« トスカーナの贋作/Copie conforme | トップページ | ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島/The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader »

2011年2月25日 (金)

サラエボ,希望の街角/Na putu

Photo 『サラエボの花』のヤスミラ・ジュバニッチ監督の第2作。ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボを舞台に、あるカップルがとある出来事を境にすれ違ってゆく姿を描く。主人公のヒロインを演じるのは新人ズリンカ・ツヴィテシッチ。恋人役に『サラエボの花』のレオン・ルチェフ。内戦から10年、今だ残るその心の傷跡が痛々しい。
>>公式サイト

何故こうなってしまったのか…

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

いきなりスクリーンに映し出される美しい女性。ちょっと滝川クリステルにも似たこの女性はズリンカ・ツビテシッチ。笑顔にどことなくあどけなさが残る彼女ですが、その表情とは裏腹に10年前の内戦のおり、目の前で両親を殺されるという深い心の傷を負ったヒロイン・ルナを演じています。彼女の同棲相手が、同じように内戦で家族を失い、その痛手から飲酒癖に溺れるアマル(レオン・ルチェフ)。ルナは航空会社のCA、彼は管制官として働いていましたが、ある日の仕事中にアマルが飲酒していたことがばれて6週間の停職になったことが全ての始まりでした。ところでボスニアという国に関して我々日本人はどの程度の知識があるでしょうか。

02 03

本作を観る際には、元はユーゴスラビア連邦の一国で、その独立の際に約3年に渡る民族紛争(ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争)が起こり、多くの死者がでたと言う事位は最低限知っているべきでしょう。ルナは彼の子供を欲しかったのですが中々妊娠できない。そこで不妊治療の末人工授精を決意します。そんなタイミングでの彼の停職でした。偶然であったアマルの戦友に彼らの生活するキャンプでの仕事を紹介してもらったのは良いのですが、彼らはイスラム原理主義者だったのが問題。アマルは次第に彼らに傾倒して行きます。ボスニア・ヘルツェゴビナは3つの民族と2つの宗教が共存する国。実際問題ルナの祖母もイスラム教徒であり、ルナ自身もそれほど熱心ではないけれどイスラム教徒です。

04 05

私から観るとイスラム原理主義に傾倒していくアマルは、まるで新興宗教にはまってゆく人間そのもののようですが、信仰そのものに対して日本人よりは理解があるであろうルナですらその異様さを感じていたのですから、彼の様子は余程だったのだなと。正直言うと原理主義の持つ不寛容性は観ていて苛立ちを覚えます。私ならば恋人がそうなったら即座に縁を切るでしょう。信仰に関しては理屈ではないですから、始めから説得など不可能だと考えているので。従って健気にもアマルを以前の彼に戻そうとするルナの姿に、半分は感心し半分は呆れていました。それはともかく、要するに本作では内戦で負った深い心の傷を癒すためにこの2人が何に救いを求めたのかを描かれているのです。

06 07

ルナはどうやら仕事と、愛する人の子供を得ること、即ち自らが失ってしまった家族を再生することを望んでいました。ところがアマルはそうではなかった…。彼がキャンプにいる間に彼女は一度迎えに出かけますが、そこでの会話に「内戦で多くの人間が死んだから、女は余計に子供を産まなくてはならない。」というものがあります。以前某国の某政治家は「女性は子供を産む機械」発言をして問題になりましたが、それでなくても子供が出来ない彼女にとって、この言葉はどれだけ傷ついたことか。アマルがすっかり変わって戻ってきても、彼女は何とか彼を受け入れようと努力します。それはルナにはアマルが必要だったから。キャンプから戻って以降の2人を観ているのは非常に辛いものがありました。

08 09

お互い自分が求める道を進んだ結果、気がついたら2人の人生は離れてしまっていた。特にルナは彼が救いを求めていたことは十分に解っていたでしょうし、よもや彼の心の平穏が自分にとっての不幸を招くとは思いもよらなかったはず。それはあたかも、かつての祖国が気がつくと分離してしまっていたかの如くです。そして、心の中で泣きながら彼との人工授精を諦めたルナに対してアマルが「君は正しい。アッラーはそれを望んでいない。」とった瞬間に全ては終わったのでした。愛しているという彼に対して、笑顔に涙を浮かべながらキスをするルナ。それは彼女の決別宣言であると同時に、愛する彼が求めたものが信仰ならばもうそれでよいと受け入れた証なのかもしれません。

10 11

もちろん、これで彼女の歩む道は彼と同じになることは無くなった訳ですが…。女性監督が女性の視点から描いた作品だけに、ルナの自然な感情の奔流が実に解り易い作品でした。原題「NA PUTU」はサラエボ語で「道の途中」という意味だそうです。正にサラエボの街も人々も再生の途中であり、本作はそんなサラエボの一コマを切り取ったものだと言えるかもしれません。ところで監督は前作で来日した折に日本から持ち帰ったもの2点を映画に取り入れているんだとか。一つは「命」と書かれた書?のようなものが飾られていたと思うのですが、もう一つはなんだったのでしょう?

個人的おススメ度4.0
今日の一言:ルナの本当の笑顔が見たい…
総合評価:78点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« トスカーナの贋作/Copie conforme | トップページ | ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島/The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/38978218

この記事へのトラックバック一覧です: サラエボ,希望の街角/Na putu:

» サラエボ、希望の街角 [象のロケット]
ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都サラエボ。 航空機の女性客室乗務員ルナは、空港の管制室に勤める男性アマルと同棲中だが、ある日アマルが飲酒のために停職処分を受けてしまう。 アマルはパソコン教室の仕事を見つけてくるが、仕事を紹介してくれたバフリヤという男性はアマルの戦友で、イスラム原理主義の教徒だった…。 社会派ラブストーリー。 R-15... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 13時24分

» 『サラエボ、希望の街角』:第17回大阪ヨーロッパ映画祭 [だらだら無気力ブログ]
   2010年/ボスニア・ヘルツェゴビナ・オーストリア・ドイツ・クロアチア 35mm-カラー100分 ボスニア語(日本語字幕)監督:ヤスミラ・ジュバニッチ 出演:ズリンカ・ツヴィッテシッチ    レオン・ルチェフ    * * * * * * * *   複雑な東欧社会に揺るが…... [続きを読む]

受信: 2011年3月 6日 (日) 22時39分

» 『サラエボ,希望の街角』(2010)/ボスニア・ヘ... [NiceOne!!]
原題:NAPUTU/ONTHEPATH監督:ヤスミラ・ジュバニッチ出演:ズリンカ・ツヴィテシッチ 、レオン・ルチェフ 、ミリャナ・カラノヴィチ 、エルミン・ブラーボ 、マリヤ・ケーン鑑賞劇... [続きを読む]

受信: 2011年3月31日 (木) 18時49分

» 『サラエボ,希望の街角』 [シネマな時間に考察を。]
過去という名の傷痕は、 未来という名の希望のために。 愛の行方は、街角の途中で。 『サラエボ,希望の街角』 Na putu 2010年/ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、クロアチア、墺、独/104min 監督・脚本:ヤスミラ・ジュバニッチ 出演:ズリンカ・ツヴィテシッチ、レオン... [続きを読む]

受信: 2011年4月13日 (水) 17時36分

» サラエボ 希望の街角(2010)▼△NA PUTU [銅版画制作の日々]
京都シネマにて鑑賞。「サラエボの花」のヤスミラ・ジュバニッチ監督作品、これってサラエボシリーズなのかしら? 前作「サラエボの花」、鑑賞しましたが、結局記事に出来ず、、、。 サラエボって街の名前は良く耳するけど、さて何処にあるの?と聞かれるとう〜ん?...... [続きを読む]

受信: 2011年5月26日 (木) 22時56分

» サラエボ、希望の街角 [迷宮映画館]
痛いほどに気持ちが伝わってくる、ものすごくデリケートな作品 [続きを読む]

受信: 2011年9月 6日 (火) 10時53分

» 『サラエボ,希望の街角』 [千の天使がバスケットボールする]
ネマニャ・ラドゥロヴィチという凄いヴァイオリニストがいるのだが、彼のプロフィールには「ユーゴスラヴィア生まれ」と「セルビア生まれ」とふたつある。セルビアはセルビア共和国として存在しているが、ユーゴスラヴィアは事実上解体してなくなっている。祖国を失うとい...... [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 21時53分

» 映画評「サラエボ、希望の街角」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年ボスニア・ヘルツェゴヴィナ=オーストリア=ドイツ=クロアチア映画 監督ヤスミラ・ジュヴァニッチ ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2012年2月 8日 (水) 11時29分

» サラエボ、希望の街角(DVD) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
『サラエボの花』で第56回ベルリン国際映画祭金熊賞に輝いた、ヤスミラ・ジュバニッチ監督第2作。ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボを舞台に、愛し合う男女がほんの小さなズ ... [続きを読む]

受信: 2012年2月18日 (土) 10時49分

« トスカーナの贋作/Copie conforme | トップページ | ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島/The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader »