« ウォール・ストリート/Wall Street: Money Never Sleeps | トップページ | ワラライフ!! »

2011年2月 2日 (水)

ザ・タウン/The Town

Photo_2 『ゴーン・ベイビー・ゴーン』で監督として高い評価を受けたベン・アフレックの送る第2作。強盗団のリーダーと人質となった女性の恋愛模様や、仲間との絆を描いたクライムアクションだ。主演は監督のベン・アフレック。共演に『それでも恋するバルセロナ』のレベッカ・ホール、『地球が静止する日』のジョン・ハム、『ハート・ロッカー』のジェレミー・レナーが出演。
>>公式サイト

Dice-Kもビックリの強盗団♪

book あらすじ・作品情報へ book

人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

何やら評論家スジは大絶賛しているせいもあって期待度MAXで見てきましたが、これそこまで大絶賛するほどのもの?いや、誤解の無いように書きますが、面白い作品だと思います。ただ、別にこの位の作品なら今までにいくらもあったと思うほどに既視感ありありの作品だとも思います。派手な銃撃戦だとか、目を奪われるカーチェイスだとか、本当に愛しているのに嘘をついてしまっている恋愛だとか、その恋愛ゆえの友との葛藤だとか、書いているだけでどこか思い当たる作品が浮かんでくるはず。ま、そうはいっても物語冒頭、いきなり銀行強盗のシーンから始まり、鮮やかな手並みで襲う姿は中々に爽快感すら伴うものなのは確か。観ていると後で解るのですが、これは一重にグループの頭脳・ダグ(ベン・アフレック)のおかげなのでした。

02_2 03_2

ただし、計画通りに行かないのは世の中の常、本来は主義に反する人質をとったことから話は思わぬほうに転がり始めます。簡単に言えば人質となった銀行の支店長・クレア(レベッカ・ホール)を解放したはいいものの、最初はFBIに余計なことを言わないか探るために彼女に近づいたダグが、本当に彼女を愛してしまったのです。しかし彼女、自分で犯人の声を聞けば解ると言っていた割りに、ダグの声では何の反応も示さないのね…。銀行強盗グループにはそれぞれ役割があるのだけれど、特にダグとは親友同士のジェム(ジェレミー・レナー)はイケイケの過激派。以前殺人で捕まって9年の刑務所暮らしをしたことがあるらしい。結局この先ダグは親友と恋人の間の板挟みになって行きます。

04_2 05_2

この板挟みが単に親友だからじゃない所は深みがありました。ジェムがダグの命を救うために殺人を犯したことや、ジェムの妹は以前ダグと付き合っていたこと、しかもダグは否定しますがその娘までいることなどなど…要するに生まれ育ったこの街の中では2人が直接的に今親友という理由以外でもしがらみでがんじがらめになっているということなのです。そんな中次の仕事は現金輸送車襲撃。一応このシーンのカーチェイスは中々迫力とスピード感を味あわせてくれます。狭い路地をSUVで走りまくる様は、“タウン”らしさを感じさせるのに十分なのと同時に、どんなに狭い路地裏までも知り尽くしているんだという地元密着感を感じさせてくれました。もっとも地元民は大迷惑でしょうが。(苦笑)

06_2 07_2

一方、銀行強盗犯を追うFBI捜査官フローリー(ジョン・ハム)。彼らはダグたちに目をつけますが何しろ証拠が無くて手が出せない。この辺はちょっと違和感を感じます。こんな小さな街でダグいわく銀行強盗2件に現金輸送車襲撃6件もの犯罪を犯したグループを逮捕できないほどFBIは無能なのか?そうと知ってか知らずか、ここで再度ダグたちに大きな計画が舞いこんで来ます。既にクレアと街をでる決心をしていたダグですが、そうじゃなくても今はヤバイなんてことは観ている方だって感じていること。しかしそれでもやらざるを得なくなるのは、この町を仕切るギャングの元締めのせいでした。なるほどこんな所にも地元のしがらみがあるのかと思う反面、このしがらみは唐突過ぎ。

08_2 09

いきなり花屋のオヤジが実はダグの父親の代からの元締めだといわれてもね…。いずれにしても作戦の失敗は目に見えているし、ジェム以外の2人の存在感の軽さを考えたらまずその2人は死ぬのは間違いない。結局はダグとジェムがどうなるのかがこの後の見所になってきます。ちなみにこの作品でジェレミー・レニエはアカデミー賞助演男優賞にノミネートされているだけあって中々の芝居を見せてくれますが、個人的には『ハート・ロッカー』の時の彼のほうが合っていたと思います。それはさておき、案の定作戦が失敗に終わり、ダグとジェムが逃げる訳ですが、それは警官の制服を着て市警に成りすますというもの。多分に市警とFBIの仲の悪さを揶揄し、そこにつけ込んだ作戦です。

10 11

しかし途中でばれて壮絶な銃撃戦の末に射殺されるジェムと何とか逃げおおせるダグ。クレアの家にはFBIが張り込み、彼がやってくるのを待ち伏せします。実は私にはこのシーンが良く解りませんでした。ダグはクレアの家にFBIがいたことは近くのアパートから観て知っています。しかし最後にクレアが電話口で言ったセリフ「青空が~~」とかいうのが意味が解らない。それを聞いたダグが、彼女が暗に来るなと言っているのに気付いたのは何故?逃げられたと知ったフローリーは「FBIの管轄は全米だ」なんて言ってますが、この街で捕まえられないものが全米で捕まるもんですかねぇ…(苦笑)さて、ダグは逃げる前にクレアとの想い出の場所にお金を残します。

不器用な彼らしい愛情表現ですが、いかに有意義なこととはいえそれを使ってしまう彼女、そしてそれ美化するがのようなラストには違和感を禁じ得ませんでした。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:メインの俳優が皆カッコイイ~!
総合評価:66点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ウォール・ストリート/Wall Street: Money Never Sleeps | トップページ | ワラライフ!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/38703084

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・タウン/The Town:

» ザ・タウン [あーうぃ だにぇっと]
1月24日(月)@新宿明治安田生命ホール。 大活躍(笑)の1日の締めくくりは “ザ・タウン”。 開場時間過ぎに会場到着。 まだ会場のシャッターが下りていた。 到着と同時にシャッターが上がり、しばらくして入場が始まる。 が、ホール内には入れず、ロビーに並んで待たされた。 「会場の準備のためしばらくお待ちください。」 とそのまま15分も待たされた。 いったい何を準備してるんだか。 要領の悪い試写会だ。... [続きを読む]

受信: 2011年2月 2日 (水) 15時08分

» ザ・タウン (試写会) [風に吹かれて]
また会える ここか あの世で 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thetown2月5日公開原作: 「強盗こそ、われらが宿命」 (チャック・ホーガン著 上巻・下巻)監 [続きを読む]

受信: 2011年2月 2日 (水) 16時48分

» ザ・タウン/ THE TOWN [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね ←please click ベン・アフレック監督第二作目。東京国際映画祭クロージング作品。 ロンドンで、まだ〜むと「 [続きを読む]

受信: 2011年2月 2日 (水) 18時43分

» 【映画】ザ・タウン [★紅茶屋ロンド★]
<ザ・タウン を観て来ました> 原題:The Town 製作:2010年アメリカ ←クリックしてね。ランキング参加中♪ テレビ東京さんのご招待で試写会にて鑑賞してきました。 役者でもあるベン・アフレックが監督・主演をした事でも有名!原作はチャック・ホーガンの「強盗こそ、われがら宿命(さだめ)」。 銀行強盗発生率の高い、ボストンのチャールズタウン。そこで育ったダグ(ベン)は、親や周りの環境から、当然のように強盗を繰り返していた。 ある日、強盗に入った銀行員のクレア(レベッカ・ホール)を人質に... [続きを読む]

受信: 2011年2月 2日 (水) 21時45分

» 『ザ・タウン』(ベン・アフレック監督・主演) [ラムの大通り]
(原題:The Town) 「う〜む。 噂には聞いていたけど、ここまでオモシロい映画とは…」 ----えっ、珍しいニャ。 “オモシロい”という言葉を使うのって…。 「うん。とにかくよくできているんだ。 お話としては、犯罪の温床のような“町”に生まれ育った男が、 ある女性と知...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 2日 (水) 22時53分

» ザ・タウン ~東京国際映画祭より~ [とりあえず、コメントです]
ベン・アフレックが監督&主演を演じた作品です。 東京国際映画祭のクロージングになっていたのでチャレンジしてみました。 ボストンの片隅で生きる男たちの過酷な運命を描いていました。 ... [続きを読む]

受信: 2011年2月 3日 (木) 00時22分

» ザ・タウン [Memoirs_of_dai]
監督は永久に不滅です 【Story】 綿密な計画を立て、ある銀行を襲撃したプロの銀行強盗一味のリーダー、ダグ(ベン・アフレック)は、思わぬ事態から支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質に。そ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 3日 (木) 01時52分

» 「ザ タウン」逃れられない宿命 [ノルウェー暮らし・イン・London]
秋にロンドンで公開されていた映画。 途中まで見ていたので、続きを見たかった~と思っていたら、運よく機内映画で見ることが出来た。 冒頭から見せる迫力の銀行強盗シーン。 ジョン・デリンジャーの強盗と違って、それは確かにトラウマとして残る恐怖体験なのだけど・・・・... [続きを読む]

受信: 2011年2月 3日 (木) 08時46分

» ザ・タウン [うろうろ日記]
試写会で見ました。強盗と人質と言う関係で出会った二人ですが、主人公は、人質を見張 [続きを読む]

受信: 2011年2月 4日 (金) 00時10分

» ザ・タウン [象のロケット]
ボストンの一角、チャールズタウンは“タウン”と呼ばれ、アメリカで強盗犯罪が一番多い街。 銀行強盗グループのリーダー、ダグは、銀行襲撃の際に人質に取った女性支店長クレアが、どこまで自分たちのことを記憶しているか探るため、事件後さりげなくクレアに近づく。 何も知らないクレアはダグに好意を持ち、二人は付き合いを深めてしまうのだが…。 クライム・ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2011年2月 4日 (金) 01時25分

» ザ・タウン☆独り言 [黒猫のうたた寝]
試写会同行させていただきました。ベン・アフレック監督作品『ザ・タウン』冒頭からみせる鮮やかな銀行強盗シーンに息を呑み目が離せなくなる・・・ということだそうですが・・・せっかくの試写会なのに冒頭から堕ちました^^;;;まーーったく、覚えてない・・・ダグとクレ... [続きを読む]

受信: 2011年2月 4日 (金) 07時30分

» 映画「ザ・タウン」@ヤクルトホール [masalaの辛口映画館]
 客入りは7割ほど、試写会の主権はAXNさんだ。   ★ベン・アフレック監督、最新作★[初版・映画ポスター]ザ・タウン(THETOWN)[DS] 映画の話 綿密な計画を立て、ある銀行... [続きを読む]

受信: 2011年2月 4日 (金) 22時48分

» ザ・タウン [5125年映画の旅]
全米一銀行強盗が多発する、ボストンのチャールスタウン。ここで生まれ育ったダグもまた、仲間と共に強盗を生業としていた。ダグは地元で暮らすクレアと恋に落ちる。しかしクレア ... [続きを読む]

受信: 2011年2月 5日 (土) 08時51分

» 『ザ・タウン』 [こねたみっくす]
荒削りだけど、面白い。 かつて離婚したら自身の財産の半分を渡すという婚前契約をジェニファー・ロペスと交わした男と同一人物とは思えないほど、ベン・アフレックが渋く格好い ... [続きを読む]

受信: 2011年2月 5日 (土) 15時09分

» ザ・タウン [eclipse的な独り言]
行ってまいりました。この映画、そうとういけています。 [続きを読む]

受信: 2011年2月 5日 (土) 16時09分

» 『ザ・タウン』・・・きょうは晴れた日だから [SOARのパストラーレ♪]
クライムアクションとしての見応え、そしてこの手のジャンルらしからぬ温かな余韻を残すラスト。どちらも私の好みにピタリとはまった。 銀行や現金輸送車を襲った犯人たちが繰り広げるド派手な銃撃戦やらカーチェイスをこれでもかと見せておいて、最後は観客の想像に委ねる部分も残しつつ“ちょっとイイ話”的に締めくくる。時にはこんなクライム作品もいいものだ。... [続きを読む]

受信: 2011年2月 5日 (土) 18時45分

» ザ・タウン [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:THE TOWN。ベン・アフレック監督・主演、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナー、ピート・ポスルスウェイト、クリス・クーパ ... [続きを読む]

受信: 2011年2月 5日 (土) 19時03分

» ザ・タウン [悠雅的生活]
人質。ダイヤのネックレス。お天気のいい日。 [続きを読む]

受信: 2011年2月 5日 (土) 19時20分

» ザ・タウン [ハリウッド映画 LOVE]
JUGEMテーマ:映画館でみました! [続きを読む]

受信: 2011年2月 5日 (土) 21時06分

» ザ・タウン [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:THE TOWN。ベン・アフレック監督・主演、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナー、ピート・ポスルスウェイト、クリス・クーパ ... [続きを読む]

受信: 2011年2月 5日 (土) 22時30分

» 映画レビュー「ザ・タウン」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
Ost: the Town◆プチレビュー◆宿命から抜け出そうともがく青年の純愛と、クライム・アクションのからみが絶妙。監督アフレックの手腕は確かだ。 【85点】 ボストン北東部チャール ... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 00時01分

» 『ザ・タウン』 [Cinema + Sweets = ∞]
2/1に一ツ橋ホールにて、ベン・アフレック監督・主演の『ザ・タウン』を試写会で観てきました。 ベン・アフレックの主演作品ってちょっと久々に観るかなーという印象。脇役とかではちょこちょこ出てきていたとは思うけれど。 監督第2作目ということもあって、楽しみにしていた... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 01時04分

» 「ザ・タウン」 その街こそもう一人の主役 [はらやんの映画徒然草]
アメリカの中でも古い街の一つ、ボストンの一角のチャールズタウンは世界でも最も銀行 [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 06時04分

» ザ・タウン [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★☆【4,5点】(14) ベン・アフレック久々のヒット作! [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 08時28分

» 劇場鑑賞「ザ・タウン」 [日々“是”精進!]
「ザ・タウン」を鑑賞してきましたチャック・ホーガンのハメット賞受賞のミステリー『強盗こそ、われらが宿命』を、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続いてこれが監督2作目となるベ... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 15時17分

» 映画「ザ・タウン」 感想と採点 ※ネタバレあります [ディレクターの目線blog]
映画『ザ・タウン』(デジタル上映)(公式)を、初日(2/5)鑑賞。初日の深夜の回で観客は10名ほど。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら55点。後半が違っていたら、★★★★☆(5点満点で4点)でも良かった。 ざっくりストーリー 年間300件以上の銀行強盗が発生するボストン。そのチャールズタウンと呼ばれる一角は、全米一の銀行と現金輸送車の強盗発生数の街。 欲しい物を強奪し、殺さず傷つけず人質取らず、FBIから逃れることに誇りを感じる強... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 15時37分

» ザ・タウン [心のままに映画の風景]
全米屈指の強盗多発地区、ボストンのチャールズタウン。 完璧に仕事をやり遂げてきたプロの強盗一味は、ある銀行を襲った時に、支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質にする。 クレアは無事解放され...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 18時57分

» ザ・タウン [映画鑑賞★日記・・・]
【THE TOWN】 2011/02/05公開 アメリカ PG12 125分監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナー、タイタス ... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 22時02分

» ★ザ・タウン(2010)★ [CinemaCollection]
THE TOWNボストンの一角。肉体労働者が住む地区は銀行と現金輸送車強盗が世界で一番多いチャールズタウン。この街で銀行強盗は 職業のように、父から子へ受け継がれる。ー... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 22時06分

» ザ・タウン [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
ベン・アフレック主演・監督・脚本で、チャック・ホーガンの「強盗こそ、われらが宿命」を原作に作られた銀行強盗の映画だ。ボストンのチャールズタウンは独立戦争の発端になった記念碑がある歴史のある街だが、銀行強盗の発生件数が年間300件という物騒な場所だった。アイル... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 22時35分

» 『ザ・タウン』(2010)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:THETOWN監督・出演: ベン・アフレック出演:ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライブリー、ジェレミー・レナー公式サイトはこちら。東京国際映画祭クロージング作... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 22時43分

» ザ・タウン [Akira's VOICE]
犯罪を甘く描いたらダメだ!  [続きを読む]

受信: 2011年2月 7日 (月) 16時24分

» 「ザ・タウン」みた。 [たいむのひとりごと]
家族と仲間と愛する人と自分と。。。色々なモノがギュギュギュっ凝縮された人間ドラマに、カーチェイスや銃撃戦も迫力満点で「ちょっと欲張りすぎじゃない?」って位に濃厚な作品を堪能した。個人的にベン・アフレッ... [続きを読む]

受信: 2011年2月 7日 (月) 17時51分

» 『ザ・タウン』('11初鑑賞17・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 2月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:10の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年2月 7日 (月) 23時33分

» 映画 「ザ・タウン」の感想です。 [MOVIE レビュー]
映画「ザ・タウン」を観てきました。ベン・アフレックが主演・脚本・監督の一人3役を務めています。ベン・アフレックの脚本と言えば、過去に、まだハーバード大学に在学中だった幼なじみで親友のマット・デイモンと共同執筆した「グッド・ウィル・ハンティング(1997...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 8日 (火) 15時20分

» 『ザ・タウン』 | 大傑作です。 [23:30の雑記帳]
アメリカでは 「数十年に一本のクライム・ドラマの傑作」 とまで評価する向きもあるようですね。 全面的に同意します。 クライム・ドラマって、見終わった後は どんなに面白 ... [続きを読む]

受信: 2011年2月 8日 (火) 20時40分

» 映画「ザ・タウン」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ザ・タウン」観に行ってきました。 年間300件以上もの銀行強盗事件が発生するマサチューセッツ州ボストンのチャールズタウン(略称「タウン」)を舞台に繰り広げられるクライム・アクションドラマ。 作中では暴力が振るわれたり銃撃で頭を貫かれたりする描写やセックスシーンがあるためか、この作品はPG-12... [続きを読む]

受信: 2011年2月 8日 (火) 23時33分

» 映画:ザ・タウン The Town 意外にクラシカルな仕上がりにニンマリ。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ベン・アフレックの監督第2作。 橋一つを隔てただけで、生活レベルが全く違う環境のもと、犯罪発生率が高い都市、ボストン・チャールズタウンが舞台。 チャールズタウンからアップタウンに銀行強盗を行う犯罪団のリーダーをアフレックが演じる。 彼に、強烈な個性がたく...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 9日 (水) 02時43分

» 厄介な絆の形。『ザ・タウン』 [水曜日のシネマ日記]
強盗団の一員として現金強奪を繰り返して生き抜いている犯罪の町に生まれ育った宿命を背負った男の物語です。 [続きを読む]

受信: 2011年2月 9日 (水) 12時42分

» ザ・タウン [りらの感想日記♪]
【ザ・タウン】 ★★★★  試写会(1)ストーリー 全米屈指の強盗多発地区、ボストンのチャールズタウン。この街に生まれ育ったダグ(ベン・アフ [続きを読む]

受信: 2011年2月 9日 (水) 22時45分

» ザ・タウン・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
ベン・アフレック監督・主演によるクライム・サスペンス。 全米一の犯罪多発地帯、強盗こそが住人の“ビジネス”となっている街、それが「ザ・タウン」だ。 生まれ育った街の呪縛から逃れ、新しい人生を歩みだ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 9日 (水) 22時52分

» ザ・タウン [こんな映画見ました〜]
『ザ・タウン』---THE TOWN---2010年(アメリカ)監督:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック 、nbsp;ジョン・ハム、nbsp;レベッカ・ホール、nbsp;ブレイク・ライヴリー 、nbsp;ジェレミー・レナーnbsp; チャック・ホーガンのハメ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 9日 (水) 23時11分

» ザ・タウン [シネマDVD・映画情報館]
ザ・タウン 親から子へ家業のように犯罪が受け継がれる街チャールズタウン。一度はアイスホッケー選手として将来を嘱望されたダグも今では銀行強盗団を率い、その完璧な仕事ぶりで警察を翻弄していた。ところが、ある日の銀行襲撃で支店長のクレアを図らずも人質にとったことから、タウンの外で生きる人生を再び思い......... [続きを読む]

受信: 2011年2月11日 (金) 08時02分

» その街の男〜『ザ・タウン』 [真紅のthinkingdays]
 THE TOWN  ボストンのチャールズタウン。犯罪の多発するこの街で生まれ育ち、幼馴染と 銀行強盗を繰り返すダグ(ベン・アフレック)。彼は人質として拉致した銀行の支 店長クレア(レベッカ・...... [続きを読む]

受信: 2011年2月11日 (金) 10時06分

» ザ・タウン [迷宮映画館]
ちょおおおっと、ナルが入ったかな〜 [続きを読む]

受信: 2011年2月11日 (金) 20時55分

» ザ・タウン [だらだら無気力ブログ]
チャック・ホーガンのハメット賞受賞のミステリー『強盗こそ、われらが 宿命』を、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続いてこれが監督2作目となる ベン・アフレックが自ら主演も兼任して映画化した犯罪ドラマ。 強盗を家業とする主人公が、ある女性を愛したばかりに仲間と…... [続きを読む]

受信: 2011年2月12日 (土) 02時26分

» 映画「ザ・タウン」を見て、長崎の「まちづ... [映画と出会う・世界が変わる]
ジャンルとしてはクライムサスペンスにラブロマンスをまぶしたものと言えようか。ラブロマンスも、犯罪の加害者と被害者で、被害者である女性は、相手の男性が加害者であることを知... [続きを読む]

受信: 2011年2月12日 (土) 08時28分

» ザ・タウン [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
監督第1作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」が好評を博した俳優ベン・アフレック(「消されたヘッドライン」)が主演も兼ねた監督第2作。ボストン北東部の犯罪多発地帯を舞台に、犯罪 ... [続きを読む]

受信: 2011年2月12日 (土) 16時06分

» この 町 だから [笑う学生の生活]
8日のことですが、映画「ザ・タウン」を鑑賞しました。 銀行強盗犯のリーダーと人質にされた女性の愛 強盗仲間、家族、警察、タウンでの人間ドラマ ベン・アフレック監督・主演 良く出来た クライム・ドラマでした ストーリーとしては そこまでのことはないのですが ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月13日 (日) 11時16分

» ザ・タウン [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 アメリカ  犯罪&ドラマ&アクション  監督:ベン・アフレック  出演:ベン・アフレック      ジョン・ハム       レベッカ・ホール       ピート・ポスルスウェイ ... [続きを読む]

受信: 2011年2月13日 (日) 14時45分

» 「ザ・タウン」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
「ザ・タウン」って、どこ? ちゃんと映画観てた?何度も出てきたぜ、ボストンのチャールズタウンって。 マッちゃんもハマちゃんもいなかったけどね。 それは“ダウンタウン”だ。こっちは、チャールズタウン。 お笑いとは関係なかった。 笑いもひきつるコワい街だからな。...... [続きを読む]

受信: 2011年2月13日 (日) 18時48分

» ザ・タウン(2010)◆◇THE TOWN [銅版画制作の日々]
チャック・ホ―ガン原作の『強盗こそ、われらが宿命』を元に映画化。ベン・アフレックが主演と監督を兼ねている作品です。銃撃シーンはやカ―チェイスはスリル溢れていると思いました。ただ物語全体はちょっと物足りなさがあるなあなんて思いました。 全米屈指の強盗多発...... [続きを読む]

受信: 2011年2月13日 (日) 21時11分

» ザ・タウン 地元のしがらみが今は懐かしい [労組書記長社労士のブログ]
【=11 -3-】 この三連休は仕事だった、だから今日も仕事の隙間に映画に行ってみた。 仕事になって、波乗り行かずに大阪に居たら、映画を観て、トレーニングもみっちり時間をかけて出来て、買い物とかの野暮用も消化でき、そして仕事も出来て、久しぶりの友人にも会えた...... [続きを読む]

受信: 2011年2月14日 (月) 16時17分

» 映画レビュー 「ザ・タウン」 [No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)]
ザ・タウン  原題:The Town 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 ベン・アフレットが「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続き、監督、主演を務めるクライム・ドラマ。舞台はボストンのチャ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月15日 (火) 01時16分

» 生まれたところを遠く離れて(…生きてみたい) ベン・アフレック監督・主演『ザ・タウン』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。前作『ゴーン・ベイビー・ゴーン』が高い評価を受けたベン・アフレック監督第2作『ザ・タウン』主演もベン・アフレック。共演は「それでも恋するバルセロナ」のレベッカ・ホール、「... [続きを読む]

受信: 2011年2月15日 (火) 23時01分

» ザ・タウン []
ここは税ベイ最悪、強盗と犯罪の街(タウン)。 知られざる驚愕の<現実>から生まれた、魂を撃ち抜くクライム・ドラマ! チャック・ホーガンの原作小説「強盗こそ、われらが宿命(さだめ)」の映画化。 全米一、... [続きを読む]

受信: 2011年2月16日 (水) 22時56分

» 「ザ・タウン」は、どうしようもない悲劇の... [映画と出会う・世界が変わる]
人が変わるためには何をすれば、いいのだろうか?人などとまさに他人事のように言っているが、私自身のことである。そんなことを考えたのは、映画「ザ・タウン」を見たことが、きっ... [続きを読む]

受信: 2011年2月17日 (木) 20時25分

» 『ザ・タウン』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ザ・タウン」□監督・脚本 ベン・アフレック □脚本 ピーター・クレイグ、アーロン・ストッカード□原作 チャック・ホーガン □キャスト ベン・アフレック、レベッカ・ホール、ジョン・ハム、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナー、ピート・ポスルスウェイト■鑑賞日 2月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>   アメリカでも最も強盗が多発する街チャールズタウン。  ボストン・レッドソックスの松坂家族は大丈... [続きを読む]

受信: 2011年2月18日 (金) 08時12分

» ザ・タウン [みすずりんりん放送局]
 『ザ・タウン』を観た。  【ストーリー】  広大なアメリカのどこよりも、銀行強盗が多発している小さな街がある。  ボストンの北東部に位置するチャールズ・タウン。  そこに暮らす者たちは、愛情...... [続きを読む]

受信: 2011年2月18日 (金) 08時18分

» ザ・タウン [Men @ Work]
現在公開中のアメリカ映画、「ザ・タウン」(監督:ベン・アフレック)です。TOHOシネマズ六本木スクリーン3で観賞しました。 いや、素晴らしい映画でした。これぞハリウッド、という感じ。とにかく緊張感・スピード感がハンパなくて、2時間スクリーンに釘付け状態でした。エンタメ性という意味では最高の、しかし「アメリカ社会を描く」ことにもある程度成功した作品だと思います。 まず冒頭の銀行強盗シーン。あまりの手際の良さにボーゼン。通報させないために携帯を集めて水浸しにしたり、DNA採取をさせないために漂白剤をまい... [続きを読む]

受信: 2011年2月20日 (日) 18時17分

» 映画「ザ・タウン」この場所で生きる、ここではない何処かへ [soramove]
「ザ・タウン」★★★☆ ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライヴリー、 ジェレミー・レナー、ピート・ポスルスウェイト、 クリス・クーパー、タイタス・ウェリヴァー出演 ベン・アフレック監督、125分、2011年2月5日公開 2010,アメリカ,ワーナー・ブラザース (原作:原題:THE TOWN)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「アカデミー賞有力... [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 18時21分

» ザ・タウン [キノ2]
★ネタバレ注意★  『ゴーン・ベイビー・ゴーン』に続く、ベン・アフレック監督第二弾です。しかも今回は、脚本と主演も! 原作はチャック・ホーガンのミステリー、『強盗こそ、われらが宿命』(未読)。  ボストンのチャールズタウンは全米で最も銀行強盗が多発する地域。この街に生まれ育ったダグ(ベン・アフレック)は、プロホッケーの選手を目指していたが限界を自覚し、幼馴染のジェム(ジェレミー・レナー)らと共に、この街の住人の「ファミリー・ビジネス」である銀行強盗で頭角を現していた。その日も鮮やかな... [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 19時28分

» 『ザ・タウン』 ボストン犯罪映画 [Days of Books, Films ]
The town(film review) アメリカ映画で犯罪ものといえばニュー [続きを読む]

受信: 2011年2月23日 (水) 20時45分

» ザ・タウン(アメリカ) [映画でココロの筋トレ]
ちゃんと観るのって久しぶり、ベン・アフレック。 「ザ・タウン」を観たよ。 ( → 公式サイト  ) 出演:ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナー、タイタス・ウェリヴァー 上映時間:125分  プロの... [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 20時27分

» その街の強盗たち ベン・アフレック 『ザ・タウン』 [SGA屋物語紹介所]
うわああ気がつけばまた一週間更新が空いとったw 本日は日本ではどちらかというとバ [続きを読む]

受信: 2011年3月 2日 (水) 13時08分

» [遅ればせながら、映画『ザ・タウン』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆すまんね、今、風邪か花粉症かわからない状態で、体調が悪い。  本日は2本観る予定だったが、この『ザ・タウン』を観て、いったん外に出たら、もの凄い寒気に襲われ、帰宅を決めた。  だから、短信です。  でも、映画を観る前も体調は万全じゃなかったが、映画を観...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 4日 (金) 06時25分

» 2011-11『ザ・タウン』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2011-11『ザ・タウン』(更新:2011/03/04) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) MOVIX橋本で鑑賞です。 観るつもりにしていたのに中々観に来てませんでした。 気になっていたから観賞しましたけど…... [続きを読む]

受信: 2011年3月 6日 (日) 16時30分

» ザ・タウン [メルブロ]
ザ・タウン(原題:THE TOWN) 348本目 2011-08 上映時間 2時間5分 監督 ベン・アフレック 出演 ベン・アフレック(ダグ) 、 ジョン・ハム(フローリー)      レベッカ・ホ ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 6日 (日) 17時26分

» ザ・タウン [映画的・絵画的・音楽的]
 『ザ・タウン』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)この映画の前に見た『ジーン・ワルツ』は、出産を扱っていることから当然のことながら、女性中心の作品になっていましたが、本作品は強盗団一味を描く犯罪物ですから、登場する主な女性はたったの二人です。  いずれも...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 9日 (水) 18時43分

» 映画『ザ・タウン』を観て [KINTYRE’SDIARY]
11-13.ザ・タウン■原題:TheTown■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:125分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月13日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■料金:1,800円スタッ... [続きを読む]

受信: 2011年3月14日 (月) 22時14分

» 『ザ・タウン』 事件のたびに変わるのは? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  『ザ・タウン』を観た翌々日、再び映画館に足を運んで『ザ・タウン』を観た。こんなことは初めてである。  1度目は大いに楽しんだ。2度目は脚本の妙に感心した。  本作では、後の...... [続きを読む]

受信: 2011年3月16日 (水) 17時34分

» 映画:ザ・タウン [よしなしごと]
 銀行強盗の覆面が印象的な予告編。そしてこの作品に出演しているピート・ポスルスウェイトが今年2011年1月2日に死去され、本作が遺作となったザ・タウンを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2011年3月17日 (木) 03時15分

» 映画「ザ・タウン」@ヤクルトホール [新・辛口映画館]
 客入りは7割ほど、試写会の主権はAXNさんだ。 [続きを読む]

受信: 2011年7月 3日 (日) 22時19分

» ザ・タウン (The Town) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2010年 アメリカ映画 150分 ドラマ 採点★★★★ 私が生まれた田舎町は、県内で一番大きな街である仙台まで電車一本で行けるってこともあってか、駅前にはサラリーマン族や商店などちょっと裕福な人が集まり、線路を…... [続きを読む]

受信: 2011年7月27日 (水) 19時50分

» ザ・タウン [銀幕大帝α]
THE TOWN/10年/米/125分/犯罪ドラマ・アクション/PG12/劇場公開 監督:ベン・アフレック 原作:チャック・ホーガン『強盗こそ、われらが宿命』 脚本:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ピート・ポスルスウェイト ...... [続きを読む]

受信: 2011年7月31日 (日) 21時45分

» ザ・タウン [いやいやえん]
ベン・アフレックってちょっと苦手。でも監督としての手腕はなかなか良いと思います。前作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」も素晴らしかった。 たくさんのしがらみと因縁が、ダグをこの土地に縛り付けている。銀行強盗のリーダー格でブレインであるダグが人質として関わったクレアを愛してしまう恋愛部分と、カーチェイスや銃撃戦などの緊迫感と迫力でグイグイと押してくる作品でした。 親友であるジェムはかつてダグを助けるため刑務所に入った身でもあり、彼の妹と恋人関係にあったこともある、少々ややこしい関係。ジェムはどちらか... [続きを読む]

受信: 2011年8月 1日 (月) 14時35分

» ザ・タウン [A Day In The Life]
劇場にて観賞 解説 俳優として活躍する一方、前監督作『ゴーン・ベイビー・ゴーン』が 高い評価を受けたベン・アフレックの監督第2作。 強盗団のリーダーと人質女性の愛を軸に、犯罪都市に生きる者たちの 生きざまが描かれる。 監督のベン・アフレックが主演を務める... [続きを読む]

受信: 2011年11月14日 (月) 19時01分

» ザ・タウン [Recommend Movies]
仲間を裏切るか、愛という名の希望を失うか─ ベン・アフレックが監督・脚本・主演を手掛けたクライムアクション! 似たような映画いっぱいあるけれど、こりゃ良く出来てるなぁ☆ アメリカでもっとも...... [続きを読む]

受信: 2011年11月16日 (水) 19時01分

» 【映画】ザ・タウン…アフレック夫妻には厳しい私だったが。 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
サブタイトルのアフレック夫妻に厳しい私…云々は映画「バレンタインデー」の記事を併せて参照ください さて久しぶりの更新 寒くなって来るとパソコンの前に座るのも億劫でですねぇ 最近の近況ですが… 昨日2011年12月18日(日曜日)、娘が貯めていたお小遣いでAndroid搭...... [続きを読む]

受信: 2011年12月19日 (月) 14時21分

» 主人公の行動はこれでいいのか? 『ザ・タウン』 [ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション]
■ストーリー『全米屈指の強盗多発地区、ボストンのチャールズタウン。この街に生まれ育ったダグは、かつては輝かしい将来を夢見ていたものの、今では父親と同じ道を進み、気心の ... [続きを読む]

受信: 2012年2月 2日 (木) 23時10分

» 映画評「ザ・タウン」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督ベン・アフレック ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2012年3月20日 (火) 10時09分

« ウォール・ストリート/Wall Street: Money Never Sleeps | トップページ | ワラライフ!! »