« ヘヴンズ ストーリー(レビュー前編) | トップページ | ヘヴンズ ストーリー(レビュー後編) »

2010年10月 6日 (水)

『ヘヴンズ ストーリー』 あらすじ・作品情報

あらすじ
両親と姉を殺され、祖父に引き取られることになった8歳の少女、サト。同じ頃、巷では、未成年による理由なき殺人事件が注目を集めていた。そして、テレビ画面には、青年に妻子を殺されたトモキが“たとえ法律が許しても、自分がこの手で犯人を殺す”と言い放つ姿が。偶然それを目にしたサトにとって、以来トモキが英雄となり、彼の復讐に自分の想いを託すことが生きる拠り所となっていくのだったが…。
(allcinemaより)

作品情報
監督:瀬々敬久
製作:小林洋一、吉村和文、林瑞峰、岡田博、須田諭一
脚本:佐藤有記
撮影:鍋島淳裕、斉藤幸一、花村也寸志
音楽:安川午朗
編集:今井俊裕
製作国:2010年日本映画
上映時間:278分
映倫区分:PG12
配給:ムヴィオラ

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ

|

« ヘヴンズ ストーリー(レビュー前編) | トップページ | ヘヴンズ ストーリー(レビュー後編) »