« 恋とニュースのつくり方/Morning Glory | トップページ | バレッツ »

2011年2月22日 (火)

イップ・マン 序章

Photo あのブルース・リーの唯一の師匠、詠春拳の達人イップ・マン(葉問)の伝記映画。日本では『イップ・マン 葉問』のタイトルで続編から公開されたが、元々は本作が先の公開だ。主演に『HERO』のドニー・イェン、共演に日本人の池内博之も出演している。監督はウィルソン・イップ、アクション監督をサモ・ハン・キンポーが務めている。壮絶な武闘シーンには思わず興奮する。
>>allcinema

李小龍?!空手家10人との闘いが美しい

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

新宿武蔵野館で『イップ・マン 葉問』の観客動員が5000人を越えたら公開すると公約していましたが、めでたく動員目標突破ということで本作の公開が急遽決定。早速観てきました。率直に言って映画のデキとしてはこちらの方が上ではないかと思います。反日映画の触れ込みでしたが全然そんなこともなく、何故この作品が普通に1から公開されなかったのか理解に苦しむぐらい。(それとも敢えての戦略的公開?)正直『ザ・コーヴ』なんかの方が余程不愉快度は高いです。もちろん日中戦争の時代を描いている以上、日本軍兵士による暴行であったり、高慢な態度の描写はありますが、別にこの程度は戦争映画では洋の東西を問わず良くあること。むしろ池内博之演じる三浦に到っては、正々堂々とイップ・マン(ドニー・イェン)と闘わんとする武人として描かれていました。

02 03

物語は主に前半と後半に分けられます。前半は平時の広東省佛山での暮らしを描いており、後半は日中戦争中の暮らしを描くといった形。ちょっと驚いたのは、イップ・マンが元々働かなくても食べていけるぐらいのお金持ちだったということ。何しろ武館も開かず弟子も取っていなかったぐらいです。ただその高潔な人格と達人の技で佛山の人々に一目置かれる存在だったのは明らか。初っ端からと泰山武術館の廖師匠との手合わせを見ることが出来ますが、これがもう勝負にならないほど圧倒的。しかし奥さん(リン・ホン)はそもそも武術に打ち込むご主人に大層不満なようで、彼を慕って教えを請いに来る街の人にあからさまな不機嫌顔を浮かべているのでした。にしてもリン・ホンは美しい。劇中では描かれませんが、イップ・マンはどうやってこんなに美しい奥さんと出逢い結婚したのか…。

04 05

さて、前半最大の見せ場は『イップ・マン 葉問』では魚市場に登場した金(ルイス・ファン)との戦い。ようやくここで続編との人間関係が繋がります。彼は元々佛山の武館館主たちを次々と叩きのめした道場破りだったんですね。カンフーアクションそのものの迫力に魅せられるのはもちろんですが、面白いのは本当は旦那を闘わせたくない奥方が、旦那が金に馬鹿にされると渋々ながらも金と闘うことを認めるくだり。家具を壊さないように言い残して裏に引っ込むものの、金があまりにボカスカ壊すと、息子を伝令に使って「あなたが反撃しないと家具が壊れる。」なんて伝えたり。要は、武術をする旦那を嫌いつつも負けるなどとは微塵も思っておらず「いいから、さっさと片付けちゃいなさいよ。」と言っているわけ。これにはイップ・マンも苦笑を浮かべつつココから一気呵成。

06 07

闘いのシーンはありつつもどこかユニークでのんびりとした雰囲気を漂わせつつ話が展開していく前半はある意味平和の証です。後半、日本軍の占領下になると、イップ・マンの表情も堅く険しいものに変わり、物語そのものも暗さを伴ってくるのでした。財産を奪われ、その日暮らしのイップ・マン一家ですが、その分子供といてくれる時間が増えたことで、奥さんの表情が柔和になっているのが印象的。この後半の見せ場は何と言っても三浦たち日本軍の軍人が使う空手と中国拳法の闘いです。闘って勝てば米を一袋もらえるというその現場に図らずも向かうことになったイップ・マン。目の前で戦っていたのは、この物語冒頭で手合わせをした廖師匠でした。3対1の闘いを希望して打ち負かされた彼は立ち去り際に、日本軍の佐藤(渋谷天馬)に射殺されます。

08 09

意外にもこの時、三浦は佐藤を怒鳴りつけ、武道場で二度と銃を抜くことはまかりならん!とまでるのでした。この後も三浦はイップ・マンを日本軍の武術師範に迎えようとしたりと、ステレオタイプな日本兵の残虐さとは一線を画した存在であり続けます。この道場でのシーン、圧巻だったのは2点。1点は三浦の空手アクションです。これてっきりスタントだと思ったら何と本人がやっていたそうで、池内博之ってこんな素晴らしいアクションができるの?!と驚き。正直メチャクチャかっこいい。そしてもう1点はイップ・マンが10人の空手家を一度に相手にするシーン。ドニー・イェンが心から敬愛するブルース・リーの『ドラゴン怒りの鉄拳』をオマージュしたと思われるこのシーンの迫力は特筆に価します。流れるような動き、から次々と敵を倒していく姿は美しくさえありました。

10 11

最後に見せてくれる三浦との対決。このシーンで池内博之はドニーに4連続殴られ脳震盪を起こしたんだとか。流石は本場のカンフーアクション、正に容赦なし。ジャッキーや、サモ・ハンたちの映画が公開されるときも、必ずといって良いほど足を骨折しただの、肋骨にヒビがだのという話は聞いていましたしね。もっとも三浦の動きが空手かと言われるとそこは少々疑問を感じざるを得ないのですが、それでも日本人を使ってもココまで素晴らしいカンフーアクションを見せられるのは、アクション監督サモ・ハンの手腕といって良いでしょう。この最後の闘いのイップ・マンも「ホァタァ!」と言わないだけで日本軍に対する怒りに満ちたその表情はブルース・リーを想起させます。結局三浦を叩きのめした彼は背中から撃たれ、重傷を負いつつ香港へと亡命するのでした。

12 13

という流れで続編に話が繋がります。今回は触れませんでしたが、続編に登場する周親子との関係も本作を観れば全て疑問が解ける内容になっていました。『イップ・マン 葉問』はブルース・リーへのオマージュを捧げつつも、全体としてはいわゆる香港カンフーアクションの楽しさもしっかり表現した、硬軟併せ持つ作品だと思います。惜しむらくは現在本作を公開しているのが日本でただ1館だけということです。

goodイップ・マン 葉問

個人的おススメ度4.0
今日の一言:空手は元々唐手だしなぁ…
総合評価:81点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 恋とニュースのつくり方/Morning Glory | トップページ | バレッツ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/38965174

この記事へのトラックバック一覧です: イップ・マン 序章:

» イップ・マン 序章/ドニー・イェン、池内博之 [カノンな日々]
以前に鑑賞した『イップ・マン 葉問』は実はシリーズ第二作で池内博之さんも出演する第一作が存在していたことをその第二作を観た後に知りました。どうりでちょっと変な冒頭シーン ... [続きを読む]

受信: 2011年2月22日 (火) 23時09分

» イップ・マン 序章 葉問 [まてぃの徒然映画+雑記]
さすが2008年の香港電影金像奨作品賞受賞作、骨太で見応えのある作品でした。場所は武術の盛んな町、広東省佛山で、1935年から話は始まる。詠春拳の達人、葉問(ドニー・イェン甄子丹... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 11時07分

» 『イップマン 序章』は小さい方のマトリューシュカ人形だよ。 [かろうじてインターネット]
 今回はついに公開だよ『イップマン 序章』の感想です。  見に行った映画館は前回に引き続き新宿武蔵野館。ファーストデイで、やはり立見が出るほど混雑しておりました。こちらは座れましたが。客層...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 5日 (土) 02時53分

» イップ・マン 序章 [メルブロ]
イップ・マン 序章 349本目 2011-09 上映時間 1時間45分 監督 ウィルソン・イップ 出演 ドニー・イェン(イップ・マン) 、 サイモン・ヤム(チョウ)     池内博之(三浦閣 ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 9日 (水) 11時17分

» イップ・マン 序章 [to Heart]
           原題 葉問:Ip Man 制作年度 2008年 制作国 香港 プロデューサー レイモンド・ウォン アクション監督 サモ・ハン・キンポー 監督 ウィルソン・イップ 音楽 川井憲次 美術 麥国強 出演 ドニー・イェン/サイモン・ヤム/池内博之/ホァン・シ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月11日 (金) 01時12分

» *『イップ・マン 序章』* [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2008年:香港映画、ウィルソン・イップ監督、サモ・ハン・キンポーアクション監督、川井憲次音楽、ドニー・イェン、池内博之出演。 [続きを読む]

受信: 2011年5月 1日 (日) 23時26分

» 最強。〜『イップ・マン 序章』 [真紅のthinkingdays]
 葉問  IP MAN  1930年代。広東省佛山の瀟洒な邸宅に暮らす葉問(ドニー・イェン)は、詠春 拳の達人。弟子は取らず、家族と静かな暮らしを営んでいる。しかし、彼の腕前 を知った武人が手合...... [続きを読む]

受信: 2011年5月11日 (水) 08時46分

» イップ・マン 序章 (葉問) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ウィルソン・イップ 主演 ドニー・イェン 2008年 香港映画 106分 アクション 採点★★★ 歴史ってのが概ね事実である事は否定しませんが、頭ごなしに信用し切るのもどうかなぁと思う私。数ある事実の中から比較的都合の良いものを“歴史”として残したいって…... [続きを読む]

受信: 2011年6月 5日 (日) 10時07分

» イップ・マン 序章 [銀幕大帝α]
葉問/08年/香港/106分/伝記・格闘技アクション/劇場公開 監督:ウィルソン・イップ アクション監督:サモ・ハン・キンポー 出演:ドニー・イェン、サイモン・ヤム、池内博之、リン・ホン <ストーリー> 30年代の中国広東省佛山。武術館の師範との戦いに勝...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 7日 (火) 23時17分

» イップ・マン 序章 [だらだら無気力ブログ]
伝説の映画スター、ブルース・リーにとっての唯一の師匠として知られる 中国武術“詠春拳”の達人、イップ・マン(葉問)の壮絶人生を、 「HERO」「セブンソード」のドニー・イェン主演で映画化した本格 カンフー・ムービー。その第1作。 日中戦争を背景に、中国人…... [続きを読む]

受信: 2011年8月19日 (金) 00時39分

» 「イップ・マン 序章」 [みんなシネマいいのに!]
 ブルース・リーの師匠で有名な中国武術・詠春拳の達人、イップ・マンを描いた伝記と [続きを読む]

受信: 2011年8月20日 (土) 23時06分

» ブルース・リーの師匠をドニー・イェンが大熱演! 『イップ・マン 序章』 [ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション]
■ストーリー『1930年代の中国広東省佛山。詠春拳の達人イップ・マン(ドニー・イェン)は、家族とともに平穏に暮らしていた。武術の実力と人格によって人々の尊敬を集めるイップ・ ... [続きを読む]

受信: 2011年9月17日 (土) 22時59分

» イップ・マン 序章 [いやいやえん]
詠春拳の達人でブルース・リーの師匠、イップ・マン(葉問)の生涯を描いた作品。でもブルース・リー自体良く知らないんだよね^; 日本が完全に悪役として描かれているので、中国でヒットしたというのもなんだか気分は下がりますが頷けるものがあります。反日ですね。 しかし、イップ・マンを演じたドニー・イェンさんの、ほぼ無敵状態のアクションには、カンフー映画に詳しくない私でも痺れちゃう。 すげ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ってなシーンが多くて迷いますが、とにかく1つ1つの動きが凄く良かった!キレのある... [続きを読む]

受信: 2011年11月20日 (日) 08時47分

» イップ・マン 序章 [ダイターンクラッシュ!!]
2011年12月4日(日) 11:50~ キネカ大森1 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフ:非売 イップ・マン 序章 [DVD]出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)メディア: DVD 『イップ・マン 葉問』公式サイト キネカ大森 名画座 ドニー・イェン特集。 「処刑剣 14 BLADES」との二本立てだったが、そちらは観ているのでパスした。 大傑作「イップ・マン 葉問」の前日談。つまり、こちらが一作目で、あちらは二作目だ。あちらの方が面白いので、あちらが先に公... [続きを読む]

受信: 2011年12月 4日 (日) 23時01分

» 映画評「イップ・マン 序章」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年日本映画 監督ウィルスン・イップ ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年12月10日 (土) 13時50分

« 恋とニュースのつくり方/Morning Glory | トップページ | バレッツ »