« レオニー/Leonie | トップページ | クリスマス・ストーリー/Un conte de Noël »

2010年11月26日 (金)

信さん・炭坑町のセレナーデ

Photo 原作は太宰治賞作家・辻内智貴の中編『信さん』。昭和30年代から40年代にかけての福岡のとある離島の炭坑町が舞台にし、徐々に衰退していく石炭産業に携わる島の人々の毎日を活き活きと描き出したヒューマンドラマだ。主演は『わたし出すわ』の小雪。共演に『半分の月がのぼる空』の池松壮亮、『リアル鬼ごっこ』の石田卓也。監督を『必死剣 鳥刺し』の平山秀幸が務める。
>>公式サイト

懐かしさと共に淡々と過ぎる時間

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

派手さはない、目新しさもない、しかし主演の小雪が出演したヒット作『ALWAYS 三丁目の夕日』と同じく昭和30年代のしみじみとした日本的な良さ(それは人であったり町であったり)が感じられる作品でした。もっともこれは『ALWAYS 三丁目の夕日』の時も言われていたことですが、実際にその時代をその場所で生きていた方々にとっては私たち若い世代が感じる情緒というより、あくまで経験上の懐かしさを感じることが多いようです。この時代としてはいささか美人でスタイルが良過ぎるけれど、何故か案外はまっている小雪は今回バツイチで子持ちの辻内美智代という役。物語は彼女の息子・守(池松壮亮)が過去の回想を語りかけると言うオーソドックスなスタイルで進んでゆきます。

02 03

04 05

最初島に着いた時には守(少年時代:中村大地)も小学生。都会の上品なお坊ちゃまが、腕白な島の子に目を付けられると言うのはある意味お約束な展開です。絡まれている守を助けたのが“信さん”こと中岡信一(少年時代:小林廉)。島一番のガキ大将で悪さばかりしているこの少年、ここから先長きに渡っての親友となる守との出会いは運命的ですが、ここで本人的にはもっと運命的な出会いをすることになります。それが守の母である美智代との出会い。一目会ったその日から――ではないですが、ガサツな自分の母親・はつ(大竹しのぶ)と違って美人で優しくて都会的な彼女に彼は一目惚れするのです。彼にしたら理想の母親像であり、理想の女性像だったのでしょう。まったく彼女を見つめる目がまるでハートになってしまっている信さんは可愛らしいやら面白いやら。

06 07

08 09

ただ面白いのは信さんだけでなく美智代の方も同じ。年上女性を好きになる小学生は珍しくありませんが、小学生の男の子に惹かれるアラサー女性と言うのはかなり珍しいのではないでしょうか。ともあれ信さんと彼の妹・美代(金澤美穂)も含め守はドンドン逞しく島の子として成長していきます。彼らが元気に遊ぶ様子に絡めて炭坑町の活気ある様子が描かれますが、中でも中尾ミエ演じる駄菓子屋のおばちゃんがまた実に味のある存在。福岡の女性、炭坑町の女性らしくサバサバした太っ腹なおばちゃん、これは我々が普通に中尾ミエに抱いているイメージと見事に一致します。しかし昔はこんなおばちゃんが近所に沢山いて、誰の子でも等しく褒めたり怒ったりする。地域ぐるみで子供を育てていたものですし、私自身もよくそんなおばちゃんに怒られたり褒められたりしたものでした。

10 11

12 14

同じ時期には守は在日朝鮮人の子故にいじめられていたリー・ヨンナムとも友達になります。差別のない守の行動は気持ちの良いものですが、このエピソードは実は単純に守の優しさを表すだけではありませんでした。それは信さんの父親(光石研)が事故で亡くなった辺りから明らかになってきます。信さんは亡き父に代わって小学生ながら新聞配達を始め、家にお金を入れる生活を送るようになるのでした。即ち彼は小学生にして人よりも早く大人にならざるを得なかったと言う訳です。実は同じことがリーにも言えて、苛烈な虐めの中でも父からの「決して日本人に手を出してはいけない。」という命令を守っている彼は、守などよりもずっと大人だったのでした。やり返せと憤る守にたいして、彼はもし自分がやり返したらどんな結果をもたらすことになるのか解っていたのです。

15 16

18 17

ただ、2人に比べて守が恵まれた環境で育ったのは別に彼の責任では無い訳で。とはいえ、美代が守に出している再三のサインに気がつかないのには、見ているとこちらがやきもきしてきます。(苦笑)こうして淡々と守の日常を描いた毎日は過ぎて行くのですが、時代は高度経済成長期、当然ながら石炭産業は斜陽の一途です。リストラされる炭坑夫もいれば、信さんのように新に炭坑夫になるものもいるのですが、思えば彼の父親が炭坑のおかげで肺を病んだのに、その仕事に息子が就いた時点でなにやら先の運命が決まってしまったように感じます。俗にいう死のフラグが立っているとでもいうのでしょうか…。小さな離島の炭坑町で守が信さんと過ごした数年間の想い出を唯淡々と綴ったこの物語、誰しも心の中にこんな懐かしい想い出の1ページがあるのではないでしょうか。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:小雪さん老けなさすぎ…
総合評価:64点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『信さん・炭坑町のセレナーデ』予告編

|

« レオニー/Leonie | トップページ | クリスマス・ストーリー/Un conte de Noël »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/37844547

この記事へのトラックバック一覧です: 信さん・炭坑町のセレナーデ:

» 信さん 炭鉱町のセレナーデ [象のロケット]
昭和38年。 小学生の息子・守を連れ、炭坑に支えられている九州の小さな島へ帰って来た辻内美智代は、商店街の一角に洋品店を構える。 ある日、悪ガキたちに囲まれた守の前に、札付きの少年・信一が現れ相手を打ち負かした。 美智代から感謝とやさしい言葉をかけられた信一は、初めて自分を認めてくれた美智代に特別な思いを寄せるようになるのだが…。 ヒューマンドラマ。 ... [続きを読む]

受信: 2010年11月26日 (金) 22時02分

» 信さん 炭坑町のセレナーデ☆独り言 [黒猫のうたた寝]
小雪がお母さん役・・・もうそういう年代になったのねっとちょっと感慨抱きながら、知人から試写会に誘っていただき鑑賞。笑って泣いて、一生懸命生きている昭和の炭坑町の物語。小学生の守は、両親の離婚で母の故郷の炭坑町に引っ越してきた。いじめられたところを助けてく... [続きを読む]

受信: 2010年11月28日 (日) 10時30分

» 信さん・炭坑町のセレナーデ [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
炭坑町でたくましく生きる人々が魅力的なヒューマン・ドラマで、エキストラも含めて役者が皆、いい表情をしている。昭和38年、福岡県の炭坑町に小学生の息子・守を連れて戻ってきた ... [続きを読む]

受信: 2010年11月29日 (月) 23時59分

» 信さん・炭坑町のセレナーデ/小雪、池松壮亮 [カノンな日々]
福岡県出身の辻内智貴さん原作の同名小説を『しゃべれども しゃべれども』『必死剣 鳥刺し』の平山秀幸監督が映画化した作品です。昭和38年の福岡県の炭坑町を舞台に衰退していく炭 ... [続きを読む]

受信: 2010年11月30日 (火) 23時17分

» 映画・信さん 炭坑町のセレナーデ [お花と読書と散歩、映画も好き]
昭和38年夏夫と離婚、小学生のひとり息子の守と一緒に東京から故郷の炭坑町に戻ってきた美智代(小雪)炭坑に支えられ貧しくとも明日に希望を抱いて明るく生きている町の人々ある日、悪ガキたちに囲まれた守を助けてくれたのが近所でも札付きの...... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 16時24分

» 「信さん 炭坑町のセレナーデ」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
昭和30年代の福岡県の炭坑町を舞台に、貧しいながらも必死に生きる人々の日常と、やがて訪れる過酷な運命を平山秀幸監督が丁寧に描き出す。 都会からやってきた聡明そうな男の子が、大きくなるとそうでもなくなるっていうところに共...... [続きを読む]

受信: 2010年12月 5日 (日) 09時37分

» 『信さん』を新宿ミラノ座3で観て、かなりのどストライクふじき☆☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆☆☆、オマケで星五つ】       小雪が綺麗だけど、別に小雪が綺麗じゃなかったとしても こりゃあ、いい映画だよ。いや、小雪は綺麗だけどね。 実に「 ... [続きを読む]

受信: 2010年12月 7日 (火) 00時37分

» 信さん [映画的・絵画的・音楽的]
 『信さん・炭坑町のセレナーデ』を銀座シネパトスで見てきました。  銀座シネパトスは、昨年末『 [続きを読む]

受信: 2010年12月11日 (土) 08時07分

» 「信さん・炭坑町のセレナーデ」 [みんなシネマいいのに!]
 古くは「青春の門」、最近だと「フラガール」、時々、炭鉱町が舞台の映画が公開され [続きを読む]

受信: 2010年12月11日 (土) 19時54分

» 信さん 炭鉱町のセレナーデ [ゴリラも寄り道]
信さん・炭坑町のセレナーデ [DVD](2011/04/22)小雪、池松壮亮 他商品詳細を見る<<ストーリー>> 昭和38年、美智代は故郷である福岡の炭坑町に小学生の息子・守とともに帰ってきた。 炭坑によって支えら...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 8日 (水) 08時07分

» mini review 11533「信さん・炭坑町のセレナーデ」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
昭和30年代の福岡県の炭坑町を舞台に、貧しいながらも明るく必死に生きる人々の日常と、やがて訪れる過酷な運命を描く骨太なヒューマンドラマ。福岡県出身の辻内智貴による原作を、『愛を乞うひと』の平山秀幸監督、劇作家で脚本家の鄭義信が再び組み、力強く生きる人々の...... [続きを読む]

受信: 2011年8月18日 (木) 00時22分

» 海炭市の信さん [Akira's VOICE]
「海炭市叙景」 「信さん・炭坑町のセレナーデ」  [続きを読む]

受信: 2011年11月25日 (金) 14時36分

« レオニー/Leonie | トップページ | クリスマス・ストーリー/Un conte de Noël »