« 約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語 | トップページ | 森崎書店の日々 »

2010年10月25日 (月)

『約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語』 あらすじ・作品情報

あらすじ
1808年、ブルゴーニュ地方。若き葡萄農家のソブランは、醸造家となり最高のワインを造ることを夢見ていた。そんな彼の前に謎めいた天使ザスが現われ、葡萄の苗木をプレゼントする。そして、年に一度の再会を約束し、ワイン造りのノウハウをソブランに語って聞かせるのだった。やがて、ザスの助言と美しい妻セレストの愛に支えられ、初めてのワインが出来上がる。その出来にワイナリーを持つ地元の有力者ヴリー伯爵も注目する。その後、伯爵からワイナリーを引き継いだ姪のオーロラにチーフ醸造家として迎えられたソブラン。2人は力を合わせて最良のワイン造りに精を出し、いつしかその評判はパリにも広まっていくのだが…。
(allcinemaより)

作品情報
原題: The Vintner's Luck
監督: ニキ・カーロ
原作: エリザベス・ノックス
脚本: ニキ・カーロ、ジョーン・シェッケル
製作国: 2009年ニュージーランド・フランス合作映画
上映時間: 126分
映倫区分: PG12
配給: 東北新社

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ

|

« 約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語 | トップページ | 森崎書店の日々 »