« 森崎書店の日々 | トップページ | 脇役物語~Cast me if you can »

2010年10月27日 (水)

隠された日記 母たち、娘たち/Mères et filles

Photo_2 祖母ルイーズ、母マルティーヌ、娘オドレイの3代にわたって女性のたちの生き方や、娘にかける想い、親に対する想いを綴った女性ドラマだ。出演は母役に大女優カトリーヌ・ドヌーヴ、祖母役と娘役に『潜水服は蝶の夢を見る』のマリ=ジョゼ・クローズとマリナ・ハンズ。監督は『正しい恋愛小説の作り方』のジュリー・ロープ=キュルヴァルが長編3本目のメガホンを取る。
>>公式サイト

時を越えた女性たちの生き様

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

初日に観に行ったのですが、序盤の展開のあまりの眠さでそのまま半分以上寝てしまったため、とてもレビューなど書けず再鑑してきました。今度は睡眠もたっぷり、事前に食事することもなく臨むもやっぱり序盤は眠くなる。流石に眠りこそしませんでしたが、それでも頭を振りまくり、ガムを噛みまくって耐えしのぐ始末。うん、きっとこの作品の序盤は少なくとも私にとっては面白くないということなのでしょう。美しく愛らしいあのカトリーヌ・ドヌーヴも今は昔、今回は何やら良い体格の大阪オバチャン風な母親役です。もっとも劇中での存在感はさすがですけども。基本的にオドレイ役のマリナ・ハンズを中心に話が進んでいくのですが、気が強く自立した女性、しかしその心の奥には母親ルイーズへの愛情と恨みが降り積もっているという役どころを難なくこなしていました。物語はオドレイが仕事先のカナダからフランスに帰国したところから始まります。

02_2 03_2

母マルティーヌは評判の内科医で見るからにやり手。しかしお土産に渡したデジカメには文句をつけ、何だか2人の間にはうすら寒い空気が漂っています。聞いているとどうやらオドレイがカナダに行ってしまったのを、親を捨てて出て行った娘と捉えているらしい…。オドレイの方も仕事上のチャンスだったからだといいつつも罪悪感は抱えている。実は彼女は妊娠していて、先行きに不安を覚えての帰国だったのだけど、とてもじゃないが母にそんなことを相談する雰囲気じゃなく…。居たたまれなくなった彼女は、海辺にある祖父の家に滞在してそこで仕事をすることに決めるのでした。そして彼女がこの家のキッチンの戸棚から祖母ルイーズの日記を見つけたことから話が本格的に動き始めるのです。日記には自分の悩みや子供たちへの気持ちが綴られていて、本作はそれが徐々に読み進められていくようにある謎に迫っていくのでした。

04_2 05_2

その謎とは祖母の失踪した理由のこと。実はマルティーヌの話では祖母ルイーズはある日突然彼女と弟のミシェル(ミシェル・デュショーソワ)を置いて出て行ったということになっています。しかし、彼女たち自身の記憶でも、実際に私たちが観る映像でも、ルイーズは非常に聡明な女性でありとてもそんなことをするようには見えません。彼女が家を出て行く、即ち子供たちを捨てるという結果になってしまった過程を当時の日常生活とともに描くことは、マルティーヌの人生や母に対する想い、そしてそんなマルティーヌの娘であるオドレイの母に対する想いとこれまでの人生をも明らかにすることに他なりません。何故なら彼女たちは一つの想いで連綿と繋がる女性たちだから。面白い演出だったのが当時のルイーズとオドレイが時間を越えて会話をするシーン。当然幻想なのですが、折に触れて何かを示唆するオドレイの話は、この物語の謎にせまるヒントにもなっています。

06_2 07_2

ルイーズの生きた時代は女性の社会進出など考えられない時代。しかしそんな環境にあっても彼女は自立した女性でありたいと願っていました。しかし夫(=祖父)はそれを許さず、彼女を日がな一日自宅に縛りつけておこうとします。これは彼女が悪い訳でも夫が悪い訳でもなく、単純にルイーズが生まれてくるのが早すぎたという不運でしかないのですが、それだけに彼女は自分が成し得ないことを娘のマルティーヌに託すのでした。要は祖母の想いを背負って成長したマルティーヌは、ごく自然に自分の娘オドレイにも同じ想いを託した訳で、何のことはない結局マルティーヌとオドレイは本来非常に良く似た母娘なのです。オドレイの体調不良に気付いたマルティーヌが彼女を受診させ自宅に送り届けた時、自分の母の日記を初めて読むことになるのですが、それは祖母・母・娘が時空を隔てて同じ場所に集う貴重なシーン。そしてそこで全てが明らかになります。

08_2 09_2

ただ、結末はわかったのですが、過程が私にはちょっと?でした。要は夫の締め付けに我慢の限界が来たルイーズは、銀行口座からお金を全て下ろし家を出ようと覚悟を決める訳です。しかし恐らくは銀行からの知らせがあったのでしょう、早々に夫にその覚悟はばれてしまうのでした。当然激怒する夫。「金はくれてやるからこの家を出て行け!」などと言われて結局彼女はそのまま出て行ったのです……と思いきや、シーンが変わると車に乗った夫と子供たちを見送るルイーズの姿が…。あれ?その場ですぐ出て行ったのではなかったの?出て行こうとしたけれど、おろしたお金と日記をしまった戸棚に夫が寄りかかっていてそれを持ち出せない、仕方がないと諦めて出て行った――だからこそ、オドレイがそのお金と日記を発見できた、そう思っていたのですが。どうもその辺の流れが良く解りません。もっともそれすら本当の結末を聞くとどちらでも良く思えます。

10 11

マルティーヌが父から聞いた話、ルイーズの日記の内容を照らし合わせて導かれた答えは、祖父が祖母を殺して埋めたというものでした。もちろんそれに関する描写は一切ないので、全ては登場人物たるオドレイの想像だと言い切ることも可能です。しかしきっと本作で重要なのはそこではなく、母の自分に対する本当の想いを知ったマルティーヌが、オドレイに捨てられたというわだかまりを解消し、それによってオドレイも未来に向かって生まれ来る我が子とともに歩いてゆこうと心を決めることにあるのでしょう。ルイーズが娘に託した本当の想いが孫のオドレイにまで伝わった瞬間がそこにはありました。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:エッフェル塔柄のドレスはちょっと…
総合評価:71点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『隠された日記 母たち、娘たち』予告編

|

« 森崎書店の日々 | トップページ | 脇役物語~Cast me if you can »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/37399409

この記事へのトラックバック一覧です: 隠された日記 母たち、娘たち/Mères et filles:

» 隠された日記〜母たち、娘たち〜 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:MERES ET FILLES(母と娘)。ジュリー・ロペス=クルヴァル監督、カトリーヌ・ドヌーヴ、マリナ・ハンズ、マリ=ジョゼ・クローズ、ミシェル・デュショーソワ、ジャン=フィリップ・エコフェ、キャロル・フランク、エレオノール・イルト、ジェラール・ワトキ....... [続きを読む]

受信: 2010年10月27日 (水) 23時56分

» 【Femmes@Tokyo】『隠された日記 ~母たち、娘... [NiceOne!!]
原題:Meresetfilles監督:ジュリー・ロープ=キュルヴァル出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、マリナ・ハンズ、マリ=ジョゼ・クローズ鑑賞劇場 : 日経ホール(Femmes@Tokyo にて鑑賞)Femmes@T... [続きを読む]

受信: 2010年10月28日 (木) 06時20分

» 隠された日記 母たち、娘たち [象のロケット]
妊娠したオドレイは、それを隠したままカナダからフランスの片田舎アルカションの実家に帰省する。 相変わらず仕事に忙しい母と穏やかで優しい父との再会はどこかぎこちなく、居心地の悪さから海辺にある亡き祖父の家で休暇を過ごすことにしたオドレイは、キッチンの奥に隠されていた古い日記を見つける。 それは50年前に突然姿を消した祖母のものだった…。 女たちのヒューマンドラマ。 ... [続きを読む]

受信: 2010年10月28日 (木) 17時21分

» 映画・隠された日記 母たち、娘たち [お花と読書と散歩、映画も好き]
2009年 フランス・カナダ nbsp; nbsp; 祖母、ルイーズ母、マルティーヌ娘、オドレイ3... [続きを読む]

受信: 2010年11月 1日 (月) 22時55分

» 『隠された日記 母たち、娘たち』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「隠された日記 母たち、娘たち」□監督・脚色 ジュリー・ロープ=キュルヴァル □脚本 ソフィー・イエット □キャスト カトリーヌ・ドヌーヴ、マリナ・ハンズ、マリ=ジョゼ・クローズ、ミシェル・デュショーソワ、ジャン=フィリップ・エコフェ、キャロル・フランク、エレオノール・イルト■鑑賞日 10月29日(金)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  偶然、祖父の家で発見された祖母の秘密。   それは長い間キッチンの引き出し... [続きを読む]

受信: 2010年11月 3日 (水) 08時35分

» *『隠された日記 -母たち、娘たち-』* ※ネタバレ少々 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:フランス+カナダ合作映画、ジュリー・ロペス=クルヴァル監督&脚本、ソフィー・ハイエ脚本、カトリーヌ・ドヌーヴ、マリナ・ハンズ、マリ=ジョゼ・クローズ、ミシェル・デュショーソワ、ジャン=フィリップ・エコフェ出演。... [続きを読む]

受信: 2010年11月 7日 (日) 20時50分

» 隠された日記 母たち、娘たち [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
『正しい恋愛小説の作り方』のジュリー・ロープ=キュルヴァルが監督を務めた、3世代にわたる女性の生き方を見つめた人間ドラマ。偶然祖母の日記を発見した孫娘とその母親、そして過去に家出した祖母らが織り成す複雑な心模様を大胆に描く。気丈な母親を演じるのは、大女優の...... [続きを読む]

受信: 2010年11月16日 (火) 17時43分

» 隠された日記 [映画的・絵画的・音楽的]
 久しぶりのカトリーヌ・ドヌーヴ出演作ということで、『隠された日記 母たち、娘たち』を銀座テアトルシネマで見てきました。 (1)物語は、カナダのトロントで暮らす [続きを読む]

受信: 2010年11月20日 (土) 11時08分

» 隠された日記/母たち、娘たち(仮) [備忘フィルモ]
【隠された日記/母たち、娘たち(仮)  原題:Meres et filles】 ALLOCINE 2009年/フランス 監督 : ジュリー・ロペス=クルヴァル 出演 : カトリーヌ・ドヌーヴ、 マリナ・ハンズ、 マリ=...... [続きを読む]

受信: 2010年11月30日 (火) 08時52分

» 隠された日記 母たち、娘たち [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
隠された日記 母たち、娘たち'09:フランス、カナダ◆原題:MERES ET FILLES/HIDDEN DIARY◆監督:ジュリー・ロペス=クルヴァル「正しい恋愛小説の作り方」◆主演:カトリーヌ・ドヌーヴ、マリ ... [続きを読む]

受信: 2011年1月14日 (金) 17時30分

» mini review 11522「隠された日記 母たち、娘たち」★★★★★★☆☆☆☆ [サーカスな日々]
『正しい恋愛小説の作り方』のジュリー・ロープ=キュルヴァルが監督を務めた、3世代にわたる女性の生き方を見つめた人間ドラマ。偶然祖母の日記を発見した孫娘とその母親、そして過去に家出した祖母らが織り成す複雑な心模様を大胆に描く。気丈な母親を演じるのは、大女...... [続きを読む]

受信: 2011年4月17日 (日) 12時05分

» 『隠された日記 母たち、娘たち』:女三代の確執。だけど書込み不足だなぁ @レンタルDVD [りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど]
祖母、母、娘。女三代の母娘の確執物語である。 まぁ、男であるりゃんひさとしては、父-息子もの、母-息子ものだと、かなり身につまされるところがあって、その内容の良し悪しで評価する場合があるのだけれど、母-娘ものだと、流石に身につまされることはなく、「なるほど」「ふむふむ」「うんうん」と納得させてもらえれば高評価、イイ映画ということになる。 さて、この映画・・・... [続きを読む]

受信: 2011年5月11日 (水) 00時11分

» 隠された日記 母たち、娘たち [映画とライトノベルな日常自販機]
感想などをあれこれ書く前にもう一度3世代の女性像について整理しておこうと思います。 ルイーズ(祖母):仕立屋の夫を持ち、貞淑な妻であり子ども達の母親でもあります。ですが家庭のことだけに縛られずに仕事をしたいと思っていますが夫から猛反対を受けます。女性は家庭のことだけやっているのがよしとされた時代の人。 マルティーヌ(母):医師として忙しく働くが、母親と過ごした時間が短く、娘とどう接していいか戸惑います。女性が社会に進出するようになったけれど苦労が多い時代を生きてきた人。 オドレイ(娘):仕事に生きた... [続きを読む]

受信: 2011年9月25日 (日) 23時24分

» 映画評「隠された日記 母たち、娘たち」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年フランス=カナダ映画 監督ジュリー・ロペス=クルヴァル ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2012年2月 2日 (木) 10時36分

« 森崎書店の日々 | トップページ | 脇役物語~Cast me if you can »