« ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う | トップページ | RED LINE »

2010年10月 9日 (土)

アイルトン・セナ ~音速の彼方へ

Photo 1994年、レース中に事故死したF1ドライバー、アイルトン・セナの生誕50年記念作品。彼のF1人生を振り返るドキュメンタリーだ。純粋に速さを競い合うことを望んだセナとF1にはびこる政治の問題。そんな中でも3度のワールドチャンピオンを獲得した彼の心の葛藤や知られざる素顔を紹介している。プロスト、マンセル、ピケらライバルの懐かしい顔も覗える一作。
>>公式サイト

アイルトンのいた6年間

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

1994年5月1日。この日は私にとって一生忘れられない日です。言うまでもなく偉大なF1レーサーアイルトン・セナが事故死した日。当時のF1ブームの中で青春を過ごした人には解ってもらえると思いますが、アイルトンは別格でした。誰が何と言おうと私の中では史上最速のF1ドライバーはアイルトンなのです。私がF1を観始めたのは1988年からで、全てのレースを当時はVHSテープですが録画して今でも保存してあります。しかし1994年のサンマリノGPで彼が事故死したテープは自分で封印し、それから今日まで一度も観ていません。と同時に私のF1は終わりを告げました。ダメなんです、アイルトンがいないF1は少なくとも当時の私には考えられなかった…。という訳で、今回は作品のレビューと言うより、私の想い出になってしまいそうです。

02 03

上映開始とともに、久しぶりに観る若かりし頃のアイルトン。正確にはアイルトン・セナ・だ・シルバ。彼の元気に動いている映像と声を聞いただけで涙がボロボロとこぼれるのが止められませんでした。彼のF1人生は大まかに分けて3つ。ロータス以前とマクラーレン時代、そしてウィリアムズ時代。序盤のロータス時代から神速を見せ付けていたアイルトン、劇中には登場しませんがこの時のパートナーが日本人で初めてF1にフルタイム参戦した中嶋悟です。雨のセナ、雨の中嶋と呼ばれ、ウェットコンディションになると滅法強かったのを思い出します。しかしアイルトンの全盛期を迎えるのがマクラーレン時代でした。既にワールドチャンピオンを2度獲得していたアラン・プロストとのカップリングで駆るマシンは名車マクラーレンMP4/4。エンジンはホンダのRA168Eです。

04 05

余談ですがV6ターボのこのエンジンは一説によると1600馬力ものパワーを搾り出し、マクラーレンチームに前人未到の16戦15勝という伝説的勝利をもたらしました。そして同時にアイルトンは始めてのワールドチャンピオンを獲得します。日本GPのスタートミスからの文字通り神懸り的な走りは今でもはっきり覚えています。本当に速かった。人間技とは思えない速さだったのです。しかしここから先、純粋に速さを追求する、ライバルと競い合うことに命を賭けるアイルトンと、冷徹に計算し、時にその政治力を発揮してでもチャンピオンを獲得しにいくプロストとの確執が始るのでした。当時のFIFA会長はフランス人のジャン=マリー・バレストル。同じフランス人でF1界における絶対権力者を見方につけたプロストはあからさまにその政治力を発揮し始めます。

06 07

今改めて映像をみても、どう考えても裏がある裁定ばかり。当時の私はそんなプロストが大嫌いでした。ドライバーのテクニック以外の部分で相手を押し込めるやり方、そしてそれに対して己の技を磨くことでのみで対抗したアイルトン。私だけでなく、日本人のメンタリティを考えたら彼を応援せずにはいられません。その最たるものが翌1989年の日本GPでしす。プロストがポイント有利で迎えたこのレースでのシケイン接触事故もはっきり覚えています。結局アイルトンは失格裁定を下されてプロストがチャンピオンに。しかも何故かF1のスーパーライセンスを発行しないという嫌がらせのオマケつき。すったもんだの挙句参戦が決まった1990年のシリーズでは、同じ日本GPの第1コーナーで2人は接触リタイア。結果としてアイルトンがチャンピオンになるのでした。

08 09

コレは私もスッキリしなかったことを覚えています。もちろん2人とも相手のせいにしていますけれど、相手がリタイアしたら自分がチャンピオンになることは解っていた訳で。わざとやったとまでは言いませんが、少なくとも褒められた話ではありません。結局この2人はF1に対するスタンスが違いすぎていました。年を取った今なら解りますが、スポーツで政治的力学が働かないものなど存在しません。本気で純粋な競争原理だけだという人がいたら相当おめでたい人です。故に当時プロストはプロストで、速さでは絶対的に敵わない男に、自分の持てる全ての力を注いで戦っていたのです。このあと1991年もアイルトンはチャンピオンを獲得。母国ブラジルGPでの初勝利や、作中には出てきませんが本田宗一郎の弔い合戦でのポールトゥウィンなど印象深い戦いが続きます。

10 11

そしてこの年を限りにホンダはF1を撤退するのでした。1992年、明らかに戦闘力がガタ落ちしたマクラーレンを駆るアイルトンとは対照的に、最新電子技術となるアクティブサスペンションや、トラクションコントロールを装備したウィリアムズを駆るナイジェル・マンセル。コレも作中では登場しませんがこの2人が繰り広げたモナコGPの激闘は伝説になっています。深夜に怒鳴りながらアイルトンを必死で応援していたものでした。ただいずれにしてもこの年と1993年はアイルトンにとっては甚だ不本意なシーズンでしたが、それでも第15戦の日本GPで勝ち、次の最終戦オーストラリアGPでも勝利を納めます。そしてコレが彼の最後の勝利となったのでした。1994年は実はよく覚えていません。当時私はたまたま友人同士でキャンプに行っていました。

12 13

後輩からアイルトン死亡という話を聞き、そんなバカなと思いつつコンビニに走ると「セナ事故死」の見出しがついた新聞が。信じられない思いのままに帰宅して録画していたビデオを再生すると映ったのが、フジテレビの三宅アナ、それに解説の今宮氏とピットリポーターの川井氏が目に涙をためながら必死で事故を伝える映像でした。本作でもそれはしっかり映し出されており、16年ぶりに見たその映像は、一気に私の気持ちを過去へと引き戻したのです。どうにもならないほどに泣きました。感動ではなくて、純粋に悲しかったから。やっぱり今観てもやりきれません。原因は諸説あるようですが、もうそれもどうでも良いです。やはり16年前の5月1日で私の中のF1は終わったのだと。例え今みて楽しめたとしても、それはアイルトンがいた私の6年間とはもう違うのです。

個人的おススメ度5.0
今日の一言:アイルトンを知って欲しい

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』予告編

|

« ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う | トップページ | RED LINE »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/37146765

この記事へのトラックバック一覧です: アイルトン・セナ ~音速の彼方へ:

» 映画「アイルトン・セナ 音速の彼方へ」 感想と採点 ※ネタバレあります [ディレクターの目線blog]
映画『アイルトン・セナ音速の彼方へ』を、本日初日にて鑑賞。レディースデイのためか、午前中初回のためか、観客は少なめの30名程度で、殆どがオジサンでした。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら60点。ただ、本作には資料的な価値もあるので、プラス★1個。 ざっくりストーリー 16年前、34歳でサーキットに散ったF1界のスーパースター、アイルトン・セナ。彼の生い立ちから、F1界のトップに登り詰め、今もなお謎の事故による死までを、ドキュメンタリー映像で... [続きを読む]

受信: 2010年10月 9日 (土) 11時32分

» アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ / SENNA [勝手に映画評]
1994年5月1日のサンマリノGP決勝で、事故死したアイルトン・セナに関するドキュメント映画。今日から開催予定だった、日本GPに合わせ全世界最速で日本で公開。もっとも、雨のため、今日予定されていた日本GPの予選は順延。明日、予選と決勝を一日で行う予定です。 ... [続きを読む]

受信: 2010年10月 9日 (土) 18時19分

» アイルトン・セナ 音速の彼方へ [象のロケット]
華麗なドライビング・テクニックと激しい闘志で全世界を熱狂させたF1ドライバーのスーパースター、アイルトン・セナ。 各国メディアから提供されたレース映像、オンボード・カメラやインタビュー、プライベート映像、未公開映像を元に、34年の人生を綴るドキュメンタリー。... [続きを読む]

受信: 2010年10月10日 (日) 03時28分

» アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】 あの日以来、F1の安全基準が見直される。 [続きを読む]

受信: 2010年10月10日 (日) 15時58分

» アイルトン・セナ音速の彼方へ [美貌録(備忘録)]
アイルトン・セナ音速の彼方へ セナが全盛のころF1に対し然程興味を持っていなかったためテレビ観戦も含めサーキットへも足を運んだことはない。それでも、セナがレース中亡くなったことやプロスト、バリチェロの名前は知っている。アラン・プロストとも確執も。 セナは陸上短距離のボルトーやゴルフのタイガーウッズの様に他プレイヤーに比べ頭一つ抜きん出た才能の持ち主だったのだと思う。勿論勝負に対しての執念もである。 そのころセナのファンだった人が観れば感慨深いものがあるのだと思う。あの神がかった... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 01時17分

» ★アイルトン・セナ ~音速の彼方へ(2010)★ [CinemaCollection]
SENNAアイルトン・セナ財団公認 生誕50年記念作品上映時間108分製作国イギリス公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2010/10/08ジャンルドキュメンタリー/スポーツ34歳の若さで突如... [続きを読む]

受信: 2010年10月11日 (月) 01時41分

» アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ 泣いてしまうのはわかっていたけど・・・ [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=45 -13-】 自分の立ち位置がよーわからん、そのうち落ち着くのかな? 少なくとも、週末の休みは激減しそうだ、でも違った休暇の取り方はさせてもらおう、水平飛行に入ったら・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ〜  F1ドライバーとして3度のワールドチャンピオンを獲得し、世界の頂点に登り詰めたアイルトン・セナ。1960年3月21日、サンパウロで生まれたセナは、4歳にしてカートに夢中になり、プロレーサーを志す。トールマンからカーレース最高峰のF1デビュー。その後ロータス、マクラーレン、ウ... [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 23時14分

» アイルトン・セナ ~音速の彼方へ [とりあえず、コメントです]
1994年、突然に事故で他界したF1ドライバー、アイルトン・セナの軌跡を追ったドキュメンタリーです。 モータースポーツには全く興味の無い私でも、セナの名は毎週のように聞いていて、事故のニュースを聞いた時はとてもショックでした。 そんな人気者だったセナがどんな苦労を背負いながらF1ドライバーとして活躍していたか、 改めて知ることの多い作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 23時14分

» アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ [to Heart]
製作国イギリス 上映時間 108分 監督アシフ・カパディア 1994年にレース中の事故で他界したF1ドライバー、アイルトン・セナの実像に迫るドキュメンタリー。天性のドライビング・テクニックと甘いマスクでファンを魅了し、その裏に秘めた闘志で数々の名...... [続きを読む]

受信: 2010年10月17日 (日) 20時27分

» 『アイルトン・セナ~音速の彼方へ』(2010)/ア... [NiceOne!!]
原題:SENNA監督:アシフ・カパディア脚本:マニッシュ・パンディ出演:アイルトン・セナ、アラン・プロスト、フランク・ウィリアムズ、ロン・デニス、ヴィヴィアーニ・セナ、ミルト... [続きを読む]

受信: 2010年10月21日 (木) 08時42分

» アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ/アイルトン・セナ [カノンな日々]
音速の貴公子と呼ばれた伝説のF1ドライバー、アイルトン・セナ。1994年のイモラサーキットでのレース中の事故で34歳という若さでこの世を去った世界的スーパースターの実像に迫るドキュメンタリー作品です。当時の私も車好きだったこともあり世の中の流れに乗っかって夢中に....... [続きを読む]

受信: 2010年10月30日 (土) 22時40分

» アイルトン・セナ 音速の彼方へ [ダイターンクラッシュ!!]
2010年11月3日(水) 11:55~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『アイルトン・セナ 音速の彼方へ』公式サイト フリーパス5本目。 1990年代初頭のF1は、一番良く見ていた時代。 セナの事故もライブで見ていた。 ウィリアムズにマクラーレンが勝てなくなってから、ウィリアムズへの移籍を露骨に企むセナは、弱いところを強くしてこそのセナだろと、あまり好きでなかった。 個人的には、ナイジェル・マンセルが一番だ。ウィリアムズの踏むだけマシ... [続きを読む]

受信: 2010年11月 3日 (水) 23時41分

» アイルトン・セナ ~音速の彼方へ [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
34歳の若さで 突如この世を去った 天才ドライバー。 彼は自らの命を捧げ 音速の先に、何を追い続けていたのか? 音速の貴公子の愛称で親しまれたF1ドライバー、アイルトン・セナ。34歳という若さでこの世を去ったセナのドキ... [続きを読む]

受信: 2010年11月 9日 (火) 00時47分

» アイルトン・セナ〜音速の彼方へ〜 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
11年間に渡るF1人生で3度の世界チャンピオンに輝き、華麗なテクニックで人々を魅了し、惜しくも34歳で生涯を閉じた史上最高のレーサー、故アイルトン・セナ。彼の生誕50 ... [続きを読む]

受信: 2010年11月30日 (火) 12時33分

» アイルトン・セナ 音速の彼方へ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
アイルトン・セナ 音速の彼方へ '10:イギリス◆原題:SENNA ◆監督:アシフ・カパディア ◆出演:アイルトン・セナ、アラン・プロスト、フランク・ウィリアムズ、ロン・デニス、ヴ ... [続きを読む]

受信: 2010年12月10日 (金) 17時22分

» アイルトン・セナ~音速の彼方へ/SENNA(映画/DVD Blu-ray) [映画を感じて考える~新作映画、DVD/Blu-ray問わず映画批評]
[アイルトン・セナ] ブログ村キーワード34歳の若さで突如この世を去った天才ドライバー その想いは、永遠に走り続けるアイルトン・セナ~音速の彼方へ(原題:SENNA)満足度:★★★ ... [続きを読む]

受信: 2011年3月21日 (月) 07時10分

» 映画評「アイルトン・セナ 音速の彼方へ」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2010年イギリス映画 監督アシフ・カパディア ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年11月19日 (土) 10時23分

« ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う | トップページ | RED LINE »