« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

アレクサンドリア/Agora

Photo_4 4世紀のエジプトはアレクサンドリアを舞台に、女性天文学者ヒュパティアの悲劇の運命を描いた歴史ドラマだ。主演は『ラブリーボーン』のレイチェル・ワイズ。共演にマックス・ミンゲラ、オスカー・アイザック。監督は『アザーズ』のアレハンドロ・アメナーバルが務める。当時のアレクサンドリアを再現したダイナミックな映像がすばらしい。
>>公式サイト

続きを読む "アレクサンドリア/Agora"

| | トラックバック (31)

第83回アカデミー賞 -授賞スピーチ&インタビュー-

83rdoscar 今年もやってきました世界最大の映画の祭典第83回アカデミー賞。下馬評でやや有利だった『英国王のスピーチ』が作品賞受賞!同じくコリン・ファースとナタリー・ポートマンはこれまた前哨戦も含めてほぼ圧勝で主演男女優賞を獲得でした!『ソーシャル・ネットワーク』は準作品賞とも言える編集賞ほか3冠獲得。『インセプション』が最多の4冠をゲットという結果に―。

続きを読む "第83回アカデミー賞 -授賞スピーチ&インタビュー-"

| | トラックバック (24)

2011年2月27日 (日)

MAD探偵 7人の容疑者/神探

Mad_7 『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』の監督ジョニー・トーと、同脚本のワイ・カーファイの共同監督で送るサスペンススリラー。犯人の心が見える元刑事が、7人の人格を持つ殺人犯を追い詰めてゆく。主演は『つきせぬ想い』のラウ・チンワン、共演に『エグザイル 絆』のラム・カートン、ラム・シューらが出演している。風変わりな主人公もさることながら、その斬新な映像表現が面白い。
>>公式サイト

続きを読む "MAD探偵 7人の容疑者/神探"

| | トラックバック (13)

2011年2月26日 (土)

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島/The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader

3 C・S・ルイス原作の大人気ファンタジー・アドベンチャーシリーズの第3章。今回はナルニアの海を舞台に、ジョージー・ヘンリー、スキャンダー・ケインズ扮するベベンシー兄妹の下の2人と新に従兄弟ユーチスををウィル・ポールター、そして前作から引き続きベン・バーンズ扮するカスピアンが大冒険を繰り広げる。監督は『アメイジング・グレイス』のマイケル・アプテッドに変わった。
>>公式サイト

続きを読む "ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島/The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader"

| | トラックバック (64)

2011年2月25日 (金)

サラエボ,希望の街角/Na putu

Photo 『サラエボの花』のヤスミラ・ジュバニッチ監督の第2作。ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボを舞台に、あるカップルがとある出来事を境にすれ違ってゆく姿を描く。主人公のヒロインを演じるのは新人ズリンカ・ツヴィテシッチ。恋人役に『サラエボの花』のレオン・ルチェフ。内戦から10年、今だ残るその心の傷跡が痛々しい。
>>公式サイト

続きを読む "サラエボ,希望の街角/Na putu"

| | トラックバック (9)

2011年2月24日 (木)

トスカーナの贋作/Copie conforme

Photo 『桜桃の味』で第50回カンヌ国際映画祭パルムドールに輝いたアッバス・キアロスタミ監督最新作。イタリアのトスカーナ地方を舞台にであった画廊を経営する女性と、イギリス人作家が、ひょんなことから偽りの夫婦を演じる羽目に…。主演は本作で2010年のカンヌ国際映画祭女優賞を獲得したジュリエット・ビノシュとイギリスオペラ界を代表する歌手ウィリアム・シメル。
>>公式サイト

続きを読む "トスカーナの贋作/Copie conforme"

| | トラックバック (20)

2011年2月23日 (水)

バレッツ

Photo_2 『レオン』のジャン・レノが送るバイオレンス・クライムアクションだ。全身に22発の弾丸を浴びつつも一命を取り留め“不死身”と呼ばれた伝説のマフィアのボス、ジャッキー・アンベールの実話を映画化した。主人公が殺された身内のための復讐と、家族を守るために立ち向かっていく姿を描いている。監督はリシャール・ベリ。共演に『プチ・ニコラ』のカド・メラッド。
>>公式サイト

続きを読む "バレッツ"

| | トラックバック (9)

2011年2月22日 (火)

イップ・マン 序章

Photo あのブルース・リーの唯一の師匠、詠春拳の達人イップ・マン(葉問)の伝記映画。日本では『イップ・マン 葉問』のタイトルで続編から公開されたが、元々は本作が先の公開だ。主演に『HERO』のドニー・イェン、共演に日本人の池内博之も出演している。監督はウィルソン・イップ、アクション監督をサモ・ハン・キンポーが務めている。壮絶な武闘シーンには思わず興奮する。
>>allcinema

続きを読む "イップ・マン 序章"

| | トラックバック (15)

恋とニュースのつくり方/Morning Glory

Photo_2 テレビ業界を舞台に低視聴率番組を立て直すためにプロデューサーとして雇われた主人公の女性が、気難しいMCに振り回されつつ恋に仕事にと奮闘する姿を描いたコメディドラマだ。主演は『きみがぼくを見つけた日』のレイチェル・マクアダムス、共演にハリソン・フォード、ダイアン・キートン、パトリック・ウィルソンといった豪華な顔ぶれ。監督は『ノッティングヒルの恋人』ロジャー・ミッシェル。
>>公式サイト

続きを読む "恋とニュースのつくり方/Morning Glory"

| | トラックバック (59)

2011年2月21日 (月)

アゲイン/男たちの挽歌III

Iii 陥落間近のベトナムはサイゴンを舞台に、マークとシンジケートのボスの女キティ、そしてマークの従兄弟のマイケルの3人の友情と恋愛を描いた『男たちの挽歌』シリーズ第3作。主演はチョウ・ユンファ。共演に故アニタ・ムイとトニー・チェン。日本人の時任三郎も出演している。監督は前2作のジョン・ウーから代わり、前2作でプロデューサーを務めたツイ・ハークが務める。
>>allcinema

続きを読む "アゲイン/男たちの挽歌III"

| | トラックバック (0)

英国王のスピーチ/The King's Speech

Photo 後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言った実力派が揃う。監督はトム・フーパー。第64回英国アカデミー賞では作品賞初め7冠を獲得した。
>>公式サイト

続きを読む "英国王のスピーチ/The King's Speech"

| | トラックバック (127)

2011年2月20日 (日)

戦火の中へ/포화속으로

Photo 1950年の朝鮮戦争当時の実話を映画化。韓国軍学徒兵71人が北朝鮮正規軍を前に必死で立ち向かう姿を描いた戦争ドラマだ。『私の頭の中の消しゴム』『サヨナライツカ』のイ・ジェハン監督が監督を務めている。主演は大人気アイドルBIGBANGのT.O.P。共演に『悲しみよりもっと悲しい物語』のクォン・サンウ。戦闘シーンの圧倒的な迫力と臨場感に圧倒される。
>>公式サイト

続きを読む "戦火の中へ/포화속으로"

| | トラックバック (15)

2011年2月19日 (土)

アンチクライスト/Antichrist

Photo 情事の最中に息子を事故で失い、深い悲しみと自責の念に苛まれ精神を病んでしまった妻と、それを治そうとするセラピストの夫の姿を描いた衝撃の問題作だ。出演は本作で第62回のカンヌ国際映画祭で女優賞を授賞したシャルロット・ゲンズブールとウィレム・デフォー。監督は『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のラース・フォン・トリアー。日本版では問題シーンの殆どにモザイクが入っている。
>>公式サイト

続きを読む "アンチクライスト/Antichrist"

| | トラックバック (31)

2011年2月18日 (金)

男たちの挽歌II

Ii 1986年に公開され大ヒットした『男たちの挽歌』の続編。チョウ・ユンファも前作ラストで死亡したマークの双子の弟ケンとして再登場する。偽札組織摘発に協力するホーとキットの兄弟に、ホーの元ボス・ルンも加わった銃撃戦の激しさは前作以上だ。スタッフは変わらず、監督はジョン・ウー、脚本はツイ・ハーク。彼らの男気に熱い涙が頬を伝うだろう。
>>allcinema

続きを読む "男たちの挽歌II"

| | トラックバック (1)

2011年2月17日 (木)

ブレイキング・ポイント

Photo

DVDスルー作品。ミシガン州の小さな町を舞台に起こった拳銃乱射事件で生き残った人々のその後を描いた群像劇だ。出演は『アンダーワールド』ケイト・ベッキンセイル、『英国王のスピーチ』のガイ・ピアーズ、『レポゼッション・メン』フォレスト・ウィッテカー、『リリィ、はちみつ色の秘密』のダコタ・ファニングとジェニファー・ハドソンと言った豪華な面々。監督はローワン・ウッズ。
>>allcinema

続きを読む "ブレイキング・ポイント"

| | トラックバック (1)

2011年2月16日 (水)

男たちの挽歌(1986)

Photo_3 香港ノワールの火付け役となる歴史的な一作。この後アジアのスターとなるチョウ・ユンファの出世作でもある。共演にティ・ロン、故レスリー・チャン。監督は後に『M:I-2』や『レッド・クリフ』といったハリウッドで大活躍することになるジョン・ウーが務めた。2011年にはジョン・ウー自らが製作総指揮を務め、韓国映画として本作がセルフリメイクされる。
>>allcinema

続きを読む "男たちの挽歌(1986)"

| | トラックバック (3)

2011年2月15日 (火)

男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW/무적자

A_better_tomorrow 1986年にジョン・ウー監督が世に送り出した傑作ノワールアクション『男たちの挽歌』を韓流映画としてセルフリメイク。長い間生き別れになっていた脱北者兄弟を中心に、友情・裏切りが交錯する男の世界を描く。主演は『霜花店 運命、その愛』のチュ・ジンモと『ゴースト もういちど抱きしめたい』のソン・スンホン、監督を『力道山』のソン・ヘソンが務める。
>>公式サイト

続きを読む "男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW/무적자"

| | トラックバック (26)

2011年2月14日 (月)

ヒア アフター/Hereafter

Photo_2 クリント・イーストウッド監督、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮という巨匠2人がタッグを組んだ作品。生とは何なのかに正面から取り組んだ意欲作だ。主演は『インビクタス/負けざる者たち』でもタッグを組んだマット・デイモン。共演に『シスタースマイル ドミニクの歌』のベルギー人女優セシル・ドゥ・フランス、ジョージ、フランキー・マクラレン兄弟。
>>公式サイト

続きを読む "ヒア アフター/Hereafter"

| | トラックバック (106)

2011年2月13日 (日)

幸せの始まりは/How Do You Know

Photo オスカー女優リース・ウィザスプーン、『エネミー・ライン』のオーウェン・ウィルソン、そして3度のオスカー獲得のジャック・ニコルソンといった実力派が揃ったラブ・コメディ。30歳を越えてソフトボールの全米代表選手から外された主人公が、その後の生き方を模索する中で出会った2人の男性の間で揺れ動く様を描く。監督はジェームズ・L・ブルックス。
>>公式サイト

続きを読む "幸せの始まりは/How Do You Know"

| | トラックバック (27)

2011年2月12日 (土)

パラノーマル・アクティビティ2/Paranormal Activity 2

Photo_2 低予算ホラーながらアメリカで大ヒットした『パラノーマル・アクティビティ』の続編。しかしながら時系列的にはこちらが前作の前になる。即ち前作の女性主人公の妹一家を舞台にした恐怖の出来事を監視カメラの映像を使って見せてゆく。前作の監督オーレン・ペリがプロデューサーを務め、今回新にトッド・ウィリアムズが監督を務めた。
>>公式サイト

続きを読む "パラノーマル・アクティビティ2/Paranormal Activity 2"

| | トラックバック (23)

あしたのジョー(2011)

Photo 社会現象をも巻き起こした梶原一騎原作、ちばてつや作画の超人気漫画の実写映画化。主演の矢吹丈を『クロサギ』の山下智久、宿命のライバル力石徹を『十三人の刺客』の伊勢谷友介が演じる。共演は白木葉子役に香里奈、丹下段平役に香川照之と、人気実力を兼ね備えた俳優が揃う。監督は『ピンポン』の曽利文彦。徹底的に鍛え抜かれた肉体によるボクシングシーンは秀逸だ。
>>公式サイト

続きを読む "あしたのジョー(2011)"

| | トラックバック (60)

2011年2月11日 (金)

KG カラテガール

Kg 自らが本当に琉球少林流空手二段の腕を持つ武田梨奈。そんな彼女の『ハイキック・ガール!』に続く第2弾作品だ。監督・脚本も前作と変わらず西冬彦が務めている。今回は謎の組織に父を殺され妹を連れ去られた少女が妹を取り戻すというストーリー。妹役に同じく空手経験者の飛松陽菜が参加。CGやワイヤーを一切使わないリアルアクションが売りの作品だ。
>>公式サイト

続きを読む "KG カラテガール"

| | トラックバック (5)

2011年2月10日 (木)

私の愛、私のそばに/내 사랑 내 곁에

Photo ALS(筋萎縮性側索硬化症)の男性とその妻の出逢いから死別までを描いた感動ドラマ。主演の一人キム・ミョンミンはこのために20キロにも及ぶ減量をし体を作ったという。妻役を務めるのは『TSUNAMI-ツナミ-』のハ・ジウォン。監督を『ユア・マイ・サンシャイン』のパク・チョンピが務める。
>>公式サイト

続きを読む "私の愛、私のそばに/내 사랑 내 곁에"

| | トラックバック (5)

2011年2月 9日 (水)

SUCK

Suck 豪華ロックスターが共演を果たしたカナダ生まれの異色のヴァンパイアコメディーだ。売れないバンドの女性ベーシストがヴァンパイアになると突然人気急上昇!そのとき仲間は…。主演は監督も努めるロブ・ステファニューク。共演に『ホワイト・ライズ』のジェシカ・パレがベーシストや『時計じかけのオレンジ』のマルコム・マクダウェルが出演している。
>>公式サイト

続きを読む "SUCK"

| | トラックバック (3)

2011年2月 8日 (火)

リセット/Vanishing on 7th Street

Photo_2 『スター・ウォーズ』シリーズのヘイデン・クリステンセン主演のSFホラー。世界規模の停電とともに忽然と消える人間たち。主人公を含めて生き残った4人が生き延びようと必死でもがく様を描く。共演は『ロックンローラ』のタンディ・ニュートン、『ムーラン・ルージュ』のジョン・レグイザモ。監督はブラッド・アンダーソン、製作にヘイデンの兄トーヴが参加している。
>>公式サイト

続きを読む "リセット/Vanishing on 7th Street"

| | トラックバック (21)

2011年2月 7日 (月)

洋菓子店コアンドル

Photo 『60歳のラブレター』『白夜行』の深川栄洋監督が送るヒューマンドラマ。恋人を連れ戻しに鹿児島から上京したケーキ屋の娘・なつめが働くことになったのが洋菓子店コアンドル。そこで伝説のパティシエ十村と出会った彼女は、自分の夢を見つめなおして行く。主演にこれが初共演となる江口洋介と蒼井優。共演に江口のりこ、加賀まり子、戸田恵子ら実力派が揃う。
>>公式サイト

続きを読む "洋菓子店コアンドル"

| | トラックバック (36)

ティーンエイジ・パパラッチ

Photo 俳優エイドリアン・グレニアーの監督第2作。弱冠13歳でパパラッチとして活躍する少年オースティンに興味を抱いたエイドリアンが、彼を主人公にしたドキュメンタリー映画として撮影を始める、その作品が本作。パリス・ヒルトン、マット・デイモン、アレック・ボールドウィン、ウーピー・ゴールドバーグ、リンジー・ローハンら本物のハリウッドスターのインタビューに注目だ!
>>公式サイト

続きを読む "ティーンエイジ・パパラッチ"

| | トラックバック (8)

2011年2月 6日 (日)

再会の食卓/団圓

Photo 中国と台湾が分断された歴史に翻弄される元夫婦、そして今の夫や家族を含めた悲喜こもごもを描き出したヒューマンドラマだ。主演は『ラスト・コーション』のリサ・ルーで製作総指揮も務めている。監督は『トゥヤーの結婚』のワン・チュアンアン。どうしようもない運命に翻弄された家族それぞれの想いが胸に迫る。第60回ベルリン国際映画祭の最優秀脚本賞にあたる銀熊賞を受賞作品。
>>公式サイト

続きを読む "再会の食卓/団圓"

| | トラックバック (19)

2011年2月 5日 (土)

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-

Photo 太平洋戦争末期のサイパン島で僅か47人の兵を率いてアメリカ軍を翻弄した大場栄大尉の実話を映画化。主演は『さまよう刃』の竹野内豊。共演にショーン・マッゴーワン、唐沢寿明、井上真央、山田孝之ら豪華なキャストがそろう。監督は『必死剣 鳥刺し』の平山秀幸。アメリカ兵メインのシーンはUS監督のチェリン・グラックが演出した。
>>公式サイト

続きを読む "太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-"

| | トラックバック (53)

2011年2月 4日 (金)

369のメトシエラ -奇跡の扉-

369 監督を務めた小林兄弟はこれが長編初作品。テレビディレクターの兄・克人と俳優座出身の弟・健二の2人で立ち上げた映画制作会社の初作品でもある。主人公はアパートの隣の部屋に住む謎の老婆と出会い、徐々に閉ざしていた心の扉が開かれてゆく。主演の区役所職員を大垣知哉、謎の老婆を阿部百合子が演じている。派手さはないキャスティングだが、実力ある演技が見るものを惹き付ける。
>>公式サイト

続きを読む "369のメトシエラ -奇跡の扉-"

| | トラックバック (2)

2011年2月 3日 (木)

ワラライフ!!

Photo お笑い芸人のキム兄こと木村祐一監督が『ニセ札』に続く2作品目として送り出した作品。監督自身の思い出を織り交ぜながら、結婚を控えた主人公の人生を振り返るハートフルストーリーだ。主演はお笑いコンビ“しずる”の村上純。共演に『ボックス!』の香椎由宇、『必死剣 鳥刺し』の吉川晃司、『さんかく』の田畑智子、高岡蒼甫、鈴木杏樹といった若手とベテランの実力派が揃う。
>>公式サイト

続きを読む "ワラライフ!!"

| | トラックバック (6)

2011年2月 2日 (水)

ザ・タウン/The Town

Photo_2 『ゴーン・ベイビー・ゴーン』で監督として高い評価を受けたベン・アフレックの送る第2作。強盗団のリーダーと人質となった女性の恋愛模様や、仲間との絆を描いたクライムアクションだ。主演は監督のベン・アフレック。共演に『それでも恋するバルセロナ』のレベッカ・ホール、『地球が静止する日』のジョン・ハム、『ハート・ロッカー』のジェレミー・レナーが出演。
>>公式サイト

続きを読む "ザ・タウン/The Town"

| | トラックバック (81)

2011年2月 1日 (火)

ウォール・ストリート/Wall Street: Money Never Sleeps

Photo 1987年に公開された『ウォール街』の続編。同じオリヴァー・ストーン監督とマイケル・ダグラスのコンビが、今回は現代の金融事情をベースにマネー・ゲームの世界を描き出す。主演は「トランスフォーマー」のシャイア・ラブーフ。共演に『17歳の肖像』のキャリー・マリガン、ジョシュ・ブローリン、フランク・ランジェラと若手とベテランが揃う。チャーリー・シーンのカメオ出演も見もの。
>>公式サイト

続きを読む "ウォール・ストリート/Wall Street: Money Never Sleeps"

| | トラックバック (72)

ネスト/NEST

Photo アイルランドの作家ジョン・コナリーの同名短編小説を映画化。田舎の一軒家に引っ越してきた父と子供たちを謎の生物の恐怖が襲う。主演はこのところすっかりご無沙汰のケヴィン・コスナー。共演で謎の生物の標的となる娘を『パンズ・ラビリンス』イバナ・バケロが好演している。監督は『REC/レック』の脚本家で、本作が長編デビューのルイス・ベルデホ。
>>公式サイト

続きを読む "ネスト/NEST"

| | トラックバック (14)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »