« 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- | トップページ | ティーンエイジ・パパラッチ »

2011年2月 6日 (日)

再会の食卓/団圓

Photo 中国と台湾が分断された歴史に翻弄される元夫婦、そして今の夫や家族を含めた悲喜こもごもを描き出したヒューマンドラマだ。主演は『ラスト・コーション』のリサ・ルーで製作総指揮も務めている。監督は『トゥヤーの結婚』のワン・チュアンアン。どうしようもない運命に翻弄された家族それぞれの想いが胸に迫る。第60回ベルリン国際映画祭の最優秀脚本賞にあたる銀熊賞を受賞作品。
>>公式サイト

現代の家族の絆に対するアンチテーゼ?

book あらすじ・作品情報へ book

人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

予想していたよりもあっさりとした内容でした。もちろん、扱っているテーマとしては歴史に翻弄された人間の悲しい現実に迫ったものでしたけれど、余りにもストーリーの全てが整った台本通りに進んで行き過ぎなのです。始まりは一通の手紙から。差出人は国民党軍の軍人として上海を脱出する時に妻の玉娥(リサ・ルー)とはぐれてしまった元夫・劉燕生(リン・フォン)。台湾には燕生のように大陸に家族を残して来た人々が多くいて、今回はそんな人たちが40年ぶりに帰郷を許されたのでした。別に粗探しをする訳じゃないのですが、生き別れて40年なのに、燕生が玉娥の住んでいる場所を知っていることにまず違和感を感じました。

02 03

もちろん中国は台湾を国として認めていない以上、行き来はできないにせよ、連絡ぐらいは取れたのじゃないかと。ただまあいずれにしても、玉娥の事はともかく40年ぶりに帰郷できるのは、老い先が短い燕生にとっては非常に大きなことなのは事実です。その40年前、燕生とはぐれた玉娥が子供をつれて途方にくれた日々を過ごしている時、共産党軍の兵士だった陸善民(シュー・ツァイゲン)に助けられ、2人は事実上の結婚をしていました。今は善民との間に2人の娘に孫までいます。燕生を家族総出で歓待する善民たち。驚いたのは、このあと実にあっさりと玉娥に彼女を台湾に連れて帰りたい旨を告げ、彼女もまた即断で了承してしまうのです。

04 05

しかもそれをこれまたサラっと善民に伝え彼も了承してしまうというのが少々信じられないというか…。もちろん善民の気持ちまでもがそんなにあっさりしたものであるとは思いません。仮にも40年間も夫婦として連れ添って来たのですから。ただこの一連の流れの中で、もう少し玉娥と善民の葛藤が表現されても良かったのではないかと思うのです。簡単に言えば、もうちょっと躊躇があっても良いのじゃないの?ってこと。玉娥は言います。この40年間は善民のため子供のために生きたのだと。愛は燕生に対してあり、残された人生は自分の好きに生きたいと。気持ちは解らなくもないです。そういえば『クレアモントホテル』の主人公の老婦人・サラも玉娥と全く同じことを言っていたっけ…。

06 07

確かに男性と違い女性は、特に玉娥の世代の女性は今ほど自由自立もなかった時代を生きてきだけにこうした想いを抱くのかもしれません。ただ、それを本人や家族の目の前で公言してしまうのは言いすぎでしょう。日本人よりもそのものズバリを口にする中国人といえども、流石にこれはないのではないかと思うのです。それともこの脚本の流れは実際の中国人や欧米人には普通なのでしょうか。それを黙って聞いている燕生にもちょっと違和感を感じます。一方の善民は家族が反対したときもその声を押し切って燕生が玉娥を連れ帰ることを承諾します。何故彼は許さないと言わないのか…。やはりそれは男として燕生の気持ちが解るからなのか。

08 09

少なくとも自分は40年間を愛する女性と過ごし、幸せな家族を築き上げたけれど、今の燕生には何もない…。傍目にはちょっと理解がありすぎだろうと思えるほどの彼の本音が出たのは物語りも終盤に差し掛かった“食卓”でのことでした。玉娥と離婚するために色々と手続きをしたその帰り、酒が入った彼は昔話をする流れの中で本音を語ります。そこからは玉娥が台湾に行ってしまうそのことよりも、彼女が共に過ごした40年間に愛がなかったと言ったことがショックだったのが覗えました。興奮状態の善民が軽い脳梗塞で倒れるに到って、先の展開はもう読めたも同然。善民が燕生に食べさせるために、市場で1匹100元もするカニを買って来たのと同様に、燕生は善民に仏跳墻を食べさせるために市場に足を運びます。

10 11

最後の食卓は善民と燕生の2人が本当の意味で心を通わせるシーンでした。そこで燕生は玉娥を台湾に連れ帰るのを止めると告げるのです。大いに飲み、大いに食い、大いに歌う3人。結局最後まで彼らの口からお互いの誰かを責める言葉がでなかったのが意外であり、しかし嬉しいところでした。新しい高級マンションに引っ越したあとの最後の食卓シーン。しかし子供たちは誰一人玉娥と善民の元を訪ねてきません。食卓を共にすることで絆を強める世代の彼ら3人に比べて、いかにも現代的なこの光景。中国の発展とともに、家族のあり方も変わってゆく、日本がかつて通り過ぎたのと同じ道を中国も辿っているのが印象的でした。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:出てくる料理が美味そうなんだよなぁ…
総合評価:63点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- | トップページ | ティーンエイジ・パパラッチ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/38755698

この記事へのトラックバック一覧です: 再会の食卓/団圓:

» 再会の食卓 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
公式サイト歴史に翻弄された男女の複雑な関係性と、家族の幸せの意味を問いかける秀作ヒューマン・ドラマ。何度か登場する食事の場面が、セリフ以上に重要な感情表現になっている ... [続きを読む]

受信: 2011年2月 7日 (月) 23時54分

» 再会の食卓/リサ・ルー、リン・フォン [カノンな日々]
共産党と国民党の勢力争いから勃発した中国内戦によって大陸と台湾に隔たれ生き別れとなってしまった一組の夫婦。夫は40数年ぶりに台湾から上海へと戻ってくるが再会した妻には新 ... [続きを読む]

受信: 2011年2月 8日 (火) 23時58分

» 再会の食卓 [象のロケット]
中国・上海で暮らすユィアーに、生き別れた夫イェンションが40数年ぶりに台湾から帰ってくるという手紙が届く。 しかしユィアーには新しい家族がいた。 イェンションとの息子である長男と、再婚した夫シャンミン、二人の娘、娘婿、二人の孫。 戸惑いながらも一家はイェンションを食事に招き、精一杯もてなすのだが、イェンションは元妻を台湾へ連れて行きたいと切り出す…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2011年2月 9日 (水) 07時33分

» 『再会の食卓』(2010)/中国 [NiceOne!!]
原題:APARTTOGETHER監督ワン・チュアンアン出演リン・フォン、リサ・ルー、シュー・ツァイゲン、モニカ・モー公式サイトはこちら。コピーに、「中国と台湾を隔てる悲しい歴史に翻弄さ... [続きを読む]

受信: 2011年2月11日 (金) 06時44分

» 再会の食卓 [eclipse的な独り言]
深みのある一本でした。 [続きを読む]

受信: 2011年2月14日 (月) 06時38分

» 『再会の食卓』 Apart Together 団圓 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
時代は移り変われども、人々はこうやって食卓を囲む。 上海で暮らす玉娥/ユィアー(リサ・ルー)のもとに一通の手紙が届く。そこには、かつて生き別れた夫・燕生/イェンション(リン・フォン)が40数年ぶりに台湾から帰ってくると記されていた。王全安監督の『トゥヤーの結婚』 が大好きな私は、あまりにも平凡な邦題が付けられたことにがっかりしつつも、去年の第60回ベルリン国際映画祭銀熊賞(脚本賞)受賞した本作をとても楽しみににしていた。モンゴルの砂漠でラクダに乗る女主人公の凛とした姿に魅せられた前作に比べると... [続きを読む]

受信: 2011年2月17日 (木) 23時20分

» *『再会の食卓』* [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:中国映画、ワン・チュアンアン監督、リン・フォン、リサ・ルー、シュー・ツァイゲン、モニカ・モー出演。 [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 00時29分

» 再会の食卓 [映画的・絵画的・音楽的]
 『再会の食卓』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)映画は、1949年に国民党軍が共産党軍に追われて台湾に渡った際に、上海で生き別れになってしまった妻と夫が、ほぼ40年ぶりに再会するという筋立てです。  むろん、妻(玉娥)も夫(燕生)も、それぞれの場所...... [続きを読む]

受信: 2011年3月 2日 (水) 22時08分

» 映画「再会の食卓」余生をどう過ごすか [soramove]
「再会の食卓」★★★ リン・フォン、リサ・ルー、シュー・ツァイゲン、 モニカ・モー出演 ワン・チュアンアン監督、96分、2011年2月5日公開 2010,中国,ギャガ (原作:原題:団圓/ APART TOGETHER )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「1949年、国共内戦(國民党と共産党の内戦) 敗北が確実となり、 一組の夫婦はその日から 40数年引き裂かれていた... [続きを読む]

受信: 2011年3月10日 (木) 12時49分

» 再会の食卓 [とりあえず、コメントです]
中国の歴史の中で離れ離れになった元夫婦の再会と家族を描いた作品です。 予告編を観て、40年ぶりに再会した二人の運命はどうなるのだろうと気になっていました。 予想以上の結末に、切ない余韻が残る作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2011年3月13日 (日) 19時31分

» 再会の食卓 [『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba]
40年後の再会も、 いつもの食卓から はじめよう。 中国と台湾、隔てられた悲しい歴史──。 40年ぶりに、生き別れになった夫が上海に帰ってくる。 新しい夫がいる妻の元へ──。 戦争で別れ別れとなった元夫... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 22時09分

» 再会の食卓 [キノ2]
★ネタバレ注意★  ベルリン国際映画祭で銀熊賞(最優秀脚本賞)を受賞した中国の映画です。ワン・チュアンアン監督。  思想信条の対立から、同じ中国人の間で過酷な殺しあいが展開された国共内戦は、1949年に共産党による中華人民共和国が成立した一方、国民党を率いる蒋介石が台湾に退却したことを機に、一応の終結をみました。  しかし、それ以来台湾では、対大陸対共産党への潜在的交戦状態が続き、1987年に解除されるまで、40年もの間戒厳令がしかれてきました。  蒋介石と共に台湾に逃れた国民党... [続きを読む]

受信: 2011年4月 8日 (金) 20時21分

» 再会の食卓(2010)APART TOGETHER [銅版画制作の日々]
40年後の再会も、いつもの食卓からはじめよう。 京都シネマにて鑑賞。中国と台湾といえば、あまり関係は良くなかったんだ。歴史については疎いもので、映画を観て学ぶことがよくある。 以下そのことを調べてここに載せました(ウィキぺディアより抜粋) 1945年10月...... [続きを読む]

受信: 2011年4月14日 (木) 00時44分

» 再会の食卓 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
中国と台湾の歴史に翻弄されながら生きるある家族の姿を描く「トゥヤーの結婚」のワン・チュエンアン監督作。出演は「ジョイ・ラック・クラブ」のリサ・ルー、台湾で歌手、プロデ ... [続きを読む]

受信: 2011年5月18日 (水) 15時07分

» 再会の食卓 [とつぜんブログ]
監督 ワン・チュエンアン 出演 リン・フォン、レサ・ルー、シュー・ツァイゲン、モニカ・モー 「再会の食卓」うまいタイトルだと思う。しかし、このタイトルは本作の半面しか表現していない。この映画、「別れの食卓」でもある。  1年と40年。普通に考えれば1年<40...... [続きを読む]

受信: 2011年8月 8日 (月) 20時19分

» 再会の食卓 [こんな映画見ました〜]
『再会の食卓』---APART TOGETHER---2010年(中国)監督:ワン・チュアンアン 出演:リサ・ルー 、リン・フォン、シュー・ツァイゲン、モニカ・モー ナナ 「トゥヤーの結婚」のワン・チュアンアン監督が、中台分断で離れ離れとなった元夫婦の40年ぶりの再会を...... [続きを読む]

受信: 2011年8月17日 (水) 22時51分

» 再会の食卓 [いやいやえん]
うーん、中国と台湾事情は難しいもので、変化する時代に取り残された人々の心の傷跡もどんなもんだろうと思う。 玉娥は40年ぶりに再会した元夫の燕生に台湾に一緒に来てくれないかと言われすぐに了承する、今の夫・善民との間には子供も孫もいる。しかも夫である善民もそれをサラッと了承する。 善民には「感謝」しているけれど、燕生のことは「愛して」いると言われた夫の気持ちは幾許のものか。40年愛のなかった生活をしてきたという事実、たった1年一緒に過ごした元夫を愛しているという気持ち(人生を振り返っての幸せ... [続きを読む]

受信: 2011年10月 1日 (土) 13時44分

» 「再会の食卓」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
「今までは家族や子供のために生きて来た。残り少ない人生、これからは自分の為に生きたい」というセリフにはガツンと来ました・・・。 [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 14時49分

» 映画評「再会の食卓」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年中国映画 監督ワン・チュアンアン ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 11時27分

« 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- | トップページ | ティーンエイジ・パパラッチ »