« ナイト&デイ | トップページ | ガフールの伝説 »

2010年10月 4日 (月)

ゲキ×シネ「蛮幽鬼」

Photo 人気の舞台をスクリーンで上映するゲキ×シネ作品、演出家いのうえひでのり率いる劇団☆新感線の“いのうえ歌舞伎”シリーズの1本だ。作家はゲキ×シネ「五右衛門ロック」の中島かづきが務めている。『モンテ・クリスト伯』をモチーフに無実の罪を着せられ、10年に渡って幽閉された男の凄まじい復讐劇を描く。出演は上川隆也、稲森いづみ、早乙女太一、堺雅人といった実力派が揃う。
>>公式サイト

震えが止まらない!充実の3時間

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

「五右衛門ロック」でその虜になってしまったゲキ×シネシリーズ。今回は作家をその「五右衛門ロック」と同じ中島かづきが務めているとあって期待度大。ただし今回は古田新太が出演しない…。劇団☆新感線のカリスマだけにどうなんだろう。代わりの上川隆也は今まであんまり素晴らしいと思ったことがないのです。と、色々考えながら臨んだのですが……全ては杞憂。素晴らしい作品でした!「五右衛門ロック」で感じたあの興奮、魂が震えるような感動を再び味わえるとは!とりあえずゲキ×シネを観た事がないという方、悪いことは言わないから今すぐ観たほうが良いです。しかも劇場のスクリーンで観ることに意味があります。全編182分などあっという間、舞台演劇の素晴らしさと映画の素晴らしさのコラボレーションは両者の良いとこ取り。お値段は2500円とちょっとお高めですが間違いなく値段以上の充実感が得られます。

02 03

岩窟王『モンテ・クリスト伯』をモチーフにした本作、は遠い昔に栄えた島国・鳳来国を舞台にした凄まじいばかりの復讐劇。親友の殺害という無実の罪を着せられ10年に渡って監獄に繋がれた男・伊達土門(だてのどもん:上川隆也)は暗殺者の一族・サジと名乗る男(堺雅人)の力を借りて脱獄し、自分を陥れたかつての友・音津空麿(おとつのからまろ:粟根まこと)と稀浮名(きのうきな:山内圭哉)、そして親友・京兼調部(きょうがねのしらべ:川原正嗣)を殺した犯人に復讐をすべく飛頭蛮(ひとうばん)と名前を変えて帰国するのでした。いつもの古田新太であれば序盤から笑いの渦が巻き起こるところですが、今回はいつになく真面目なお芝居。端正なお顔の上川隆也といつも笑顔の堺雅人の二人の何とも上手い間合いの掛け合いに一気に引きこまれてゆきます。

04 05

最初の見せ場はこの2人が脱獄するシーンでの殺陣。特にサジは殺し屋一族の中でも最高の腕を持つという設定だけに、立ち回りに迷いが見られたら台無しになります。堺雅人、笑顔の暗殺者の設定どおりに笑顔を崩さず見事な太刀さばきじゃありませんか!時折見せる真面目な顔はハッとするほど美形。しかしそれ以上技を見せてくれたのが後で出てくる刀衣(とうい)役の早乙女太一。流石の女形だけあって、今回も美しい方白(かたしろ)という役も見せてくれますが、彼の流れるような太刀さばきと翔ぶような躍動感溢れる体さばきは見事の一語。余りの素晴らしさにただただ呆然と眺めてしまったほどです。何しろスクリーンの中のお客さんから流石に拍手が巻き起こっていたくらい。「五右衛門ロック」での森山未來も相当に良かったですが、こと立ち回りだけなら間違いなく早乙女太一に軍配を上げます。

06 07

今回はここで脱獄をする土門とサジ、そしてそれに付き従うペナンが物語の主人公チームと言ったところ。このペナン役に扮するのが劇団☆新感線に欠かせない高田聖子。彼女はおかしなアクセントの日本語を喋る変な外人な役の割りに、何故かそれが真っ当なキャラクターとして存在してしまうという不思議な役どころでした。コミカルで真面目、この同居を難なくこなせるのは彼女ならではです。さて、土門を裏切った空麿と浮名ですがここに浮名の父親・稀道活(きのどうかつ)を加えたのが主人公の相手チーム。道活を演じる橋本じゅんは高田聖子とならんで新感線の個性派人気俳優。基本的にこの人は必ず主人公とは敵対する側のボス役で登場してくるのが常で、もうこれが毎回絵に描いたように最終的にやられキャラですが、はっきり言ってこの人がいなければ芝居は成立しません。

08 09

毎度毎度お笑い担当で今回も何故か一人だけ顔に隈取してますし。(笑)つまり悪役だけれども真の悪役ではないんですね。ということは土門の真の敵となるのは誰なのか。意外なことに彼の前に立ちはだかるのはかつての恋人・京兼美古都(きょうがねみこと)でした。演じる稲森いづみ、私は元々この人の演技力には疑問を感じていましたが、今回は序盤こそ若干のぎこちなさを覚えたものの、しり上がりにキレを増してゆきます。演技だけでなく、思わずハッとするほどの美しさは一見の価値アリ。何せ上川隆也は見たままの美男子ですから、このカップリングの敵同士とあっては落としどころに注目せざるを得ません。ってことは要は美古都が真の敵じゃないってことです。まあ当たり前ですね。じゃあ誰なのか?といっても何も特別なことではなく、ある程度までくると大体話の流れは予想がつくのですけどね。舞台芝居ですから登場人物はもう基本的に決まってますし。

10 11

クライマックスの立ち回り、役者の汗が飛び散り、目は血走る、必死の形相をアップで捉えた映像。毎回思いますが、生身の役者の迫力ある芝居を誰もが間近に見られるのがゲキ×シネの最も優れたポイントです。その渾身の迫力は例えばそれが女優であっても観客を圧倒されるだけの力があります。シーンとしてストーリーとして感動するというより、魂の篭ったその芝居に感動し、役者が捕らえた役と観ているものはその時同期するのです。あとは流れ来る怒涛の感情の渦。どんなに文言を費やしたとしても、この感動は中々説明しきれない…。最初にも書きましたが必見です。観れば解る!

>>ゲキ×シネ「五右衛門ロック」
>>ゲキ×シネ「蜉蝣峠」

個人的おススメ度5.0
今日の一言:必見!
総合評価:100点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『ゲキ×シネ「蛮幽鬼」』予告編

|

« ナイト&デイ | トップページ | ガフールの伝説 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/37064228

この記事へのトラックバック一覧です: ゲキ×シネ「蛮幽鬼」:

» ゲキ×シネ『蛮幽鬼』(2010)/日本 [NiceOne!!]
作 : 中島かずき演出:いのうえひでのり出演:上川隆也、稲森いずみ、早乙女太一、橋本じゅん、高田聖子、粟根まこと、山内圭哉、山本亨、千葉哲也、堺雅人試写会場 : 富士ソ... [続きを読む]

受信: 2010年10月 4日 (月) 04時32分

» 『蛮幽鬼(ばんゆうき)』劇団☆新感線 [猫とHidamariで]
祈りとは 救いの道か、それとも 破滅の河か―蛮幽鬼公式HP『蛮幽鬼(ばんゆうき)』公式ブログ劇団☆新感線オフィシャルHPInouekabukiShochiku-mix『蛮幽鬼』天空を覆う星降りの雨の... [続きを読む]

受信: 2010年10月 5日 (火) 00時02分

» ≪ゲキ×シネ≫ 蛮幽鬼 [象のロケット]
遠い昔。 伊達土門(だてのどもん)は、恋人・美古都(みこと)の兄で留学生仲間の京兼調部(きょうがねしらべ)を殺したと言う無実の罪で、果拿(かだ)の国の監獄島に幽閉される。 10年後、“サジ”と名乗る男の協力で脱獄し、祖国・鳳来(ほうらい)国に帰国した土門は、かつて自分を陥れた者たちへの復讐を進めて行く。 思わぬ形で美古都(みこと)と再会するのだが…。 時代活劇。... [続きを読む]

受信: 2010年10月 6日 (水) 09時01分

» ゲキ×シネ「蛮幽鬼」 [Said the one winning]
監督 いのうえひでのりキャスト 上川隆也、堺雅人、... [続きを読む]

受信: 2010年10月 8日 (金) 12時39分

» ゲキ×シネ『蛮幽鬼』 [あーうぃ だにぇっと]
8月2日(月)ゲキ×シネ『蛮幽鬼』@アキバシアター。 “げきぴあ” さんのご招待で、マスコミ試写に混じり鑑賞してきました。 ぴあさんにはいつもお世話になり感謝しております。 ゲキ×シネは、早く観たくていつも一所懸命応募するのですが当らない。 今回、生まれて初めて(笑)当り正直言ってかなり嬉しかったです。... [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 22時32分

» ゲキ×シネ「蛮幽鬼」/上川隆也、堺雅人 [カノンな日々]
ほぼ鉄板と言ってもいいくらいの大アタリ率の高いゲキ×シネシリーズの第8作目です。今回は残念ながら劇団☆新感線の看板俳優の古田新太さんは出演されてないみたいなんですけど、そのかわりお気に入りの堺雅人さんが客演ということでそこんとこ楽しみに観に行ってきました。...... [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 23時14分

» ゲキ×シネ:蛮幽鬼 [よしなしごと]
 お芝居(舞台)の録画を映画チックにアレンジしたゲキ×シネというニュージャンルももう8作目。ちょっと高めの値段設定だが実際の舞台を見に行くよりも格安で、見やすくアレンジされている。前から興味はあったのですが、なかなか上映時間と僕の予定があわずにいました。今回LOVE Cinemas ChofyのKLYさんがブログでもツイッターでもべた褒めだったので時間を作って見に行くことに。と言うわけで今回の記事はゲキ×シネ『蛮幽鬼』です。... [続きを読む]

受信: 2010年10月27日 (水) 13時22分

» ゲキ×シネ 蛮幽鬼 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
闇の友が囁く――復讐の道を進めと。その終わり無き荒野へと続く道を。遠い昔。ようやくひとつの政権で統治され始めた島国・鳳来(ほうらい)の国にまつわる物語。無実の罪で監獄島に幽閉された《伊達土門》(だてのどもん)。10年の歳月が流れてもなお、濡れ衣を着せた者た....... [続きを読む]

受信: 2010年11月 8日 (月) 13時40分

» ゲキ×シネ 蛮幽鬼 [迷宮映画館]
初体験!なかなかの迫力!!ぐいと力を感じました。 [続きを読む]

受信: 2010年11月19日 (金) 17時03分

« ナイト&デイ | トップページ | ガフールの伝説 »