« エリックを探して | トップページ | THE BEST CINEMAS CHOFU 2010 日本編 »

2010年12月31日 (金)

モンガに散る

Photo 台湾で2010年の興行成績1位を記録する大ヒット青春ドラマだ。台北一の歓楽街モンガを舞台に、気の弱い苛められっ子の青年が友達と共に極道の世界に染まっていく姿と、哀しい末路を描いている。出演はイーサン・ルアン、マーク・チャオら期待の若手俳優のほかに、『海角七号 君想う、国境の南』のマー・ルーロンらベテランが脇を固める。監督はこれが2作目のニウ・チェンザー。
>>公式サイト

守りたかったものの違い

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

2010年最後の映画鑑賞でまたまた素晴らしい作品に出会ってしまいました。どうして台湾の青年が主演する作品はこうもキラキラと輝いて見えるのか。何だか実に瑞々しい若さゆえのエネルギーを表現することに長けているというか…。まあ主人公モスキート役のマーク・チャオにせよモンク役のイーサン・ルアンにせよ、ドラゴン役のリディアン・ヴォーンにせよちと高校生と言うには歳食いすぎだろうというのは否めないんですけどね。(苦笑)しかしそれを補って余りある演技力と勢いを感じました。実は個人的に注目していたのがリディアン・ヴォーン。彼はウェールズ人とのハーフで私の大好きな作品『九月に降る風』では主人公イェン役を好演していました。あちらの作品も学生時代の仲間の話で、彼はリーダー格でしたが今回もそう。

02 03

天候早々不良グループに苛められているモスキートだったけれど、たった一人で反撃する彼を気に入ったドラゴンとモンクが彼らの5人目の仲間として迎え入れたことが全ての始まりでした。このドラゴンというのは台北一の歓楽街モンガを牛耳る廟口組のゲタ親分の一人息子で、モンクはその幼馴染。ちなみにゲタ親分のゲタは中国語でもなんでもなく武器を相手に下駄で戦ったから下駄親分なんだそうな。(笑)そういえば昔日本にもそんなプロレスラーがいたような…。それはさて置き、この3人にプラス白ザル、アペイの5人は単なる親友の域を越えて義兄弟の契りを結ぶことになります。ちなみに廟口組だけでなく、対抗組織ももちろんあってそれらは字幕では極道と訳されていたけれど、それはいわゆる日本の暴力団ではなくて昔ながらの○○一家といった感じ。

04 05

したがってみかじめ料は取るけれど地域の人を守るから、少なくともその地域内では尊敬される存在なんですね。という訳でバカばかりして遊びまくる若い5人。もちろんケンカ上等でゴンタクレなんですが、傍目に見てもその活き活きとしたエネルギーが眩しいことこの上ないのです。それにしても80年代とはいえ、あのファッションセンスと言うのはなんだろう…日本の田舎のヤンキーというか、何とも言えない微妙なセンスが日本とソックリなのが不思議。極道の世界とはいえ初めて出来た仲間に、面倒見の良いゲタ親分に日々満足した生活を送っていたモスキートでしたが、ある日を堺に状況が一変します。というのも大陸からのヤクザモノが提携を申し入れてきたから。地元ヤクザとしては、大陸の連中と手を組むなんてことはありえない訳です。

06 07

この辺が地元のプライドだけでなく台湾人としてのプライドも絡んでくるんで、日本人が受け取る感覚よりも重いものがあるのでしょう。また複雑なのがその大陸のヤクザが昔モスキートの母を捨てて逃げた男だということ。即ち彼はそのヤクザと知り合いなのです。この辺から主人公の2人、モンクとモスキートの生まれ育った背景が彼らの考えや行動をすれ違わせていくのが運命の悲劇でした。そしてそれはゲタ親分が殺されるという事件で頂点に達します。母を捨てて逃げた男から、義兄弟、親分、廟口組そして売春宿で知り合った恋人シャオニン(クー・ジャーヤン)、即ち自分の生まれ育った街そのものを守りたいモスキート。大儀と個人の想いが複雑に絡み合った想いの重さに比して彼の力はあまりに無力…。しかし一方のモンクが守りたかったのは実は幼馴染のドラゴンだけでした。

08 09

実質的なグループのリーダーでありながら、常にドラゴンを立ててNo.2でいたモンク。彼のためだったら高校の同級生を殺してしまうぐらいのリンチすらやってしまうモンク。ドラゴンの代わりにゲタ親分に半殺しにされるモンク。そう、改めてここまでの彼を思い返してみると、まるで我が身をドラゴンを一人前の親分にするために捧げているかのようなのです。即ちこのままでは大陸のヤクザにモンガが奪われるという状況で、彼にとってはゲタ親分の命よりもドラゴンの方が大事だったのでした…。ここで脚本的に上手いのが、彼にもモスキートと同じで、いわゆる自分自身の大儀とは別に彼の個人的な想いが複雑に絡み合っていたこと。それはゲタ親分が自分の父親の腕を叩き切って親分の座を奪ったということでした。

10 11

あれだけキラキラ輝いていた、そして若いエネルギーに満ち溢れていた2人がいつの間にか濁った水のように見えています。全てに気づいたモスキートの想いがあまりにも哀しすぎる。自分が何としても守りたかったものに裏切られた想い。自分が何としても守りたかったものを殺さなくてはならない想い。しかしある意味それはモンクも同じこと。彼はきっと誰かに自分を止めて欲しかったのかもしれません。モンクの死に顔と運ばれていくモスキートの顔が共に微笑を浮かべていたのが印象的でした。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:台湾の街並みを観ると行きたくなる…
総合評価:79点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『モンガに散る』予告編

|

« エリックを探して | トップページ | THE BEST CINEMAS CHOFU 2010 日本編 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/38278292

この記事へのトラックバック一覧です: モンガに散る:

» モンガに散る [あーうぃ だにぇっと]
12月9日(木)@ブロードメディア スタジオ試写室。 この日はギリギリまでお仕事。 分厚い資料のレビュー。 1時間半の会議でこんなに話できるわけないじゃん。 ばっかじゃないの?(笑) 清洲橋を渡り清澄庭園の脇を自転車ぶっ飛ばして月島まで出かけた。... [続きを読む]

受信: 2010年12月31日 (金) 06時19分

» モンガに散る/艋舺/MONGA [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね [続きを読む]

受信: 2010年12月31日 (金) 08時45分

» モンガに散る 艋舺 [まてぃの徒然映画+雑記]
台湾映画に独特の清冽な青春活劇とノワールの素晴らしい融合で、娯楽性も高く新しい台湾映画の可能性を感じさせます。公開館は少ないけれど、絶対お薦めです!1986年、台湾の戒厳令... [続きを読む]

受信: 2010年12月31日 (金) 09時17分

» モンガに散る [だらだら無気力ブログ]
本国台湾で2010年度公開の台湾映画で断トツの観客動員記録を樹立し、また 台湾映画史上、『海角七号 君想う、国境の南』に次いで歴代2位の観客 動員を記録して大ヒットした青春ドラマ。 台北市西部の繁華街モンガを舞台に、裏社会に足を踏み入れた少年達が、 やがて大…... [続きを読む]

受信: 2010年12月31日 (金) 11時10分

» 血しぶきの桜〜『モンガに散る』 [真紅のthinkingdays]
   MONGA  1986年、台北市一番の歓楽街・(モンガ)。母子家庭に育った転校生の モスキート(マーク・チャオ)は、極道の親分の息子ドラゴン(リディアン...... [続きを読む]

受信: 2010年12月31日 (金) 18時47分

» モンガに散る@映画 [たび☆めし☆うま BLOG]
台湾で本年度最高動員記録を樹立した作品。1980年代の台北を舞台にした、極道の世界に染まっていく若者たちの友情や絆を描いた青春ドラマ。笑いあり、涙あり、いろんな要素がぎゅっ ... [続きを読む]

受信: 2011年1月 2日 (日) 11時54分

» ◆『モンガに散る』◆ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:台湾映画、ニウ・チェンザー監督、イーサン・ルァン、マーク・チャオ、マー・ルーロン、リディアン・ヴォーン、クー・ジャーヤン出演。 [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 23時58分

» モンガに散る [象のロケット]
1986年、台湾。 台北一の歓楽街モンガに母と引っ越してきた高校2年のモスキートは、転校初日からクラスの不良ドッグに絡まれる。 しかし極道、廟口(ヨウコウ)組のボスであるゲタ親分の息子ドラゴンとその仲間のモンク、アペイ、白ザルに助けられる。 彼ら5人は義兄弟の血の契りを交わし、ケンカに明け暮れる最高な毎日を過ごすことになるのだが…。 青春極道ドラマ。 PG-12... [続きを読む]

受信: 2011年1月 6日 (木) 20時28分

» モンガに散る/イーサン・ルアン、マーク・チャオ [カノンな日々]
劇場予告編の印象だけでも惹き付けられるものがあって期待していたんですが、実際のところ評判もかなりいいみたいで楽しみにしていました。1980年代の台北で随一の歓楽街であるモン ... [続きを読む]

受信: 2011年1月 6日 (木) 23時40分

» 「モンガに散る」 [てんびんthe LIFE]
「モンガに散る」シネマート六本木で観賞 2011-004 台湾最大の繁華街モンガの裏社会で極道になってゆく少年の生きざまを描いた作品。 昨年台湾で歴代2位の興行収入、各種映画賞を受賞するなど前評判も高く、昨年の東京国際映画祭でも上映されました。 色々な意味で興味深い作品でした。 ただし、ヤクザ物が苦手なのでどんなもんかってところもあったんです。 しかし、前半は極道という字幕は沢山出てきていましたが、単純に少年たちが遊んでいるという雰囲気を壊さず見やすい作品でした。 どこがヤクザ映画... [続きを読む]

受信: 2011年1月 7日 (金) 23時01分

» 「モンガに散る」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
裏社会に生きる若者たちの友情と、裏切りと、死。 なあんて言っちゃうと、なんかひどくありふれた物語みたいに聞こえるけど。 台湾のモンガっていう歓楽街が舞台だっていうのが、ちょっと目新しいくらいかな。ストー...... [続きを読む]

受信: 2011年1月10日 (月) 12時04分

» 「モンガに散る」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
凄く評判が高いので、ちょっと期待し過ぎてしまったかな(^^ゞ 3つ★半 [続きを読む]

受信: 2011年1月10日 (月) 22時19分

» 『モンガに散る』は『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・台湾』だよ。 [かろうじてインターネット]
 今週の『天装戦隊ゴセイジャー』は、天使のブラこと救世主のブラジラ様との対決が本格化。天使のブラの部下はゴセイナイト同様、ヘッダー。オルトウロスヘッダーのナモノ・ガタリを差し向ける。  で、...... [続きを読む]

受信: 2011年1月12日 (水) 01時03分

» モンガに散る [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
まぶしい青春時代と失意に満ちた大人の世界。友情と裏切り。この映画の個性は鮮やかな対比にある。ラストシーンの悲しい美しさは近年でも屈指の素晴らしさだ。1980年代の台湾、台北 ... [続きを読む]

受信: 2011年1月13日 (木) 00時32分

» モンガに散る [映画的・絵画的・音楽的]
 『モンガに散る』をシネマート六本木で見てきました。  六本木にある映画館のうち、TOHOシネマズ六本木ヒルズの方には何度も行きましたが、こちらの映画館は初めてです。 (1)映画は、極道に生きようとする若者5人組を中心に据えているとはいえ、日本の“やくざ物”とは...... [続きを読む]

受信: 2011年1月26日 (水) 06時14分

» 台湾極道青春記 ニウ・チェンザー 『モンガに散る』 [SGA屋物語紹介所]
本日は昨年台湾で映画最高動員記録を樹立し、先の東京国際映画祭においても好評を博し [続きを読む]

受信: 2011年1月29日 (土) 20時55分

» 『モンガに散る』 [シネマな時間に考察を。]
誓い、裏切り、血と涙。 それは極道だったのか、それとも友情だったのか。 『モンガに散る』 Monga 2010年/台湾/141min 監督:ニウ・チェンザー 出演:イーサン・ルアン、マーク・チャオ 80年代。躍動する台北一の歓楽街モンガ。 この街に降り注ぐ、赤々と滾... [続きを読む]

受信: 2011年2月 2日 (水) 15時25分

» モンガに散る [Diarydiary! ]
《モンガに散る》 2010年 台湾映画 - 原題 - 艋舺 - 英題 - MON [続きを読む]

受信: 2011年2月12日 (土) 18時42分

» モンガに散る(2010)■◆MONGA [銅版画制作の日々]
 俺たちは、帰り道のない世界にいた。 台湾の台北にある歓楽街の名前がモンガだそうです。随分前ですが、一度訪れたことがあります。日本から飛行機で約3時間くらいでしょうか。近い外国ですね。香港映画とはやはり微妙に雰囲気が違いますね。どのように違うのかははっ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月13日 (日) 22時38分

» モンガに散る [迷宮映画館]
台湾映画の息遣いが変わってきたような感じがする。悪いこっちゃない。 [続きを読む]

受信: 2011年4月12日 (火) 12時17分

» 『モンガに散る』『台北の朝、僕は恋をする』を早稲田松竹で観て、青春爆発ふじき☆☆☆☆,☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
◆『モンガに散る』 五つ星評価で【☆☆☆☆凄く昔からあるタイプの映画だとは思うが、人が弱い存在であり続ける限りこういう映画は我々を落涙させ続けるに違いない】 主人公 ... [続きを読む]

受信: 2011年7月 6日 (水) 00時12分

» モンガに散る [銀幕大帝α]
MONGA/10年/台湾/141分/青春・犯罪ドラマ/PG12/劇場公開 監督:ニウ・チェンザー 脚本:ニウ・チェンザー 出演:イーサン・ルアン、マーク・チャオ、マー・ルーロン、リディアン・ヴォーン <ストーリー> 台北一の繁華街・モンガに引っ越してきた高校生・モ...... [続きを読む]

受信: 2011年8月24日 (水) 23時56分

» モンガのMAD探偵 [Akira's VOICE]
「MAD探偵 7人の容疑者」 「モンガに散る」  [続きを読む]

受信: 2011年9月 5日 (月) 10時30分

« エリックを探して | トップページ | THE BEST CINEMAS CHOFU 2010 日本編 »