« イップ・マン 葉問 | トップページ | ブローン・アパート/Incendiary »

2011年1月26日 (水)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん

Photo_3 人気作家・入間人間の同名デビュー作を映画化。幼い頃に誘拐事件の被害者となった男女のちょっと風変わりな恋愛模様と、そこに絡む連続殺人事件を描いたミステリーラブストーリー。主演は『パンドラの匣』の染谷将太とドラマ「ケータイ刑事 銭形海」の大政絢。共演は田畑智子、鈴木京香。監督はこれが商業作品デビューの瀬田なつきが務める。
>>公式サイト

良く解らないが雰囲気で魅せられた

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_3

原作は未読。何やら実に不思議なラブストーリー?でした。いや、これはラブストーリーと言っていいのか。ついでに言えばミステリーとファンタジーも加わっているといった感じです。主人公のみーくん(染谷将太)とまーちゃん(大政絢)は子供の頃に誘拐監禁された経験をもっていますが、それ以外の背景は全く不明という変なキャラクター。まーちゃんは一応高校に通っているけれど、結構いいマンションに一人暮らし。みーくんに到っては学校に通ってないですし。双方共に両親はどうしているのかも一切語られません。正確に言えば、語られているのかな?正直言って話しがちょっと解りにくくてきちんと把握できたかの自信がありません。それでも魅せられるんですが…。

02_3 03_3

ある日まーちゃんの前に突如みーくんがあらわれる所から話は始まります。どうやら随分長い事会っていない、ことによると誘拐から解放されて以後初めてのように見受けられましたが、如何せんそこに関しては何も情報がありません。みーくんはまーちゃんを守りに来たと言い、まーちゃんはまるでみーくんを待っていたような口ぶりです。後で精神科の坂下医師(鈴木京香)が登場し、2人について話すことからも、どうやら2人は誘拐から解放後、精神病院で治療を受けていたらしい。物語はそんな2人のちょっと不思議な日常を映し出しつつ、そこに誘拐されている時の記憶が挿入される形で進んでゆくのでした。恐らくその時のまーちゃんは、みーくんだけが心の支えだったのでしょう。

04_3 05_3

時が進んで成長したまーちゃん。しかしみーくんにすがりつく彼女の様子は、子供の時と何も変わっていないようにも見えます。さて、このおかしな2人とは別に街では連続殺人事件や幼い姉弟の誘拐事件といった物騒な事件が起こっていました。警察はその犯人としてこの2人を疑い始めます。実際の所、幼い姉弟を誘拐したのはまーちゃん。何故、何時、どのように誘拐したのかは解りません。自らが体験したことを味あわせるため?ともかく、みーくんは姉弟に優しくし自分が誘拐犯に成り代わろうとします。全てはまーちゃんを守るために。っとまあこんな調子で何だか釈然としない漠たる思いのまま観続けていたのですが、物語中ほどの坂下医師とみーくんの会話辺りから更に良く解らなくなりました…。

06_3 07_3

坂下医師の話では、まーちゃんがみーくんを作り上げたとのこと。しかしみーくんはみーくんで、僕はみーくんを演じ続けると言ったり…。そもそもみーくんは何者?というより実在しているの?回想シーンをみると、一緒に励ましあっていたみーくんと呼ばれる少年は自分だけ先に逃げ出し、代わりに犯人の息子だと思われる少年がまーちゃんの傍らにいてみーくんと呼ばれるようになる…。じゃあ最初の少年はどこの誰なんだろう?途中に明らかになるもうひとりの少年・菅原道真(宇治清高)くん、当時の新聞に名前が出ている彼が一人で逃げ出したホンモノのみーくんということで良いのかな。だとすると染谷将太が演じているみーくんは自動的に犯人の息子ということになるけれど。

08_4 09_3

出来たら少年時代のみーくんと成長したみーくんが同じだと思わせてくれる身体的特徴とかをつけてくれてると解りやすかったです。例えばホクロだとかね。確かなのは成済ましみーくんがまーちゃんを大切に想っていたこと。頻繁に口にする「嘘だけど。」ってセリフは照れ隠しなんじゃないか、要はまーちゃんだけでなくみーくんも子供のままだってことなのかもしれません。結構重めの話にも拘らず、染谷&大政の不思議コンビのおかげでとてもポップでテンポのいい展開にはなっていました。特に染谷将太は『パンドラの匣』でもどこか抜けたような存在感を放っていましたが、彼の持って生まれた才能なのかな。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:どうも混乱気味…
総合評価:69点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« イップ・マン 葉問 | トップページ | ブローン・アパート/Incendiary »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/38607384

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん:

» 『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』 [beatitude]
入間人間原作の大ヒットラノベの実写映画化。(原作は未読)一人暮らしの女子高生、御園マユのマンションに、あやしい男が訪ねて来た。最初はいぶかるマユだったが、彼に「まーちゃん」と呼び掛けられた途端「みーくん!」と喜んで男に抱きついた。マユは10年前に少年少女...... [続きを読む]

受信: 2011年1月27日 (木) 00時18分

» 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。入間人間原作、瀬田なつき監督、大政絢、染谷将太、三浦誠己、山田キヌヲ、鈴木卓爾、田畑智子、鈴木京香、宇治清高。まーちゃん(大政絢)は高校2年生。10年前に起きた ... [続きを読む]

受信: 2011年1月27日 (木) 18時51分

» 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)ポップで残酷な青春ラブストーリーは、生活感がないところが、いかにもティーン向けのライトノベル原作らしい。物 ... [続きを読む]

受信: 2011年1月28日 (金) 00時00分

» 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん [象のロケット]
高校2年の御園マユこと“まーちゃん”は、学校では机に突っ伏したまま、何事にも無関心。 ある日、マユの幼なじみである“みーくん”が10年ぶりに彼女のマンションに現れた。 町では連日、小学生姉弟の失踪と、女性ばかりが狙われる通り魔殺人のニュースが報道されている。 “まーちゃん”と“みーくん”は、10年前の少年少女監禁事件の生き残りだったのだが…。 ラブ・サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2011年1月28日 (金) 01時09分

» 『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
みーまーのトリコ。 幼なじみのみーくん(染谷将太)とまーちゃん(大政絢)は小学生姉弟の失踪事件と謎の連続殺人事件が同時に起こっている街で10年ぶりに再会する。 入間人間の人気ライトノベルが原作。一番の期待の新鋭、瀬田なつきが商業映画デビュー!おめでたい。人気ライトノベルな原作もので、主演はシバサキコウと事務所が同じモデル出身の女優ちゃんだなんて、彼女の自由な創造性・表現力の足かせになってやしないのだろうかという不安もあったけど、それが商業映画のイバラの道なのだろうし、そういう企画で実力見せて... [続きを読む]

受信: 2011年1月28日 (金) 13時22分

» 映画「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」エグイ現実をふわっと描いた不思議 [soramove]
「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」★★★ 大政絢、染谷将太、三浦誠己、山田キヌヲ、 鈴木卓爾、田畑智子、鈴木京香出演 瀬田なつき監督、110分、2011年1月22日日公開、 2010,日本,角川映画 (原作:原題:嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「シリーズ累計130万部を突破した ライトノベルを原作とした本作。 10年前に起きた誘拐監禁事... [続きを読む]

受信: 2011年1月30日 (日) 21時23分

» 映画 「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」 [ようこそMr.G]
映画 「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」 [続きを読む]

受信: 2011年1月30日 (日) 23時44分

» 『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(2010)/... [NiceOne!!]
監督:瀬田なつき出演:大政絢、染谷将太、鈴木京香、田畑智子、三浦誠己、山田キヌヲ、鈴木卓爾公式サイトはこちら。これも東京国際映画祭では「日本映画・ある視点」部門でしたが... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 14時02分

» 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん(2011-008) [単館系]
ストーリー:ある日、みーくん(染谷将太)は暴力的でわがままだけれど、かわいくて憎めない幼なじみのまーちゃん(大政絢)と再会する。二人は10年前に起きた誘拐監禁事件の被害者同士で、いまだに心に癒えな...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 8日 (火) 00時05分

» 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん [Art-Millー2]
ふだんの私なら、多分見ないであろう映画だが、《嘘つきみーくん》役の染谷将太クンの名前に釣られてついうっかり観てしまった。《パンドラの匣》で見せた何処かオトボケの眠そうな表情が可笑しく可愛く、以来彼のファンである。 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 原作:入間人間 監督:瀬田なつき 主題歌:柴咲コウ キャスト: 大政絢 染谷将太 田畑智子 鈴木京香 他 オフィシャルサイト 可笑しくも可愛く壊れっぱなしの現在と残酷な過去との時間の交差が、ミステリー風ともホラー風と... [続きを読む]

受信: 2011年2月11日 (金) 09時00分

» 『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』を角川シネマ新宿2で観てアイドル映画としてはいいかなふじき☆☆ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【☆☆大政絢ちゃんはかーいかった】    原作未読です。 大政絢ちゃん、かーいー。 だからアイドル映画としてはとりあえず成立してると思う。 染谷将太くん熱 ... [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 00時59分

» ■映画『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
幼少時に監禁され、性的虐待を受け、殺人を目撃・体験させられたという過酷なトラウマを持つ少女と、彼女を見守る少年の同棲生活を、ファンタジックに描いた映画『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』。 入間人間の人気ラノベが原作だそうで、確かにキャラ設定やセリフまわしは... [続きを読む]

受信: 2011年3月15日 (火) 23時42分

» 映画「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」  若手の大政絢/染谷将太主演 [珍竹麟  ~映画とネットとi-Phoneなどモバイル端末の日々~]
伏見ミリオン座は、ややマイナーな映画を扱っており、その中で興味を惹かれたので、観ることを決めて観ました。 「嘘つきみーちゃんと壊れたまーちゃん」 なんだか、微妙な青春映画かと思いながらでしたが。 幼いころに犯罪の被害者になったトラウマを抱えたヘビーな内容を、ある程度ライトに、狂気を含んだ映画でした。 後味は悪くないですが。 大政絢(まーちゃん)はなかなか普通さと狂気な感じの入り混じりがなかなかよい。 染谷将太(みーくん)も、ちょっと不思議な感じをうまく出していてい... [続きを読む]

受信: 2011年3月17日 (木) 00時24分

» 映画評「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・瀬田なつき ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2012年5月26日 (土) 10時08分

« イップ・マン 葉問 | トップページ | ブローン・アパート/Incendiary »