« しあわせの雨傘/Potiche | トップページ | ソーシャル・ネットワーク/The Social Network »

2011年1月11日 (火)

スプライス

Photo 『CUBE』のヴィンチェンゾ・ナタリ監督が送るSFスリラー。遺伝子操作で人間の遺伝子を組み込んだ新生命体を生み出してしまった2人の科学者カップルが辿る運命を映画いている。主演には『プレデターズ』『エクスペリメント』のエイドリアン・ブロディと、『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』では監督を務めたサラ・ポーリー。製作総指揮にギレルモ・デル・トロが参加している。
>>公式サイト

何故そんなことも想像できないの?

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

ワーナー・ブラザーズ製作のB級作品。しかしまあ何とも不愉快かつ、出来の悪い作品に出会ってしまった。こんな作品でもシネコンで公開されて、はるかに良質の作品が単館上映、それもあっという間に公開終了になってしまう日本の姿は異常としかいいようがないと思う。主演でクライヴ役のエイドリアン・ブロディは個人的に好きだし、上手い俳優だと思っているのだけれど、この人もっと出演作を選べばいいのに。まだ若いのにオスカー俳優としての自分の格を下げてどうするんだろう…。今回もう一人の主演エルサ役のサラ・ポーリーとともに2人が扮するのは遺伝科学者でした。ちなみに「スプライス」とは“結合”という意味で、即ち彼らの実験である遺伝子操作を意味しています。オープニングからまるで巨大なカブトムシの幼虫風とでもいうか…とにかくえらく気色の悪い生命体が登場してきますから心の準備をしていてください。

02_2 03

実はそれが彼ら2人が生み出した、多種の動物の遺伝子を結合させた新生命体なでした。要は色んな動物の遺伝子を組み込んだ新生命体が体内で合成するたんぱく質を新薬の材料として使おうという研究なんですね。そこまでは普通にある設定なので別にどうと言うこともないのですが、この2人はこの後、人間として科学者として犯してはならない領域に踏み込んでしまいます。それは多種の動物と人間の遺伝子の結合。この時点でもう殆ど展開が読めるのですが、つまり本作はこの2人のバカモノのおかげで死ななくてもいい人が死に、最終的には因果は自分たちに降りかかってくるというお話なのです。タダバカなだけなく、自分たちが絶対に越えてはいけない一線を越えていることを自覚している割には、お粗末極まりない行動をとるお気楽さにはひたすらイライラし通し。

04 05

人間の遺伝子を組み込まれて生まれてきた生命体は当初「エイリアン」に登場するフェイスハガーの足がないバージョンの様にもみえます。しかし実はそれは仮の姿。脱皮すると中から出てきたのはコレがまた何とも今まで見たことがないような生命体。口が裂けても可愛いとは言えませんが、このキメラはドレンと名付けられて極秘に育てられることになります。そもそもこのドレンというのも彼らが所属する組織“NERD(オタク)”を逆さに読んだものというバカバカしさ。既に科学者を名乗る資格もない彼ら2人ですが、研究所のメンバーからドレンを隠すために、何と彼女を外に連れ出して育てることに。しかも育てる場所がエルサ(サラ・ポーリー)の実家の牧場の納屋。ネコが勝手に出入りしてしまうような場所で危険生物を育てて平気でいられる鈍感さがまたイライラします。

06 07

上映開始からココまでひたすら不愉快ではありますが、それでも唯一面白いと言えるのはドレンの成長に伴うクリーチャーの変化でしょうか。フェイスハガーもどきから、足が生え手が生え、次第に足以外の外見は人間の女性に変化していく様子は、中々良く考えられていると思います。結局何がこんなにイラつかせるのか。それはあまりに薄っぺらな脚本のせいで先の展開がバレバレであり、更にそれは劇中のクライヴやエルサだって当然思考の帰結として想像できて良いはずなのに全くそこに思いが至らないから。ドレンの前でセックスを見せたらどういうことになるのか、そのドレンに愛してるといったらどうなるのか、オープニングで見せた生命体に突然性転換が起こったらどうなるのか、そもそも彼女が自分たちに襲い掛かってきたらどうなるのか。

08 09

そして今ここに上げたことを総合したら最終的にエルサがどんな目に遭ってどんな結末を迎えるのかはもう明々白々。卑しくも科学者を名乗り、新たなる生命体を遺伝子操作で生み出すようなことまでしてのけながら、あまりの想像力の欠如としか言いようがありません。そんなことだから平気でドレンが死んだと思い込んで土葬にしてしまったりする訳で。物語の要素として、エルサが自らの母親の関係故に自らの遺伝子を使ってドレンを生み出してしまっただとか、エルサの遺伝子を持つが故にクライヴがドレンに惹かれてしまうといった、それなりに考えられた設定はあるのだけれど、このどうしようもないメインストーリーのおかげで全てが台無しです。B級SFなんである意味バカげた展開でも構いませんが、最低限登場人物には観客の考える常識的なレベルの行動はさせるべきで、その上でその予想を超えた展開で、見ている方にも驚きや恐怖を感じさせて欲しいものです。

個人的おススメ度2.0
今日の一言:こういうのこそDVDスルーで。
総合評価:49点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『スプライス』予告編

|

« しあわせの雨傘/Potiche | トップページ | ソーシャル・ネットワーク/The Social Network »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/38421250

この記事へのトラックバック一覧です: スプライス:

» スプライス / Splice [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね [続きを読む]

受信: 2011年1月11日 (火) 16時42分

» スプライス(2008)◆SPLICE [銅版画制作の日々]
禁断の実験で生まれたldquo;美しき新生命体rdquo;──人類はその進化に後悔する。 Tジョイ京都にて鑑賞。... [続きを読む]

受信: 2011年1月11日 (火) 19時25分

» スプライス [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Splice(遺伝子接合)ヴィンチェンゾ・ナタリ監督、エイドリアン・ブロディ、サラ・ポーリー、デルフィーヌ・シャネアック、シモーナ・メカネスキュ、デヴィッド・ヒ ... [続きを読む]

受信: 2011年1月11日 (火) 21時40分

» スプライス☆独り言 [黒猫のうたた寝]
8日からの公開映画をチェックしてたら、ノーチェックながらこれは~~~っという作品発見・・・しかも上映館も少なめってことはですね、B級テイストの好き系でしょうか?って予告をチェック。エイドリアン・ブロディとサラ・ポーリーで新生物を作っちゃたってお話です。(これ... [続きを読む]

受信: 2011年1月12日 (水) 00時39分

» スプライス [だらだら無気力ブログ]
人間と動物の遺伝子を掛け合わせて新種の生命体を作り出してしまった科学者 夫婦の心理とやがて迫りくる衝撃の運命を描いたSFサスペンス。 主演は『プレデターズ』のエイドリアン・ブロディと『死ぬまでにしたい10 のこと』のサラ・ポーリー。 監督は『CUBE』の…... [続きを読む]

受信: 2011年1月12日 (水) 01時54分

» スプライス [Memoirs_of_dai]
流石の造形 デル・トロ 【Story】 科学者のクライヴ(エイドリアン・ブロディ)とエルサ(サラ・ポーリー)は倫理に反し、人間と動物のDNAを配合する実験を開始する。実験は成功し、これまで誰も目にし...... [続きを読む]

受信: 2011年1月12日 (水) 22時29分

» スプライス/エイドリアン・ブロディ [カノンな日々]
予告編が面白そうだったので楽しみにしていたのですが、公開規模は意外と小さいんですね。『CUBE』のヴィンチェンゾ・ナタリ監督が法と倫理を破り人間と動物のDNAを配合して新たな生 ... [続きを読む]

受信: 2011年1月12日 (水) 23時02分

» スプライス [No Movie, No Life]
スプライス  原題:Splice 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 「CUBE」のヴィンチェンゾ・ナタリ監督によるSFサスペンス。 「スプライス」とは「結合」という意味。クライヴ(エイド...... [続きを読む]

受信: 2011年1月13日 (木) 15時45分

» スプライス・・・・・評価額1300円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
科学には、決して犯してはなならないリミットがある。 「CUBE」のヴィンチェンゾ・ナタリ監督の最新作は、人間と動物の遺伝子を結合させた新種のキメラ生物を創造し、神の領域に踏み込んでしまった科学者夫婦...... [続きを読む]

受信: 2011年1月14日 (金) 23時31分

» スプライス [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★☆【2,5点】(18) その造形をなんとか・・・ [続きを読む]

受信: 2011年1月16日 (日) 23時24分

» 『スプライス』は正しい保健体育の教則映画だよ。 [かろうじてインターネット]
 今週の『天装戦隊ゴセイジャー』は、ゴセイナイトがダークゴセイナイトとなってゴセイジャーの前に立ちはだかる話。で、それに立ち向かうのはハイド。なんかこの二人別に因縁などなかったような気がする...... [続きを読む]

受信: 2011年1月20日 (木) 00時35分

» スプライス [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  一言で言えば、『スピーシーズ』に似ているが、もっと出来が良い作品である。ただラストに続編の匂いを感じたのがいただけない。もし続編が出来たら、スピーシーズの二の舞になるだろう。是が非でも、これはもうこの一作だけでやめて欲しいね。  この映画は、遺... [続きを読む]

受信: 2011年1月21日 (金) 21時19分

» スプライス [not simple.]
(C) 2009 GAUMONT - SPLICE (COPPERHEART) PRODUCTIONS INC. 英題: SPLICE 製作年: 2009年 製作国: カナダ/フランス/アメリカ 日本公開: 2011年1月8日 (新宿バルト9 ほか) 上映時間: 1時間44分 配給: クロックワークス カラー/アメリカンビスタサイズ/ドルビーデ... [続きを読む]

受信: 2011年1月23日 (日) 05時11分

» 映画『スプライス』を観て。。。管理人「ぴ... [KINTYRE’SDIARY]
11-3.スプライス■原題:Splice■製作年・国:2008年、カナダ・フランス■上映時間:104分■鑑賞日:1月8日、新宿バルト9(新宿三丁目)■料金:1,800円スタッフ・キャ... [続きを読む]

受信: 2011年1月24日 (月) 21時34分

» スプライス [りらの感想日記♪]
【スプライス】 ★★☆ 映画(4)ストーリー 科学者夫婦のクライヴ(エイドリアン・ブロディ)とエルサ(サラ・ポーリー)は、人間と動物のDNA [続きを読む]

受信: 2011年1月30日 (日) 18時51分

» 『スプライス』 | キモグロ赤ちゃん発育良好。 [23:30の雑記帳]
スープとライス作りに青春を賭けた若い夫婦が営む レストラン「スプライス」で繰り広げられる 笑いあり涙ありのハートキャッチコメディ…… かと思ったら全然違っていて、 グ ... [続きを読む]

受信: 2011年2月18日 (金) 03時19分

» スプライス [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
科学者夫婦が、人間と動物のDNAを配合して創り出した新生命体の恐怖を描くSFサスペンス。監督は、「CUBE」のヴィンチェンゾ・ナタリ。出演は、「戦場のピアニスト」のエイドリアン・ ... [続きを読む]

受信: 2011年2月24日 (木) 20時26分

» スプライス(SPLICE)/毒親と、かわいそうな子供 [映画感想 * FRAGILE]
スプライスSPLICE/2008年/カナダ・フランス毒親と、かわいそうな子供。 毒親というのは、ざっくりいうと子供の成長(特に反抗期)を認めず、コントロールすることによって自分を守ろうとする親のことです。エルサ(サラ・ポーリー)のドレン(デルフィーヌ・シャネアック)に対する態度は、毒親そのものだなあっと思いました。 そもそも名付けがてきとう(NERDを逆から読んでDRENってどうなのよ)だし、「もう大人なんだからちゃんとしなさい!」と言って猫ちゃんを取り上げたのに、一晩で「プレゼント... [続きを読む]

受信: 2011年3月23日 (水) 09時01分

» スプライス [銀幕大帝α]
SPLICE/08年/加・仏/104分/SFサスペンス/R15+/劇場公開 監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ 製作総指揮:ギレルモ・デル・トロ 原案:ヴィンチェンゾ・ナタリ 脚本:ヴィンチェンゾ・ナタリ 出演:エイドリアン・ブロディ、サラ・ポーリー、デルフィーヌ・シャネ...... [続きを読む]

受信: 2011年4月24日 (日) 21時11分

» スプライス [新・映画鑑賞★日記・・・]
【SPLICE】 2011/01/08公開 カナダ/フランス R15+ 104分監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ出演:エイドリアン・ブロディ、サラ・ポーリー、デルフィーヌ・シャネアック 禁断の実験で生まれたldquo;美しき新生命体rdquo;──人類はその進化に後悔する。 科学者夫...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 18時00分

» スプライス (Splice) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ヴィンチェンゾ・ナタリ 主演 エイドリアン・ブロディ 2009年 カナダ/フランス/アメリカ映画 104分 SF 採点★★★ 遺伝子操作なりショッカーに頑張ってもらうなりして人間に他の生物の特性を組み込むとしたら、何が一番便利でしょうねぇ?羽が生えちゃっ…... [続きを読む]

受信: 2011年7月 9日 (土) 16時30分

» 映画評「スプライス」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆(4点/10点満点中) 2008年カナダ=フランス映画 監督ヴィンチェンゾ・ナタリ ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年9月 9日 (金) 09時16分

» 映画『スプライス』を観たら気持ち悪すぎて涙目 [ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション]
禁断の実験で生まれた“美しき新生命体”──人類はその進化に後悔する。■ストーリー『科学者夫婦のクライヴとエルサは、人間と動物のDNAを掛け合わせて未知の生命体を創り出す禁 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月 9日 (水) 12時19分

« しあわせの雨傘/Potiche | トップページ | ソーシャル・ネットワーク/The Social Network »