« パートナーズ | トップページ | 442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍 »

2010年11月14日 (日)

100歳の少年と12通の手紙

10012 『地上5センチの恋心』のエリック・=エマニュエル・シュミット監督が自身の書いた原作を映画化した作品。白血病に冒され余命僅か12日となった少年が、残された1日を10年に見立てて生を全うする感動のドラマだ。主人公オスカーには新人のアミール、主人公と共に残された12日間を共に過ごす心優しい女性ローズを『メルシィ!人生』のミシェル・ラロックが演じた。
>>公式サイト

子供だけど人生の先輩、オスカー

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

白血病で余命僅か、しかも主人公は年端も行かない子供と来てはいわゆる典型的な難病モノ作品だと思ってしまっても無理のないところ。しかしながら本作は思いのほかに明るい作品でした。それは何故か、一重に主人公オスカー(アミール)の目線で物語が描かれているからです。何しろこのオスカー、物語の冒頭で自分の余命が僅かであることを知ってしまいます。実は医師のデュッセルドルフ先生が両親に余命告知をしている様子を覗き見してしまったんですね。ショックの余り今日の所はオスカーと顔を合わせられないと泣き崩れる母。父はそんな母を支えながら結局その日はそのまま病院を去ります。オスカーにしてみたら、死ぬのは自分であって一番ショックなのも自分。なのに両親は自分にその事実を隠そうとしている…。結局彼はこの日から大人と口を利かなくなります。

02 03

ところが。唯一の例外がローズ(ミシェル・ラロック)でした。病院にピザの配達に来た彼女は誰彼構わず悪態をつきまくり。オスカーに対してだって遠慮なく毒づきます。しかし彼にとってはそんな彼女が新鮮に映り、彼女にだけは心を開くのでした。何も話せないとオスカーの状態が全くわからない。困ったデュッセルドルフ先生はローズにオスカーの話し相手になってくれるように依頼します。かくしてオスカーの人生最後の12日間はローズと言う親友を得ることで始るのでした。しかもこのローズ、最初から12日間の付き合いだと宣言してしまいます。それは即ちあなたの余命は12日間だと告げているのと同じですよね。しかし、彼は両親や周りの大人と違って、むしろ嘘をつかない彼女を益々信頼するようになります。そこでローズが提案したのが、1日を10年と考えて生活すること。

04 05

即ち残りの12日間で人生を全うしようという意味です。子供らしい柔軟な受け止め方でその提案を呑むオスカー。要するに“ごっこ”でしかないけれど、彼にとっては文字通り人生の全てを賭けた“ごっこ”です。そしてもう一つは毎日必ず神様に手紙を書くこと。初恋、結婚、妻との別れなど、濃密な人生をオスカーは経験し、それを手紙にしたためては神様にお願いをするのです。この手紙の中身がどうしようもなく純粋で切ない…。大人になっていくつもりでも当然子供な訳で、オスカーなりに一生懸命想像力を働かせて精一杯生きた証がそこにあるのです。「大人の2人がすることは一通りしたよ。でも舌を入れたキスだけはしてないんだ。子供が出来ちゃうから。」20歳のオスカーのこんな可愛らしい言葉を優しい愛で受け止めるローズ。

06 07

実はローズは最初この以来を受けたときには、12日間毎日ピザの注文をするという交換条件が目当てでした。しかし徐々に彼女も変わって行きます。しまいには生焼けのピザを指摘されでも「急いでいたの。」なんて言い残しオスカーの病室に向かう始末。しかし12日間で人生を全うしようとするからには、必ず何度か挫折がオスカーを襲います。そんな時に彼を支えたのがローズのプロレス話でした。彼の前でローズは元プロレスラーでチャンピオンだということになっているのですが、彼女が現役時代の試合の様子を語って聞かせるとき、オスカーの想像したその様子が映像としてスクリーンに映し出されます。およそ難病モノには似つかわしくないコミカルなプロレスシーン。観客は父であり母でありデュッセルドルフ先生や看護士、それに病院の友達。色鮮やかに楽しく描かれる試合の様子はその都度オスカーの悩みを救うのです。

08 09

それは彼とローズの心の交流そのものに他なりません。ただそれだけでは単純に余命僅かな子供の相手をしている優しい女性なだけ。ローズは彼を子供ではなく一人の人間として対等にみて話をしていました。だからこそ辛い現実も突きつけます。一日で成長して花を咲かせて枯れてしまう砂漠の花。彼女はそれをオスカーに見せるのでした。即ちオスカーは普通の人の感覚でいえば一日で花を咲かせて枯れてしまう人間な訳です。しかし花は種を残し、そしてまた次の花が咲く。オスカーの存在は両親やローズやデュッセルドルフ先生たち病院の仲間に必ず何かを残すはずで、その意味であなたの魂は永遠なのだと諭しているようにも思えます。人は周りの人に忘れられた時が本当の死だといいます。もしかしたらこれはローズや両親が、オスカーを2度死なせはしないという誓いの意味もあったのかもしれません。

10 11

オスカーが逝ってしまった時にデュッセルドルフ先生の言葉「私たちの方こそ彼に見守られていたんだ。」は胸に響きました。私たちはいつの間にか彼を見守るローズの視線になっていたように思います。しかし後から考えると、たった12日間でしたが精一杯人生を生きることの素晴らしさを教えてもらった気がします。何にだって真剣に向き合って自分に正直に生きること。いかに私たちが時を無駄に過ごしているのかが突きつけられる思いではないですか。子供らしい瑞々しい感性に彩られたこの作品は、ひたすら涙涙の難病モノとは一線を画し、見ている私たちに清清しさすら感じさせてくれます。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:日本でもこういう作品が作れないかなぁ
総合評価:78点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『100歳の少年と12通の手紙』予告編

|

« パートナーズ | トップページ | 442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/37656020

この記事へのトラックバック一覧です: 100歳の少年と12通の手紙:

» 100歳の少年と12通の手紙 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。フランス映画の原題:OSCAR ET DAME ROSE、英題:OSCAR AND THE LADY IN PINK。エリック=エマニュエル・シュミット監督、ミシェル・ラロック、アミール、マックス・フォン・シドー、アミラ・カサール、ミレーヌ・ドモンジョ。一言で言えば、ピンク色の制服をした...... [続きを読む]

受信: 2010年11月14日 (日) 08時25分

» 100歳の少年と12通の手紙 [風に吹かれて]
神様に起こしてもらってね 公式サイト http://www.100-12.com同名小説の映画化原作・監督・脚本: エリック=エマニュエル・シュミット白血病で小児病棟に入院中のオスカー(アミール)。彼 [続きを読む]

受信: 2010年11月14日 (日) 16時00分

» 100歳の少年と12通の手紙 [象のロケット]
白血病で入院中の10歳の少年オスカーは、自分に気を遣う病院のスタッフや両親に失望していた。 ある日、ピザ屋の女主人ローズに怒鳴られ、唯一正直に接してくれる彼女に心を開くようになる。 院長はピザの宅配を条件に、ローズにオスカーの話し相手になってくれるよう依頼する。 ローズはオスカーに、1日を10年と考えて生きることを提案するが…。 ヒューマン・ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2010年11月14日 (日) 16時12分

» 『100歳の少年と12通の手紙』(2008)/フランス [NiceOne!!]
原題:OSCARETLADAMEROSE/OSCARANDTHELADYINPINK監督・脚本:エリック=エマニュエル・シュミット音楽:ミシェル・ルグラン出演:ミシェル・ラロック、アミール、アミラ・カサール、ミレーヌ・ド... [続きを読む]

受信: 2010年11月14日 (日) 18時18分

» 100歳の少年と12通の手紙 [Men @ Work]
現在公開中のフランス映画、「100歳の少年と12通の手紙」(監督:エリック=エマニュエル・シュミット)です。TOHOシネマズシャンテで観賞しました。 なんとなく、タイトルから「いい映画の香り」がして、行ってみようかなと思っていた作品です。難病モノと知って、ちょっとテンションが下がっていたのですが、これは素晴らしい作品でした。スルーしなくてよかった! テンションが下がったと書きましたが、別に難病モノが嫌いというわけではありません。むしろ、最も興味深いテーマを描いているからこそ、アラというか変な意図みた... [続きを読む]

受信: 2010年11月20日 (土) 22時01分

» 《 100歳の少年と12通の手紙 》 [映画 - Kz films -]
「病気と闘う少年が、10日間で100歳まで駆け抜けた人生。」 [Official] 白血病を患い、病床につく少年オスカー(アミール)、10歳。病と闘う少年に、周りの大人たちは気を遣い、履き違えた優しさと愛情を注ぎます。ある日、オスカーの余命が長くはないことを告げられた両親。... [続きを読む]

受信: 2010年11月23日 (火) 22時00分

» 映画「100歳の少年と12通の手紙」クリスマスのほろ苦いおとぎ話 [soramove]
「100歳の少年と12通の手紙」★★★☆ ミシェル・ラロック、アミール、マックス・フォン・シドー、アミラ・カサール 出演 エリック=エマニュエル・シュミット 監督、105分 、2010年11月6日公開、 2008,フランス,クロックワークス、アルバトロス・フィルム (原題・作:OSCAR AND THE LADY IN PINK)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「主人公の... [続きを読む]

受信: 2010年11月27日 (土) 10時34分

» 100歳の少年と12通の手紙☆独り言 [黒猫のうたた寝]
難病ものは単なるエッセンスのひとつ。死にゆく少年の言葉は深いなぁ・・・『100歳の少年と12通の手紙』観てきました。クリスマスが近づく12月20日・・・少年は偶然担当医が自分の両親に、彼の余命があとわずかだと話している声を聞いてしまう。ショックのあまり、今日は少年... [続きを読む]

受信: 2010年11月28日 (日) 10時54分

» 100歳の少年と12通の手紙 [心のままに映画の風景]
白血病を患い小児病棟に入院している10歳のオスカー(アミール)は、特別扱いをされることに飽き飽きしていた。 ある日、デリバリーピザのローズ(ミシェル・ラロック)の遠慮ない態度にオスカーは心を掴ま...... [続きを読む]

受信: 2010年12月 1日 (水) 18時35分

» 100歳の少年と12通の手紙 [ダイターンクラッシュ!!]
2010年11月30日(火) 19:15~ TOHOシネマズシャンテ3 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『100歳の少年と12通の手紙』公式サイト フリーパス25本目。今年のフリーパスもラスト。本数は去年とタイの計25本だった。 白血病の少年の最後の12日間の話。 無菌室にいないし、外出もするので、どっかのケータイ小説みたいだが、それをアレコレ言うのは野暮だ。 この作品は、ファンタジーである。 よってもって、あまり湿っぽくない。 主人公の少年が、達観しているというか、老獪と... [続きを読む]

受信: 2010年12月 2日 (木) 20時27分

» 100歳の少年と12通の手紙 [とりあえず、コメントです]
エリック・=エマニュエル・シュミット監督の創り上げた人気舞台劇&小説を自ら映画化した作品です。 予告編だけでも泣けてきそうな物語が見えてくるようで、とても気になっていました。 予想以上にコミカルで楽しい、でも、やっぱり最後は切なさでいっぱいの作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 23時05分

» 映画:100歳の少年と12通の手紙 [よしなしごと]
 日本で14館しか上映していない単館系映画100歳の少年と12通の手紙を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2010年12月12日 (日) 02時19分

» 100歳の少年と12通の手紙 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
Oscar Et La Dame En Rose自分の命の短さを知る少年と、口は悪いが心優しい中年女性の心の触れ合いが感動を生む佳作。いわゆる余命ものだが、安易なお涙頂戴ではなく、ユーモアとペーソス ... [続きを読む]

受信: 2010年12月28日 (火) 23時51分

» 「100歳の少年と12通の手紙」 [みんなシネマいいのに!]
 白血病を患い小児病棟に入院している10歳のオスカーは、もう直らないことがわかっ [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 14時01分

» 100歳の少年と12通の手紙 [Diarydiary! ]
《100歳の少年と12通の手紙》 - 原題 - OSCAR ET LA DAME [続きを読む]

受信: 2011年1月13日 (木) 20時25分

» 100歳の少年と12通の手紙 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「地上5センチの恋心」のエリック=エマニュエル・シュミットが自ら執筆した同名小説を映画化。白血病で余命僅かな少年と宅配ピザの女主人との奇跡の12日間を描く。出演は、本作で ... [続きを読む]

受信: 2011年2月14日 (月) 15時05分

» 100歳の少年と12通の手紙。 [ブロ☆はじ。《β版》]
http://tb.treview.jp/TV/tb.cgi/15006007/0/65917/XHZqUkVr/1297040495 [続きを読む]

受信: 2011年2月16日 (水) 06時29分

» 映画「100歳の少年と12通の手紙」 [Andre's Review]
Oscar et la dame rose フランス 2009 2010年11月公開 劇場鑑賞 近くの劇場に別の作品を観に行った際に、同じスクリーンで2本連続で公開されていて、せっかくの機会なので鑑賞することにしました。 小児病棟に入院中の10歳の少年オスカー(アミール)は、医者が両親に自分の命がそう長くないことを告げているのを聞いてしまい、不自然に彼に気を使う周囲の大人たちに対し心を閉ざし口をきかなくなり、医師(マックス・フォン・シドー)に病院の廊下で出会った気風の良い宅配ピザの女性ローズとな... [続きを読む]

受信: 2011年3月 5日 (土) 01時02分

» 100歳の少年と12通の手紙 [迷宮映画館]
とってもキリスト教的という、オスカーはイエスですな。 [続きを読む]

受信: 2011年3月24日 (木) 18時01分

» 『リトル・ランボーズ』『100歳の少年と12通の手紙』を早稲田松竹で観て、感想をライトに抑えるふじき☆☆☆,☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
早稲田松竹こども主役映画2本立て。 いやあ、この劇場、使わない癖に舞台が立派だ。 最新鋭のテクノロジーが凝縮されてる類の映画館ではないけど、 外の光が上映中の場内に届 ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 7日 (土) 22時55分

» 「100歳の少年と12通の手紙」「プチ・ニコラ」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
フランスの少年映画2つ。それぞれ3つ☆   [続きを読む]

受信: 2011年6月20日 (月) 13時05分

» 映画評「100歳の少年と12通の手紙」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年フランス映画 監督エリック=エマニュエル・シュミット ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年9月21日 (水) 10時49分

» 100 歳の少年と12通の手紙 Oscar et la dame rose [映画!That' s Entertainment]
●「100 歳の少年と12通の手紙 Oscar et la dame rose」 2009 フランス、Pan Européenne Production,Studio Canal ,105min. 監督・原作:エリック・=エマニュエル・シュミット 音楽:ミシェル・ルグラン 出演:ミシェル・ラロック、アミール、マックス・フォン・シドー、ミレーヌ・ドモンジョ他 <評価:★★★★★★★☆☆☆> <感想> 難病モノは苦手なんで、どうなるかと思ったけど、ファンタジーなのね。 如何にもフランス... [続きを読む]

受信: 2011年11月19日 (土) 13時44分

« パートナーズ | トップページ | 442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍 »