« ツーリスト/The Tourist | トップページ | わさお »

2011年3月 7日 (月)

コリン LOVE OF THE DEAD/Colin

Love_of_the_dead 何と総製作費約5800円という低予算ぶりは、スタッフ・キャストを監督自らは当然の事ながら有志によるボランティアで賄った結果。監督、製作、脚本、撮影、編集をマーク・プライス一人で賄っている。世紀末の世界でゾンビと化してしまった青年が恋人のアパートを目指すというゾンビのプチロードムービーだ。ゾンビが主役でありながらも、ラストの切ないシーンに感動する。
>>公式サイト

哀しいゾンビのロードムービー

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

普段ならまず観ないであろうゾンビ映画でしたが、仕事のスケジュールの都合上何故か初日に鑑賞してみました。まともにゾンビ映画を観たのは久しぶりですが、少なくともこの作品は特にグロくも、怖くもない、いやむしろ切なく哀しいドラマに仕上がっていたのがちょっと驚きです。そもそもゾンビ映画ってこんなんでしたっけ?製作費45ポンドといいますから現在のレートで約6000円という、自主制作映画も真っ青な低予算映画ですが、スタッフ・キャスト共に有志のボランティアによって製作されたのだそうです。恐らくグロ系のシーンは特殊メイク的にもお金がかかるんで、作りたくても作れなかったのかもしれません。いずれにしても手作り感一杯の作品でした。

02 03

話の筋道は実に簡単。青年コリン(アラステア・カートン)はゾンビに噛まれて自らもゾンビになってしまいますが、彼はどこかを目指して歩き始めるのです。劇中ではその途中に起こる様々な出来事が描かれていました。そう、言ってみれば本作はゾンビ・コリンロードムービーと言えます。実は正直言って観終わった直後は長かったなと感じました。まるで2時間越えの作品を観たかのような。しかし調べてみると上映時間は97分。短いとは言えませんが、今時の作品とは特に長いわけではありません。これはきっとテンポの悪い編集のや、冗長的なシーンがそう感じさせたのだろうと思ってハッと気が付きました。「そうか、これは“ゾンビ映画”なんだ」と。

04 05

つまり、ゾンビなのだから、コリンを含め動きが鈍いのは当たり前。故にワンカットの表現にも時間がかかる訳です。しかもロードムービーなんでコリンが道を歩いてゆく様子なんかももちろんある、しかもそれもまた当然足を引きずるようにズルッズルッという感じ。そりゃタルい訳だ。(笑)しかし軽やかにスピード感あるゾンビだったらそれはそれで何か嫌ですよね。これは今後ゾンビ映画を観る時の参考にしようと一人納得していたのでした。コリンが目的地に向かう途中では、実の姉と出逢ったりもします。何とか彼を正気に返そうとするも、もちろんそんなことは出来はしません。姉の表情や、恐らく母親であろう女性のやりきれない表情が切なく哀しいものがありました。

06 07

もちろんオーソドックスに生きている人間を襲ったり、逆に彼自身が人間に狙われたりもします。しかしここで印象深いのはある意味ゾンビ以上の人間の醜さでした。ゾンビをやっつけようなどというゾンビvs人間という構図ではなく、単にコリンの履いている靴を奪おうとしたりするヤツまでいる始末。一時期流行ったスニーカー強盗みたいなものなんでしょうが、相手がゾンビだろうと人間だろうとお構いなし、いやむしろ人間でない分遠慮も無ければ良心の呵責も無いのだから性質が悪い。そしてその極め付けが、自警団らしき集団での集団リンチシーン。ゾンビを撃退すべく自警団のような連中が戦いを挑みます。コリンたちゾンビはボコボコにやられますが、問題はここから。

08 09

戦いの最中にゾンビに噛まれてウィルスに感染した連中を集めて、ゾンビ化する前になぶり殺しにしてしまうのです。せめて子供に別れを言いたかったという女性も問答無用。グロさ以上に人間の集団心理に気分が悪くなるワンシーンでした。この時爆弾で顔の半分を吹っ飛ばされたコリン。しかし死ねない。ゆっくりと起き上がった彼はまた歩き始めます。死ねたらどれだけ楽なことか。ゾンビとなった彼を突き動かしているのは一体何なのだろう、そんな思いで彼を見つめてしまう自分がいます。そして彼がたどり着いたのはとある家でした。中に入るコリン。そして挿入される回想シーン…。そう、(ネタバレ→)そこはコリンの恋人の家だったのです。

10 11

ラストシーンで彼が死んだのかどうかは解りません。しかしそのゾンビとなっても愛する恋人の傍に行きたかった彼にまだ幾ばくの心が残っているのなら、せめてあそこでその心の安寧が得られることを願ってやみません。ゾンビになってしまったのは悲しいことですが、それ以上にコリンの切なく哀しい姿が強く印象に残りました。あまり観たことがないタイプのゾンビ映画です。ただ2つほど難点を挙げると、手持ちカメラはいくらなんでもぶれ過ぎ、それとお金がないせいで照明が無いのが厳しいです。暗い画面で激しい画面の揺れは、映画として何が映っているのか判別不能なことすらありましたから。低予算も良いですが、映像作品を作るなら最低限の部分は何としても算段をつけるべきです。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:激しいのが好みの人には物足りないかも
総合評価:63点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ツーリスト/The Tourist | トップページ | わさお »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/39134923

この記事へのトラックバック一覧です: コリン LOVE OF THE DEAD/Colin:

» コリン LOVE OF THE DEAD /COLIN [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリッnbsp;クしてね larr;please click 「この手のゾンビ映画がなかったから僕... [続きを読む]

受信: 2011年3月 7日 (月) 20時37分

» コリン LOVE OF THE DEAD [SUPER BLOG.JP]
渋谷で観ました。 まず観たかったのは「ゾンビ映画」であること。 ゾンビ評論家にな [続きを読む]

受信: 2011年3月 9日 (水) 09時02分

» コリン LOVE OF THE DEAD☆独り言 [黒猫のうたた寝]
東京では3月公開・・・名古屋では5月公開だったのでようやく観られた噂のゾンビ映画。そぼ降る雨の中、今池のシネマテークまでレイトショーに行ってきました。公開前から、低予算45ポンドが注目されていましたしゾンビ出演したエキストラはFacebookやtwitterで集まって参加し... [続きを読む]

受信: 2011年6月 3日 (金) 00時46分

» 「コリン LOVE OF THE DEAD」 [みんなシネマいいのに!]
 世界的なゾンビの発生で壊滅状態に陥ったロンドンを舞台に、自らもゾンビと化した青 [続きを読む]

受信: 2011年6月 5日 (日) 09時37分

» コリン LOVE OF THE DEAD(2008) [銅版画制作の日々]
世紀末、余命ゼロの恋人たちhellip;。 京都シネマにて鑑賞。1日1回の上映、しかも19:55から、、、。その上10日までです。なかなか上手く時間が取れないもんで、困ります。やっとこさ、何とか時間を調整しての鑑賞となりました。 何と、低予算で自主製作だそう...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 6日 (月) 00時58分

» 映画「コリン LOVE OF THE DEAD 」コリンだけはちゃんと演技してたな [soramove]
「コリン LOVE OF THE DEAD」★★☆ アラステア・カートン、デイジー・エイトケンス 出演 マーク・プライス監督、 97分、2011年3月5日, 2008,イギリス,エデン (原作:原題:COLIN)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「製作費45ポンド(5.800円)で撮られたという、 イギリス発のゾンビ・ムービー、 そりゃあ内容は安いです、 でも何かを表現し... [続きを読む]

受信: 2011年6月 9日 (木) 23時16分

» コリン LOVE OF THE DEAD [銀幕大帝α]
COLIN/08年/英/97分/ゾンビ・ホラー/PG12/劇場公開 監督:マーク・プライス 製作:マーク・プライス 脚本:マーク・プライス 撮影:マーク・プライス 編集:マーク・プライス 出演:アラステア・カートン、デイジー・エイトケンス、リアンヌ・ペイメン <...... [続きを読む]

受信: 2011年8月 6日 (土) 23時54分

» 【コリン LOVE OF THE DEAD(2008)】 [明るいときに見えないものが暗闇では見える。]
ゾンビ映画大好きっ子としては、この『コリン』は必修科目。 約45ポンドで作られたという触れ込みでほとんどがfacebookなどの呼びかけで集まったボランティアということらしい。最近流行りの超低予算映画の部類。あちこちで賞取っちゃったりしたんで結構話題に。 こ...... [続きを読む]

受信: 2011年8月18日 (木) 21時07分

» コリン LOVE OF THE DEAD [新・映画鑑賞★日記・・・]
【COLIN】 2011/03/05公開 イギリス PG12 97分監督:マーク・プライス出演:アラステア・カートン、デイジー・エイトケンス、リアンヌ・ペイメン、ケイト・オルダマン 世紀末、余命ゼロの恋人たちhellip;。 スタッフ・キャストはボランティで製作費6000円で撮っ...... [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 15時05分

» コリン LOVE OF THE DEAD (Colin) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 マーク・プライス 主演 アラステア・カートン 2008年 イギリス映画 97分 ホラー 採点★★ 『バイオハザード』のヒット以来、ゾンビ映画がコンスタントに作られるようになったってのはファンとして嬉しい事なんですが、そのほとんどの映画におけるゾンビって、…... [続きを読む]

受信: 2011年8月22日 (月) 05時01分

» 映画レビュー 「コリン Love Of The Dead」 [No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)]
コリン Love Of The Dead  原題:Colin 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 製作費がたった6千円のゾンビ・ムービー。通常のパニックホラーではなく、ゾンビとしても人間の時の断片的な...... [続きを読む]

受信: 2011年8月31日 (水) 01時08分

» コリン LOVE OF THE DEAD [だらだら無気力ブログ!]
スタッフ・キャストを有志によるボランティアで賄い、製作費をほとんど掛けずに撮り上げた自主製作作品ながら、ゾンビとなった青年を主人公にしたユニークな切り口と完成度の高さが評判となり数々の映画祭で話題を集めた英国産ゾンビ・ホラー。世界的なゾンビの発生で壊...... [続きを読む]

受信: 2011年9月12日 (月) 01時38分

» 「コリン LOVE OF THE DEAD」 孤独を楽しむ時に〔52〕 [ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋]
「コリン LOVE OF THE DEAD」  制作費6千円?!驚異的気低予算秀作!          【原題】COLIN 【公開年】2008年  【制作国】英吉利  【時間】97分   【監督】マーク・プライス ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月29日 (日) 16時14分

« ツーリスト/The Tourist | トップページ | わさお »