« 君を想って海をゆく/Welcome | トップページ | es[エス]/Das Experiment »

2010年12月22日 (水)

ばかもの

Photo_3 芥川賞作家・絲山秋子の同名小説を映画化。出逢い、別れ、堕落、再会とあるカップルの10年間を男性の側を中心に描いた恋愛ドラマだ。主演は『ドロップ』の成宮寛貴。共演に『クワイエットルームにようこそ』の内田有紀。他にも白石美帆、池内博之、古手川祐子、浅田美代子、といった中堅・ベテランどころが脇を固める。監督は『DEATH NOTE デスノート』の金子修介。
>>公式サイト

お酒は悪くない、お前が悪い

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_3

何だか主人公の気持ちにイマイチ共感できないドラマでした。話そのものは別に難しくも何ともなく、言いたい事も解るのですが、残念ながら映像を通じて見えることと一致していない気がします。大須秀成(成宮寛貴)は群馬県高崎市にある三流大の学生。別にサークルに打ち込むわけでもなく、まして勉強に打ち込むわけでもない、言ってみればその辺に良くいる大学生です。それはそうと、主人公・大須秀成を演じる成宮寛貴はまだともかく友人・加藤役が池内博之と言うのはどうなんでしょう。幾らなんでも大学生には無理がありすぎです。要はここから10年に渡る大須を描いた物語なんで、後で役に実年齢が追いつくということなんでしょうが…。ともあれ、そんな大須が、父親が飲み屋に忘れた財布を取りにいった先で偶然出会ったのが吉竹額子(内田有紀)でした。

02_3 03_3

一応これは運命の出会いだったってことになります。なにしろ後に彼女が結婚するために2人が別れることになると、その喪失感から大須は酒に溺れるようになり、絵に書いたような転落人生を歩むことになるのだから。しかしそこまで喪失感が大きい存在だというのが大須の様子からは見えません。人生を狂わすほどの大恋愛だったとは。というより額子が初めての女性だったがために、ひたすら彼女とのセックスに溺れているようにしか見えませんでした。何かといえば「やろう!」ばかり。しいて言えばセックスも含めて自分を包んでくれる額子というのは、アマちゃん大学生・大須にとってはよほど居心地の良い存在だったのでしょう。いかにも現代風のモラトリアム人間・大須にとっては、年上の彼女とのセックスは自分が一人前の大人に感じられる瞬間だったのかもしれません。

04_3 05_3

っとまあ、役柄上の大須に対しては正直な所トンだバカ野郎だとしか思えなかったのですがそれはタイトル通りってことですね。逆に額子は良かった。昔から割と大人びた風ではあった内田有紀がようやく雰囲気に年齢が追いついてきたといった所です。今回はバストトップこそ見せないものの、下着姿を披露、大人の女の色気がたっぷりでした。ぶっきら棒な物言いも、そもそも可愛らしいアイドル的イメージではなかった彼女からすればすんなりと馴染むもので、キャスティングとしては成功していると思います。額子と別れた大須は大学を卒業して地元の電気量販店に就職するも、先にも書いた通り段々と酒量が増えていきます。そんな時、加藤の結婚式で新婦の先輩として参列していた翔子(白石美帆)と知り合うのでした。

06_3 07_3

年上の女性と言う所は額子と同じですが、可愛らしく控え目な彼女は明らかに額子とは正反対。大須が意図していたとは思いませんが、無意識の内に額子とは対照的な女性を求めていたのでしょう。それは酷い別れ方をした彼女に対する対抗心であり、また彼女を未だ好きなことの裏返しです。が…ますます酒量は増えて、もはや完全にアルコール依存症。会社も辞めて日がなぶらぶらと街をさまよい歩く姿をみると、個人的にはもう「こいつダメだ。」と思わざるを得なかったり。何しろ自分が酔うのも人が酔っ払っているのを見るのも嫌いな私の目から見たら、もはや大須は人間の屑。っと、考えた時『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』の中で医者が言っていた言葉を思い出しました。曰く「この病気(アルコール依存症)は唯一誰にも同情されない病なんです。」

08_3 09_4

しないでしょう、そりゃ。翔子の顔に青タンた出来ているのを見たら、同情など出来る訳もなく…。結局このあと、飲酒運転で自爆事故を起こし、それをきっかけに病院に入って治療をすることに。治って出てきた彼は偶然にも額子の飼っていた犬・ホシノを通じて現在の彼女の状況を知ることになります。彼女は結婚した夫と店で仕事中に事故にあい左腕を失っていました。再会した2人は前回が嘘のように大人の付き合いを始めます。彼女がどうやっても出来ないこと、即ち右腕を洗うことと腋毛を剃ることを大須に頼む彼女。そう、ようやく大須は額子と対等になれたのでした。それは単純に片腕がないからという現実からではありません。以前は一方的に彼女に頼る・甘えるだけだった大須に、今度は彼女が頼り・甘えることを意味しています。

10_3 11_3

お互いがお互いを必要とすることで、初めて大須はモラトリアムを卒業したと言えるのでした。額子に対する責任感が彼を変えたとも言えます。最後に大須に対して額子が言ったセリフ「大人になるまで面倒みてやるよ。」は、彼が大人になった今だからこそ言える彼女流の愛情表現ですね。いずれにしてもようやく結ばれた2人。基本的に内面の変化を描いてきた物語なのは解りますが、出来たら10年の時の流れをもうちょっと感じさせてくれると、2人の絆の強さがより感じられたのではないかと思います。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:内田有紀の体当たりの演技におまけ
総合評価:66点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『ばかもの』予告編

|

« 君を想って海をゆく/Welcome | トップページ | es[エス]/Das Experiment »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/38166735

この記事へのトラックバック一覧です: ばかもの:

» ばかもの [あーうぃ だにぇっと]
12月8日(水)@有楽町朝日ホールの完成披露試写会で観劇。 この日は15時に有楽町マリオンの11階に寄った。 既に朝日ホール前に並んでいる人がたくさんいた。 折りたたみ椅子持ち込んで気合充分。 その全てが女性だったと思う。 成宮くん目当てだろうがご苦労なことである。 開場時間18時の10分前にふたたび有楽町マリオンの11階へ。 エスカレーターをぐるっと回って大行列ができていた。 そんな遅くに並んでも、前から3列目の席が確保できてしまった。(笑)... [続きを読む]

受信: 2010年12月25日 (土) 06時29分

» ばかもの [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
芥川賞作家・絲山秋子が愛着をもって暮らす群馬県高崎市を舞台にした同名小説を原作に、『デスノート』の名匠・金子修介監督がメガホンをとり、生きること、愛することの切実な痛 ... [続きを読む]

受信: 2010年12月25日 (土) 16時58分

» ばかもの [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>>ある晩、父親が忘れた財布を取りに行った店で19歳の大学生秀成(成宮寛貴)は、 そこの27歳の娘額子(内田有紀)に声を掛けられる。その後偶然アルバイト先で再会した二人は、 年上の額...... [続きを読む]

受信: 2010年12月28日 (火) 05時32分

» ばかもの〜片品の森 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。絲山秋子原作、金子修介監督、内田有紀、成宮寛貴、小林隆、岡本奈月、池内博之、古手川祐子、浅田美代子、中村ゆり、白石美帆、浅見れいな。額子(内田有紀)が群馬県 ... [続きを読む]

受信: 2010年12月28日 (火) 21時52分

» ばかもの [5125年映画の旅]
だらだらと自堕落な生活をおくる大学生のヒデは、年上の女・額子と出会い情熱的な恋に落ちる。しかし額子はある日突然、一方的にヒデを捨てて姿を消してしまう。その後ヒデは酒に ... [続きを読む]

受信: 2010年12月30日 (木) 21時15分

» ばかもの(2011-01) [単館系]
群馬県・高崎市。 地元大学に通い、気ままな生活を送るヒデこと大須秀成、19歳(成宮寛貴)は、近所のおでん屋「よしたけ」で店の女将(古手川祐子)の娘・吉竹額子、27歳(内田有紀)と初めて出会った。 ...... [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 23時25分

» ばかもの [象のロケット]
1999年、群馬県高崎市。 19歳のヒデこと大須秀成は27歳の吉竹額子(ガクコ)に童貞を奪われる。 だが彼女のアパートでセックスをする毎日は、突然情けない形で終わりを迎えた。 一年の留年後に就職し新しい恋人も出来たというのにヒデの酒量は増える一方で、姉の結婚式まで台無しにしてしまう。 アルコール依存症に苦しむ日々が続いたのだが…。 ラブストーリー。... [続きを読む]

受信: 2011年1月 6日 (木) 18時56分

» 『ばかもの』をシネマート新宿2で観て、いいぞ内田な男ふじき☆☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆☆内田が全て。映画は並】    思ったより『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』な展開にビックリ。 それにしても成宮くんがモテすぎである。 あれだけモテる ... [続きを読む]

受信: 2011年1月10日 (月) 23時12分

» 【ばかもの】 [日々のつぶやき]
監督:金子修介 出演:成宮寛貴、内田有紀、小手川祐子、白石美帆、中村ゆり、池内博之、浅田美代子  一生忘れられない恋がある。 「19歳大学生の大須秀成は勉強は嫌いだが家族や友人と仲良く過ごす優しい青年。ある日出会った年上の女性額子、ぶっきらぼうで乱暴... [続きを読む]

受信: 2011年1月15日 (土) 12時27分

» ばかもの(2010) [銅版画制作の日々]
10年に渡って、額子を追い求めた。──たとえ変わり果てた姿になっていたとしても。 nbsp; 絲山秋子さんの、「やわらかい生活」に続き、今回も彼女の小説が映画化されたので、観に行って行きました。「イップ・マン」鑑賞後に続けて鑑賞。 成宮君の映画はまったく初...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 21時49分

» ばかもの/成宮寛貴、内田有紀、白石美帆 [カノンな日々]
芥川賞作家・絲山秋子さんの同名小説を『DEATH NOTE デスノート』の金子修介監督が映画化したラブストーリーです。絲山秋子さんの原作だしキャスティングも好みだったので観れたらい ... [続きを読む]

受信: 2011年2月19日 (土) 23時42分

» 映画「ばかもの」批評 アルコール依存症の話Σ(゚д゚lll) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
「ばかもの」観ましたよ~(◎´∀`)ノ 今回はちょっと古く2011年6月3日レン [続きを読む]

受信: 2012年2月24日 (金) 00時02分

» 映画「ばかもの」批評 アルコール依存症の話Σ(゚д゚lll) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
「ばかもの」観ましたよ~(◎´∀`)ノ 今回はちょっと古く2011年6月3日レン [続きを読む]

受信: 2012年2月24日 (金) 19時59分

« 君を想って海をゆく/Welcome | トップページ | es[エス]/Das Experiment »