« レバノン | トップページ | 7級公務員/7급공무원 »

2011年1月 5日 (水)

アブラクサスの祭

Photo 現役の住職で芥川賞作家・玄侑宗久の同名小説を映画化。うつに苦しむ僧侶が、かつて熱中していたロックに自分を解放する道をみつけ、自らを再生させてゆく様子と、それを見守る周囲の暖かい視線を描いた人間ドラマだ。主演はミュージシャンで『のんちゃんのり弁』などの映画主題歌も手がけるスネオヘアー。共演にともさかりえ、小林薫。監督はデビュー作となる加藤直輝。
>>公式サイト

スネオヘアーに何を求めたのか

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

残念ながらこの作品が何を言いたいのか、どこが良いのかがサッパリ解りませんでした。しかもこんな作品に限ってテアトル新宿に行くと、スネオヘアーのクリスマスライブ付きの回2000円で立ち見しか空いてないなんて言われたり。スケジュールの関係上どうしようもなく泣く泣く立ち見でいいやと2000円出したら直前で席が1つキャンセルになり、望んでもいないのに中央やや後ろの絶好の席に座れたりする訳で、嬉しいようなそうでもないような微妙な気持ちで劇場に入ったのでした。そもそも「アブラクサス」ってのが善も悪もひっくるめた神の名前だそうで、この胡散臭いタイトルの意味もやる前に知ってたら観に行かなかったっかもしれない…。

02 03

ただ、テアトル系でミュージシャン主演の映画というと『色即ぜねれいしょん』の渡辺大知でその歌唱シーンにえらく感動したインパクトが今でも残っていたんです。そこで流石に名前ぐらい知っているスネオヘアーならもっと凄いんじゃないかと…。結論から言うと何か違うって感じでしたが。主人公・浄念(スネオヘアー)は名前が示すとおりお坊さん。元ロックミュージシャンだけれどもそれがもとでうつで苦しんでいるのでした。そんな彼が毎日を送る中で徐々に「やっぱり俺にはロックが必要なんだ!」と気付き、遂には寺のある小さな田舎町でライブを開こうと決意するというのが大まかな流れ。話は解る。しかし浄念がそこまで音楽に文字通り情念を込めているようには全く見えない…。

04 05

スネオヘアーを良く知る人はきっと浄念と一体化することで、彼がロックををやることに何も違和感も不思議も感じないのだろうけれど、スネオヘアーなんぞ殆どしらない私にとっては言葉は悪いが心の病を持った変な坊さんにしか見えない。少なくとも高校の進路指導講演会で意味不明なことを口走ったり、日頃の喋り方、家族内での妻や子との会話を観ていると単純にそう感じるのです。このおかしなキャラクターはきっと狙いで演じているのでしょうが、個人的には脇役の小林薫やともさかりえ、本上まなみ、草村礼子あたりの絶妙な芝居が無かったらちょっと観続けられないぐらい大根だと思う…。だから折角のライブシーンまでに彼の内面に溜め込むエネルギーを感じられない。

06 07

ライブシーン、歌そのものは流石に本職だけあって素晴らしいものだったし、ライブそのものからの熱は伝わってきたのだけれど、結局あれはスネオヘアーのライブであって、到底浄念のライブだとはいえないと思う。本気で歌えば歌うほど彼は本職の、素の自分に戻っているようだし、そうじゃないと見せたいのなら、浄念がどうしようもなく爆発するまでに溜め込む音楽への情熱みたいなものを感じさせて欲しかった。何やら溜め込んではいたけれど、それはたんにうつとして自分の中に溜めこんでいたもので、それと音楽とを結びつける手段がスネオヘアーには自分がプロの歌手であるということしか無かったように思うのです。まあ、そもそも彼にそれを演技で出すことは求めてないのでしょうけど。

08 09

結局最後まで私の中ではスネオヘアーは浄念になり切れていなかったのでした。そもそも作り手は彼に何を求めたのでしょうか。まさか演技も素晴らしいとか言わないでくださいね、加藤監督。という訳でハッキリ言ってツマラナイ作品です。あ、クリスマスライブですが、本作のエンディングテーマ『ハレルヤ』を生で聴けたのはラッキーでしたが、あと数曲歌ってくれた曲は何の曲だかさっぱりでして、普通に寝てました…。価値のわからない人間に幸運が訪れることもあるものだなと、別な意味で妙な悟りを得て劇場を後にしたのでした。

個人的おススメ度2.0
今日の一言:はずれ
総合評価:48点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『アブラサクスの祭』予告編

|

« レバノン | トップページ | 7級公務員/7급공무원 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/38270023

この記事へのトラックバック一覧です: アブラクサスの祭:

» アブラクサスの祭 [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>>かつてロック・ミュージシャンだったうつの僧侶・浄念(スネオヘアー)は、 福島の小さな町で妻子と共に暮らしていた。何事にも不器用で、 法事や説法すら思い通りにいかない彼が、ある...... [続きを読む]

受信: 2011年1月10日 (月) 03時47分

» アブラクサスの祭 [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  躁うつ病に悩む若い僧侶・浄念が、周囲の人々に支えられながら、音楽によって自己を取り戻してゆく姿を描いている。おおらかな説法が出来ず、愛らしく悩ましい真面目な僧侶と音楽の取り合わせをテーマにした映画は珍しいよね。  そもそも坊さんは、高所から偉そ... [続きを読む]

受信: 2011年1月12日 (水) 17時44分

» 映画[ アブラクサスの祭 ]悩める坊さんの教えとは・・ [アロハ坊主の日がな一日]
映画[ アブラクサスの祭 ]をテアトル新宿で鑑賞。 芥川賞受賞作家・玄侑宗久の同名小説の映画化。ウツ病を抱えるお坊さん主人公・浄念をスネオヘアーが演じる。そしてその妻をともさかりえ、お寺の住職・玄宗を小林薫、その妻を本上まなみという芸達者な役者たちが脇を固めている。東京藝術大学で北野武、黒沢清に師事した加藤直輝という新人監督がメガホンをとる。脚本は小林薫主演の[ 休暇 ]を手がけた佐向大。 ブログランキングに参加中!! 参考になったという方は、クリックして頂けるとうれしいです ... [続きを読む]

受信: 2011年1月28日 (金) 13時57分

» mini review 11548「アブラクサスの祭」★★★★★★☆☆☆☆ [サーカスな日々]
現役住職で芥川賞作家である玄侑宗久の小説を映画化した人間ドラマ。うつに苦しみながらも、かつて熱中した音楽に向き合うことで懸命に生きようとする僧侶と、彼を温かく見守る周囲の人々の姿を描く。監督は、東京藝術大学大学院で北野武、黒沢清らに学んだ新人の加藤直輝...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 19時20分

« レバノン | トップページ | 7級公務員/7급공무원 »