしまった江戸時代。貧乏侍の水野は家族に楽をさせたいと、女将軍に三千人もの美男が仕える大奥に入る事を決意する。水野は大奥で様々な思惑に翻弄されながらも、真っ直ぐに自分を貫き出世....... [続きを読む]

受信: 2010年10月 7日 (木) 08時48分

» 【大奥】 [日々のつぶやき]
監督:金子文紀 出演:柴咲コウ、二宮和也、掘北真希、玉木宏、中村蒼、阿部サダヲ、佐々木蔵之介、和久井映見、  将軍は女、仕えるのは美しき男たち三千人 「謎の疫病によって男性の数が激減してしまった江戸、徳川の代々の将軍は女性が継ぐことになった。 家が... [続きを読む]

受信: 2010年10月 7日 (木) 11時11分

» 大奥☆独り言 [黒猫のうたた寝]
よしながふみ原作の『大奥』をたまたま以前読んでいて男女が逆転した設定の大奥に素直に面白いなって思っていましたが、そんな『大奥』が映画化されるとのことで誰が出演するかと思いきや二宮和也主演・・・ごめんね、その時点でちょっと微妙さ感じちゃいました。ネタは吉宗... [続きを読む]

受信: 2010年10月 8日 (金) 00時31分

» [映画『バイオ4』『大奥』『七瀬ふたたび』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆短信映評3連発です!    ◇  『バイオハザードIV −アフターライフ−』        ・・... [続きを読む]

受信: 2010年10月 8日 (金) 21時09分

» 『大奥』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「大奥」□監督 金子文紀□脚本 高橋ナツコ□キャスト 二宮和也、柴咲コウ、堀北真希、大倉忠義、中村 蒼、玉木 宏       倍賞美津子、竹脇無我、和久井映見、阿部サダヲ、佐々木蔵之介■鑑賞日 10月2日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  もし、こんな男女逆転の史実があったとしたら、この世はもっと住みやすくなっていただろうか。  とすれば、坂本龍馬は違った意味でこの世を変えなくて... [続きを読む]

受信: 2010年10月 9日 (土) 07時55分

» 『大奥』をユナイテッドシネマズ豊洲シアター8で観て、俺、この映画のニノはだめと告白ふじき☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆映画は普通。二宮くんはキャスティングミス】 二宮君がたまらなくスキという人はスルーしてください。 原作マンガ1巻分の映画化。 縁があって原作は2巻まで読んだ状態で鑑賞。 巻頭10分くらいで「二宮くんは違うな」 と思ってしまい、そ....... [続きを読む]

受信: 2010年10月10日 (日) 02時32分

» 【大奥】 [MINT ROOM ]
★★★★……★は5個で満点。☆は半分。今回はちょっとオマケ気味。(-。-)y-゜゜゜ネタバレ有りなのでご注意。【物語】江戸時代、第七代将軍徳川家継の治世。男だけを襲う謎の疫病に... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 00時18分

» ★「大奥」(2010) [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
男女の地位が逆転した江戸時代のおおおくーーーー・・・ って発想が面白そうだけど、 柴咲コウってツンデレキャラでとっつきづらいしなーー、 嵐の二宮和也は嫌いじゃないけど、それほど・・・ ... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 01時24分

» 大奥 [とりあえず、コメントです]
よしながふみ著の同名コミックを豪華な俳優陣で映画化した作品です。 珍しく原作を読んでいたので、あのドロドロした世界をどのように映画化するのか楽しみにしていました。 二宮和也さん&柴咲コウさんのコンビで送る“大奥”は ドロドロの中にも爽やかさを残すような作品になっていました。 ... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 09時08分

» 大奥 [映画レビュー21]
映画、大奥の感想 よしながふみさんのマンガ大奥の映画化作品です。 ストーリーは吉... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 17時27分

» 「大奥」 [NAOのピアノレッスン日記]
〜将軍は女、仕えるは美しき男たち三千人〜娘がどうしても観たい、というので、予想外の鑑賞となりました・・・。^^;2010年  日本映画   (10.10.1公開)配給:松... [続きを読む]

受信: 2010年10月17日 (日) 21時48分

» 大奥/二宮和也、柴咲コウ、堀北真希 [カノンな日々]
男女を逆転させた『大奥』のお話だというのを最初に知ったときはたいして興味がわかなかったんですけど、劇場で配布されていたお試し版コミックを読んでこの作品の持つ面白さに気付いたら俄然観たくなってしまいました。疫病で男性の数が激減した江戸時代では子ダネとして美....... [続きを読む]

受信: 2010年10月18日 (月) 06時57分

» あのドロドロ感は女性ならではなのか ─ 男女逆転「大奥」 ─ [Prototypeシネマレビュー]
─ 男女逆転「大奥」 ─ 男女逆転『大奥』。よしながふみのコミックを実写映画化したこの作品ですが、正直見るつもりはなかったものの、相方さんが男女逆転に限らず大奥好きでして、見たいというので付き合って見に行きました。 うーん、どう言えばいいんだろ。少なくともC...... [続きを読む]

受信: 2010年10月24日 (日) 09時08分

» 大奥 [映画的・絵画的・音楽的]
 アイドルグループ・嵐の二宮和也が時代劇初挑戦ということで、『大奥』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)主役が、クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』(2006年)で...... [続きを読む]

受信: 2010年10月24日 (日) 16時40分

» 大奥(2010年) [ダイターンクラッシュ!!]
2010年11月3日(水) 14:40~ TOHOシネマズ川崎8 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『大奥』公式サイト フリーパス6本目。 男女逆転の大奥。フリーパスでなかったらパスしていた。 二宮が大奥入りし、策略で将軍の夜の最初のお相手となり、何と最初のお相手は死罪として処刑される決まりがあるが、コウの計らいでそれを免れ脱出し、新たに町人として人生を送るという、面白くも何とも無いどうでもいい話だった。 コウが、暴れん坊将軍も天晴れなナイスお上のようなのだが、そのカッコよさが... [続きを読む]

受信: 2010年11月 4日 (木) 15時21分

» 大奥 [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
男より強く、 女より美しく 将軍は女、 仕えるは美しき男たち三千人 よしながふみ原作の少女漫画「大奥」の実写映画化。 時は江戸、徳川の時代。男だけがかかる謎の疫病が流行し、男の数が激減し女の4分の1に激減し... [続きを読む]

受信: 2010年11月 9日 (火) 01時07分

» 映画を観るなら 大奥 [映画を観るなら]
き合いで観にいってきました。ハッキリいって全然期待してませんでした。ところが一転、結構面白い☆最初は男女逆転という設定の、将軍が女で大奥にいるのが男達という馬鹿げた発想の違和感がありましたけど、それを超えると、逆にそれが面白くてしょうがなくなってきま.. ... [続きを読む]

受信: 2010年12月19日 (日) 00時10分

» DVDまとめてレビュー「俺たち~」「ウルフマン」 [ノルウェー暮らし・イン・London]
なんとなく1本書くほどでもないんだけど、見たから書いておこうかシリーズ。 さらっとレビューでごまかしちゃおう☆ [続きを読む]

受信: 2011年3月 2日 (水) 08時41分

» 大奥 [Memoirs_of_dai]
アイデア先行作 【Story】 男だけを襲う謎の疫病により8割の男が死に至った江戸時代、全ての重要な仕事を女が占めるという男女逆転の浮世と化していた。そんな中、美しき男たちが将軍に仕える女人禁制...... [続きを読む]

受信: 2011年4月18日 (月) 22時54分

» 大奥 <男女逆転> [いやいやえん]
男女逆転です。if世界ですね。 二宮和也さんて好きじゃないんだよね…ファンにはごめんなさいだけど。見栄えもあって剣の腕がたって…という部分からしてミスキャストじゃないかと思ってました。体つきも悪く言えば小柄のため、みなの中に入るとどうしても見栄えがしない。 柴咲コウさんはキリッとしていて格好良かったと思う。また脇の方々も光っていましたね。阿部さん演じる杉下がいいキャラクターでした。 ただ演出や殺陣、言葉遣いなどその他細かいところが妙に軽くて、安っぽさも感じてしまう。まあエンタメ時代劇といっ... [続きを読む]

受信: 2011年4月23日 (土) 14時53分

» 大奥~男女逆転~ [食はすべての源なり。]
大奥~男女逆転~ ★★★★☆(★4つ) 将軍は女、仕えるは美しき男たち3000人! 誰も観たことのない歴史絵巻。 えぇぇぇぇ?!?! とりあえず予備知識なしで鑑賞したのでびっくらこいたー 「面白い」とは聞いてたけれど、これが流行りのBL(ボーイズラブ)ってやつですか・・・ あまり見たくなかったデス。いわゆる腐女子じゃないんで・・・。 話は完全に架空世界なんだけど、これが酷評されなかったのは、豪華キャストとそれなりに見える土台? (私の二宮君ひいきの目?) ラストが予想できなかった(展開... [続きを読む]

受信: 2011年5月 8日 (日) 17時44分

» 映画評「大奥」(2010年版) [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆(4点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・金子文紀 ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年8月28日 (日) 11時37分

» 【大奥】「男女逆転」ようこそイケメンパラダイス [映画@見取り八段]
大奥 監督: 金子文紀    出演: 二宮和也、堀北真希、玉木宏、阿部サダヲ、柴咲コウ、大倉忠義、佐々木蔵之介、中村蒼、細田よしひこ、竹財輝之助、松島庄汰、ムロツヨシ、崎本大海、三上真史、金...... [続きを読む]

受信: 2011年11月12日 (土) 17時50分

« メッセージそして、 愛が残る | トップページ | シングルマン »