« 男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW/무적자 | トップページ | ブレイキング・ポイント »

2011年2月16日 (水)

男たちの挽歌(1986)

Photo_3 香港ノワールの火付け役となる歴史的な一作。この後アジアのスターとなるチョウ・ユンファの出世作でもある。共演にティ・ロン、故レスリー・チャン。監督は後に『M:I-2』や『レッド・クリフ』といったハリウッドで大活躍することになるジョン・ウーが務めた。2011年にはジョン・ウー自らが製作総指揮を務め、韓国映画として本作がセルフリメイクされる。
>>allcinema

若かりしチョウ・ユンファに痺れる

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_3

先にセルフ・リメイク作品『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』を観てからの鑑賞です。もっとも監督がジョン・ウーであることと、主演がチョウ・ユンファであることは未見でも流石に知っていましたが…。香港ノワールの火付け役となったこの作品、とにもかくにも圧倒的な存在感のチョウ・ユンファに痺れる作品です。最近ではあまり見かけないな…なんて思っていたら、世紀の駄作と誉れ高い『DRAGONBALL EVOLUTION』の亀仙人でした。(笑)今思うと同じ人物がやっているとは思えないこの落差。それはさて置き、ジョン・ウー監督の出世作としても知られる本作は、クライマックスの銃撃戦などを見ていると、いかにもらしさが溢れる演出でした。チョウ・ユンファが演じているのは偽札製造組織の幹部でマークと言う男。マッチを楊枝代わりに咥える姿がちょっとヤクザな感じで、実際かなりの武闘派です。

02_4 03_3

その親友がホー(ティ・ロン)、基本的にはこのホーを軸にして話は進んでゆくことに。この2人のサングラスとロングコート姿がこれまた実に絵になるのです。その場に居るだけでもそのカッコよさが伝わってくる、これ以上の絵が撮れるのは恐らく同じ香港のジョニー・トー監督だけじゃないでしょうか。さて、ホーの弟キットは残念ながら亡くなってしまったレスリー・チャン。そして最初は後輩だったものの、後に組織を牛耳りホーとマーク、キットを殺そうとするのがシン(レイ・チーホン)という男。本作は、基本的にはこの4人の男たちの数奇な運命の絡み合いを描いた作品といえるでしょう。余談ですが途中ホーを逮捕する台湾警察の所長役をジョン・ウー監督自らが演じていたりもします。そもそもホーが捕まったのは何者かの密告のため。台湾でシンを伴った取引中に警察に踏み込まれたホーは、自分を犠牲にしてシンを逃すのです。

04_3 05_3

ホーの逮捕をしったマークが台湾に乗り込み、敵の組織を壊滅させるのが序盤の見所。敵が食事をする個室へ向かう途中の通路にならぶ植木鉢に銃を隠しながら進むマーク。扉を開くと同時に二丁拳銃を撃ちまくるという派手な演出が物凄い迫力です。この時のマークの相変わらずマッチ某を楊枝代わりに咥え表情一つ変えない姿が堪らない!しかしこの襲撃でマークは足を撃ちぬかれ、以後右足が不自由になります。この頃、ホーの自宅で療養中の父がホーの口から秘密が漏れることを恐れた組織の人間に殺されるのでした。3年後にホーは出所し香港に戻ってくると弟キットは警察官になっています。父の死と、自分の兄が犯罪者だったことを知ったキットは決して兄を許そうとしませんでした。ここから先はホーの葛藤が中心に描かれて行きます。要は弟のために堅気になりたい、しかしマークはまた彼と一緒にのし上がりたいし、シンもまた彼を仲間に引き入れたい。

06_3 07_3

それだけ終わっていれば良かったものの、ここでシンがとった行動がとんでもないクライマックスへの導火線になってきます。即ちシンは自分の思い通りにならない男たち、マークをビルの屋上で半殺しにし、キットをだまし討ちで殺そうとするのでした。流石にコレにはホーも我慢ならなかった…、マークと共に逆襲にでます。偽札の証拠となるテープをシンから奪い警察に渡し、それと引き換えにという約束で100万ドルを受け取るも、それはマークに渡して彼をボートで逃がすのです。かつてシンを自分が捕まることで逃がしたように、弟と親友のために自分の身を危険に晒す姿はホーの男っぷりの良さを際立たせます。が、キットが埠頭に現れてしまったことで事態は一変。親友を置いては逃げられなかったマークが戻ってきて3人になった後、ここに後々まで語られることとなる壮絶な銃撃戦が展開されることになるのでした。

08_3 09_3

これが本当に凄い。四半世紀前の映画とは思えない迫力と緊迫感です。圧倒的に不利な中で烈火の気合でマシンガンを乱射するマーク。そして何時までも煮え切らないキットを怒鳴りつけているその時、突如キットの顔に飛び散る鮮血。そこからマークが蜂の巣にされ息絶えるシーンは、リメイク版で先に観ていたものの基本的に全く同じでした。解っていても凄まじいシーン。いや、むしろチョウ・ユンファの存在感はこの鮮烈なシーンを余計強烈に彩っています。リメイク版のソン・スンホンも凄くいいんですけどね。基本的に同じと書きましたが、ラストシーンは全く違います。ざっくり言うと、本作ではキットとの心の絆が戻り、それによってシンを射殺するという流れ。リメイク版は…そちららの記事を読んでみてください。(笑)オリジナルとリメイク、両方見たところで1番大きく違うのは情緒的な部分ではないかと感じました。

10_3 11_3

リメイク版は韓国だけに物凄く感情的。登場人物の感情の本流があふれ出してくるような演出になっています。一方のオリジナルは、製作された当時の香港カンフー映画のテイストが含まれているように思えます。即ちそれは真剣な中にも随所にちりばめられたユーモア。結構プッと吹いてしまうようなシーンが観られるんですね。ただ本作に関しては、いわゆる最近の香港ノワールのようなクールな感じは薄いように思います。いずれにしてもこの作品がチョウ・ユンファの出世作だという評判は見てみて納得。おススメの一作です。

good男たちの挽歌II
goodアゲイン/男たちの挽歌III
good男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW

個人的おススメ度4.0
今日の一言:脚本的に細かい突っ込み所はあるかな。
総合評価:79点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW/무적자 | トップページ | ブレイキング・ポイント »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/38835138

この記事へのトラックバック一覧です: 男たちの挽歌(1986):

» 男たちの挽歌 [ダイターンクラッシュ!!]
1月11日(日) LD 男たちの挽歌 [DVD]出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメントメディア: DVD 引き篭もり第三弾は、ジョン・ウー先生、チョウ・ユンファの出世作「男たちの挽歌」。 兄貴がヤクザなのに関わらず、弟が刑事であるという香港警察の杜撰な採用力に驚く、すさまじい設定。 友情、愛情のシーンのたびに流れる臭いレスリーの主題歌のインストルメンタルと、失笑を禁じえない作品だ。 しかし、それを補ってお釣りが大量にくるほどの溢れるエネルギーがあり、こ... [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 00時47分

» 飛び交う銃弾!舞い散る血飛沫!スローモーションが鮮やかに描き出すバイオレンスとエクスタシー!!!!! 『男たちの挽歌』 [ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション]
■ストーリー『国際的マフィアの幹部として偽札造りに明け暮れるホー(ティ・ロン)とマーク(チョウ・ユンファ)。一方、ホーの弟キット(レスリー・チャン)は警官で、偽札組織 ... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 19時01分

» 映画「男たちの挽歌〈1986年〉」懐かしい顔が若い若い [soramove]
「男たちの挽歌〈1986年〉」★★★☆wowowで鑑賞 チョウ・ユンファ、ティ・ロン、レスリー・チャン、 エミリー・チュウ、リー・チーホン、ケン・ツァン出演 ジョン・ウー監督、 95分、 1986年公開 1986年/香港 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← フィルム・ノワールって言葉良く聞くけど 犯罪映画を指した総称で、 「男たち... [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 11時12分

« 男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW/무적자 | トップページ | ブレイキング・ポイント »