« ヘヴンズ ストーリー(レビュー後編) | トップページ | ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う »

2010年10月 7日 (木)

七瀬ふたたび

Photo 筒井康隆の作家生活50周年記念映画にして、累計430万部、ドラマ化4度を誇る同名大ベストセラー小説の初映画化。超能力者の苦悩や葛藤、そして彼らの抹殺を企む謎の組織に立ち向かう火田七瀬を描いたSFドラマだ。主演は『猿ロック THE MOVIE』の芦名星。共演に『すべては海になる』の佐藤江梨子、『ラブコメ』の田中圭、吉田栄作、平泉成と若手とベテランが揃う。監督は小中和哉。
>>公式サイト

原作への興味が薄れる映画

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

原作は未読。筒井康隆の「家族八景」から始まる七瀬三部作の2作目なのだけれど、実は「家族八景」だけ読了しています。従って本編のざっとした流れは把握していますが、それにしても余りにもチープかつお手軽な作品で、単純に超能力者の葛藤を描いた作品として、お世辞にも良い出来とは言えません。ポスターで観る火田七瀬役の芦名星は気品のある美人。個々人の原作のイメージと合うかどうかはともかくとても魅力的で、筒井康隆本人が「芦名星はもっとも七瀬らしい七瀬である」とコメントするのも納得なのですが。ちなみに本編上映前に10分間の短編『七瀬ふたたび ~プロローグ~』という作品が上映され、タレントの中川翔子が監督を務めています。その昔テレビドラマ版を演じた多岐川裕美も出演していて、中々に凝った映像となっていました。

02 03

で本編。原作に忠実に描かれているとのことですが、だとしたら原作が面白くないのか。大ベストセラーであることを考えたらそうではないのでしょうが、この本編を観て原作が読みたくなるかと問われれば否です。主人公・火田七瀬はテレパスで人の心が読める女性。とある事件の犯人として追われており、同じテレパスである山沢ノリオ(今井悠貴)、そしてテレキネシスの能力者であるヘンリー・フリーマン(ダンテ・カーヴァー)とともに逃げていました。ところが事件の犯人として追われているのかと思いきや、実は全ての超能力者抹殺を企てる謎の組織に追われているというのが本作のメインストーリー。追いかける組織のリーダー狩谷(吉田栄作)は七瀬たち能力者の居場所を感知できるらしいけれど具体的な能力は不明です。

04 05

先ず根本的な問題として超能力の表現が上手くない。例えば七瀬が心を読んでいる時の相手の思考などはナレーションで聞かせ、映像で見せ、文字で表現する、という複数並行になっています。これは同時複数の思考の奔流が七瀬の頭に流れ込む様子を文字や映像を重ね合わせる表現を採る事で原作に忠実にあらんとしたのでしょう。しかし意図は解るのですが余りにバカ正直過ぎ。小説では心を読む部分は括弧に括られ一文ごとに書かれた文章になっていますが、それならば複数あっても普通に読めば解りますし、解らなければ読み直せばいい。しかし映画の場合は、音声と文字を含んだ映像という重なりは、情報量として多すぎるんです。結果として何を言っているのかがあやふやになってしまう。心を読んだ内容を理解することに頭を使わせないで欲しいのです。

06 07

やたらと凝り過ぎかと思えば漁藤子(佐藤江梨子)のタイムトラベルは体が光ってあっさり終わりと今度は凝らなさ過ぎ。そして極めつけはヘンリーの能力・テレキネシスのお粗末な表現。その力で敵の頭を叩き潰すシーンではあからさまに何かの被り物を潰した状態にもうドン引きです。いかにも予算がないんだなぁと同情すらしてしまいました。結局、岩淵了(田中圭)の予知が一番オーソドックスながらもまともだったように思います。ところでこの岩淵了は七瀬の事が好きなのに、出会った時にずっと七瀬に心を覗かれていたことを恥じて彼女を避けているという設定。原作未読なのでよく解りませんが、なぜ読まれた事をそこまで延々と引きずるのかがきちっと描かれていないので、本当にただそれだけが理由なのだとしたら余りに深みのない登場人物です。

08 09

さて、謎の組織に襲われ逃げる七瀬たち。浚われたノリオを助けるために敵のアジトへ向かいます。近づく決戦の時を前に七瀬は藤子に言うのでした。「あなたの能力は戦いには向いてない。だからここで待ってて。」いや、テレパスも十分向いてないと思いますが。(苦笑)湖の対岸のアジトまでテレキネシスで七瀬を飛ばすシーンは、今時流石にそりゃないだろうというクロマキーレベル。学生の自主制作映画じゃないんだからもうちょっとちゃんとやりましょうよ。そしてそのまま最強の敵・狩谷と対決に…。最強の敵といわれても、やったことは七瀬たちの場所を何らかの手段で感知したことと、ノリオの心の声を擬態して彼女を罠にはめたことぐらい。彼の能力が不明なことで彼の危険度や強さがイメージしにくいため、折角の決戦シーンも何だかいま一つのめり込めません。

10 11

狩谷の心の奥底に入り込み、隠されていた想いを表面化させる七瀬。もっともそりゃ気持ちとしては嫌でしょうが、それで何かの攻撃になっているとするのは無理がありすぎじゃないの?なんて思っていたら、突然発火して殺されてしまう狩谷…。七瀬にはいつからパイロキネシスも備わっていたのでしょうか?超能力者を題材にした作品は幾らもありますが、今まで観た中でもかなり酷い部類に入る作品。芦名星が美人であること以外何も観るべき所がないと言ってもよいと思います。

個人的おススメ度2.0
今日の一言:七瀬じゃなくてメーテルかと思ったよ…
総合評価:45点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ヘヴンズ ストーリー(レビュー後編) | トップページ | ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/37121551

この記事へのトラックバック一覧です: 七瀬ふたたび:

» [永遠の名作『七瀬ふたたび』] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆何度、映像化をされるのだろう・・・。 今夜、NHKで、連続ドラマ『七瀬ふたたび』が始まった。 ・・・この作品は、私の中学生時代(25年前)の情緒を彩った作品である。 筒井康隆の原作を読んだあと、私は、七瀬と仲間たちのことをいつ...... [続きを読む]

受信: 2010年10月 7日 (木) 19時36分

» 七瀬ふたたび THE MOVIE [やっぱり邦画好き…]
人の心を読む美しき能力者の活躍を描き、熱狂的なファンを獲得し続けている不朽のSF小説「七瀬ふたたび」。筒井康隆の最高傑作のひとつであり、《七瀬三部作》(「家族八景」「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」)のなかでも中心となる作品として、何度もTVドラマ化されるなど人気を博してきたが、これまで一度も映画化されたことがなかった。その「七瀬ふたたび」が、出版から35年の時を経て、満を持して初の完全映画化される...... [続きを読む]

受信: 2010年10月 7日 (木) 23時55分

» [映画『バイオ4』『大奥』『七瀬ふたたび』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆短信映評3連発です!    ◇  『バイオハザードIV −アフターライフ−』        ・・... [続きを読む]

受信: 2010年10月 8日 (金) 20時18分

» 七瀬ふたたび [ともやの映画大好きっ!]
【2010年・日本】試写で鑑賞(★★★☆☆) 1972年に発売された筒井康隆の同名SF小説が原作、5度目の映像化で初の映画化作品。 能力者であるがゆえに人目を忍んで生きてきたヒロインが、同じような特殊能力を持つ者たちと出会い、彼らを抹殺しようとする謎の組織に立ち向かっていく姿を描くSF映画。 ある男・西尾秀幸(池田成志)が密室状態の部屋で拳銃自殺をする事件が発生する。不可解なのは、その男の両腕が粉々に砕かれているにも関わらず、どうやって拳銃自殺を行ったのか? 初老の刑事・山本義男(平泉成)は、事... [続きを読む]

受信: 2010年10月 8日 (金) 22時40分

» 七瀬ふたたび/芦名星、佐藤江梨子、田中圭 [カノンな日々]
原作が筒井康隆さんの作品の中でも『時かけ』と同様に特に有名でドラマ化も何度かされてきたというのは知っていたのですが、その原作も実写化された作品にもこれまで一度も触れたことがありませんでした。最近NHKで再度ドラマ化された時に観ようと思っていたんですけど初回を...... [続きを読む]

受信: 2010年10月 8日 (金) 23時27分

» 七瀬ふたたび [象のロケット]
人の心を読むテレパシー能力を持つ七瀬は、同じテレパスである7歳の少年ノリオと、テレキネシス(念動力)の持ち主である黒人青年ヘンリーと3人で、北海道の湖畔の家で暮らしていた。 マカオのカジノで生活費を稼いで帰る途中、七瀬と現地で知り合った瑠璃は狙撃者に狙われる。 謎の組織がエスパー(超能力者)狩りを始めていたのだ…。 SFファンタジー。... [続きを読む]

受信: 2010年10月 9日 (土) 00時50分

» 七瀬ふたたび [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 日本  SF&サスペンス  監督:小中和哉  出演:芦名星      佐藤江梨子      田中圭      ダンテ・カーヴァー 【物語】  人の心を読むことができるため、能力者を狩る暗黒組織に追われる毎日を送る 七瀬。能力者の絶滅をもくろむ組織の魔の手が迫って....... [続きを読む]

受信: 2010年10月10日 (日) 10時37分

» 『七瀬ふたたび』 思い入れが深い作品だっただけに…残念な出来だったので、辛口レビューご勘弁を [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
『七瀬ふたたび』 とても思い入れのある作品だから、映像化に対して辛口になってしまうのは許してほしい。 なんといっても筒井康隆は、初めて夢中になった作家といっても良いほど好きだったから。 そして、主人公の七瀬は…もしかしたら僕がはじめて恋した女性かもしれない、... [続きを読む]

受信: 2010年10月10日 (日) 16時45分

» 映画『七瀬ふたたび』 [健康への長い道]
 これまで何度も映像化されている『七瀬ふたたび』ですが、筒井康隆さんの原作も読んだことがなく、この作品に触れるのは初めて。  休日の14:30といえば、わりに混む時間帯なんですが、テアトル梅田はがらがらです。10月9日から始まったばかりだというのに・・・。 S…... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 19時43分

» 七瀬ふたたび [ケントのたそがれ劇場]
★★★  筒井康隆の原作を読んでから、もう10年以上の時が過ぎている。従って細かいあらすじはとっくの昔に消失してしまった。だが乗っている列車の事故を予知して、次の駅で子供と一緒に降りるシーンだけは、なぜか鮮明に記憶している。  ただ脚本のほうは、微妙にアレ... [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 11時38分

» 七瀬ふたたび [単館系]
原作はは読んでいませんが、NHKドタマ8でやっていた七瀬ふたたびは 観ました。 このドラマを見て、おお、これは面白い!よ思って、録画まして... [続きを読む]

受信: 2010年10月18日 (月) 01時54分

» 七瀬ふたたび [佐藤秀の徒然幻視録]
案外連合赤軍がベース? 公式サイト。筒井康隆原作、小中和哉監督、芦名星、佐藤江梨子、田中圭、前田愛、ダンテ・カーヴァー、今井悠貴、平泉成、吉田栄作、多岐川裕美、中川翔子。「七瀬」という名前は、何度となく目にし、耳にしてきたのだけれど、断片的な知識しかなく、....... [続きを読む]

受信: 2010年10月20日 (水) 22時04分

» 「七瀬ふたたび」 [みんなシネマいいのに!]
 筒井康隆の原作で今までドラマは何度もされているが、映画化は今回が初めて「七瀬ふ [続きを読む]

受信: 2010年11月 3日 (水) 20時14分

» 七瀬ふたたび [映画的・絵画的・音楽的]
 筒井康隆の原作の映画化というので、『七瀬ふたたび』を渋谷のシアターNで見てきました。 (1)この映画は、冒頭に「プロロー... [続きを読む]

受信: 2010年11月13日 (土) 08時19分

» 七瀬ふたたび [墨映画(BOKUEIGA)]
「心、見透かす」 【STORY】(goo映画様より引用させていただきました。) 人の心を読むことができるテレパスの七瀬は、同じ能力を持つ少年ノリオ、念動力を持つ黒人青年ヘンリーの3人と、北海道で暮らしていた。 ある日、外国から戻った七瀬...... [続きを読む]

受信: 2010年11月17日 (水) 07時34分

» 七瀬ふたたび [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
彼女はテレパス 人の心の中を読む 筒井康隆原作の「七瀬3部作」(家族八景、七瀬ふたたび、エディプスの恋人)より何度もドラマ化された「七瀬ふたたび」の映画化。 七瀬は人の心を読むテレパス。同じテレパスの少年ノリオと... [続きを読む]

受信: 2010年12月 1日 (水) 00時49分

» 七瀬ふたたび [だらだら無気力ブログ]
これまでにも何度もドラマ化されてきた筒井康隆の人気SFを『シルク』の 芦名星主演で初の映画化。未知能力を持つゆえに人目を忍んで生きてきた ヒロインが、同じように特殊な能力を持つ者たちと出会い、彼らを抹殺しよう とする謎の組織に立ち向かっていく姿を描く。 …... [続きを読む]

受信: 2010年12月 5日 (日) 23時34分

» 七瀬ふたたび [Memoirs_of_dai]
予想GUYな微妙な飛び方 【Story】 人の心を読むことができるため、能力者を狩る暗黒組織に追われる毎日を送る七瀬(芦名星)。能力者の絶滅をもくろむ組織の魔の手が迫ってくる中、七瀬と仲間の能力者...... [続きを読む]

受信: 2011年4月22日 (金) 00時02分

» 七瀬 ふたたび [映画、言いたい放題!]
筒井康隆氏の作品の大ファンです。 その映画化となると、 やはり気になるわけですよ。 なかなか当たりには会えませんが、 アニメの「時をかける少女」は大変よかったです。 今回は人気シリーズの映画化。 芦名星さんが、ヒロイン。 どうなんでしょう? でも観てみないとね。... [続きを読む]

受信: 2011年6月17日 (金) 00時16分

» 七瀬ふたたび [ゴリラも寄り道]
七瀬ふたたび [DVD](2011/04/07)芦名星、佐藤江梨子 他商品詳細を見る<<ストーリー>> 筒井康隆作家生活50周年記念映画がDVD化! 人の心の中を読む能力(テレパス)を持つ主人公・火田七瀬が、 同じように...... [続きを読む]

受信: 2011年6月19日 (日) 03時44分

» 【映画】七瀬ふたたび…映像化はたびたび [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
追い詰められて、実に面白くないサブタイトルを付けてしまった事を許してほしいピロEKです。 …しかし筒井康隆って断筆してもこんな感じで食いっ逸れないんだろうなぁ と、映画の話を既に始めちゃった感がありますがまずは近況報告。 2011年7月9日(土曜日)は夜勤明...... [続きを読む]

受信: 2011年7月12日 (火) 23時33分

« ヘヴンズ ストーリー(レビュー後編) | トップページ | ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う »