« 死刑台のエレベーター(1957) | トップページ | エクスペンダブルズ/The Expendables »

2010年10月12日 (火)

死刑台のエレベーター(2010)

2010 ルイ・マル監督のデビュー作にして傑作の呼び声高い1957年の同名サスペンス映画のリメイク。完全犯罪の計画を企てるも、全ての歯車が狂い始め、破滅の道へと堕ちて行く様子が描かれる。主演は『ライアーゲーム』の吉瀬美智子と『トリック』シリーズの阿部寛。共演に『ハゲタカ』の玉山鉄二と『花のあと』の北川景子が出演している。監督は『のんちゃんのり弁』の緒方明。
>>公式サイト

オリジナルに拘り過ぎた失敗作

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

>>死刑台のエレベーター(1957)

01_2

(今回のレビューはオリジナル版の方のレビューを読まれてからの方が解りやすいと思います。)
1957年公開のオリジナルとリメイクである本作を連続で観てしまおうという個人企画の後編?何しろ時間にして1時間弱程度しかあけずに観るという、ある意味かなりの贅沢。っと思ったら…あたたたた、これはちょっと酷い作品。オープニングカットがジャンヌ・モローの「ジュテーム…。」に合わせて吉瀬美智子もアップで登場。個人的にはとても好みの彼女だけに嬉しい始まりなのだけれど、如何せん本家本元を観た直後ではちと厳しいか…。スクリーンを通じて伝わってくる存在感や艶かしい色っぽさを彼女に出せといってもそれは無理な相談です。実はこの作品、この冒頭だけでなくオリジナルへのリスペクトなのか、有名な主人公の男がエレベーターの狭い隙間から這い出ようとするシーンや、警備員が鍵束から鍵をぶちまけてしまうなど同じシーンがしっかり用意されています。

02_2 03_2

ただ出来るだけオリジナルに忠実にしようという努力は覗えるのだけれど、時代の違い、日本とフランスの違い、キャラ設定の違いの全てが悪いほうに出ていました。先ず引っかかったのが時籐隆彦(阿部寛)が医者だという設定。オリジナルのジュリアンは元軍人で大尉なんて呼ばれてたりする訳で、だからこそ社長室にロープを絡めて上ったり、エレベーターに閉じ込められてからも、そこからロープを伝って降りようとしたりするのです。医者にはそりゃ無理な芸当。しかも中々古びた良いビルを見つけてきましたが、今時主電源1つで全部が停電にはならんでしょう。更に細かいことを言うと、本作では社長の胸を撃って自殺に見せかけていましたが、オリジナルは即頭部。どう考えても自分で自分を撃つのに胸を撃つのは不自然です。

04_2 05_2

社長の死を警察が最初は自殺だと思ってくれなければ、時籐が後で逮捕された時に、何故自分がエレベーターに閉じ込められていたのかを言いたくても言えないというジレンマを表現できないのですから、何気にこれは重要なポイントのはず。そして何より厳しかったのは拳銃の扱いでした。オリジナルはジュリアンの車の中に普通に拳銃がおいてありましたが、現代日本のサラリーマンの車でそれは在り得ません。ではどこから拳銃を調達するのか、オリジナルではチンピラだったルイの役目を警官の赤城(玉山鉄二)にしてしまったのです。何故かチンピラ相手に大暴れしている赤城はその時点でもう不自然極まりない。挙句、そのチンピラの親分・神(平泉成)に奪われた拳銃を取り返すために時籐の車を盗んで追いかけるのです。

06_2 07_2

さすがにそんな即物的な理由では浅過ぎると思ったのか、神の女がもと彼女という馬鹿げた設定まで用意し、その女に挑発されて神を撃ってしまうという体たらく。元々は、ドイツに占領されたフランス人の若者が、戦後12年しかたっていない段階ではまだまだ心に戦争の傷跡としてのわだかまりが残っている、その苛立ちから起こす殺人を、見事なほどに安っぽい2時間ドラマレベルの理由に変えてしまったのにはがっかりを通り越えて呆れます。しかも拳銃はそもそも赤城のものですから、それは時籐が神を撃った証拠にはなりません。エレベーターに閉じ込められている間に、別事件の殺人犯にされてしまう時籐というのが話のミソなのに、証拠は彼の車が残っていたということと、宿で見せた名刺だけ。一番重要な凶器がないって…。

08_2 09_2

結局、現代日本に話を持ってくるために辻褄あわせをした脚本がモロに裏目。元々が緻密に計算されつくした脚本だけに、一旦狂うと傷口がドンドン広がっていく。ならば思い切って、愛する女がそれ故に男に殺人を犯させる、ファム・ファタールとしてのベースだけ残して日本版としてのリメイクをすればよいものを、あくまでもオリジナルに拘ってしまったために破綻してしまったと思う。ちなみに事実上はヤクザの親分とその女が撃ち殺されただけでは日本では死刑にはならないでしょうし、夫に対する嘱託殺人の方がよほどイメージが悪いように思うのですが。それぞれの役者に対しては置かれた状況、役をしっかりこなしてはいたと思いますが、作品としては完全に失敗作だと思います。

個人的おススメ度2.0
今日の一言:アルファ・ロメオにしたのは何故だろう
総合評価:45点

>>死刑台のエレベーター(1957)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『死刑台のエレベーター(2010)』予告編

|

« 死刑台のエレベーター(1957) | トップページ | エクスペンダブルズ/The Expendables »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/37205613

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑台のエレベーター(2010):

» 死刑台のエレベーター(2010) [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。ノエル・カレフ原作、緒方明監督、吉瀬美智子、阿部寛、北川景子、玉山鉄二、平泉成、りょう、笹野高史、熊谷真実、田中哲司、津川雅彦、柄本明。フランス映画「死刑台のエレベーター(1957)」のリメイク。事件に絡む2組のカップルは、企業グループ会長夫人手都芽...... [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 22時49分

» 死刑台のエレベーター/吉瀬美智子、阿部寛 [カノンな日々]
オリジナル作品は観たことないんですけど、有名なこのタイトルとフランス映画の名作ということくらいは知ってました。予告編の映像からは特にフランスな香りは感じませんでしたけど、何だか濃厚そうラブ・サスペンスなストーリーのようで楽しみにしてました。何でもリメイク....... [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 23時13分

» [映画『死刑台のエレベーター(2010)』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆短信でごめん。  でも、かなりの問題作なので、早めに一言もの申したかったのだ。  この作品、話の40%がメチャクチャなのである^^  私は、上映の途中で抜け出したくなった。  でも、最後まで見ると、何となく許せる気分に...... [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 23時23分

» 「死刑台のエレベーター」 (2010) [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2010年・日本/角川映画原題:Ascenseur pour I'Echafaud監督:緒方明原作:ノエル・カレフオリジナル脚本:ロジェ・ニミエ、ルイ・マル脚本:木田薫子 1957年に作られた、鬼才ル [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 23時41分

» 死刑台のエレベーター(日本版) [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
ルイ・マル監督が25歳という若さで作ったオリジナルのリメイクだ。話のあらすじや重要な台詞は、同じだ。現代の日本でも違和感がないような脚本と演出にしたつもりだと思う。オリジナルの説明不足なところを補ったり、登場人物にプラスアルファのエピソードを盛り込んでいる... [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 23時44分

» 死刑台のエレベーター (2010) [映画鑑賞★日記・・・]
2010/10/09公開 日本 111分監督:緒方明出演:吉瀬美智子、阿部寛、玉山鉄二、北川景子、平泉成、りょう、笹野高史、津川雅彦、柄本明あの人を殺して、私を奪いなさい。ヌーベルバーグの傑作の言われるルイ・マル監督の『死刑台のエレベーター』(1957)のリメイク作品。完全...... [続きを読む]

受信: 2010年10月13日 (水) 14時53分

» 死刑台のエレベーター [象のロケット]
大手企業手都(てと)グループ会長の若い妻・手都芽衣子と愛人関係にある時藤(ときとう)隆彦は、手都会長を殺し2人で逃げる約束をしていた。 15分で済むはずの完全犯罪が、思わぬアクシデントによりほころび始める。 一方、手都ビルの近くでピストルを盗まれた若い警官・赤城は、恋人と共にヤクザのボスを時藤の車で追いかける…。 サスペンス。 ≪あの人を殺して、私を奪いなさい。≫... [続きを読む]

受信: 2010年10月13日 (水) 22時11分

» 死刑台のエレベーター [だらだら無気力ブログ]
フランスの名匠ルイ・マルが手掛けた1957年の傑作サスペンスを、 『のだめカンタービレ』の吉瀬美智子と『トリック』の阿部寛主演で リメイク。 完全犯罪を目論む愛人関係の男女を軸に、ふとしたアクシデントを きっかけに運命を狂わせ、不安と焦りから破滅の道へ絡み合…... [続きを読む]

受信: 2010年10月13日 (水) 22時31分

» 死刑台のエレベーター [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
死刑台のエレベーター【新版】 (創元推理文庫)ヌーベルバーグの傑作を日本映画が世界初のリメーク。こんな無謀な企画が通ることそのものに疑問がわくが、チャレンジ精神は評価したい。大手医療グループの社長夫人の芽衣子は、夫の部下である医師・時籐と不倫関係にある。2人...... [続きを読む]

受信: 2010年10月13日 (水) 23時30分

» 死刑台のエレベーター [とりあえず、コメントです]
1958年のルイ・マル監督作品を日本でリメイクしたサスペンスです。 オリジナルは未見のままチャレンジしてみました。 横浜の街の雰囲気と出演者たちの熱演が印象的な作品でした。 [続きを読む]

受信: 2010年10月16日 (土) 20時11分

» 死刑台のエレベーター [Diarydiary! ]
《死刑台のエレベーター》 2010年 日本映画 フランス映画のリメイク、大手グル [続きを読む]

受信: 2010年10月16日 (土) 22時43分

» 死刑台のエレベーター [こんな私でごめんあそばせ]
監督: 緒方 明 出演: 吉瀬美智子 阿部寛 玉山鉄二 北川景子 りょう ストーリー 大手医療企業グループの社長夫人芽衣子は愛人である傘下の医療ボランティア機構の主任医師時藤と共謀し、夫の殺害を計画する しかし、芽衣子の夫を殺害後アクシデントに見舞... [続きを読む]

受信: 2010年10月21日 (木) 08時44分

» 映画「死刑台のエレベーター」を観ました!!(2010-13) [馬球1964]
映画「死刑台のエレベーター」を観ました!! [続きを読む]

受信: 2010年10月21日 (木) 12時36分

» 死刑台のエレベーター(2010) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
1957年、仏映画界の巨匠ルイ・マル監督の鮮烈なデビュー作にして最高傑作となった「死刑台のエレベーター」を、世界で初めてリメークした作品。15分で終わるはずだった愛のための完全犯罪が、エレベーターのアクシデントによって崩れ去り、愛は破滅へと向かっていく。物語:....... [続きを読む]

受信: 2010年10月21日 (木) 14時11分

» 死刑台のエレベーター 2010年 [Said the one winning]
監督 緒方明キャスト 吉瀬美智子、阿部寛、玉山鉄二北... [続きを読む]

受信: 2010年10月22日 (金) 12時55分

» 映画「死刑台のエレベーター」 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
2010/10/21 ユナイテッドシネマ豊洲 吉瀬美智子、阿部寛、玉山鉄二、北川景子、平泉成、RYO(りょう)、 津川雅彦、柄本明、熊谷真実 * 1957年の同名フランス映画のリメイク。 尚、オリジナルについては1958年とする説もある。 何を以て「何年の映画」とするべきなのかは論を持たない。 * ある波止場で、アルファロメオ・スパイダーに乗る男(阿部寛)は、 女性(吉瀬美智子)との電話を切り、 やがて“大佐”がやってきて男に箱を渡す。 中身は自動拳銃とサイレンサー。 男は手都ビルの仕事... [続きを読む]

受信: 2010年10月22日 (金) 17時48分

» 死刑台のエレベーター(2010年・日本) [ダイターンクラッシュ!!]
2010年11月3日(水) 9:45~ TOHOシネマズ川崎8 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『死刑台のエレベーター』公式サイト フリーパス4本目。 ルイ・マルの昔のヌーヴェルヴァーグを臆面も無くリメイク。 オリジナルは、その昔に観たはずだ。良く覚えていないのだけど。 本作では、医師である阿部ちゃんのレスキュー並の能力に唖然。柄本明の物凄い推理能力に驚愕。その癖にニューナンブの銃弾が死体から摘出されているだろうに、そちらの線から警官が怪しいと思わないのは謎。と、その他も説... [続きを読む]

受信: 2010年11月 3日 (水) 22時35分

» 映画:死刑台のエレベーター [よしなしごと]
 先日15連休中に観たのですが、旅行ブログを書いていたので、映画の記事が遅くなっちゃいました。と言うわけで今回は死刑台のエレベーターです。 [続きを読む]

受信: 2010年11月 4日 (木) 02時56分

» 死刑台のエレベーター(日本語版 2010) [単館系]
オリジナルの死刑台のエレベーターを観た後さいたま新都心駅へ直行。 そして2010年の死刑台のエレベーターを鑑賞。 #ものすごく効率悪いような気がするが・・・ #そもそもMOVIXさいたまでオリジナル版の上...... [続きを読む]

受信: 2010年11月 5日 (金) 00時17分

» 死刑台のエレベーター [映画的・絵画的・音楽的]
 昔見たことのある有名な映画のリメイク作だというので、『死刑台のエレベーター』を新宿の角川シネマ館で見てきました。 (1)この作品は、出演する俳優陣が豪華ですから、サスペンス物と...... [続きを読む]

受信: 2010年11月 6日 (土) 08時13分

» 映画『死刑台のエレベーター』 [闘争と逃走の道程]
 1957年のフランス映画のリメイク。監督も「無謀な企画」と驚いたそうだけど、その無謀な企画にTV局が一枚噛んでいることに驚愕。テレビ東京の蛮勇に拍手。 死刑台のエレベーター [DVD]ルイ・マル 紀伊國屋...... [続きを読む]

受信: 2010年11月 7日 (日) 12時01分

» 死刑台のエレベーター [こんな私でごめんあそばせ]
監督: 緒方 明 出演: 吉瀬美智子 阿部寛 玉山鉄二 北川景子 りょう ストーリー 大手医療企業グループの社長夫人芽衣子は愛人である傘下の医療ボランティア機構の主任医師時藤と共謀し、夫の殺害を計画する しかし、芽衣子の夫を殺害後アクシデントに見舞... [続きを読む]

受信: 2010年11月 7日 (日) 22時55分

» 死刑台のエレベーター [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
あの人を殺して、私を奪いなさい。 愛のための完全犯罪。それは15分で終わるはずだった。 1958年公開のフランス映画「死刑台のエレベーター(英題:Elevator to the Gallows)」を舞台を現代の横浜に代えてのリメイク映画。... [続きを読む]

受信: 2010年11月 9日 (火) 00時59分

» 「死刑台のエレベーター」は2010年に起こりう... [映画と出会う・世界が変わる]
ルイ・マルの「死刑台のエレベーター」は、まさに映画史に残る大傑作であり、これと今回の緒方明作品とを比較すること自体は全くのナンセンスである。比較の結果は自明である。映画... [続きを読む]

受信: 2010年12月 1日 (水) 01時56分

» 「死刑台のエレベーター」は「いつか読書す... [映画と出会う・世界が変わる]
「いつか読書する日」の主人公たちは、自ら定めた人生のルールを他人から何と言われようと、ひたすら守って、愚直に生きる人々であった。この「死刑台のエレベーター」の主人公二人... [続きを読む]

受信: 2010年12月 3日 (金) 10時48分

» 『死刑台のエレベーター(2010/日)』はおもしろ日本語カバーだよ。 [かろうじてインターネット]
 もう12月になってしまったではないか。  12月は見たい映画が死ぬほどあって、数えてみたら14本ありました。2日に一本見なきゃ間に合わない。  そんな中、こんなん観に行っている暇あるのか...... [続きを読む]

受信: 2010年12月 3日 (金) 11時54分

» 映画『死刑台のエレベーター』を観て [KINTYRE’SDIARY]
10-75.死刑台のエレベーター■配給:角川映画■製作年・国:2010年、日本■上映時間:111分■鑑賞日:12月1日、角川シネマ新宿(新宿三丁目)■入場料:1,000円(オリ... [続きを読む]

受信: 2010年12月26日 (日) 00時23分

» 死刑台のエレベーター(吉瀬美智子主演版) [映画、言いたい放題!]
ヌーベルバーグの傑作であるルイ・マル監督の同名作品は、 随分前に観ました。 この作品を製作した時、 監督は若干25歳だったんですよね。 その世界観にびっくりでした。 さて、こちらはどんなもんでしょうか? 怖いもの見たさの心境です。(笑) 大企業“手都グル... [続きを読む]

受信: 2011年5月10日 (火) 04時54分

» 映画評「死刑台のエレベーター」(2010年日本版) [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・緒方明 ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年9月16日 (金) 10時22分

» 死刑台のエレベーター [tom's garden]
監督:緒方明 出演:吉瀬美智子、阿部寛、北川景子、玉山鉄二、平泉成、りょう、笹野高史、熊谷真実、田中哲司、津川雅彦、柄本明 「あの人を殺して、私を奪いなさい」 が、キャッチコピーの映画。 1958年に作られたフランス映画のリメイク。 どういう訳か観ていない。 ジャンヌ・モローが主演だというのに。 でも、オリジナルを観ていなくて正解だったかも。 がっかりだったから、観てても結果は同じか・・・。 愛人が自殺に見せかけて夫を殺す。 15分で終わるはずの完全犯罪が、ひとつ... [続きを読む]

受信: 2011年9月19日 (月) 22時48分

» 『死刑台のエレベーター』 [cinema-days 映画な日々]
死刑台のエレベーター 会長を自殺に見せかけて殺し、その妻と高飛びする計画が 証拠を取りに戻った際、エレベーターに閉じ込められてしまう... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) ルイ・マル監督の仏版(’58)リメイク... [続きを読む]

受信: 2011年11月26日 (土) 15時12分

» 死刑台のエレベーター(感想211作目) [別館ヒガシ日記]
死刑台のはケーブルTVで鑑賞したけど 結論は吉瀬さん満足も内容は微妙だったね 内容は社長夫人の芽衣子は時籐との 愛人関係で芽衣子が夫を自殺の様に殺害を 時籐に頼み実行も直... [続きを読む]

受信: 2012年1月15日 (日) 12時54分

» 別館の予備(感想211作目 死刑台のエレベーター) [スポーツ瓦版]
1月15日 死刑台のエレベーター 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11134918349/c19e6895 十三人の刺客&宇宙戦 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月15日 (日) 12時54分

» 死刑台のエレベーター : ドイヒーサスペンス [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日の広島は天気よくありません。まあ、梅雨だから仕方ないですが。くれぐれも災害には、注意して下さい。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 死刑台のエ [続きを読む]

受信: 2012年6月21日 (木) 20時24分

« 死刑台のエレベーター(1957) | トップページ | エクスペンダブルズ/The Expendables »