« クレアモントホテル/Mrs Palfrey at The Claremont | トップページ | ウォール街(1987年) »

2010年12月10日 (金)

『クレアモントホテル』 あらすじ・作品情報

あらすじ
ロンドンの街角にひっそりと佇むクレアモントホテル。この長期滞在型ホテルに一人の老婦人サラ・パルフリーがやって来る。最愛の夫に先立たれた彼女は、人生の晩年を娘に頼ることなく自立して生活していこう考えていた。ところが、想像とかけ離れたホテルの現実とクセ者揃いの滞在客に落胆してしまう。周囲からすっかり取り残されたようなこのホテルの長逗留者たちにとって、外からかかってきた電話と訪問客は何よりの関心事。そんな彼らを相手にロンドンに住む孫デズモンドのことを自慢げに話すサラだったが、肝心のデズモンドからは待てど暮らせど音沙汰なし。すっかり困り果てたある日、サラは作家志望の青年ルードヴィックと出会う。そして、ひょんな成り行きから彼にデズモンドのフリをしてもらうことになるのだが…。
(allcinemaより)

作品情報
原題:Mrs Palfrey at The Claremont
監督:ダン・アイアランド
製作:リー・カプリン、ザカリー・マッツ、カール・ジャン=コルパート
原作:エリザベス・テイラー
脚本:ルース・サックス
製作国:2005年アメリカ・イギリス合作映画
上映時間:108分
配給:クレストインターナショナル

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ

|

« クレアモントホテル/Mrs Palfrey at The Claremont | トップページ | ウォール街(1987年) »