« 戦火の中へ/포화속으로 | トップページ | アゲイン/男たちの挽歌III »

2011年2月21日 (月)

英国王のスピーチ/The King's Speech

Photo 後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言った実力派が揃う。監督はトム・フーパー。第64回英国アカデミー賞では作品賞初め7冠を獲得した。
>>公式サイト

“善良王”ジョージ6世が出来るまで

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

この記事の執筆時点ではアカデミー賞作品賞を含め12部門ノミネート、英国アカデミー賞では作品賞を含む7冠を獲得した作品です。英国の歴史モノ好きとしてはそれだけでもう十分ツボなのだけれど、これだけの豪華な俳優が揃うと思わず嬉しくなってしまうというもの。主人公のジョージ6世を演じるコリン・ファースを筆頭に、その妻エリザベスにヘレナ・ボナム=カーター、ジョージの吃音の治療にあたる言語聴覚士ライオネルにジェフリー・ラッシュ、ジョージの父ジョージ5世にマイケル・ガンボン、ジョージの兄エドワード8世にガイ・ピアース、チャーチル首相にティモシー・スポールなど、人気作品で誰でも一度は目にしたであろう俳優がずらり勢揃い。史実と同じくライオネルをオーストラリア人のジェフリーが演じるあたりが憎いキャスティングです。

02 03

この作品、単にジョージの吃音をライオネルが治して、苦手だった演説を見事にこなせるようになるというだけならそれほど面白い話ではありません。もちろんベースはその治療話で、最終的にナチスドイツとの開戦スピーチを行うクライマックスへと繋がる流れとなっています。ただその過程で英国王と王室の政治的立場や国民との関係性、ジョージ自身の性格や吃音になった原因のトラウマ、果ては兄エドワード8世の「王冠を賭けた恋」のエピソードまでもが描かれた、さながら20世紀初頭の英国王室記のようですらあります。さて、序盤ジョージ6世がまだヨーク公だった頃、妻エリザベスの勧めで治療を受けたのが、オーストラリア人のライオネル・ローグでした。この作品の面白さの一つは平民のライオネルと王族(後は王)のジョージとの会話劇にあります。

04 05

吃音なのに会話劇。矛盾するようではありますが、声となって出てこないだけで、コリン・ファースはつっかえて声が出てこない“間”にもジョージの気持ちを実に上手く込めているのです。治療には信頼と対等な関係が必要だというライオネルはジョージのことを家族しか呼ばない“バーティ”の愛称で呼ぶのでした。最初は不快そうにしているジョージですが、しかしライオネルの治療は確かなもので、徐々に彼を信頼してゆきます。まあ確かにビー玉を口に詰め込んでしゃべれだの、タバコは喉に良いだの、殆どオカルトと無知の塊のような治療に比べれば、ライオネルの言っていることはいちいち理にかなったことではありました。即ち、怒りに任せて話す時や、歌う時には吃音が出ないということは、先天的な病気ではないということ。

06 07

つまり、吃音の間も含めた軽妙な会話劇そのものを楽しませつつ、そこから徐々にジョージのパーソナリティーが引き出されてゆくのです。幼い頃から父ジョージ5世に厳しく躾けられたせいで吃音が出始め、兄エドワードにそれをバカにされることで余計症状が酷くなる。そんな生活を繰り返すうちに、内向的な性格になってしまったジョージ。故に父を継いで王となったエドワードの補佐は彼にとっては表に立たなくて住む安住のポジションでした。ところが、皮肉にもエドワードの「王冠を賭けた恋」が、彼を表舞台へと誘うのです。離婚経験のあるアメリカ人女性ウォリスとの結婚は、英国王という立場が英国国教会教主である以上許されるはずもなく、また国民の支持も得られません。この辺の事情は宗教を抜きにしても天皇を元首として頂く日本人にはとても理解しやすい所ですね。

08 09

ところがエドワードにその件で注意をすればしたで、王位を狙っているのかといわれる始末。狙うどころか最も避けたい地位であり、だからこそ兄王を全力でサポートするが故に出た言葉で誤解を招くという悪循環…。こんな時にジョージが話せる相手がライオネルしかいないというのが、王族の孤独さを良く表していました。結局在位約1年で退位したエドワードに代わってジョージが即位することに。立憲君主制に基づいた王位継承の儀式の興味深さもさることながら、彼を取巻く環境の変化がとても印象的です。昨日までは王弟というだけだったのが、一夜にして王になる。2人の娘に「パパ!」ではなく「陛下」と呼ばれたときのジョージが一瞬みせた物悲しそうな表情が寂しさを誘います。何もかもが変わって行くなかで変わらないのがライオネルとの関係だけ。

10 11

ウェストミンスター寺院での戴冠式でのスピーチを成功させると、物語はクライマックスとなるドイツへの開戦スピーチへと向かいます。王の前に立って自分に話しかけるように言うライオネル。その温かい眼差しからは心の底からジョージを信頼していることが覗えます。それはつまり親友としてだけでなく、一英国民としてということ。ライオネルにスピーチをすることは即ち国民に話しかけることと同義なのです。バッキンガム宮殿から国民に向けて手を振るジョージ、しかしコリン・ファース自身はそのインタビューで「選挙を経ないで選ばれた集団には疑問を感じる」と、暗に王室批判をしたそうです。別にどう思っていても自由なのですが、何もこのタイミングで言わなくても…。素晴らしい演技を見せてくれただけに、微妙な気持ちが胸をよぎったのでした。

<追記2/28>
王室批判に関して、コリン・ファースがデマだと否定したそうです。アレだけの素晴らしい演技を見せてくれた方だけに否定してくれてむしろホッとした気持ちです。danger参照記事

個人的おススメ度4.0
今日の一言:歴史だけど歴史じゃないみたいな感覚
総合評価:82点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 戦火の中へ/포화속으로 | トップページ | アゲイン/男たちの挽歌III »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/38898653

この記事へのトラックバック一覧です: 英国王のスピーチ/The King's Speech:

» 『英国王のスピーチ』(2010)/イギリス・オース... [NiceOne!!]
原題:THEKING'SSPEECH監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール試写会場: よみうりホー... [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 08時03分

» 英国王のスピーチ (試写会) [風に吹かれて]
演説のプレッシャー公式サイト http://kingsspeech.gaga.ne.jp子供の頃から吃音症に悩む、国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男ヨーク公アルバート(コリン・ファース)。何 [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 10時18分

» 旗の下に、いざ集わん!:『英国王のスピーチ』 [マスコミに載らない海外記事]
Paul Bond 2011年2月3日 トム・フーパー監督、デビッド・サイドラー脚本 『英国王のスピーチ』 歴史的な出来事を扱おうとする映画制作者は、ある種の課題に直面する。作品が成功するためには、出来事の一言一句、あるいは元の言葉に忠実な再話である必要はないが、映画には、根本的な歴史的真実や、現代との欠かせぬ関わりと... [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 10時33分

» 試写会「英国王のスピーチ」  (一部訂正) [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
2010/2/14、有楽町よみうりホール。 まずまずの入り。 話題の高い映画なので、混むのを予想してちょっと早め(と言っても開場ぎりぎり)に行く。 おかげで前の方の中央に座ることができた。 但し、よみうりホールで注意しておかないといけないのは3列目。 どこ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 11時43分

» 試写会「英国王のスピーチ」2回目 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
同じ映画を2度見ることが少ない私ですが、試写会場が英国大使館大使公邸。 これはぜひ行かねば、と半蔵門の英国大使館まで赴く。 場所が場所だけに、いつものようにジーンズはまずいかなと思い、 あらかじめメールで確認したところ、 「ドレスコードはないが、ジーンズ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 11時43分

» 英国王のスピーチ [シネマDVD・映画情報館]
英国王のスピーチ 子供の頃から悩む吃音のために無口で内気な、現エリザベス女王の父、ジョージ6世。しかしヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦に揺れる国民は、王の言葉を待ち望んでいた。型破りのセラピスト、ライオネルの友情と妻の愛情に支えられ、渾身の......... [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 14時28分

» 英国王のスピーチ [あーうぃ だにぇっと]
2月14日(月)@よみうりホール。 この作品も結構気合を入れて応募したがゲットできず。 そのうちギンレイホールでかかるだろ!とあきらめ。 そうしたら、またまた美女様から嬉しいお誘いが... ヴァレンタインデーの試写会。 チョコは妻と娘以外無かったけど試写会の方がいいや。(笑)... [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 20時14分

» 映画 「英国王のスピーチ」 [英国日記]
英国大使館よりご招待頂き、 大使公邸での試写会に行って参りました! [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 20時58分

» 「英国王のスピーチ」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
面白かったです。実話の映画って、どんな内容でもやっぱり重みがありますねー。 [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 21時17分

» 英国王のスピーチ [とりあえず、コメントです]
英国王ジョージ6世が王になるまでを描いたドラマです。 吃音に悩んだ国王の物語と聞いて、どんな展開になるのだろうと気になっていました。 悩みながらも困難に立ち向かおうとする姿を見ながら、いつの間にか頑張って!と応援していました。 ... [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 21時36分

» 『英国王のスピーチ』 [ラムの大通り]
(原題:The Kings Speech) ※ちょっと辛辣な表現もあります。 期待されている方はごめんなさい。 ----この『英国王のスピーチ』って いまスゴく騒がれているよね。 どんなお話ニャの? 「そうだね。 ゴールデン・グローブ賞に至っては最多7部門ノミネートだしね...... [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 22時00分

» 「英国王のスピーチ/King's speech」思わず拍手喝采 [ノルウェー暮らし・イン・London]
思わず涙しながら拍手をしようとしている自分がいた。 ゴールデングローブ賞でも主演男優賞を獲得したコリン・ファース。 今やコスプレもせず、カツラもヒゲもつけず、体重も変えずに、まったくの別人を完璧にこなせるのは彼しかいない!!... [続きを読む]

受信: 2011年2月22日 (火) 02時44分

» 映画:英国王のスピーチ The Kings Speech 賞取りレースまっただ中のこの本命作の感想は... [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
アカデミー賞本命と言われている今作。 なんたって候補数が最多12部門。 重要なポイントは、吃音症をかかえ苦悩するジョージ6世を演ずるコリン・ファース(写真中央)が気に入るかだろう。 正直にカミングアウトすると、私は全くだめだった。 実際に吃音症の方を知っ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月22日 (火) 22時13分

» 英国王のスピーチ [象のロケット]
第二次世界大戦前のイギリス。 ジョージ5世の二男ヨーク公(現在のエリザベス女王の父)は、吃音(きつおん:どもり)のために、無口で内向的な性格だった。 何人もの言語聴覚士の治療を受けるが一向に改善せず、式典のスピーチでいつも落ち込む夫を見かねた妻のエリザベスは、スピーチ矯正の専門家ライオネルの元を訪ねるのだが…。 実話から生まれたジョージ6世スピーチ秘話。... [続きを読む]

受信: 2011年2月22日 (火) 23時10分

» 『英国王のスピーチ』 [・*・ etoile ・*・]
'11.02.16 『英国王のスピーチ』(試写会)@よみうりホール yaplog!で当選! いつもありがとうございます。これは見たかった! *ネタバレありです! そして熱弁(笑) 「ヨーク公アルバート(通称バーティー)は、吃音に悩んでいた。高名な医者にかかっても効果はなし。エリザベス妃自ら訪ねて依頼したのは、ユニークな治療をするオーストラリア人ライオネル・ローグ。治療が少しずつ効果を見せはじめた頃、父王が崩御。跡を継いだ兄エドワード8世は、シンプソン夫人との結婚を選び、退位してしまう。王とな... [続きを読む]

受信: 2011年2月25日 (金) 01時11分

» 英国王のスピーチ [うろうろ日記]
試写会で観ました。お父さんが亡くなって次男の主人公が王様になっちゃったんだけど、 [続きを読む]

受信: 2011年2月26日 (土) 00時27分

» 英国王のスピーチ [Memoirs_of_dai]
日本ではなかなか描けない国王物語 【Story】 幼少より吃音に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)を厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)は許さずさまざまな式典でスピーチを命じた...... [続きを読む]

受信: 2011年2月26日 (土) 11時23分

» 劇場鑑賞「英国王のスピーチ」 [日々“是”精進!]
「英国王のスピーチ」を鑑賞してきました「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ... [続きを読む]

受信: 2011年2月26日 (土) 14時02分

» 英国王のスピーチ [Akira's VOICE]
1シリングから始まる家族と言葉の物語。    [続きを読む]

受信: 2011年2月26日 (土) 17時16分

» 英国王のスピーチ [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:The King's Speech。トム・フーパー監督、コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェフリー・ラッシュ、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャ ... [続きを読む]

受信: 2011年2月26日 (土) 19時00分

» 映画レビュー「英国王のスピーチ」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
公式サイト◆プチレビュー◆英国王と型破りなスピーチ矯正専門家との友情を描く傑作。威厳と繊細さを同時に表現したコリン・ファースが見事。 【90点】 第二次世界大戦前夜の英 ... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 00時02分

» 『英国王のスピーチ』・・・かくして優しき善良王は誕生した [SOARのパストラーレ♪]
幼少期のトラウマによる吃音コンプレックスと内気な性格。時のヨーク公バーティ(コリン・ファース)が、一人の友と妻の愛とに支えられながらこの苦しみを克服し、ジョージ6世として国王の座に着くまでを描く物語である。... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 00時32分

» 英国王のスピーチ [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】 アレって、感度良すぎ!息使いまで聴こえるマイクにはノイズフィルターを。 [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 01時02分

» 英国王のスピーチ/The King's Speech(映画) [映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評]
[英国王のスピーチ] ブログ村キーワード英国史上、もっとも内気な王。英国王のスピーチ(原題:The King's Speech)個人的満足度:★★★★☆オススメ度:★★★★★製作国:イギリス/ ... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 05時35分

» 「英国王のスピーチ」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
吃音の王様なんて、ユニークなところに目をつけるわね。 しかも、実在した国王。 いまのイギリス女王エリザベス2世の父、ジョージ6世。 たしかに、国王っていえば演説をするのが仕事だもんな。吃音じゃ困っちゃう。 まだまだ、映画のテーマはあるってことよね。 そこで...... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 10時07分

» 英国王のスピーチ [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 イギリス&オーストラリア  ドラマ&伝記  監督:トム・フーパー  出演:コリン・ファース      ジェフリー・ラッシュ      ヘレナ・ボナム=カーター      ガ ... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 14時01分

» 英国王のスピーチ / The Kings Speech [勝手に映画評]
現女王エリザベスII世の父王ジョージVI世の物語。 ジョージVI世となれば、兄王エドワードVIII世に触れないわけには行かないでしょう。『王冠を賭けた恋』と言われたわけですが、その煽りを受けて国王になったのが、ジョージVI世と言う事になります。 この作品の深いとこ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 17時28分

» 王様もひとりの人間。『英国王のスピーチ』 [水曜日のシネマ日記]
英国王ジョージ6世の実話に基づいた物語です。 [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 18時31分

» 英国王のスピーチ [ハリウッド映画 LOVE]
JUGEMテーマ:映画館でみました! [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 19時32分

» 英国王のスピーチ The King's Speech [映画!That' s Entertainment]
●「英国王のスピーチ The King's Speech」 2010 イギリス・オーストラリア Bedlam Productions,118min 監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーターガイ・ピアース他 <評価:★★★★★★★★★☆> <感想> 素晴らしい! アカデミーに13部門ノミネートされ、注目度も高かった作品。シネコンも多くの人が入っていた。 私は、本来実話物は、その感動が映画に下駄をはかせている、と思うので、評価を若干... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 19時33分

» 英国王のスピーチ [ハリウッド映画 LOVE]
JUGEMテーマ:映画館でみました! [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 19時36分

» *『英国王のスピーチ』* ※ネタバレ少々 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:イギリス+オーストラリア合作映画、トム・フーパー監督、コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール出演。 [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 20時43分

» 『英国王のスピーチ』 [こねたみっくす]
英国史上最も内気で、繊細で、かんしゃく持ちなうえに、自分に自信がない内弁慶な国王の、男としてのプライドを賭けた静かなる戦い。それがジョージ6世の歴史に残るあの名演説。 ... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 20時48分

» 英国王のスピーチ [映画鑑賞★日記・・・]
【THE KING'S SPEECH】 2011/02/26公開 イギリス/オーストラリア 118分監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、テ ... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 21時42分

» 「英国王のスピーチ」 ドラマの醍醐味 [ももたろうサブライ]
監督:トム・フーパーあらすじイギリス王室のヨーク公アルバート王子(コリン・ファース)は幼いころから吃音に悩まされていた。彼は妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)が探... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 21時43分

» 英国王のスピーチ [心のままに映画の風景]
幼い頃から吃音で内気な性格のジョージ6世(コリン・ファース)は、人前に出ることを極端に恐れ、自分を否定し続ける人生を送っていた。 ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 00時13分

» 英国王のスピーチ [そーれりぽーと]
怪優たちの共演、『英国王のスピーチ』を観てきました。 ★★★★★ 吃音症に悩む次期国王ヨーク公ジョージ6世を中心に、第二次世界大戦前夜のロイヤルファミリーと彼らに関わる人々を描く本作、何と言っても主要な役を全員いわゆる“怪優”と言われている役者が演じているとこ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 00時36分

» 英国王のスピーチ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
現イギリス女王エリザベス2世の父にして、この度婚約発表をして世界中の話題をさらっているウィリアム王子の曽祖父に当たるジョージ6世が主人公の歴史ドラマ。吃音症を抱えた内気 ... [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 16時46分

» 英国王のスピーチ [to Heart]
英国史上、 もっとも内気な王。 原題 THE KINGS SPEECH 製作年度 2010年 製作国・地域 イギリス/オーストラリア 上映時間 118分 脚本 デヴィッド・サイドラー 監督 トム・フーパー 音楽 アレクサンドル・デスプラ 出演 コリン・ファース・ジェフリー/ラッシ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 18時25分

» 『英国王のスピーチ』:風格感じる人間ドラマ、アカデミー賞も当然 @ロードショウ・シネコン [りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど]
これはズルイ映画である。 王様という雲の上の(ような)ひとを弱点のある人間としてして描いていて、その弱点を克服していくのが主題であるのだから。 [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 23時28分

» 英国王のスピーチ・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
王室物というのは、英国の映画界では一つのジャンルみたいな存在。 時代劇ならそれこそ無数の作品が作られているし、現代劇では現役の女王を主人公にしてしまった「クィーン」が記憶に新しい。 今回、俎上に...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 1日 (火) 00時51分

» 映画レビュー 「英国王のスピーチ」 [No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)]
英国王のスピーチ  原題:The King's Speech 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 吃音で悩む英国王ジョージ6世(コリン・ファース)が、妻のエリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)と...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 1日 (火) 01時14分

» 『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべて人へ [映画のブログ]
 人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 1日 (火) 02時09分

» 「英国王のスピーチ」は怪演と怪優たちが生... [映画と出会う・世界が変わる]
最近はすっかり怪容貌コスプレ女優となってしまったヘレナ・ボナム=カーターが、今回はごく普通のメイクと衣装で登場しているではないか。彼女をはじめとしてこの作品の出演者たち... [続きを読む]

受信: 2011年3月 1日 (火) 07時25分

» 英国王のスピーチ/コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ [カノンな日々]
現女王エリザベス2世の父である英国王のジョージ6世が吃音というコンプレックスを努力して克服し国民に愛される王になったという実話をモチーフに描いた作品です。監督を務めてい ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 1日 (火) 08時53分

» 【英国王のスピーチ】 [日々のつぶやき]
監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース   英国史上、もっとも内気な王。 「ジョージ5世亡き後、兄のエドワードが即位するも、離婚経験のある女性との恋でその地位を自ら捨ててしまう。... [続きを読む]

受信: 2011年3月 1日 (火) 17時01分

» 『英国王のスピーチ』 [beatitude]
アカデミー賞、取りましたね無愛想なMr.ダーシーをやっても、ゲイの大学教授ジョージをやっても吃音の王をやってもイギリスを背負って立ってるようなコリン・ファース。カッコイイなぁ〜ジョージ6 世(コリン・ファース)は、幼い頃から吃音というコンプレックスを抱えてい...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 1日 (火) 23時15分

» 英国王のスピーチ/THE KING'S SPEECH [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>>幼いころから、ずっと吃音(きつおん)に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)。 そのため内気な性格だったが、厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)は そんな息子を許...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 2日 (水) 03時23分

» トム・フーパー監督 「英国王のスピーチ」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?]
作品賞は『英国王のスピーチ』!監督賞、脚本賞、主演男優賞と4冠を獲得!イギリスの歴史劇がアメリカの現代劇を下す! - シネマトゥデイ ↑アカデミー賞、取りましたね。 今日(3月1日)の映画の日は朝一から混んでました。 私も仕事明けで一睡もしてませんが、観て...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 2日 (水) 13時50分

» 英国王のスピーチ / The Kings Speach [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてnbsp;ね larr;please click nbsp; 先日の第83回アカデミー賞で作品賞受賞の話題作は実話が基のストーリー。 [続きを読む]

受信: 2011年3月 2日 (水) 17時01分

» 【映画】英国王のスピーチ [★紅茶屋ロンド★]
<英国王のスピーチ を観て来ました> 原題:The King's Speech 製作:2010年イギリス・オーストラリア合作 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 第83回アカデミー賞にて、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞を受賞した、大注目作品です。 これを観に行ったのは28日。そう、アカデミー賞発表の当日。というか、結果がわかってしまった後だったのです。 本当は結果を知る前に観たかった…!!!! 賞を取ってしまったら、あ~、いい作品なんだね~という先入観が…。 私は気にしたくなくても... [続きを読む]

受信: 2011年3月 2日 (水) 22時36分

» 英国王のスピーチ ある意味(文字通り)王道な映画やな〜 [労組書記長社労士のブログ]
【=14 -3-】 昨日は珍しく友人たちと一緒に映画鑑賞、映画を見終わって感想を言い合えるってのは楽しいが、その後、飲んだくれてしまうのが困ったこった〜。 飲み会のみ参加のキャサリンが「酒は血の一滴や」って言っていたが、今朝の俺は血がすべて酒のようだった・・・(...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 2日 (水) 23時28分

» 『英国王のスピーチ』 [Cinema + Sweets = ∞]
今年のアカデミー賞の有力候補と目されている『英国王のスピーチ』を試写会で観ました。 鑑賞できるのを楽しみにしていた1本です。 ******************** 『ブリジット・ジョーンズの日記』『シングルマン』のコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして国民から慕わ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 3日 (木) 00時09分

» 『英国王のスピーチ』はぼくの自己啓発セミナーだよ。 [かろうじてインターネット]
 なんだか最近やたらと文章を書く機会が多くなってきまして、このブログにかける時間が少なくなってしまいそうです。で、少し更新頻度がさがると思いますが、ご容赦ください。  今回は旬のものです『...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 3日 (木) 02時26分

» 映画『英国王のスピーチ』劇場鑑賞 [続・蛇足帳〜blogばん〜]
 昨日はレディースデイだったので、今年度のアカデミー賞最多12部門ノミネートされ主要部門の4部門(作品賞・主演男優賞・監督賞・脚本賞)を受賞した話題作『英国王のスピーチ(英題:THE KING'S SPEECH)』...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 3日 (木) 19時37分

» 『英国王のスピーチ』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 英国王のスピーチ 』 (2010) 監  督 :トム・フーパーキャスト :コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 3日 (木) 20時27分

» 英国王のスピーチ [こんな映画見ました〜]
『英国王のスピーチ』---THE KINGS SPEECH---2010年(イギリス/オーストラリア)監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、nbsp;ジェフリー・ラッシュ、nbsp;ヘレナ・ボナム=カーター、nbsp;ガイ・ピアース、nbsp;ティモシー・...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 3日 (木) 23時21分

» 英国王のスピーチ  監督/トム・フーパー [西京極 紫の館]
【出演】  コリン・ファース  ジェフリー・ラッシュ  ヘレナ・ボナム・カーター 【ストーリー】 1936年の英国。国王ジョージ5世の後継として長男のエドワード8世が即位するが、離婚歴のある米国女性と結婚するために1年もしないうちに王座を捨ててしまう。ジョージ6世...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 4日 (金) 00時36分

» 英国王のスピーチ [映画の話でコーヒーブレイク]
日頃行かない日曜日に映画館へ足を運びました。 やっぱり日曜日の込み具合はスゴイですねぇ。 前もってネットで席を確保していたのですが、余裕を持って25分くらい前に到着した時には 「英国王のスピーチは満席です〜」のアナウンス。 アカデミー賞有力作品の呼び声が高...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 4日 (金) 02時28分

» 「英国王のスピーチ」は「バディ・ムービー... [映画と出会う・世界が変わる]
この作品は一種の「バディ・ムービー」と考えていいのではないか。変形版とみてもいいと思う。ニック・ノルティとディ・マーフィーの「48時間」やロバート・デ・ニーロとチャールス... [続きを読む]

受信: 2011年3月 4日 (金) 02時36分

» 英国王のスピーチ [LIFE ‘O’ THE PARTY]
「おかずですッ」 「ずーこですッ!」 「2人揃って」 「映画 [続きを読む]

受信: 2011年3月 4日 (金) 10時37分

» 英国王のスピーチ [cinematic*pub]
今年のアカデミーの最優秀賞を初めとして様々な賞が贈られたこの作品。全体的に地味で語り口もかなり淡々としており、派手な演出も一切ないのですが、上映中どういうわけか一定のテン [続きを読む]

受信: 2011年3月 4日 (金) 13時23分

» 英国王のスピーチ [再出発日記]
この作品がアカデミー作品賞監督賞脚本賞主演男優賞を獲った次の日に観に行った。なかなかの入りだったと思う。ともかくも本来は怪物的な現代を淡々と描いているだけの「ソーシャル... [続きを読む]

受信: 2011年3月 4日 (金) 22時42分

» 映画「英国王のスピーチ」 [FREE TIME]
映画「英国王のスピーチ」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年3月 5日 (土) 00時34分

» 『英国王のスピーチ』 [京の昼寝〜♪]
nbsp; □作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 5日 (土) 08時59分

» 映画「英国王のスピーチ」 [Serendipity !]
 今年のアカデミー賞・作品賞を受賞して話題になっている「英国王のスピーチ」を観に行った。  第二次大戦に突入する時代のイギリス王室が舞台で、現イギリス女王のエリザベス2世の父で、吃音を抱えたジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化し... [続きを読む]

受信: 2011年3月 5日 (土) 09時26分

» 英国王のスピーチ☆THE KINGS SPEECH(2010) [銅版画制作の日々]
 コリン・ファース、アカデミー賞・主演男優賞おめでとう! 英国史上、もっとも内気な王。 いやいや、アカデミー賞ということで、満席に近い状態でした。受賞効果は本当に凄いもんです。主演は「シングルマン」でも高い評価を得た、コリン・ファースさん。見た感じはそ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 5日 (土) 10時35分

» 『The King's Speech』 [キマグレなヒトリゴト]
The King's Speech (Original Soundtrack) 戦争終結を告げる玉音放送に、私の大好きな亡きジジーも熱心に耳を傾けた、そうだ。 (その後にやったぁ!と言いたかったのは堪えていた、そうだが) テレビがない時代、キングやら天皇やらを見ることが出来ない人々は ラジオ…... [続きを読む]

受信: 2011年3月 5日 (土) 18時44分

» 王の声〜『英国王のスピーチ』 [真紅のthinkingdays]
 THE KING'S SPEECH  1930年代の英国。吃音に悩むヨーク公(コリン・ファース)の妻エリザベス(ヘ レナ・ボナム=カーター)は、スピーチセラピストを名乗る元舞台俳優のオースト ラリア人、...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 6日 (日) 17時34分

» 英国王のスピーチ [ダイターンクラッシュ!!]
2011年3月5日(土) 19:20~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『英国王のスピーチ』公式サイト 予告編で、かなり面白そうだと興味を持った。 アカデミー作品賞にノミネートされたと聞き、これが本命だろうと思った。 見事作品賞を獲得し、勇んで見に行った。 期待がMAXに膨らみすぎたのか、少し肩透かしを食らった感が否めない。 史実だからか、しかも近代の王室だから派手な脚色もできないだろうし、淡々と坦々。 しかし、前情報無しで観た... [続きを読む]

受信: 2011年3月 6日 (日) 22時23分

» ★英国王のスピーチ(2010)★ [CinemaCollection]
THEKING'SSPEECH英国史上、もっとも内気な王。映時間118分製作国イギリス/オーストラリア公開情報劇場公開(ギャガ)初公開年月2011/02/26ジャンルドラマ/伝記映倫G【解説】「ブリジット・ジ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 7日 (月) 03時30分

» 英国王のスピーチ(ネタバレあり) [エミの気紛れ日記]
どうも、エミです(・∀・)つ 今日は旦那が仕事帰りに『マクロスF 恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜』を見に行くので夕飯の用意しなくていいんで.+゚*。(o´∇`*)のほほん.+゚*。:゚+ と ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 7日 (月) 16時17分

» 「英国王のスピーチ」 [はぎおの「ツボ」note]
取っちゃいましたね、アカデミー賞、4部門nbsp; 作品賞   主演男優 コリン・ファース   監督賞  トム・フーパー監督   オリジナル脚本賞 デビッド・サイドラーnbsp; 前評判が高いし、でもイギリスの歴史は不案内だし、期待と不安が入り混じりな...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 7日 (月) 21時51分

» 『英国王のスピーチ』('11初鑑賞33・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 16:05の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年3月 7日 (月) 22時34分

» ★「英国王のスピーチ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みはファーストデーで映画1本1000円の日。 その2本目です。 [続きを読む]

受信: 2011年3月 8日 (火) 17時29分

» 「英国王のスピーチ」 [みんなシネマいいのに!]
 吃音症に悩みながらも歴史的演説を成し遂げ、戦争に立ち向かうイギリス国王ジョージ [続きを読む]

受信: 2011年3月 8日 (火) 23時24分

» 英国王のスピーチ [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
第2次大戦直前に兄に代わって国王になったジョージ6世(コリン・ファース)が、子供の頃からのきつおんを克服して国民の前でスピーチをするまでが描かれている。ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)とのトレーニングが実に丁寧で共感を呼ぶ。うつ病の自分自身と照らし合わせ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 9日 (水) 00時48分

» No.243 英国王のスピーチ [気ままな映画生活]
【ストーリー】 現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法 ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 9日 (水) 04時59分

» 英国王のスピーチ [★ Shaberiba ]
83回アカデミー賞作品賞を含む主要4部門の受賞作品 [続きを読む]

受信: 2011年3月 9日 (水) 20時48分

» 英国王のスピーチ [キノ2]
★ネタバレ注意★  ついさきごろ発表された第83回アカデミー賞において、作品賞、監督賞、主演男優賞を受賞した作品です。受賞者のみなさまには、心よりお祝い申し上げます☆  とにかくですね、もう、チャァァァミング! というに尽きる、とってもチャーミングな映画なんでありますが、この映画がここまでチャーミングであったのも、一にも二にも、主演のコリン・ファースがチャーミングだったからだと思うのです。ほんとに最近のファースさんは、のりにのっていらっさる。  英国王ジョージ5世(マイケル・ガ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 9日 (水) 23時50分

» 英国王のスピーチ [Diarydiary! ]
《英国王のスピーチ》 2010年 イギリス/オーストラリア映画 -原題 - TH [続きを読む]

受信: 2011年3月11日 (金) 20時46分

» 「英国王のスピーチ」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2010年・英・オーストラリア/配給:ギャガ原題:The King's Speech監督・脚本:トム・フーパー脚本:デビッド・サイドラー製作:イアン・キャニング、エミール・シャーマン製作総指揮:ジェフ... [続きを読む]

受信: 2011年3月13日 (日) 21時42分

» 英国王のスピーチ [SUPER BLOG.JP]
未曾有の大地震のまっただ中、神戸までサイクリングして観ました。(^^)/ 初めて行った劇場でしたが指定席ではなかったのであんまり良い席では観れなかった、無念。 シネ・リーブル神戸という劇場で観ました。 (奇しくもこの劇場、阪神大震災で建て替えたそうです。) 吃音ってのが何なのか?あんまりわからず。 そしていつものようにこの映画に関して事前情報収集は殆どせず。 「ふらり」と観に行く感じで観ました。(^^) 映画を観て解ったんだけど吃音って「吃り(どもり)」のことなんですねぇ。 ... [続きを読む]

受信: 2011年3月14日 (月) 10時38分

» スピーチこそが [笑う学生の生活]
8日のことですが、映画「英国王のスピーチ」を鑑賞しました。 アカデミー賞作品賞をはじめ 4部門受賞した 話題作です 吃音に悩む ジョージ6世 スピーチ矯正の専門家 ライオネルに出会い、吃音を克服しようとするが・・・ まさに 作品賞にふさわしい そんな映画で 王...... [続きを読む]

受信: 2011年3月15日 (火) 22時04分

» 映画「英国王のスピーチ」主演男優賞はうなずけるが・・・。 [soramove]
「英国王のスピーチ」★★★★ コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、 ジェフリー・ラッシュ出演 トム・フーパー監督、118分、2011年2月26日公開 2010,イギリス、オーストラリア,ギャガ (原作:原題:THE KING'S SPEECH)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「先ごろ発表されたアカデミー賞で 作品賞、監督賞、主演男優賞という 主要賞をほぼ独占した作品。... [続きを読む]

受信: 2011年3月16日 (水) 18時29分

» 英国王のスピーチ [にき☆ろぐ]
さて、お久しぶりの更新です。ずいぶん間を開けてしまいましたね。とりあえずはアカデミー賞で話題になった作品です。しかし私はそれと知らずに見ました。あらすじ:幼いころから、... [続きを読む]

受信: 2011年3月17日 (木) 00時04分

» 英国王のスピーチ [りらの感想日記♪]
【英国王のスピーチ】 ★★★★ 映画(18)ストーリー 英国王ジョージ5世の次男ジョージ6世(コリン・ファース)は、幼い頃から吃音というコン [続きを読む]

受信: 2011年3月20日 (日) 08時42分

» 英国王のスピーチ [映画的・絵画的・音楽的]
 『英国王のスピーチ』を、吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)この映画に関しては、それがアカデミー賞を獲得しようがしまいが、予告編の時から見てみたいと思っていましたから、実際にアカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、それに主演男優賞の4冠を獲得したこ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月21日 (月) 08時32分

» 「英国王のスピーチ」 友が聞いている [はらやんの映画徒然草]
本作は現在のエリザベス女王の父親にあたるジョージ6世の物語。 ジョージ6世は幼い [続きを読む]

受信: 2011年3月21日 (月) 19時32分

» 映画『英国王のスピーチ』 [よくばりアンテナ]
アカデミー賞受賞作品ですもんね!! 観てきましたよ〜(^^)v 実話ってことでしたが、時代背景とかも知らずに何の前知識もなく見始めましたが、 すんなり、ついていけました。 現在のイギリスのエリ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月21日 (月) 21時40分

» シャベクルマン トム・フーパー 『英国王のスピーチ』 [SGA屋物語紹介所]
そう、一ヶ月前はアカデミー賞の話題でもりあがってたんですよね。ふう、何もかもがみ [続きを読む]

受信: 2011年3月22日 (火) 20時33分

» ■映画『英国王のスピーチ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
誠に個人的な予想ですが、今年のアカデミー賞の監督賞、作品賞、主演男優賞はこの映画『英国王のスピーチ』ではないかと思ったりしています。 アカデミー賞では、監督賞、作品賞、主演男優賞ほか、最多12部門にてノミネートされている本作。 王室の話、というと、なんだか御... [続きを読む]

受信: 2011年3月23日 (水) 11時10分

» 英国王のスピーチ☆独り言 [黒猫のうたた寝]
アカデミー賞で注目されて、受賞後の劇場は賑わってます。吃音で、思うようにしゃべれないことが悩みの種のジョージ父は英国王・・・兄は皇太子。厳格な父と社交的な兄の下でセカンド的ポジションだったから、美しい妻と2人のかわいい娘の父親で、皇太子の弟で、吃音でも大き... [続きを読む]

受信: 2011年3月24日 (木) 02時19分

» 英国王のスピーチ [みすずりんりん放送局]
 『英国王のスピーチ』を観た。  【ストーリー】  エリザベス2世の父、ジョージ6世が周囲の力を借りながら吃音を克服し、国民に愛される王になるまでを描く実話。  【まめ知識】  主演は『シン...... [続きを読む]

受信: 2011年3月25日 (金) 22時43分

» 映画『英国王のスピーチ』 [びっとらんだむ:ぶろぐ]
 お隣さんの庭に植わっている梅の木に花が咲き始めました。地震や津波で僕らを苦しめ [続きを読む]

受信: 2011年3月29日 (火) 11時05分

» 英国王のスピーチ [だらだら無気力ブログ]
「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、 エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を 演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。 吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチ・セラピストのサポート で歴史的…... [続きを読む]

受信: 2011年4月 2日 (土) 02時29分

» 英国王のスピーチ [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  11日に池袋でこの映画を観ていたときに、東北・関東大震災が起こった。それでこの映画は約半分しか観ていないのだ。それ以来3週間の間は、余震が怖くて映画館に行くことが出来なかった。 だが本日意を決して、再度この映画を観直すことにしたのである。しかし... [続きを読む]

受信: 2011年4月 2日 (土) 14時20分

» 『英国王のスピーチ』 [千の天使がバスケットボールする]
俳優の中には、どんな役柄にもなりきり器用にこなせるカメレオンのようなタイプの役者もいる。そんな才能ある役者の抜群の演技力に感嘆させられることも多い。 しかし、中には向き不向きがはっきりしていて役柄が限定されてしまう俳優もいる。それは演技力うんぬんという...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 10時36分

» 映画『英国王のスピーチ』を観て~アカデミ... [KINTYRE’SDIARY]
11-18.英国王のスピーチ■原題:TheKing'sSpeech■製作年・国:2010年、イギリス・オーストラリア■上映時間:118分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:3月3日、TOHOシネマズ・シャンテ(... [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 17時49分

» 英国王のスピーチ [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
英国史上、 もっとも内気な王。 吃音(きつおん)に悩むスピーチの出来ない英国国王・ジョージ6世が、自身の持つ吃音症を克服し、国民の前でスピーチを成功させた奮闘と、彼を支えたスピーチ矯正の専門家との友情を描いた史実ド... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 22時25分

» 英国王のスピーチ [tomozoのうれし★たのし★大好き]
英国王のスピーチ (2010)【監督】トム・フーパー【出演】コリン・ファース / ジェフリー・ラッシュ / ヘレナ・ボナム=カーター / マイケル・ガンボン / ガイ・ピアース / ティモシー・スポール / デレク・ジャコビ / ジェニファー・イーリー [80点]「イギリスの王室」指揮者ライオネルと演奏者ジョージ6世。 この映画のハイライト、英国王のスピーチ... [続きを読む]

受信: 2011年4月 5日 (火) 00時11分

» 「英国王のスピーチ」:手堅いけれど・・・ [大江戸時夫の東京温度]
本年のアカデミー作品賞&主演男優賞&監督賞オリジナル脚本賞に輝く『英国王のスピー [続きを読む]

受信: 2011年4月 5日 (火) 23時03分

» 『英国王のスピーチ』 [映画批評ってどんなモンダイ!]
英国王のスピーチ (... [続きを読む]

受信: 2011年4月 8日 (金) 18時36分

» 映画「英国王のスピーチ」 [itchy1976の日記]
英国王のスピーチ - goo 映画 英国王のスピーチ(映画.com) 「英国王のスピーチ」オフィシャルサイト 英国王のスピーチ@ぴあ映画生活 英国王のスピーチ - Wikipedia ○作品データ(映画.com) 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャニ...... [続きを読む]

受信: 2011年4月10日 (日) 16時29分

» 英国王のスピーチ [voy's room]
nbsp; 第83回アカデミー賞「作品賞」「監督賞」「主演男優賞」「脚本賞」受賞!吃音に悩み、自らを否定し続けてきた英国王ジョージ6世。全国民を前に、王の尊厳と誇りをかけた演説が始まる―。2度の大戦を乗り越え、国民に「善良王」と慕われるにいたったジョージ6世が乗り越えた障がい。彼を支えた妻エリザベスと、言語障がい専門医ライオン・ローグとの愛と深い絆を描く。(TOHO CINEMAS)★★★★最後のジョージのスピーチは こころ揺さぶられました。第二次世界大戦前夜のスピーチは そこにいるよう... [続きを読む]

受信: 2011年4月11日 (月) 05時34分

» 「英国王のスピーチ」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 内向的で吃音症のヨーク公アルバート王子(後のイギリス王ジョージ6世)が、言語聴覚士と家族の支えでコンプレックスを克服し、国民から敬愛される存在へと成長していく姿を、史実を基に映画化。    実在した一国の国王を、一人の人間として内側から掘り下げる。アカデ... [続きを読む]

受信: 2011年4月22日 (金) 22時15分

» 「英国王のスピーチ」みた。 [たいむのひとりごと]
アカデミー作品賞を受賞する前から気になっていた作品。2月の公開時に東京で見損ねてしまったため地元での公開を待ち望んでいた。いやぁ~これは好き。期待どおり笑わせてくれて、ホロリとさせられて、清々しい心地... [続きを読む]

受信: 2011年4月25日 (月) 17時04分

» 英国王のスピーチ [Men @ Work]
現在公開中のイギリス・オーストラリア合作映画、「英国王のスピーチ」(監督:トム・フーパー)です。TOHOシネマズ六本木スクリーン7で初日に観賞しました。 観賞後、この映画の監督が38歳で、かつ長編映画監督としてのキャリアはそれほど長くないということを知り、驚きました。「いやぁ、とにかく上手い映画だなぁ。これはよほど映画を撮り慣れた人の作品なのだろう。」というのが、観賞後の第一印象だったからです。 「吃音に悩む国王がそれを克服し、最後に名スピーチをする話」と言われて心躍る人がどれだけいるでしょうか。ハ... [続きを読む]

受信: 2011年4月26日 (火) 10時52分

» 自分も救われたような気持ちになる ─ 英国王のスピーチ ─ [Prototypeシネマレビュー]
─ 英国王のスピーチ ─ アカデミー賞の作品賞を含む4冠にも輝いたこの作品『英国王のスピーチ』。ただ、正直なところ鑑賞予定には入っていませんでした。名前は知っていたものの ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 1日 (日) 19時06分

» 英国王のスピーチ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
英国王のスピーチ'10:イギリス+オーストラリア◆監督: トム・フーパー「第一容疑者 姿なき犯人」(TV) ◆出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 2日 (月) 15時26分

» 英国王のスピーチ [マー坊君の映画ぶろぐ(新装版)]
「英国王のスピーチ」監督:トム・フーパー(『エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~』)出演:コリン・ファース(『シングルマン』『マンマ・ミーア!』)ジェフリー・ラッシュ(『パ ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 2日 (月) 18時39分

» 英国王のスピーチ [映画、言いたい放題!]
この映画、アカデミー賞を取ったということもあって 是非観たい映画でした。 折しも観に行った日は、ロイヤル・ウェディングの日でした。 そのせいか、公開から随分経っていましたが その割にはお客が多かったです。 隣のお客さんは、始まる前にロイヤル・ウェディングの話を... [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 17時57分

» 映画:英国王のスピーチ [よしなしごと]
 言わずと知れた、アカデミー賞4部門受賞、英国アカデミー賞7部門受賞などなど多くの賞にノミネート・受賞に輝いた英国王のスピーチを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2011年5月10日 (火) 23時20分

» 英国王のスピーチ [監督:トム・フーパー] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
個人的評価: ■■■■□□ [6段階評価 最高:■■■■■■、最悪:■□□□□□] あの「ソーシャル・ネットワーク」を破ってアカデミー賞とは一体どんだけ面白いのだろう・・・ というほど期待していたわけではないのだけど、さすがになかなか見応えある映画に仕上がっていた。 面白いス...... [続きを読む]

受信: 2011年5月11日 (水) 06時20分

» 「英国王のスピーチ」(2010) [INUNEKO]
意外とカンドー。 母が見たいとか言っていたので劇場や時間を調べてサァサァ早く行きなよとメールで勧めてるうちに自分が洗脳されて見てしまいました。自分じゃ選ばないジャンルだから、良かったです。 スピーチシーンには、ものすごい感情移入して頑張れ頑張れって見ちゃいましたし。 ヘレナ・ボナム・カーターが火星人でも赤の女王でも魔女でも猟奇殺人犯でもないまともな人間役なのももうれし。 ガイ・ピアーズはチョイ役だったなぁ。 吃音ではないけど、うまくしゃべれないってことでは他人事じゃないしな。 ひるがえって我が国の... [続きを読む]

受信: 2011年5月12日 (木) 22時20分

» [映画『英国王のスピーチ』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆遅ればせながらの感想です。  これまた、英国紳士的なスマートな造りの傑作ですなぁ^^  先の大戦前夜、国民の多くの期待を受けて即位せしジョージ6世・・・、英国王として、その「言葉」は大いなる力になり得るのだが、彼は幼い頃から深刻な吃音症に悩んでいた。 ...... [続きを読む]

受信: 2011年5月28日 (土) 23時39分

» 英国王のスピーチ [いやいやえん]
わーい、コリン・ファースさん(好き)。吃音のため話すことが苦手な国王が、国民の心を掴むためにスピーチに挑むというこの作品、実際の話なんだそうですね。軽快な言い合いやユーモラスな場面で、開戦前という時代... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 07時00分

» 英国王のスピーチ [pure\s movie review]
2010年 イギリス・オーストラリア作品 118分 GAGA配給原題:THE KINGS SPEECHSTAFF監督:トム・フーパー脚本:デヴィッド・サイドラーCASTコリン・ファース ジェフリー・ラッシュ ヘレナ・ボナム=カーター マイケル・ガンボン吃音症という病を初めて知りました...... [続きを読む]

受信: 2011年12月 4日 (日) 23時39分

» 【英国王のスピーチ】その治療とは、心を育てる治療 [映画@見取り八段]
英国王のスピーチ 〜 THE KING'S SPEECH 〜 監督: トム・フーパー    出演: コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、マイケル・ガンボン、ガイ・ピアース、ティモシ...... [続きを読む]

受信: 2011年12月 7日 (水) 11時22分

» 【DVD】英国王のスピーチ (アカデミー賞 受賞作品) [映画鑑賞&洋ドラマ スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記]
JUGEMテーマ:洋画過去、映画館へ拝見しにいった際の感想です。現在は上映していません。のであしからずnbsp; いつもならアカデミー賞受賞作品は映画館でみないのですが、気まぐれを起こして1人で鑑賞(笑) この映画は本来、ミニシアターで放映するような映画みたいなのですが、 アカデミー賞にノミネートされたことにより普通の映画館での放映となりました。 1900年代にどいつの侵略が活発かし、第2次世界対戦が始まりそうになったときに戴冠したジョージ6世のお話。 幼少の頃より乞音症(声がつまるども... [続きを読む]

受信: 2011年12月 8日 (木) 13時07分

» 英国史上、もっとも内気な王のお話 『英国王のスピーチ』 [ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション]
■ストーリー『英国王ジョージ5世の次男ジョージ6世は、幼い頃から吃音というコンプレックスを抱え、人前に出ることを極端に恐れる内向的な性格となり、成人してからも自分を否定 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月31日 (土) 13時45分

» 英国王のスピーチ [シェイクで乾杯!]
すべての役者が素晴らしかった。 [続きを読む]

受信: 2012年1月 9日 (月) 00時13分

» 「英国王のスピーチ」 [或る日の出来事]
ううむ…ソツがない。 [続きを読む]

受信: 2012年1月21日 (土) 09時49分

» 『英国王のスピーチ』 [cinema-days 映画な日々]
英国王のスピーチ 英国王ジョージ6世の就任には 吃音症克服と言う秘話があった... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:The King's Speech [続きを読む]

受信: 2012年3月 3日 (土) 22時35分

» 映画評「英国王のスピーチ」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2010年イギリス映画 監督トム・フーパー ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2012年3月 7日 (水) 11時15分

» 英国王のスピーチ [我が頭に巣くう映画達]
51点 2010年のイギリス映画で、 監督はトム・フーパー、主演はコリン・ファースです。 2010年度のアカデミー賞で作品賞、主演男優賞、脚本賞を受賞しています。 イギリスの王子ヨーク公が 吃音症(...... [続きを読む]

受信: 2012年3月10日 (土) 09時50分

» 別館の予備(英国王のスピーチ 感想224作目) [スポーツ瓦版]
6月7日 英国王のスピーチト アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らな ... [続きを読む]

受信: 2012年6月 7日 (木) 13時27分

« 戦火の中へ/포화속으로 | トップページ | アゲイン/男たちの挽歌III »