« わが心の歌舞伎座 | トップページ | 完全なる報復/Law Abiding Citizen »

2011年1月19日 (水)

その街のこども 劇場版

Photo_2 昨年1月17日にNHKで放送された同名TVドラマの劇場版。子供の頃に阪神・淡路大震災を経験した若い男女が神戸で偶然の出逢いをし、お互いに負った心の傷をさらけ出しながらも再生していく。主演は『フィッシュストーリー』の森山未來と、『すべては海になる』の佐藤江梨子。監督は今年の朝の連続ドラマ『てっぱん』の井上剛。実際に震災体験者の2人の会話が実にリアルだ。
>>公式サイト

ドキュメンタリーのようなドラマ

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

1995年1月17日朝5時46分。あの阪神大震災から16年目の今年に公開されたのが、昨年の同時期にNHKで放送され話題を呼んだ同名ドラマの劇場版です。当時私は4月からの就職を控えた最後の休みを楽しんでいました。たまたま海外留学から帰国する妹を迎えに来た母親と共に3人で上野を歩いていた時に号外で震災の事を知ったのを今でもはっきり覚えています。余談ですがオウム真理教の事件が世を騒がせていたのも同じ時期でした。私の友人にも震災の被害にあった人間は何人かいますが、このドラマの主人公・勇治役の森山未來と美夏役の佐藤江梨子も実際に震災を経験した、まさに「その街のこども」。ちなみにこどもではなかったけれど、脚本の渡辺あやも震災経験者だそうです。

02_2 03_2

勇治は建設会社に勤務していて、出張での途中でふと思い立ち神戸に立ち寄ることにするのでした。一方の美夏は翌朝行われる“追悼のつどい”に参加するつもりで新幹線を降ります。偶然出会った2人は結局翌朝までともに過ごすことになります。あの震災は悲劇ではあるけれど、それに対する想いは個々に異なっているのは当然でそれは2人が最初に入った居酒屋のシーンで顕著でした。震災後の復興で建築業をしていた勇治の父親は通常の10倍の値段を吹っかけて大儲け。勇治はそんな父親を自慢します。一方で親友とその母親を亡くしている美夏はその話に不快感を露にするのでした。話の内容もさることながら、余りに自然な2人の会話劇は、何やら本当に人の会話を盗み聞きしているような気分。

04_2 05_2

この辺は彼らのネイティブな関西弁だったり、実際に震災に遭っているという経験から出ている言葉故の説得力とリアリティでした。そもそも演じている森山くん自身がそのインタビューの中で、「(前略)自分たちが震災について思い出したことをセリフにまぜながらやったので、台本とリアルの境目は難しかったですね」と語っている程。井上監督も、2人がその場にふっと現れたように撮りたかったそうで、『よーいスタート』と『カット』の掛け声がなかったのだそうです。恐らくこの最初のシーンの定義は最後まで守り通されていたのでしょう。勇治の言葉に起こった美夏は一旦は一人で店を後にするものの、結局2人で歩いて彼女の祖母の家に向かうことになります。

06_2 07_2

人が全くいない線路沿いの道を歩きながら色々と語り合う2人。真夜中の散歩ではないですが、まるで世界にはこの2人しかいないかのようなシチュエーションは色んな想いを素直に口に出来る世界です。これは何も彼らに限った話ではなくて、誰しも1度位経験があるのではないでしょうか。無い方は是非一度試してみてください。夜の散歩は人の心を正直に、純粋にしてくれる効果があります。2人が歩いている途中、別に劇的な何かがあるわけではありません。友達のこと、会社のこと、父親への想い、震災への想い…。飾らない言葉で語り合い、それに対して変に解ったような答え方をせず、今時の若者そのままにライトに答える。これは本当に台詞なのか?観ていると彼ら自身の言葉に聴こえます。

08_3 09

“追悼のつどい”の会場を前にして勇治は「今年はよしておく」と話し、美夏と別れるのでした。何故彼は参加をしなかったのか…。本当のところは誰にも解りませんが、ここまでの会話の中から推測することはできます。結局の所、子供の頃に震災を経験した人の中には長い年月を経た今でもまだ心の整理が出来ていない人もいるということなのかもしれませんし、或いは6000人を越える亡くなった方に対して、今を生きる自分に確たる自信が持てなくては合わす顔が無いということなのかもしれません。監督自身は震災未経験者ながら、「だからこそ伝わるものがあるのじゃないかと思う。」と言っています。監督の想いの全てを受け止めたなどとは言いませんが、確かに伝わるものがありました。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:あれから16年かぁ…
総合評価:79点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

『その街のこども 劇場版』予告編

|

« わが心の歌舞伎座 | トップページ | 完全なる報復/Law Abiding Citizen »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/38524471

この記事へのトラックバック一覧です: その街のこども 劇場版:

» *『その街のこども 劇場版』* ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:日本映画、井上剛監督、渡辺あや脚本、森山未來、佐藤江梨子、津田寛治出演。  ≪大阪先行上映にて観賞≫ [続きを読む]

受信: 2011年1月21日 (金) 00時22分

» 『その街のこども劇場版』 [再出発日記]
『……なんか、街が新しい……』監督井上剛出演森山未來(中田勇治)佐藤江梨子(大村美夏)津田寛治白木利周中川光子1月17日に観にいきました。なんか、見ておかなくちゃいけない作... [続きを読む]

受信: 2011年1月26日 (水) 18時03分

» その街のこども 劇場版・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
1995年1月17日、午前5時46分、神戸。 あの運命の日に、その街にいた子供たちの、15年後の邂逅を描く異色のドキュメンタリー風ロードムービー。 元々は、阪神・淡路大震災から15年目を迎えた、昨年の1月17日...... [続きを読む]

受信: 2011年1月26日 (水) 23時15分

» 『その街のこども 劇場版』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
夜道を歩きたくなった。 NHK総合テレビで2010年1月17日に放映された阪神・淡路大震災15年特集ドラマ「その街のこども」に未公開シーンと再編集を追加した劇場版。 東京で暮らす勇治(森山未來)と美夏(佐藤江梨子)が偶然に知り合う。TV版は未見。元がTVドラマと聞くと、私の食指は動きにくかったのだけど、これはごく一般的なTVドラマスタイルのものとは違っていて、思いのほか気にいってしまったよ。TVドラマといえば、去年特集上映で佐々木昭一郎の手がけたドラマを観た時、ドキュメンタリーのような臨... [続きを読む]

受信: 2011年1月28日 (金) 12時40分

» 「その街のこども 劇場版」 [みんなシネマいいのに!]
 朝、いきなり大揺れで、地震だということはわかったが、どうすることもできなかった [続きを読む]

受信: 2011年2月20日 (日) 22時16分

» 井上剛[監督]『その街のこども 劇場版』(2010年)を観てきた。 [ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!]
○井上剛[監督]『その街のこども 劇場版』(2010年)を観てきた。 先週末に熊 [続きを読む]

受信: 2011年2月26日 (土) 11時35分

» その街のこども 劇場版 [映画、言いたい放題!]
この作品は、元々NHKで、 阪神大震災から15年目の2010年に放送されたドキュメンタリー作品を 映画用に再編集したものです。 映画を観る会で私が提案した時に メンバーは既にテレビ版を観ていて却下されたのですが、 ドキュメンタリーに興味がない私は その時に知りました。f... [続きを読む]

受信: 2012年1月29日 (日) 16時55分

» 映画:その街のこども 劇場版 [よしなしごと]
 1/17にあれから17年を迎えた。あれとは、そう1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災。そんな震災を経験した2人が主演するその街のこども 劇場版を見てきました。 [続きを読む]

受信: 2012年4月14日 (土) 19時40分

« わが心の歌舞伎座 | トップページ | 完全なる報復/Law Abiding Citizen »