« SUCK | トップページ | KG カラテガール »

2011年2月10日 (木)

私の愛、私のそばに/내 사랑 내 곁에

Photo ALS(筋萎縮性側索硬化症)の男性とその妻の出逢いから死別までを描いた感動ドラマ。主演の一人キム・ミョンミンはこのために20キロにも及ぶ減量をし体を作ったという。妻役を務めるのは『TSUNAMI-ツナミ-』のハ・ジウォン。監督を『ユア・マイ・サンシャイン』のパク・チョンピが務める。
>>公式サイト

いわゆるオーソドックスな難病モノ

book あらすじ・作品情報へ book

人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

実にオーソドックスな難病モノ映画です。いくらなんでも全く変わり映えしない旧態依然とした作品だけに涙を誘われるまでは行きませんでした。扱っている難病はALS(筋萎縮性側索硬化症)という、手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだんだんやせて力がなくなっていきやがて死に至る不治の病。「一昔前だったら白血病が題材にされていたなぁ。」などと思いましたが、今はご存知の通り白血病は不治の病では無くなっています。医学の進歩と共に映画の題材も来たのだなと変に感心してしまいました。本作はALSの男性ペク・ジョンウ(キム・ミョンミン)と葬儀屋の娘イ・ジス(ハ・ジウォン)という幼馴染の2人の愛の軌跡を描いた物語です。

02_2 03_2

ジスは家業である葬儀屋の仕事に誇りを持っていますが、遺体に触れた手が穢れているという夫と離婚し現在はバツイチ独身中。そこにその手を「綺麗な手だ」というジョンウが現れて2人は急接近し恋に落ちます。ハ・ジウォンは前作『TSUNAMI-ツナミ-』を観た時にはそれほど何も感じなかったのですが、本作では笑顔が実にキュートでジョンウよりも私が一目惚れといった感じ。良く見ると若かりし頃の井森美幸や松たか子に似てる?ジス自体のキャラクターも、元気で明るくメゲナイ女の子で観ている方が自然と笑顔になってしまうような魅力を持っていました。もっともそんなジスが悲しみに暮れるからこそ普通よりも涙を誘うという演出なのでしょう。

04_2 05_2

2人は事実婚をし、ジスはジョンウを支えながら生活を送ります。序盤は法律家を目指していたジョンウが病に負けまいとありとあらゆる治療法にチャレンジし、ジスもそれに協力する様子が描かれていました。ベッドに寝ているジョンウに「しよっか?」とイタズラっぽい顔を浮かべて事に到る2人(といっても一方的にジスが上に乗るのですが)を観ていると、まるで健康的なカップルの通常の性生活のようで、むしろ2人の幸せな時間を感じさせてくれます。それにしてもキム・ミョンミンはこのために20kgも減量して体を作ったんだそうで、すっかり筋肉の落ちた体は本当に病気のように見えました。元々太ってる訳じゃないでしょうからこれはかなり辛かったんではないでしょうか…、全く頭が下がります。

06_2 07_3

残念なのはこのALSという病が患者の性格を変えてしまうことでした。医師曰く脳の神経異常で感情が抑制できなくなると言っていましたが、意識朦朧としているならともかく、知覚も触覚もあるのに動かない苦しみは計り知れません。病気の進行と共にジスに辛く当たるようになっていく姿は観ている方も辛い…。2人が惹かれあうきっかけとなったジスの手を「手袋をして触れ」というジョンウの言葉は、病が言わせていることとはいえ余りに寂しいものでした。仕事中に電話がかかってきて、他愛も無いことで呼び出されても、ジスは全力でジョンウの元にやってきます。病の苦しみに甘えているジョンウの姿はステレオタイプであるけれど、それでもやっぱり死を待つだけというシチュエーションでは何も言えないです。

08_2 09_2

ジョンウを少しでも元気付けようとアイドルの格好をして可愛らしい歌と踊りを披露するジスが健気なんですが、個人的にはハ・ジゥオンの余りの可愛らしさに顔はニヤけてました…(苦笑)結局2人の間は限界に達し、2人は別れます。もちろん本当にそのまま別れたら洒落になりませんから、後で元鞘なのは解って観ているのですけど。ただ、その戻るきっかけとなる事件がどうにも白け気味。ジスは、何故か突如登場した元夫とホテルにはいり、手足を縛って身動きを取れなくしてもらいます。そして「こんなに苦しかったのね…」と泣き崩れるのですが……そりゃないでしょう。高々手足を縛った程度でジョンウの苦しみなど理解できるはずもないし、第一それはジョンウの苦しみの一部でしかありません。

10_2 11_2

先にも書きましたが、この病は意識障害が出るものではないのです。つまり彼は自分がジスに酷いことをしているのも解っている、解っていてもそうしてしまう自分に苦しんでいるのです。ともあれ、彼の元に戻るジス。既に人口呼吸器を喉につけられて声が出せないジョンウですが、心の声で彼の気持ちは語られます。残り僅かの命を再び安定した気持ちで送るジョンウ。しかし無情にもやってくる最期の時。彼の遺体を綺麗に清めて化粧を施すジスの姿は『おくりびと』の納棺師を思わせました。個人的には彼の死そのものよりも、プロの葬儀屋としてキッチリ彼を送るジスの姿のほうにより感動を覚えたように思います。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:ハ・ジウォンのファンになりました!
総合評価:62点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« SUCK | トップページ | KG カラテガール »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/38796186

この記事へのトラックバック一覧です: 私の愛、私のそばに/내 사랑 내 곁에:

» 私の愛、私のそばに [あーうぃ だにぇっと]
1月26日(水)@なかのZERO大ホール。 本日は試写会ラッシュのためか、なかのZEROは空いていた。 時間調整のため、会社からとことこと大手町まで歩き、東西線で中野に出かけた。 開場が18時半と遅いため、早く行くと寒風吹きすさぶ中並ぶことになる。 会社は早く出てしまいたいし、並ぶのはイヤだし(笑)... [続きを読む]

受信: 2011年2月10日 (木) 22時43分

» 私の愛、私のそばに [象のロケット]
原因も有効な治療法も見つかっていない難病・筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患う、車椅子の青年ジョンウは、唯一の肉親である母親が亡くなった日に、幼なじみの葬儀屋の娘ジスと再会し恋に落ちる。 一年後に結婚式を挙げた彼らの新居はジョンウの病室。 いくらリハビリに励んでも病の進行は早く、次第に希望を失っていくジョンウだったが…。 ラブ・ストーリー。... [続きを読む]

受信: 2011年2月11日 (金) 06時54分

» 「私の愛、私のそばに」 [みんなシネマいいのに!]
 葬儀社で働くジスは、手足が不自由な青年ジョンウと出会う。 ジョンウは筋萎縮側索 [続きを読む]

受信: 2011年3月 7日 (月) 23時27分

» 私の愛、私のそばに(2009)★☆CLOSER TO HEAVEN [銅版画制作の日々]
                                 してあげたいことが、たくさんあったのに。ありがとう ごめん 愛してる 京都みなみ会館にて鑑賞。 ルー・ゲーリック病とは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)だったんですね。調べたところ、ル―・ゲ...... [続きを読む]

受信: 2011年4月11日 (月) 23時14分

» 映画評「私の愛、私のそばに」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年韓国映画 監督パク・チンピョ ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2012年5月28日 (月) 11時00分

« SUCK | トップページ | KG カラテガール »