« エクスペンダブルズ/The Expendables | トップページ | 桜田門外ノ変 »

2010年10月13日 (水)

パンドラム

Photo 『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン製作。資源争奪戦の末に地球滅亡を避けるため、惑星タニスに移住する宇宙船を舞台にしたSFスリラーだ。主演は『レギオン』『G.I.ジョー 』のデニス・クエイド、共演に『3時10分、決断のとき』『30デイズ・ナイト』のベン・フォスターが演じる。監督はクリスティアン・アルヴァルト。
>>公式サイト

広げた風呂敷を上手く畳んだね!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

物語のアイディア自体はそう斬新ではないけれど、上手くまとめたB級SFでした。ファンの方には申し訳ないけれど、最近いま一つ抜けたヒット作に恵まれずマイナー系作品が多いデニス・クエイドが地味にハマッている作品とも言えます。時は西暦2174年。最初のテロップでの解説によると、この時の人口は240億人だとか。当然の如く人類の間には資源争奪戦が巻き起こり、それを回避するために地球と似た環境の惑星タニスへの移住が始まる…。なんとも壮大な世界観ですが、宇宙を舞台にしたSFでは王道とも言えますし個人的には結構好き。まずコールドスリープから目覚めたバウアー伍長(ベン・フォスター)の様子からスタートします。一瞬『月に囚われた男』を思い出させるようなシーンでしたが、彼は今自分が置かれている状況がサッパリ解らない…。

02 03

この後目覚めるペイトン中尉(デニス・クエイド)にしても状況は全く同じで、この2人が少しづつ記憶を取り戻していく過程で起こる出来事を描いているのが本作。で、そもそも「パンドラム」ってなによ?という話なのだけど、これは劇中登場する精神病。宇宙を旅する孤独を背景に何らかのショックで発病するらしい。目覚めた2人はコールドスリープの部屋から出られない、しかしどうも過電流の状態から判断すると原子炉を再起動しなければならないらしいことが解ります。何でそうなっちゃうのかシステム的にはいま一つ良く解らなかったのですが、とにかくそういうことなんだから仕方ない。でバウアー伍長が原子炉を再起動しに出かけるのだけれど、途中でとんでもないモンスターに襲われるのです。見た目的には「北斗の拳」のやられキャラ風なのですが、これがやたら強い!

04 05

このあたり上手いもので、観てる私たちも気分的にはバウアー伍長。つまり何がどうなってんだ?こいつら何者?クルーは全員殺されちゃった?と謎が謎を呼ぶというやつです。でまあお約束的に途中で出会う科学者のナディア(アンチェ・トラウェ)や農業担当のマン(カン・リー)らから真実を知るのですが。それに寄ればこの船は人類6万人、生物のサンプル2000万種を乗せた本当の意味でのノアの箱舟だということ。なるほど物語の冒頭で「君たちが最後だ」なんて交信をしているシーンがあるものの、その時には意味が解らなかったのが、今ようやく理解できたのでした。早い話が既に地球は滅亡していたんですね。それじゃこの移住船は本来第一弾ということだったのでしょうか?240億人の人口に対して6万人ばかり移住してもまるで何の解決にもなっていませんし…。

06 07

ここで重要なのは、その最後の交信を受けた3人のクルーのうちの一人がパンドラムを発症したってこと。ここから本作の謎の真相が徐々に明らかになります。実はこの事実はペイトン中尉が助けたガロ伍長から聞いた話なのですが、このガロ伍長がまたどう見ても典型的にパンドラムの症状。しかし同時にペイトン中尉も何やら様子がおかしい…手が震えてまるでアル中のようです。まあ現実的なお話をすれば、デニス・クエイドは主演のはずなのに、ここまでは余りにも埋没気味。原子炉再起動の冒険はバウアー伍長が向かっているだけに、どうしても彼の活躍に目が行きます。ここらで彼の見せ場がないことには…。ここからはバウアー伍長のアクションエピソードとペイトン中尉が全ての謎の真相に迫るエピソードがパラレルで進行する事になります。

08 09

(ここより核心含む。)
まずは原子炉再起動。これは結果もちろん成功しますが、その原子炉が件のモンスターの棲み家だったというオチはヤバ過ぎ。(笑)まあ当然見つかって大わらわになるんですがバウアー伍長とナディアは司令室へと向かいます。一方のペイトン中尉、実はこのペイトン中尉=ガロ伍長なのでした。解りやすくいうと二重人格オチ。要は私たちはペイトン中尉とガロ伍長の心の葛藤を現実的映像で見せられていたという訳。もちろん本物のペイトン中尉はとっくにガロ伍長に殺されています。更にバウアー伍長が司令室に戻ると、ガラスの窓には見えるはずの宇宙空間が見えず…。何と移住船はとっくに惑星タニスに着いていて、しかも900年以上が過ぎていたのでした。そりゃ流石に寝過ぎで記憶も飛ぶはずですね。助かったのがバウアー伍長とナディアだけでなく他にもいたことが救いでした。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:地味な扱いだけど面白いよ♪
総合評価:62点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『パンドラム』予告編

|

« エクスペンダブルズ/The Expendables | トップページ | 桜田門外ノ変 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/37214670

この記事へのトラックバック一覧です: パンドラム:

» 《 パンドラム 》 [映画 - Kz films -]
『ライトスタッフ』のデニス・クエイド、『X-MEN ファイナルディシジョン』のベン・ フォスターを主演に迎えた、SFホラー作品です。物語の舞台は西暦2174年。人口が増えすぎたことと諸々の負の要素が組み合わさって、地球の資源が極限まで不足してしまった時代の物語です。そん... [続きを読む]

受信: 2010年10月13日 (水) 16時00分

» パンドラム [がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記]
たまたま映画館でチラシをみつけて面白そうだと思ったので、鑑賞。宇宙船内の密室劇・・・と思ったらいろいろなものが入っているようです。西暦2174年、地球の資源争奪戦が激化... [続きを読む]

受信: 2010年10月13日 (水) 22時29分

» パンドラム [だらだら無気力ブログ]
『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン制作のSF スリラー。地球と良く似た惑星に移住するために地球を旅立った宇宙船を 舞台に乗組員に降りかかる恐怖を描く。 出演は『バンテージ・ポイント』のデニス・クエイド、『3時10分、決断の とき』の…... [続きを読む]

受信: 2010年10月13日 (水) 22時33分

» ★「パンドラム」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
SFモノなので「アバター」のパンドラ星みたいに、 「パンドラム」って星の名前かと思ったら、全然違いました。 [続きを読む]

受信: 2010年10月14日 (木) 02時50分

» パンドラム [ともやの映画大好きっ!]
(原題:PANDORUM) 【2009年・ドイツ】試写で鑑賞(★★★☆☆) コールドスリープから目覚めたクルーを襲う恐怖を描いたSFスリラー。 西暦2174年。地球の人口は増え続け、限られた資源の争奪が頂点に達し、滅亡寸前の危機を迎えていた。しかし地球と同じ環境の惑星タニスが発見され、人類はタニスへの移住計画を進める。そして6万人の選ばれし者たちと2000万種のサンプルを乗せた宇宙船エリジウム号が旅立った…。 コールドスリープから目覚めたバウアー伍長(ベン・フォスター)は、超長期睡眠の弊害で自分... [続きを読む]

受信: 2010年10月14日 (木) 06時09分

» パンドラム [象のロケット]
西暦2174年。 限られた資源の争奪が頂点に達し、人類は地球と同じ環境の惑星タニスへの移住を計画する。 選ばれし者たちが搭乗した宇宙船エリジウムの中で、2人の飛行士、ペイトンとバウアーが目を覚ました。 彼ら以外は誰もいない宇宙船はおかしいとバウアーは船内探索に出かけるが、そこで逃げ惑う人間と、恐ろしい“何か”を発見する…。 SFスリラー。 PG-12... [続きを読む]

受信: 2010年10月14日 (木) 14時19分

» パンドラム [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。ポール・W・S・アンダーソン製作、クリスチャン・アルバート監督、デニス・クエイド、ベン・フォスター、カム・ジガンデイ、アンチュ・トラウェ、カン・リー、エディ・ローズ、ノーマン・リーダス。観る前にまず英語のお勉強。Pandora's box=パンドラの箱、pand...... [続きを読む]

受信: 2010年10月14日 (木) 22時38分

» パンドラム/デニス・クエイド、ベン・フォスター [カノンな日々]
鑑賞前のこの映画の予備知識としては劇場予告編の情報のみでしたけど観に行く動機としてはそれだけで十分でした。ストーリーのあらましにはちょっと古典風な印象も受けましたが、ワタシ的にはそこが楽しみな宇宙船を舞台に繰り広げられるSFサバイバル・スリラー作品です。 ...... [続きを読む]

受信: 2010年10月14日 (木) 23時41分

» パンドラム [映画尻エリカ]
『パンドラム』 “PANDORUM” (2009・アメリカ=ドイツ) 1h47 監督・原案 : クリスティン・アルヴァルト 出演 : デニス・クエイド、ベン・フォスター、アンチュ・トラウェ、カム・ジガンデイ、カン・リー 西暦2174年。増え過ぎた人口のため人類は滅亡の危機を迎えていた。 巨大宇宙船エリジウム号で人類生存可能の惑星タリスを目指すが、エリジウム号内部で一人の男がパンドラムを起こしてしまったため人類は新たな滅亡の危機に立たされる事になるのだった。 ネタバレあり。... [続きを読む]

受信: 2010年10月16日 (土) 04時07分

» 【映画評】パンドラム [未完の映画評]
6万の民を乗せた巨大宇宙船で冷凍睡眠から目覚めた船員が遭遇した恐怖。 [続きを読む]

受信: 2010年10月16日 (土) 21時53分

» パンドラム [Movies 1-800]
Pandorum (2009年) 監督: クリスティアン・アルヴァルト 出演: デニス・クエイド、ベン・フォスター、アンチュ・トラウェ、カン・リー、カム・ジガンデイ 宇宙船内で冷凍睡眠から目覚めた2人の乗員が遭遇する恐怖を描くSFホラー。 資源が枯渇した地球を脱出し、惑星タニスへと向かった宇宙船エリジウム号で目覚めたバウアーとペイトンは記憶が定かでなく、任務も思い出せない中、停止した原子炉を再起動させるべく行動に移すが、船内には得体の知れない凶暴な生物がいた・・・ モンスター系とゴースト系と二段... [続きを読む]

受信: 2010年10月17日 (日) 16時54分

» パンドラム [Said the one winning]
監督 クリスチャン・アルバート エ?!マジ?!nbsp; [続きを読む]

受信: 2010年10月22日 (金) 12時51分

» パンドラム(2009)★PANDORUM [銅版画制作の日々]
 生存とは、罪なのか?Tジョイ京都にてレイトショー鑑賞。シアター5はプレミアムらしく、ゆったりした... [続きを読む]

受信: 2010年10月26日 (火) 23時32分

» パンドラム [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「バイオハザードIVアフターライフ」の監督、ポール・W・S・アンダーソンが製作を手がける異色のSFスリラー。物語:西暦2174 年。地球滅亡寸前、限られた資源の争奪が頂点に達する。人類は、地球と同じ環境の惑星タニスへの移住を計画する。選ばれし者たちが搭乗した宇宙船...... [続きを読む]

受信: 2010年11月15日 (月) 18時59分

» パンドラム 2010-49 [悠久の華美]
「パンドラム」を観た〜♪ ホラーだったんだ(^_^;)SFホラーってジャンルですか?怖いの嫌いなんですけど、下調べが足りずちょっとビビってしまいました(^_^;) 面白いです!観客を上手く主人公のバウア...... [続きを読む]

受信: 2010年11月26日 (金) 19時19分

» パンドラム [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
Pandorum宇宙船内で繰り広げられる密室サバイバルが不気味なムードを醸し出すダークなSFスリラー。1時間47分の上映時間のうち3分の2は退屈なのだが、残り30分あたりから俄然面白 ... [続きを読む]

受信: 2010年11月26日 (金) 23時56分

» パンドラム [迷宮映画館]
デニス・クェイドは宇宙飛行士がよく似合う・・・のかな。 [続きを読む]

受信: 2010年11月29日 (月) 08時13分

» 開けてびっくりパンドラの箱 クリスチャン・アルバート 『パンドラム』 [SGA屋物語紹介所]
♪パンパンドラドラ パンドラム~ パンパド~ラ パンパド~ラ パンドラム~ (作 [続きを読む]

受信: 2010年12月11日 (土) 21時35分

» パンドラム/Pandorum(映画/DVD) [映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評]
[SF映画] ブログ村キーワード生存とは、罪なのか?パンドラム(原題:Pandorum)製作国:ドイツ/アメリカ製作年:2009年製作会社:コンスタンティン・フィルム、インパクト・ピクチャ ... [続きを読む]

受信: 2011年2月24日 (木) 06時53分

» パンドラム (Pandorum) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 クリスティアン・アルヴァルト 主演 デニス・クエイド 2009年 ドイツ/イギリス映画 107分 SF 採点★★★ 人見知りの上に頑固と言うか適応能力に乏しいくせに、環境がコロコロ変わる生活を送ってきた私。これだけ色んな環境を経験してきたんだから、何かし…... [続きを読む]

受信: 2011年3月 2日 (水) 16時52分

» パンドラム [映画鑑賞★日記・・・]
【PANDORUM】 2010/10/01公開 アメリカ/ドイツ PG12 107分監督:クリスティアン・アルヴァルト出演:デニス・クエイド、ベン・フォスター、カム・ジガンデイ、アンチュ・トラウェ、カン・ ... [続きを読む]

受信: 2011年3月16日 (水) 11時36分

» 「パンドラム」(2009) [INUNEKO]
こんな時にというか、ニュースを見ていたくもないので、こんな時こそというか。 ツレと見るのを楽しみにしていたのに劇場で見そこねてしまった、貴重な宇宙の密室もの。 この設定だけで点数が甘々。 超巨大移民船のクルーである主人公は長期のコールドスリープから目覚めるが、同時に目覚めるはずの同僚はおろか、自分たちを迎えるはずの前任の交代要員の姿すらないことに驚愕する。電力の落ちた船内は暗闇が支配し、呼びかけに応えるものもいない。いったい彼の眠っていた百有余年の間に何があったのか。 クルーや移民はどこに消えたのか... [続きを読む]

受信: 2011年3月16日 (水) 20時59分

» パンドラム(PANDORUM)/冷凍睡眠から目覚めると、何もかも忘れていました [映画感想 * FRAGILE]
パンドラムPANDORUM/2009年/アメリカ・ドイツ/クリスティアン・アルヴァルト「誰が正しいのかわからない」を扱うことのむずかしさ。 西暦2174年、地球は滅亡の危機に瀕していた。人類は地球に似た環境の惑星タニスへの移住計画をすすめる。6万人の人間を運ぶ巨大な宇宙船の中で冷凍睡眠から目覚めたペイトン(デニス・クエイド)とバウアー(ベン・フォスター)だが、ふたりとも記憶をすっかり失っていた。なんだったっけ…と記憶をたどりながら宇宙船の中を探索しているうち、船内に不気味な生き物が住み着い... [続きを読む]

受信: 2011年4月 9日 (土) 23時21分

» パンドラム [いやいやえん]
近未来SFアクション。「バイオハザード」のポール・W・S・アンダーソン製作、冷凍睡眠から覚めた船員たちがエリジウム号を徘徊するザ・ハンターズと呼ばれる生命体と戦います。 パンドラム症とは、宇宙船航海で起こる心理的障害で神経症や妄想という症状をもたらすもの。デニス・クエイドが筆頭にきてるけど、主役はほとんどベン・フォスターさんですね。ノーマン・リーダスさんも出ています。 なんだかディセント+ゾンビ?て感じで新鮮味は薄いけど、B級臭はプンプンするしで結構楽しめちゃいました。映像も悪くない。 冷... [続きを読む]

受信: 2011年4月20日 (水) 11時51分

» パンドラム&やさしい嘘と贈り物 [ぷち てん てん]
かなり長い間放置してしまった〜。 まとめて二本、ジャンルバラバラ〜(笑) ☆パンドラム☆(2009) クリスティアン・アンヴァルト監督 デニス・クエイド ストーリー  「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン製作で贈るSFスリラー。地球を離れ、...... [続きを読む]

受信: 2011年8月19日 (金) 17時54分

» 映画「パンドラム」を見ました(1番の見所はヒロインの胸の谷間です) [翼のインサイト競馬予想]
この前、何気なく借りた映画「パンドラム」のブルーレイがとても良かったのでレビュー [続きを読む]

受信: 2011年8月26日 (金) 20時37分

» 『パンドラム』 [Cinema+Sweets∞]
劇場公開していた時にも気にはなっていたんだけれど、結局このタイミングでのDVD鑑賞になりました。 デニス・クエイド主演のSFスリラーです。 ******************** 『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン製作で贈るSFスリラー。地球を離れ、新たな... [続きを読む]

受信: 2011年11月 4日 (金) 09時33分

« エクスペンダブルズ/The Expendables | トップページ | 桜田門外ノ変 »