« ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島/The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader | トップページ | 第83回アカデミー賞 -授賞スピーチ&インタビュー- »

2011年2月27日 (日)

MAD探偵 7人の容疑者/神探

Mad_7 『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』の監督ジョニー・トーと、同脚本のワイ・カーファイの共同監督で送るサスペンススリラー。犯人の心が見える元刑事が、7人の人格を持つ殺人犯を追い詰めてゆく。主演は『つきせぬ想い』のラウ・チンワン、共演に『エグザイル 絆』のラム・カートン、ラム・シューらが出演している。風変わりな主人公もさることながら、その斬新な映像表現が面白い。
>>公式サイト

エキセントリックな演出に驚いた

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

最初に言ってしまうとストーリーは大して面白くないです。ただ、その大したことないストーリーを表現する映像と演出、そして主人公バン(ラウ・チンワン)のキャラクター設定が実に面白い作品でした。何しろバン刑事ときたら、オープニングから早速狂ったように豚肉をナイフで刺しまくるは、スーツケースに自ら入って階段から落とされるわ、挙句の果てに上司の定年退職の際に自らの耳をナイフで切り取ってさしだすわ…。正に真性キ○ガ○。で、余りに度が過ぎたせいで警察をクビになってしまい、今はしがない探偵家業ということで「MAD探偵」の出来上がりという訳。漢字での原題は「神探」だけれども、ここは英語原題「MAD DETECTIVE」を和訳した邦題が珍しくピッタリフィットです。

02_2 03_2

さて、事の起こりは1年半前の事件。とある事件の捜査中、コウ刑事(ラム・カートン)とウォン刑事という2人の刑事が容疑者を追いかけて森の中に入り、何故かウォン刑事だけが行方不明になります。しかもその後に起こった現金輸送車襲撃事件、コンビに襲撃事件などにウォン刑事の盗まれた拳銃が使われる事態に。西九龍署のホー刑事(アンディ・オン)は、事件解決の為にバンの手を借りることにします。実はホー刑事はその昔2日だけバンと共に働いたことがあり、彼が優秀な刑事だったことを知っていたのでした。もっともその奇行も含めてですが…。早速捜査にかかる2人、ただ実際には森の中での諍いシーンなどを見ていれば事件そのものの犯人はコウ刑事なのは明白です。

04_2 05_2

当然ウォンは既に殺されているだろうと推測できます。つまり本作の見所は、そこに隠された謎をバンがどのように暴いてゆくのかという点なのです。そこでコウ刑事を尾行するバン。ここからが面白い。何とコウの後ろをゾロゾロと7人の男女が歩いてるじゃないですか。一瞬「は?」と混乱するものの、どうやらこれがコウの7つの人格らしい…。いや、そういう言い方をするといわゆる7重人格みたいに聞こえてしまいますね。別にコウ刑事が異なる7人の人格に変化するわけではありません。正確に7つの思考があると言ったほうが良いかも。それにしてもそれを実際に7人の異なる役者で表現してしまうというのが、今までありそうでなかった斬新さです。

06_2 07_2

実は事前に私の好きな俳優で、ジョニー・トー作品の常連、ラム・シューが出演していると知っていたのですが、まさか7人の人格の一人だとは思いもよらず…。要はバンは他人の隠された思考を人間の形で読み取ることができる能力を持っていたのでした。むろんそれが見えるのは本人のみ。だから周囲から見るとより一層MADなワケです。更に最初に書いたバンの奇行。実はそれは犯行を実際に自分で検証していたのでした。彼は犯行を実際に自分で検証することで犯人を突き止めることが出来るのです。何気にこちらは別にMADでも何でもないんですね。程度さえわきまえれば…。という訳でここから先は実際に検証を繰り返しつつひたすらプロファイリングに没頭することに。

08_2 09_2

それにしても付き合うホー刑事も大変。何せバンには既に別れた恋人の姿が見えていたりするもんだから、彼の恋人と共にWデートなんてしゃれ込んでしまったり。もちろん全然Wになってないのですけど。一生懸命バンを信じようとする彼ですが、バンの見えない恋人が実在していて、その彼女がバンは病気だと告げる辺りから彼の行動を疑い始めます。これがまた上手いのですが、バンを信じていた時のホー刑事は単一の人格であったのに、迷いが生じてくるとその純粋な迷いの人格を少年の姿で表現してくるのです。ラストの銃撃戦。本作で唯一の銃撃戦はお得意の計算された立ち位置と、鏡を上手く使った演出がさすがジョニー・トーというところ。既にハリウッドリメイクが決定しているらしいですが、このエキセントリックさをどう見せて来るでしょうか。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:好みは別れると思う
総合評価:66点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島/The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader | トップページ | 第83回アカデミー賞 -授賞スピーチ&インタビュー- »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/38979530

この記事へのトラックバック一覧です: MAD探偵 7人の容疑者/神探:

» MAD探偵 7人の容疑者 [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 香港  サスペンス&ミステリー  監督:ジョニー・トー  出演:ラウ・チンワン      ラム・カートン      ケリー・リン      アンディ・オン       【物語 ... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 14時02分

» 『MAD探偵 ~7人の容疑者~』のジョニー・トー監督こそが多重人格だよ。 [かろうじてインターネット]
 またも更新サボっていましたね。ごめんなさい。  せっかく来場者数300とかいっていたのに、また下がっちゃった。  今週の『海賊戦隊ゴーカイジャー』はゴーカイグリーンハカセとマジレッド小津魁...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 1日 (火) 02時43分

» MAD探偵 7人の容疑者/ラウ・チンワン、アンディ・オン [カノンな日々]
『マッスルモンク』などでもコンビを組んだこともある香港ノワールの名手ジョニー・トー監督と『ターンレフト ターンライト』のワイ・カーファイ監督の共同による作品です。ワタ ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 1日 (火) 23時21分

» MAD探偵 7人の容疑者 神探 [まてぃの徒然映画+雑記]
ジョニー・トー杜[王其]峰&ワイ・カーファイ韋家輝監督、ラウ・チンワン劉青雲主演のクライム・サスペンス。韋家輝監督って、『ターンレフト・ターンライト』の監督なんだね。フィル... [続きを読む]

受信: 2011年3月 5日 (土) 11時46分

» MAD探偵 7人の容疑者◇◆MAD DETECTIVE(2007) [銅版画制作の日々]
 神探 それは精神の破綻か? 真実か? ソウル・キッチンの後、鑑賞しました。う〜ん正直のところ、わけが分かりにくく、、、、。来た!睡魔がやばい。ジョニー・ト―とワイ・カ―ファイが合同で監督したということで、とても楽しみにしていたのですが。どうもダメでした...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 9日 (土) 21時44分

» MAD探偵 7人の容疑者 [ダイターンクラッシュ!!]
2011年7月10日(日) 19:00~ キネカ大森2 料金:0円(二本立ての二本目) パンフ:600円(プレス級ペラペラ。買っていない) MAD探偵 7人の容疑者 [DVD]出版社/メーカー: ケンメディアメディア: DVD 『MAD探偵 7人の容疑者』公式サイト キネカ大森 名画座 アジア映画特集。 他の人格が見えるというラウ・チンワン元刑事と7重人格の犯人の対決。 なのだそうだが、ラウ・チンワンが刑事時代の署長以外、ひとつの人格の人物はいないそうだ。ラウ・チンワンによると。 その割... [続きを読む]

受信: 2011年7月11日 (月) 02時18分

» MAD探偵 7人の容疑者 [ダイターンクラッシュ!!]
2011年7月10日(日) 19:00~ キネカ大森2 料金:0円(二本立ての二本目) パンフ:600円(プレス級ペラペラ。買っていない) MAD探偵 7人の容疑者 [DVD]出版社/メーカー: ケンメディアメディア: DVD 『MAD探偵 7人の容疑者』公式サイト キネカ大森 名画座 アジア映画特集。 他の人格が見えるというラウ・チンワン元刑事と7重人格の犯人の対決。 なのだそうだが、ラウ・チンワンが刑事時代の署長以外、ひとつの人格の人物はいないそうだ。ラウ・チンワンによると。 その割... [続きを読む]

受信: 2011年7月11日 (月) 17時50分

» MAD探偵 7人の容疑者 [新・映画鑑賞★日記・・・]
【MAD DETECTIVE/神探】 2011/02/19公開 香港 89分監督:ジョニー・トー、ワイ・カーファイ出演:ラウ・チンワン、ラム・カートン、ケリー・リン、アンディ・オン それは精神の破綻か? 真実か? 自らを殺人現場と同じ状況に置くことで真犯人を突き止めるという特殊...... [続きを読む]

受信: 2011年8月10日 (水) 13時14分

» MAD探偵 7人の容疑者 [だらだら無気力ブログ]
「ターンレフト ターンライト」「マッスルモンク」のジョニー・トー& ワイ・カーファイ監督コンビが、犯人の心に同化する狂気の捜査で引退に 追い込まれた元刑事を主人公に、7人の人格が宿る現役刑事が容疑者となる 奇怪な事件の顛末をミステリアスに描くサスペンス・…... [続きを読む]

受信: 2011年8月17日 (水) 01時34分

» モンガのMAD探偵 [Akira's VOICE]
「MAD探偵 7人の容疑者」 「モンガに散る」  [続きを読む]

受信: 2011年9月 6日 (火) 10時22分

» MAD探偵 7人の容疑者/キチガイ刑事VS多重人格の犯人 [映画感想 * FRAGILE]
MAD探偵 7人の容疑者神探/MAD DETECTIVE/監督:ジョニー・トー、ワイ・カーファイ/2007年/香港 怪物と戦う者が落ちた深淵の底 香港映画あまり見ないんです、香港にかぎらず韓国も中国も台湾もですし、全体的にアジアの映画はあまり見ないですね。理由は特にないんですけれど、英語じゃないからっていうのは、あります。英語が得意なわけではないけれど、英語以外の海外の映画は、100%字幕に頼らなければならないので。 そんなこんなでなんとなく馴染みのないものを見るような気持ちでほとんど... [続きを読む]

受信: 2011年9月 9日 (金) 12時00分

» 『MAD探偵 7人の容疑者』 [『映画な日々』 cinema-days]
MAD探偵 7人の容疑者 「相手の多重人格が見える」元刑事が 依頼され1年半前の刑事失踪事件に挑む... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 英題:MAD DETTECTIVE [続きを読む]

受信: 2011年11月16日 (水) 00時55分

» 映画評「MAD探偵 7人の容疑者」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年香港映画 監督ジョニー・トー、ワイ・カーウァイ ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年11月21日 (月) 10時28分

« ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島/The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader | トップページ | 第83回アカデミー賞 -授賞スピーチ&インタビュー- »